記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題55 



もう一度山本クリニック相談掲示トピックスの相談掲示板記事一覧に戻る
書き込み欄へ  ヘルプ
御相談のため山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板「書き込み」に「特急」でとぶ  
御相談のため山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板「書き込み」に「特急」でとぶ
お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 55記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題55

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300屐砲病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci 
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【めまいなのか頭痛なのか・・・】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「カ月ちょっと前,急に左手の親指の先が,
しびれるとゆうか,感覚がおかしくなり,だんだん
範囲が広がってきました。そうこうしてるうち,
今月の初め位からめまいなのか頭痛なのか
わからない症状が出てきました。
車の運転中に意識がなくなりそうになって運転できなくなったり,
(でも意識がなくなることはないです)ふーっとなるというか,
くるくるまわるわけではないです。
そして,11/10に病院へ行ったところ,頭のCT・頚椎のレントゲン・
脳波・末梢神経は異常なしでした。
ただ,手から脳に信号を送る際に首の波形が少し
正常ではないので頚椎のMRIを取ることになったんですが,
11/29まで予約が取れませんでした。
わたしは低血圧で(50-90
位)肩こりがひどいので,テルネリンとビタミン剤,
安定剤を処方され,安定剤は怖いので
のんでいません。症状にあまり変化もなく,
椎のMRIの検査が終わって診察までまだ2週間も
あるので,
他の原因の可能性を探すのであれば何科に行けばよいのでしょうか?
またこのような状態が,もうすぐ1ヶ月続いているのは異常でしょうか?」
との事です。

#2
##1
「1カ月ちょっと前,急に左手の親指の先が,
しびれるとゆうか,感覚がおかしくなり,だんだん
範囲が広がってきました。そうこうしてるうち,
今月の初め位からめまいなのか頭痛なのか
わからない症状が出てきました。」
との事です。
##2
「弱い電気を感じられているビリビリする様な御自覚症状」
と考えます。
##3
この「しびれ感」はある朝突如として出現するのですが
要するに「運動神経麻痺」は全く伴いません。
##4
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に絵に書いたような
「しびれ感」があるのが特徴です。
##5
上肢のみでなく下肢にもしびれのあることが多いものです。
如何でしょうか。

##6
下肢「しびれ感」の場合
「体重」をかけていると消失或は著明に軽減致しますが
「いすに座ったり」「入浴にて浮力で体重負荷がなくなる」状態で
増悪致します。
##7
下肢の足の「親指の付け根」・「くすり指の付け根」・「踝の上」・
「大腿」の外側に「しびれ感」がおありであることが多い
ものです。
##8
この「しびれ感」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
にてよく見かけられる11−12月特有の「症状・症候」で
御座います。

#3
##1
「肩こりがひどいので,テルネリンとビタミン剤,
安定剤を処方され,安定剤は怖いので
のんでいません。」との事です。
##2
御相談者の御相談内容からは
やはり「緊張型頭痛」が考えられます。
##3
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」
には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##4
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」
の一群は各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##5
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の
「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
などによる「症候性頭痛」でなない「頭痛」を呼称いたします。
##6
上記お含み頂いて「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を#4に記載いたします。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##9
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。
 
上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#6
##1
よく「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」
などと間違われます。
##2
ストレスには弱くなります。
##3
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##4
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
##5
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われます。
##6
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##7
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##8
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#7結論:
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
##2
「「ふわふわ」+「上肢と下肢の「しびれ感」」できます。
##3
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
##4
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「心療内科の疾患」ととよく間違えられます。
##5
「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##6
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれてくださいませ。
##7
怖い状態ではありません。怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月21日 19時29分37秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: ひろ    
はじめまして。
1カ月ちょっと前,急に左手の親指の先が,
しびれるとゆうか,感覚がおかしくなり,だんだん
範囲が広がってきました。そうこうしてるうち,
今月の初め位からめまいなのか頭痛なのか
わからない症状が出てきました。
車の運転中に意識がなくなりそうになって運転できなくなったり,
(でも意識がなくなることはないです)ふーっとなるというか,
くるくるまわるわけではないです。
そして,11/10に病院へ行ったところ,頭のCT・頚椎のレントゲン・
脳波・末梢神経は異常なしでした。
ただ,手から脳に信号を送る際に首の波形が少し
正常ではないので頚椎のMRIを取ることになったんですが,
11/29まで予約が取れませんでした。
わたしは低血圧で(50-90
位)肩こりがひどいので,テルネリンとビタミン剤,
安定剤を処方され,安定剤は怖いので
のんでいません。症状にあまり変化もなく,
椎のMRIの検査が終わって診察までまだ2週間も
あるので,
他の原因の可能性を探すのであれば何科に行けばよいのでしょうか?
またこのような状態が,もうすぐ1ヶ月続いているのは異常でしょうか?
宜しくお願いいたします。

[2003年11月21日 17時11分24秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【首のしこり】

---------------------------------------------------------------------------
お名前: かな    
お返事ありがとうございました。
取り敢えず生命に関わるほどの悪い状態ではないようなので安心しました。

近いうちに、脳神経科の病院へ行ってこようと思います。
ありがとうございました。

[2003年11月21日 23時44分11秒]
--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「25歳、女です。

首の後ろの右側、髪の生え際のあたりに
直径4センチくらい?のしこりがあります。
痛みなどはないようです。

もともと緊張性頭痛も偏頭痛も持っており、
こったところを揉んでいるうちに発見したという感じです。
1年ちょっと前に頭痛ということで病院にかかり、
そのときレントゲンとCTスキャンをとりましたが異常はなく、
頭痛対策として鎮痛剤と筋弛緩剤をいただきました
(頭痛があったときだけ服用しています。月に5回くらいです)。

最近立ち上がったりしたときやちょっとしたときにふわっとした
(くらくらした)めまい感のようなものがあり、
右足の足首付近が微かに痺れたような感じがすることもあります
(つねったりすれば痛さを感じますし温熱の感覚もあります)。
気にし出すと、
右腕のひじと手首の間もだるいような気がしてきました。

そのうち、病院にも行こうかと思っていますが、
これは良くない状態なのかどうかを
お聞きしたくて書き込みいたしました。」
との事です。

#2
##1
「最近立ち上がったりしたときやちょっとしたときにふわっとした
(くらくらした)めまい感のようなものがあり、
右足の足首付近が微かに痺れたような感じがすることもあります
(つねったりすれば痛さを感じますし温熱の感覚もあります)。
気にし出すと、
右腕のひじと手首の間もだるいような気がしてきました。」
との事です。
##2
御相談者の御相談内容からは
「緊張型頭痛」+「偏頭痛」とのことです。
##3
上記の##1の「症状・症候」は
###1
「ふわふわ感」
###2
「上肢と下肢の「しびれ感」」
より構成されています。
##4
御相談者も御記載のように「緊張型頭痛」+「偏頭痛」
という
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
をお持ちであれば。
##5
「「ふわふわ」+「上肢と下肢の「しびれ感」」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんに実に多発する「症状・症候」で御座います。

#3
##1
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##2
「機能性頭痛」といわれる
「頭痛」の一群は各々の「機能性頭痛」の「成分」が
よく混じり合います。
##3
御相談者の場合「緊張型頭痛」+「偏頭痛」とのことですが。
##4
御相談者の御相談内容からは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
としての「「ふわふわ」+「上肢と下肢の「しびれ感」」
と考えられ。
##5
改めて「緊張型頭痛」の「治療戦略」にシフトされたほうが
宜しいかも知れません。
##6
上記お含み頂いて
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を#4に記載いたします。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
 
上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#6
##1
結局御相談者の御相談内容からは
既に「緊張型頭痛」+「偏頭痛」と御記載されているように。
##2
「緊張型頭痛」+「偏頭痛」のなかで。
##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
による「症状・症候」で御座います。
##4
「「ふわふわ」+「上肢と下肢の「しびれ感」」
は正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
##5
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
などととよく間違えられます。
##6
皮肉なことに脳MRIから「脳神経外科専門医」の
疾患である「キアリ・アーノルド奇形」「脊椎空洞症」
等と間違われます。
##7
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。

##8
御相談者の御相談内容からは
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##9
そして「緊張型頭痛」の「治療戦略」にシフトされるのが
宜しいと今の私は考えます。


#7結論:
##1
「緊張型頭痛」+「偏頭痛」との事です。
##2
「「ふわふわ」+「上肢と下肢の「しびれ感」」
は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
##3
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##4
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は
各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##5
このような「混ざり合い」の場合に「偏頭痛」の「治療戦略」
のみでいくと「20%」しか治りません。
##6
混ざり合いのシフトに準じて「治療戦略」をシフトしていかないと
お気の毒です。
##7
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##8
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれてくださいませ。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月21日 19時15分16秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: かな    
25歳、女です。

首の後ろの右側、髪の生え際のあたりに
直径4センチくらい?のしこりがあります。
痛みなどはないようです。

もともと緊張性頭痛も偏頭痛も持っており、
こったところを揉んでいるうちに発見したという感じです。
1年ちょっと前に頭痛ということで病院にかかり、
そのときレントゲンとCTスキャンをとりましたが異常はなく、
頭痛対策として鎮痛剤と筋弛緩剤をいただきました
(頭痛があったときだけ服用しています。月に5回くらいです)。

最近立ち上がったりしたときやちょっとしたときにふわっとした
(くらくらした)めまい感のようなものがあり、
右足の足首付近が微かに痺れたような感じがすることもあります
(つねったりすれば痛さを感じますし温熱の感覚もあります)。
気にし出すと、
右腕のひじと手首の間もだるいような気がしてきました。

そのうち、病院にも行こうかと思っていますが、
これは良くない状態なのかどうかを
お聞きしたくて書き込みいたしました。
よろしくお願いいたします。

[2003年11月21日 17時10分20秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【記憶障害】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「私の友人の事なんですが突然の高熱で
、緊急入院した時「熱でしんどい」とメールが来たのです。
それで私は心配だったのですが病院なので連絡できず、
すぐに病院に行きました。
そしたら点滴を打ちながら眠っていました。
話も出来ず帰りましたが、
その後同室の入院患者さんに話を聞いたところ
「専門病院に移った」とのこと。症状を聞いたら、
入院してるにもかかわらず、「ガソリンスタンドに居る」
と言っていたそうです。
トイレに行くのも途中で座り込んだり、
母親にどなりつけたり(普段はそんな事はしない)etc..
という症状を聞いています。
友人ごとながら心配です。
この場合元に戻るのか、そしたら期間はどれくらいかかるのか。。
と思いまして書き込みをさせて頂きました。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容からは
御相談者が「入院されている他の患者さん」
からの「おはなし」を聞かれたものであり。
##2
御施設が「第3者」に患者さんの「「症状・症候」
を「告知」するわけがありませんから。
##3
「情報」としては「全く信憑性」は
医学的にはとれない・
というのが現状でございます。

#3
##1
少なくとも「緊急入院」をされ「専門病院」に
転院する「症状・症候」からは。
##2
放置すれば「生命にかかわる」病態すらも
考えられるものです。
##3
御相談者が「記憶障害」と
お考えになられている「症状・症候」は。
##4
ある意味では「意識障害」或は「匹敵する「症状・症候」」です。


#4結論:
##1
御回答限界で御座います。
##2
「医学的情報」が乏しい「情報」で
推測すらも不可能です。

##3
少なくとも「緊急入院」をされ「専門病院」に
転院する「症状・症候」からは。
「脳神経外科専門医」の疾患であれば。

##4
場合により
放置すれば「生命にかかわる」病態すらも
考えられるものです。
けれども「何科に入院」されたのかも
「不明な情報」で御座います。

##5
御相談者の御心配のひとしおで
いらっしゃるることもよく判ります。


##6
このような御回答しかできなくて
御免なさい。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月21日 12時2分53秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: Kongo    
私の友人の事なんですが突然の高熱で
、緊急入院した時「熱でしんどい」とメールが来たのです。
それで私は心配だったのですが病院なので連絡できず、
すぐに病院に行きました。
そしたら点滴を打ちながら眠っていました。
話も出来ず帰りましたが、
その後同室の入院患者さんに話を聞いたところ
「専門病院に移った」とのこと。症状を聞いたら、
入院してるにもかかわらず、「ガソリンスタンドに居る」
と言っていたそうです。
トイレに行くのも途中で座り込んだり、
母親にどなりつけたり(普段はそんな事はしない)etc..
という症状を聞いています。
友人ごとながら心配です。
この場合元に戻るのか、そしたら期間はどれくらいかかるのか。。
と思いまして書き込みをさせて頂きました。
宜しくお願いします。

[2003年11月21日 10時56分23秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【片頭痛?】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「24歳。女性です。私は、以前病院でCT、MRIを撮った結果、片頭痛と
診断されて頭痛薬をもらいました。
先生は頭痛を予防していった方がいいとの事で、薬を3種類ほど処方して
くれたのですが、私には合いませんでした。
痛いときにゾーミッグという薬を飲んでいます。
最近は、ストレス?のせいか毎日頭痛がありゾーミッグを頻繁に飲んでいます。
効き目が悪くなったようなきがするのですが。
こういう時は、どうすればいいでしょうか?
頭痛があり気分不良のままで仕事をしているため
集中力などがなくなって困ってます。
アドバイスよろしくお願いします。」
との事です。

#2
##1
脳MRIで「「偏頭痛」の診断は不可能だから。
##2
御相談者は「なんらかの頭痛「症状・症候」」を
もたれて「お受けもちの先生」から脳MRIをとっていただいた
ものと推測いたします。
##3
この「頭痛系の「症状・症候」」の御記載がほとんど
ないので御回答限界なのです。
##4
けれども可能な限りで御回答を試みます。

#3
##1
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##2
「機能性頭痛」といわれる
「頭痛」の一群は各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##3
「機能性頭痛」とは
「「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
などによる「症候性頭痛」でなない「頭痛」を呼称いたします。
##4
御相談者の御相談内容からは「推測」になるのですが。
##5
「偏頭痛」+「緊張型頭痛」ではないでしょうか。
##6
「頭痛系の「症状・症候」」で「偏頭痛」+「緊張型頭痛」
を「偏頭痛」として治療されていると「20%」しか
よくなりません。
##7
上記お含み頂いて「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を#4に記載いたします。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
 
上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#6
##1
もしも御相談者に「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」
がお強いようであれば「緊張型頭痛」+「偏頭痛」
の可能性が御座います。
##2
##1の場合は「緊張型頭痛」に「治療戦略」をとらないと
なかなk頭痛が治りません。

#7
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
ですが。
##2
よく「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」
などと間違われます。
##3
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##4
ストレスには弱くなります。
##5
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##6
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#8結論:
##1
御相談者の御相談内容からは
「緊張型頭痛」+「偏頭痛」である可能性が御座います。
##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
##3
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##4
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」
が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれておいて下さい。
##5
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月21日 7時25分15秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 裕恵    
こんばんは。
24歳。女性です。私は、以前病院でCT、MRIを撮った結果、片頭痛と
診断されて頭痛薬をもらいました。
先生は頭痛を予防していった方がいいとの事で、薬を3種類ほど処方して
くれたのですが、私には合いませんでした。
痛いときにゾーミッグという薬を飲んでいます。
最近は、ストレス?のせいか毎日頭痛がありゾーミッグを頻繁に飲んでいます。
効き目が悪くなったようなきがするのですが。
こういう時は、どうすればいいでしょうか?
頭痛があり気分不良のままで仕事をしているため集中力などがなくなって困ってます。
アドバイスよろしくお願いします。

[2003年11月20日 22時57分43秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【鼻の左側が麻痺してます。】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「23歳の男です。
バスケットボール試合中、相手のひじが左目に直撃しました。
その後、鼻の左側が麻酔を打たれたような感じになりました。
眼科にいくと目には大きな異常はないそうです。

この鼻の麻痺はそれほど心配するほどではないのか、
それとも病院に行くべきか、どういった病院に行くべきか迷っています。

いまのところ日常生活には全く影響ないのですが心配です。」
との事です。

#2
##1
軽度の「打撲・或は圧迫」などによる「末梢神経麻痺」
であろうと考えます。
##2
「感覚神経」のみであるようです。
##3
「眼科にいくと目には大きな異常はないそうです。」
との事です。
##4
「眼科専門医先生」に御受診頂いて宜しかったです。

#3
##1
顔面外傷で怖いのは、「眼窩下壁骨折」で「ブロウアウト骨折」や
視束管骨折です。
##2
解剖学的には視神経管骨折が正しいが慣習的に視束管骨折
と呼称されます。
##3
「眼科専門医先生」に御受診頂いて宜しかったです。
##4
##1##2はないようです。
##4
宜しかったですね。

#4
##1
御相談者の御相談内容からは
「眼科専門医先生」を御受診いただいているから
怖いものはもうありません。
##2
「バスケットボール試合中、相手のひじが左目に直撃しました。」
での「症状・症候」で怖いものは。
##3
顔面外傷で怖いのは、
「眼窩下壁骨折」=「ブロウアウト骨折」や視束管骨折です。
##4
ご心配であれば「眼科専門医先生」に再度
御相談いただくと宜しいと今の私は考えます。

##5
それでさらに御心配であれば
やはり「頭部顔面外傷」ですから
「脳神経外科専門医」先生を御受診されては
如何でしょうか。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月21日 7時6分4秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 徳永    
23歳の男です。
バスケットボール試合中、相手のひじが左目に直撃しました。
その後、鼻の左側が麻酔を打たれたような感じになりました。
眼科にいくと目には大きな異常はないそうです。

この鼻の麻痺はそれほど心配するほどではないのか、
それとも病院に行くべきか、どういった病院に行くべきか迷っています。

いまのところ日常生活には全く影響ないのですが心配です。
よろしくお願いします。

[2003年11月20日 21時15分0秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【かかとの痺れ】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「32歳・女性です。
2週間ほど前から右足のかかとが痺れています。
始めはあまり気にしてはいなかったのですが
何日経っても治りません。今まで病気などしたことがなく
自分でも原因が分かりません。
ジーンという感じで痺れていて、何秒か治りまた痺れる
の繰り返しなのです。右の腰に多少痛みが前からありますが
それと関係があるのでしょうか?
それとも他に何かの病気の前兆でしょうか。
すごく気になります。
何科へ受診したらいいのかも教えて下さい。」
との事です。

#2
##1
「右足のかかとが痺れています。
始めはあまり気にしてはいなかったのですが
何日経っても治りません。今まで病気などしたことがなく
自分でも原因が分かりません。
ジーンという感じで痺れていて、何秒か治りまた痺れる
の繰り返しなのです。右の腰に多少痛みが前からありますが」
との事です。
##2
「弱い電気を感じられているビリビリする様な御自覚症状」と考えます。
##3
「体重」をかけていると消失或は著明に軽減致しますが「
いすに座ったり」「入浴にて浮力で体重負荷がなくなる」状態で強めに
感じられることと存じます。
##4
正確には
足の「親指の付け根」それから「くすり指の付け根」
それから「踝の上」それから「大腿」の外側に「しびれ感」
がおありであろうと考えられます。
##5
下肢のみでなく上枝にもしびれのあることが多いものです。如何でしょうか。

#3
##1
下肢のみでなく上枝にもしびれのあることが多いものです。
如何でしょうか。
##2
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴です。
##3
如何でしょうか。

#4
##1
この「しびれ感」はある朝突如として出現するのですが
要するに「運動神経麻痺」は全く伴いません。
##2
腰痛を伴ったり頭痛を伴ったりしていることが
多いものです。
##3
よく
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんに出現いたします。
##4
延長線上あるいは同一線上にある病態です。


#5結論:
##1
もしも御相談者に
「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。
##2
「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」を主訴として
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##3
もしも御相談者に「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」
が御強く内のであれば「御様子見」で宜しいと今の私は考えます。
##4
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月21日 6時56分27秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 木村    
32歳・女性です。
2週間ほど前から右足のかかとが痺れています。
始めはあまり気にしてはいなかったのですが
何日経っても治りません。今まで病気などしたことがなく
自分でも原因が分かりません。
ジーンという感じで痺れていて、何秒か治りまた痺れる
の繰り返しなのです。右の腰に多少痛みが前からありますが
それと関係があるのでしょうか?
それとも他に何かの病気の前兆でしょうか。
すごく気になります。
何科へ受診したらいいのかも教えて下さい。

[2003年11月20日 20時47分47秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【子供の顔面麻痺】

---------------------------------------------------------------------------
お名前: 悠真    
早速のご回答ありがとうございました。

山本先生のお話しは大変わかりやすく また参考になりました。
突然の出来事に本人よりも母親の私の方がパニックになって
いたのですが、お陰様で気持ちが平常心になることができました。

今は先生のおっしゃる通り「慌てない」ことが肝心なんですよね。
母親が不安がっていると子供はもっと不安になってしまうので
担当の先生を信頼して前向きな気持ちでいこうと思います。

本当にありがとうございました。
今後の経過次第でまたご相談をさせていただくかもしれませんが
その時はよろしくご指導をお願いいたします。 

[2003年11月21日 16時31分39秒]
--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1

##1
「5歳の男の子なのですが、顔面神経麻痺(左半分)になってしまい
心配と不安でなりません。

3日前に笑った時に右は半分の口が上がってみえたので 
ふざけているのかと子供に注意をしていました。

2日前の夕方になり兄弟ケンカで泣いた時の顔が異常に右だけ
つり上がり初めて異変に気が付きました。

翌朝すぐに近所の総合病院へつれていくと耳鼻咽喉科へまわされました。
そこで先生からは「末梢性顔面神経麻痺で10日くらい入院して
ステロイド剤を点滴しましょう。でも、5歳なので小児科の先生にも
みてもらい小児科と耳鼻科の両方でみます」といわれました。

そして小児科の先生の所へいくと「ステロイド剤は5歳の子供には
強すぎるのでやりません。ビタミン剤を飲んでしばらく通院して
ください。念のためCTをとりましょう」とのことでした。・略
」1.水を飲むとこぼれる
2.左の目のまばたきが出来ない
3.味覚がにぶくなった
4.普通にしていた正常にみえるが喜怒哀楽を出す時に顔がゆがむ
5.関係ないかもしれないがキ−キ−声をあげる
以上です。」

との事です。

#2
##1
右「末梢性顔面神経麻痺」であり
通常「入院」は致しません。
##2
「ステロイド」は用いる場合「用いない場合」
がありそれぞれの先生方の「考え方」により異なりますが。
##3
「お子様ゆえ「ステロイド」は用いない」とお考えになられた
「小児科」の先生のお考えかたは「極めて適切」です。
##4
ヘルペスでなられている「可能性」も御座います。
##5
勿論このあたりは「お受けもちの先生方」
は皆様御考えになられているはずで御座います。
##6
だからご心配は要りません。

#3
##1
「末梢性顔面神経麻痺」は発症後「1週間」は「症状・症候」
が進行しているように見えますが「慌てないように」されて
下さい。
##2
「末梢性顔面神経麻痺」は特に「お子様」の場合
「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
を繰り返したあとになられたり致します。
##3
これらの多くは「細菌性感染」なので「ステロイド」は用いないほうが
懸命のように今の私は考えます。
##4
「お受けもちの先生方」も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

#4
##1
治療が上手くいけば
「1ヶ月で他の方からはわからなくなり。」
##2
「3ヶ月で御自分も御家族も分からなくこと」
がおおいと考えます。

##3
御不安であろうとは存じます。
##4
結局「小児科専門医先生」がリードされていらっしゃる
ようですから様々に「「お受けもちの先生」のご意見」として
伺うと宜しいと今の私は考えます。


#5結論:
##1
「末梢性顔面神経麻痺」はある朝「突然」気づかれるものですが。
##2
御相談者の御相談内容からは
「3日前に笑った時に右は半分の口が上がってみえたので 
ふざけているのかと子供に注意をしていました。」
との事です。
##3
おおむね「3日間」の「ドクターデイレイ」=「御受診遅れ」
が御座います。
##4
「小児科専門医先生」の先生が様々に考えていらっしゃることと
存じます。
##5
全てお任せして何でも御相談されてみては如何でしょうか。
##6
「御不安」はおおきいとおもいますが。
##7
「末梢性顔面神経麻痺」はやはり何らかの意味で
「弱っている」ときに起こりやすいように私は考えています。
##8
お母様のご心配あされる気持ちは痛いほど
分かります。
##9
全てお任せして何でも御相談されてみては如何でしょうか。
##10
御幸運をお祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月21日 6時47分56秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 悠真    
初めまて相談させていただきます。
5歳の男の子なのですが、顔面神経麻痺(左半分)になってしまい
心配と不安でなりません。

3日前に笑った時に右は半分の口が上がってみえたので 
ふざけているのかと子供に注意をしていました。

2日前の夕方になり兄弟ケンカで泣いた時の顔が異常に右だけ
つり上がり初めて異変に気が付きました。

翌朝すぐに近所の総合病院へつれていくと耳鼻咽喉科へまわされました。
そこで先生からは「末梢性顔面神経麻痺で10日くらい入院して
ステロイド剤を点滴しましょう。でも、5歳なので小児科の先生にも
みてもらい小児科と耳鼻科の両方でみます」といわれました。

そして小児科の先生の所へいくと「ステロイド剤は5歳の子供には
強すぎるのでやりません。ビタミン剤を飲んでしばらく通院して
ください。念のためCTをとりましょう」とのことでした。

結局は小児科の先生の意見が通り 1週間は自宅で安静にして
ビタミン剤(パンビタン)を1日2回飲んで
1週間後に再診をすることになりました。(CTの結果はこのときに)
また今は進行中なので顔面のマッサ−ジはしないように注意されました。

私としては、耳鼻科と小児科の先生の意見がまったく正反対だったことに
戸惑いがありましたし、不信感をおぼえました。
ちなみにこの病院は最近 医療ミスで問題になった病院です。
他の病院でも診察した方が良いのでしょうか?
また、今後 後遺症の心配はどのくらいあるのでしょうか?

今日現在の症状は・・
1.水を飲むとこぼれる
2.左の目のまばたきが出来ない
3.味覚がにぶくなった
4.普通にしていた正常にみえるが喜怒哀楽を出す時に顔がゆがむ
5.関係ないかもしれないがキ−キ−声をあげる
以上です。

長々と書きましたが、親としては突然なんの前触れもなく
我が子がこのような病気になり おどおどするばかりで
食事ものどに通りません。
何卒 よろしくご指導をお願いいたします。

[2003年11月20日 18時37分48秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【お尻と下肢の痛みとしびれ】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「1.42才女性
2.お尻と下肢の痛みによる歩行と座位困難
3.私はコンピューターをつかった仕事をしておりました。
昨年の12月、突然の腰の激痛で動けなくなりました。
1週間ほど何もできないままベッドで過ごし、
やっと暮れも押し迫った頃、一番近くの整骨院でマッサージを受けました。
その後もそこでマッサージと低周波治療をつづけ、
なんとか1ヶ月後復職することができました。

ところが、再度4月にはいり激痛が腰を襲い、整形外科を受診することになりました。
そこではいたみどめの注射をされ3週間の安静を言い渡されました。
診断は椎間板が薄くなっているのとヘルニアが見られるとのことでした。
その後3ヶ月間は、牽引と低周波です。。薬も注射も痛み止めは効きませんでした。

その後は、指圧院や、カイロ、他の整形外科、レーザー手術専門医にも
見てもらいましたがこれといった決め手もなく、、、
特にレーザー手術専門医には、ヘルニアはあるにはあるがむかしのもので
これが腰痛の原因ではない。椎間板がうすくなっているためだといわれ
レーザー手術は適用外といわれました。
大学病院では、半年くらい、コルセットをして、安静にしておけばいい
といわれましたが、毎日がつらく、とても悲しい気持ちです。
一度、仙骨ブロックをうけましたが全く効きませんでした。
最近、腰痛や痛みにはペインクリニックがいいとききました。
先生のところでは、私のようなものはどのような治療になるのでしょうか」
との事です。

#2
##1
この御相談者の「御症状・症候」の患者さんは
「腰痛」+「下肢痛」として大変おおく苦労されるもの
なので御座います。
##2
###1
meralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ)或いは
###2
Roth−Bernhartd症候群
などと呼称される疼痛なのですが。
##3
本邦ではまず「通じません」。

#3
##1
おみ足の外側から膝下に走り踝と足指の親指と薬指まで
疼痛がることが多いものです。
##2
「外側大腿皮神経」という「末梢神経」にそっての疼痛で
あり。
##3
場合によっては「足の付け根」も痛いことがあり
「閉鎖神経」という神経も関与していることが多いです。
##4
##1−##3にくわえて「腰痛」もあり
時として「臨床神経診断学」 では何がなんだか
わからなくなっていることがおおいです。
##5
すこし「下のほう」の神経レベル=「デルマトーム」
で考えられることがおおいものです。
##6
「仙骨ブロックをうけましたが全く効きませんでした。」
というようなことも起こります。
##7
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃったことと存じます。

#4
##1
英語圏内ではlumbar pain とlumbagoにまずは分けて
「機能性腰痛(lumbago)」を「器質的腰痛」と分離しますが。
##2
本邦では「臨床神経診断学」よりも「画像診断優位」で
「御症状・症候」を解釈しようとすることがおおく混乱がしょうじています。
##3
元来L2L3由来の「「デルマトーム」なのですが
おおくは「かなり下の神経」と解釈されて「仙骨神経ブロック」
が施行される事が多いものです。
##4
「神経支配に基づく」「御症状・症候」の
分布図を「デルマトーム」といいます。

#5
##1
###1
即ち脊椎X線撮影所見が
###2即ち「デルマトーム」と全く「綺麗に合致」すれば
「脊椎の疾患」に違いありません。
##2
脊椎の疾患とはたとえば「腰椎椎間板ヘルニア」などのことです。
##3
御相談者の御相談内容からは
「お尻と下肢の痛みによる歩行と座位困難」ですから。
##4
「腰椎椎間板ヘルニア」で考えるのは困難です。
##5
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃったことと存じます。

#6
##1
御相談者の御相談内容からは
まず「外側大腿皮神経ブロック」及び「閉鎖神経ブロック」を
施行致します。
##2
治筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や外用薬も用います。
##3
そしてちょっといたいですが
痛みが続くようであればL2L3の「神経根ブロック」を
l3そしてl2の順に「神経根ブロック」を施行いたします。


#7結論:
##1
御相談者の御相談内容からは。

##2
meralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ),
 Roth−Bernhartd症候群などと呼称される疼痛なのですが。

##3
まず本邦では通じません。

##4
「外側大腿皮神経ブロック」「閉鎖神経ブロック」場合により
「硬膜外ブロック」もくわえます。

##5
痛みが残るようであれば「痛いのですが」
「神経根ブロック」を施行いたします。
##6
筋肉を柔らかくする即効性・持続性の
お薬を内服や外用薬も用います。

##7
また「超音波断層検査」にて骨盤臓器を検査いたします。
##8
ご婦人の場合「子宮傍結合織炎」をもたれていることが
おおいので「これにも対応しなければなりません」。

##9
御婦人は「痛み」に強いので殿方と異なり
「行き着くところまでいって」
苦労される方が多いです。

##10
お大変だと存じますが「ペインクリニック」のお得意な先生
にを御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##11
御幸運をお祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月20日 16時6分53秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: ひろ    
1.42才女性
2.お尻と下肢の痛みによる歩行と座位困難
3.私はコンピューターをつかった仕事をしておりました。
昨年の12月、突然の腰の激痛で動けなくなりました。
1週間ほど何もできないままベッドで過ごし、
やっと暮れも押し迫った頃、一番近くの整骨院でマッサージを受けました。
その後もそこでマッサージと低周波治療をつづけ、
なんとか1ヶ月後復職することができました。

ところが、再度4月にはいり激痛が腰を襲い、整形外科を受診することになりました。
そこではいたみどめの注射をされ3週間の安静を言い渡されました。
診断は椎間板が薄くなっているのとヘルニアが見られるとのことでした。
その後3ヶ月間は、牽引と低周波です。。薬も注射も痛み止めは効きませんでした。

その後は、指圧院や、カイロ、他の整形外科、レーザー手術専門医にも
見てもらいましたがこれといった決め手もなく、、、
特にレーザー手術専門医には、ヘルニアはあるにはあるがむかしのもので
これが腰痛の原因ではない。椎間板がうすくなっているためだといわれ
レーザー手術は適用外といわれました。
大学病院では、半年くらい、コルセットをして、安静にしておけばいい
といわれましたが、毎日がつらく、とても悲しい気持ちです。
一度、仙骨ブロックをうけましたが全く効きませんでした。
最近、腰痛や痛みにはペインクリニックがいいとききました。
先生のところでは、私のようなものはどのような治療になるのでしょうか?
毎日が不安でたまりません。よろしくお願い致します。

[2003年11月20日 15時24分36秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


●ご相談タイトル:【回答ありがとうございました。】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

「詳細な所見」不明で御回答限界で御座います。

#1
##1
「29才男です。回答ありがとうございました。
###1
右目の下側に脂肪の塊が出来ました。これは何でしょうか?
外見はないのですが、手で触ればグリグリとしてわかります。
今まではなかったのですが、・・・。

###2
素朴な質問ですが、緊張型頭痛は
・冷水摩擦は良くないでしょうか?
・ビールは発泡酒よりスーパードライ(発泡酒じゃない)の方がいいでしょうか?」


#2結論:
##1
申し訳ありません。
###1は「拝見していないし」御記載所見では
なんとも判断できません。

##2
###2
「緊張型頭痛は
・冷水摩擦は良くないでしょうか?
・ビールは発泡酒よりスーパードライ
(発泡酒じゃない)の方がいいでしょうか?」
との事なのですが。

ご相談の「意味あいが全く理解できません」
##3
御相談者は「緊張型頭痛」と実際に「脳神経外科専門医」
の「診療」をうけられれて
「御診断」がついていらっしゃるのでしょうか。
##4
そうあらば「お受けもちの先生」にお聞きになられていただけますか。
##5
このような御回答しかできません。
##6
ごめんなさい。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

御回答限界でもあり想像すらつきませんので
「御回答不能」でございます。ご了解下さい。

[2003年11月20日 11時15分46秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 場違い    
29才男です。回答ありがとうございました。

右目の下側に脂肪の塊が出来ました。これは何でしょうか?
外見はないのですが、手で触ればグリグリとしてわかります。
今まではなかったのですが、・・・。

素朴な質問ですが、緊張型頭痛は
・冷水摩擦は良くないでしょうか?
・ビールは発泡酒よりスーパードライ(発泡酒じゃない)の方がいいでしょうか?
変な質問ですがよろしくお願いします。

[2003年11月20日 10時16分5秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【回答ありがとうございました。】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

「詳細な所見」不明で御回答限界で御座います。

#1
##1
「29才男です。回答ありがとうございました。
###1
右目の下側に脂肪の塊が出来ました。これは何でしょうか?
外見はないのですが、手で触ればグリグリとしてわかります。
今まではなかったのですが、・・・。

###2
素朴な質問ですが、緊張型頭痛は
・冷水摩擦は良くないでしょうか?
・ビールは発泡酒よりスーパードライ(発泡酒じゃない)の方がいいでしょうか?」


#2結論:
##1
申し訳ありません。
###1は「拝見していないし」御記載所見では
なんとも判断できません。

##2
###2
「緊張型頭痛は
・冷水摩擦は良くないでしょうか?
・ビールは発泡酒よりスーパードライ
(発泡酒じゃない)の方がいいでしょうか?」
との事なのですが。

ご相談の「意味あいが全く理解できません」
##3
御相談者は「緊張型頭痛」と実際に「脳神経外科専門医」
の「診療」をうけられれて
「御診断」がついていらっしゃるのでしょうか。
##4
そうあらば「お受けもちの先生」にお聞きになられていただけますか。
##5
このような御回答しかできません。
##6
ごめんなさい。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

御回答限界でもあり想像すらつきませんので
「御回答不能」でございます。ご了解下さい。

[2003年11月20日 11時15分46秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 場違い    
29才男です。回答ありがとうございました。

右目の下側に脂肪の塊が出来ました。これは何でしょうか?
外見はないのですが、手で触ればグリグリとしてわかります。
今まではなかったのですが、・・・。

素朴な質問ですが、緊張型頭痛は
・冷水摩擦は良くないでしょうか?
・ビールは発泡酒よりスーパードライ(発泡酒じゃない)の方がいいでしょうか?
変な質問ですがよろしくお願いします。

[2003年11月20日 10時16分5秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【ありがとうございました。】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

宜しかったです。

#1
脊椎空洞症の「シャント手術」は「何回も反復・繰り返し」
施行するもので御座います。
#2
お大変でしょうが
御幸運をお祈り申し上げます。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


補足:
前回の御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
++++++++++++++++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。

#1
##1
「主人(36歳、男性)の事で相談させて頂きます。
今から10年前に、首の痛みで近くの総合病院に行きました。
最初「ヘルニア」と言われたのですが、
後日念の為にMRI検査をする事になりました。
その時、脊髄空洞症がわかり大学病院への紹介状を貰いスグに行きました。
主人の場合、頚椎腫瘍が原因で脊髄に水が溜まってしまう事がわかりました。
しかもその腫瘍は、大変危険な場所にある為
除去する事が出来ないと言われました。

もし除去の手術をしたら9割半身不随と言われてしまい、
経過の様子を見て行くしかないと言われてしまいました。
幸い?腫瘍は良性の物でした。
日に日に、痛みが強くなり近くの脳神経外科にも行きました。
回答は同じく手術は出来ないと言われました。
次に、別の大学病院に行きました。
そこでは初めて手術をした方がいいと言ってくれました。
但し、やはり腫瘍は除去出来ないとの事で空洞に溜まった水を抜く手術です。
どちらにしても、このまま様子を見てては必ず歩けなくなると
言われ決意したのです。
そして4年前に手術をしました。
腫瘍が取れない以上、今水を抜いても
必ず空洞に水は溜まってしまうので
脊髄にチューブを入れる事になりました。
主人の脊髄にはチューブが2本入ったままです。
腫瘍は、大きくならないように一部焼いたと説明を受けました。
ところが手術前に比べて痛みに増し両足のしびれがひどく
、最近では歩くのも困難です。」
との事です。

#2
##1
まず「脊髄(頚髄)空洞症」の場合の「上肢の痛み」の
「症状・症候」は深刻で御座います。
##2
「脊髄の中心管」の周囲に
「外側精髄視床路」という「温・痛覚」の「神経線維の束」が
存在いたします。
##2
このため何事か「侵襲」がくわわると「視床痛」と
鑑別不能な痛みが「発生」致します。
##3
両側上肢に「激痛」が来ます。
この「症状・症候」を「脊髄中心症候群:central cord syndrome」
或は「シュナイダーの痛み」と呼称いたします。

#3
##1
「脊髄(頚髄)空洞症」の「シャント手術」は1度ですむことは
まずありません。
##2
さまざまな種類の「シャント方法」を用いて「反復」して
シャント手術を施行を余儀なくされることが多いです。
##3
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

#4
##1
「手術してたった4年間で再手術なんてショックでなりません。
一度目の手術後は足が全く動かず、感覚もありませんでした。
3ヶ月の入院生活とリハビリは大変な事でした。
2度目の手術がとても怖いのです。
痛みはラクになるどころかひどくなる一方で、
この4年間主治医には訴え続けて来ました。
しかし、しびれは少しずつ治ってくると言われました。」
との事です。

##2
「脊髄(頚髄)空洞症」の手術は大変なものです。
##3
それにもまして患者さんや御家族が大変であることも
よく判ります。

#5
##1
「その時、脊髄空洞症がわかり大学病院への紹介状を貰いスグに行きました。
主人の場合、頚椎腫瘍が原因で脊髄に水が溜まってしまう事がわかりました。
しかもその腫瘍は、大変危険な場所にある為
除去する事が出来ないと言われました。

もし除去の手術をしたら9割半身不随と言われてしまい、
経過の様子を見て行くしかないと言われてしまいました。
幸い?腫瘍は良性の物でした。
日に日に、痛みが強くなり近くの脳神経外科にも行きました。
回答は同じく手術は出来ないと言われました。」
との事です。
という最初の「お受けもちの先生」のご判断は
適切であったと思います。

##2
そして
今の「お受けもちの先生」も極めて適切な判断を下されていると
今の私は考えます。


#6結論:
##1
「症状・症候」の詳細が不明で
御回答限界でもあるのですが御回答を試みています。
##2
さまざまなご心配事は多かろうと思われます。
##3
「お受けもちの先生」とよく
御相談されることが宜しいと今の私は考えます。
##4
このような御回答しか出来なくて
御免なさい。
##5
御幸運をお祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月11日 7時53分27秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名    
私の主人(36歳、男性)の事で相談させて頂きます。
今から10年前に、首の痛みで近くの総合病院に行きました。
最初「ヘルニア」と言われたのですが、
後日念の為にMRI検査をする事になりました。
その時、脊髄空洞症がわかり大学病院への紹介状を貰いスグに行きました。
主人の場合、頚椎腫瘍が原因で脊髄に水が溜まってしまう事がわかりました。
しかもその腫瘍は、大変危険な場所にある為
除去する事が出来ないと言われました。

もし除去の手術をしたら9割半身不随と言われてしまい、
経過の様子を見て行くしかないと言われてしまいました。
幸い?腫瘍は良性の物でした。
日に日に、痛みが強くなり近くの脳神経外科にも行きました。
回答は同じく手術は出来ないと言われました。
次に、別の大学病院に行きました。
そこでは初めて手術をした方がいいと言ってくれました。
但し、やはり腫瘍は除去出来ないとの事で空洞に溜まった水を抜く手術です。
どちらにしても、このまま様子を見てては必ず歩けなくなると
言われ決意したのです。
そして4年前に手術をしました。
腫瘍が取れない以上、今水を抜いても
必ず空洞に水は溜まってしまうので
脊髄にチューブを入れる事になりました。
主人の脊髄にはチューブが2本入ったままです。
腫瘍は、大きくならないように一部焼いたと説明を受けました。
ところが手術前に比べて痛みに増し両足のしびれがひどく
、最近では歩くのも困難です。
先日MRI検査をしました。
結果、また脊髄に水が溜まってきたと言われてしまいました。
「あまりに辛いなら手術でまた水を抜く」と言うのです。
色々なホームページを読んだのですが、
脊髄空洞症はゆっくり進行する病気と書いてあったような?

手術してたった4年間で再手術なんてショックでなりません。
一度目の手術後は足が全く動かず、感覚もありませんでした。
3ヶ月の入院生活とリハビリは大変な事でした。
2度目の手術がとても怖いのです。
痛みはラクになるどころかひどくなる一方で、
この4年間主治医には訴え続けて来ました。
しかし、しびれは少しずつ治ってくると言われました。

その言葉を信じて今まで耐えて来たのに突然の「再手術」の言葉…。
水が溜まってきてしまっている以上、
再手術は免れないと覚悟はしていますが不安で仕方ないのです。
今より本当に少しでもラクになるのなら良いのですが、
どうしてもそう思えないのです。
この病院で本当に再手術してもいいのか?
今度こそ本当に歩けなくなってしまうのでは?
今、どんな決断をしたらいいのかわからないのです。


[2003年11月11日 1時13分35秒]
++++++++++++++++++++++++++++++

なお前回の御回答は下記の通りでございました(一部)。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月20日 10時1分29秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名    
11日に、脊髄空洞症について相談した者です。
前向きに考えたいと思います。
回答ありがとうございました。

[2003年11月20日 9時48分25秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300屐砲病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci 
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2003年11月23日 1時13分26秒]

<ここは回答者記入欄です。
ご相談者の記入欄ではございません。
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。/A>
#現在は書き込みはできません。#
山本クリニックの相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
現在この相談掲示板は書き込みできません。
管理者が
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題
をお伝えするのに用いています。

御相談のため山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板「書き込み」に「特急」でとぶ  
御相談のため山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板「書き込み」に「特急」でとぶ

もう一度山本クリニック相談掲示トピックスの板記事一覧に戻る
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
「メッセージ相談掲示板」記事一覧に戻る
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページTOPへ Search
検索文字列</TD>