本文へジャンプ
花粉症/解説


花粉症はこうして起こる

 では、どうして花粉でアレルギーが起きるのでしょうか。
 スギなどの花粉が、鼻のなかに吸い込まれるとアレルギーを起こす物質である抗原(アレルゲン)が花粉から溶け出します。この抗原をやっつけるために、人間は体のなかで抗体というものを作り出します。抗体は、肥満細胞と呼ばれる細胞に乗って、抗原が体に侵入すると出撃します。そして、抗原を捕まえます。

このときに肥満細胞から、ヒスタミンなどいくつかの物質が放出されます。ヒスタミンなどの物質は、神経を刺激します。
 この刺激でくしやみが起きたり、鼻水が流れたりして、抗原を体の外へ追い出すのです。鼻の血管は刺激を受けて、鼻の粘膜が腫れ、鼻づまりが起こります。

こうして抗原(花粉)を含んだ空気を、入りにくくするのです。眼についた花粉も同じような体のはたらきで、眼のかゆみを起こします。また、腫れて(鼻づまりにあたる)、涙(鼻汁にあたる)によって、花粉を洗い出そうとします。こうした一連の、抗原と抗体による反応をアレルギー反応と呼びます。アレルギー反応は、異物が体に入るのを防ぐ、人の体に備わった防衛システムなのです。

 体の防御反応は、起こり方には個人差があります。何の反応も出ない人もいますし、反応が過敏になり、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどで、体が大騒ぎになる人もいます。





【P R】

焙煎チャ−ガ茶

大自然に育まれた高品質なロシア産の天然チャーガ(カバノアナタケ)100%を使用した健康茶。



刀豆パワーお徳用
日本の民間療法では、「膿のあるもの」にとてもよく用いられていました。

刀豆パワー粒

ナタマメの成分のアミノ酸カナバニンに秘められた働きが近年注目されています。

なた豆歯磨き

植物性の働きにより、口の中を浄化し、ムシ歯や口臭を防ぎます。
使用後はさっぱりと爽快です。

刀豆純パウダー

刀豆はウレアーゼ・アミラーゼ・ベクターゼなど、酵素を多く含んでおり、日本の民間療法では、「膿のあるもの」にとてもよく用いられていました。

大豆発酵生産物
たんぱく質の王様(畑の肉)などと言われる大豆を原料に使用し、長期間乳酸発酵させて得られた液を濃縮。

カンニャボ
昔から郡山では、肝臓を直す「医者いらずの民間薬」として用いられてきた食べ物

薩摩なた豆元気茶
、有機栽培のさつま刀豆の全草(種子、さや、つる、葉)に、ハトムギ、黒豆、赤芽柏、桑の葉(全て国産原料)をブレンド。おいしさとともに相乗効果が期待できる!