記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題51 



もう一度山本クリニック相談掲示トピックスの相談掲示板記事一覧に戻る
書き込み欄へ  ヘルプ
御相談のため山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板「書き込み」に「特急」でとぶ  
御相談のため山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板「書き込み」に「特急」でとぶ
お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 51記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題51

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300屐砲病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci 
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【「クラッ」「クラッ」として不快です】

---------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「34歳、女性のうつ病患者です。うつ病との診断を受けていますが、
自分ではおそらくうつ病ではなくて境界例ではないかと思っています。

3週間ほど前より、めまいと表現して良いのかわかりませんが
「一瞬頭がクラっとする」という症状がかなりの頻度で起こります。
頭を動かしたとき、方向転換したとき、一歩足を踏み出したとき、
咳をしたとき、マスカラをつけていて視界の中で何かが動くとき、
ありとあらゆる場面で「クラッ」「クラッ」とするので、
動くのもイヤになります。
もともと肩こりと頭痛がひどかったのですが、
このめまいのような症状とともに、頭痛、肩こりがひどく、
特に右肩、首、右の後頭部、右目の奥は激痛で、
目を開けているのもイヤになるくらいです。
音も光もストレスに感じます。
精神科の主治医は一週間に一度しか受診できず、
スケジュールの都合上しばらく診察を受けることができない状況です。
日常生活に支障をきたしますし、
もしかしたら「脳の病気では?」と不安になり、
近所の大学病院に行ったところ、
耳鼻科外来を受診させられましたが、聴力、バランス
などの検査をされ、異常なしとのことでした。
「メリスロン」という薬を処方され、
しばらく様子見とのことです。
精神科の主治医からは「プロチアデン」「デパス」「PZC」
という薬を処方されています。
「プロチアデン」はまったく効かず抑鬱はひどくなる一方、
「デパス」と「PZC」は夜だけ飲むよう指示されていますが、
飲むと何時間後に起きられるかわからない
(40時間くらい眠り続けることも・・・)ので、
結局飲まなくなってしまいました。
頭痛については精神科の主治医にも相談済みで、
痛いときには「ジヒデルゴット」を飲むよう指示されておりますが、
これもまったく効きません。
うつ病については薬物療法だけなのですが
抑鬱はひどくなる一方で、頭痛やめまいまでひどくなっており、
もう、わけがわかりません・」
との事です。

#2
##1
これはお大変でいらっしゃると
存じます。
##2
「女性のうつ病患者です。うつ病との診断を受けていますが、
自分ではおそらくうつ病ではなくて境界例ではないかと思っています。」
と御相談者自ら「ご指摘のように」。
##3
「境界例」という用語を用いるかどうかは
「別として」。
##4
「鬱病」ではないと考えます。
#3
##1
その根拠としては極めて「単純」に考えますと。
###1
「鬱病」とはとても考えられない
「相対的な論理」の「思考過程」=「比較が可能」な思考過程
をされていらっしゃいます。
###2
「頭痛については精神科の主治医にも相談済みで、
痛いときには「ジヒデルゴット」を飲むよう指示されておりますが、
これもまったく効きません。
うつ病については薬物療法だけなのですが
抑鬱はひどくなる一方で、頭痛やめまいまでひどくなっており、
もう、わけがわかりません。」
と困惑される「明確な理由付け」が存在してかつ「適切」
に思えます。
##2
上記からは「抑うつ状態」+「アルフア」の
状態でいらっしゃると考えます。
##3
この「プラスアルフア」とも関連するのですが。

#3
##1
「肩こりと頭痛がひどかったのですが、
このめまいのような症状とともに、頭痛、肩こりがひどく、
特に右肩、首、右の後頭部、右目の奥は激痛で、
目を開けているのもイヤになるくらいです。
音も光もストレスに感じます。」
との「症状・症候」からは。
##2
御相談者の御相談内容からは「頭痛」は片頭痛というよりは。
##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
##4
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##5
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の
「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」などによる
「症候性頭痛」でなない「頭痛」の一群を呼称致します。
##6
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は各々の
「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##7
上記お含み頂いて「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を#4に記載いたします。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:理髪店症候)

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
 
上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#6
##1
「ふわふわ」+「しめつけ感」或は「くらくら感」で
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は「症状・症候」がでます。
##2
「めまい感」であり「めまい」では御座いません。
##3
めまいには「真性眩暈」と「仮性眩暈(ふわふわ感)」があります。
##4
いわゆる「仮性眩暈(ふわふわ感)」ですから。
##5
「メリスロン」全く効果は無いはずです。

#7
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は。
##2
よく「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」
などと間違われます。
##3
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##3
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##4
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
##5
皮肉なことに脳MRIから「脳神経外科専門医」
の疾患である「キアリ・アーノルド奇形」「脊椎空洞症」
等と間違われます。
##6
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##7
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
##8
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。


#8結論:
##1
1.めまいはうつ病の症状のひとつなのでしょうか?
=>
###1
勿論違います。
###2
正確には「仮性眩暈(ふわふわ感)」即ち「めまい感」
なのですが。
###3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」で御座います。

2.それとも飲んだり飲まなかったりする薬の副作用なのでしょうか?
=>
###1
内服薬の副作用は考え難いです。
###2
「「デパス」と「PZC」は夜だけ飲むよう指示されていますが、
飲むと何時間後に起きられるかわからない」
との事です。
###3
「内服薬を使用した際の既往を正確に記憶されている」
御相談者は御立派であると今の私は考えます。
###4
だから副作用は考え難いです。

3.上記ではないとしたら疑われる病気は何が考えられるのでしょうか?
=>
###1
「緊張型頭痛」をお持ちでいらっしゃいます。
###2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
###3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は
思考過程にも関与して。
###4
ストレスには弱くなります。
###5
「因果関係」を逆転すればストレスから「発生」
するようにみえるが間違いなのです。

4.受診すべき科は何科なのでしょうか?(耳鼻科では異常なしだそうです)
###1
「もともと肩こりと頭痛がひどかったのですが、
このめまいのような症状とともに、頭痛、肩こりがひどく、
特に右肩、首、右の後頭部、右目の奥は激痛で、
目を開けているのもイヤになるくらいです。
音も光もストレスに感じます。」を強調されて。
###2
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
###3
「緊張型頭痛」+「偏頭痛」の成分をおもちですが。
「治療戦略」からは「緊張型頭痛」でいかれたほうが
宜しいでしょう。
###4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
###5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。
###6
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。

##2
「内服薬を使用した際の既往を正確に記憶されている」
御相談者は御立派であると今の私は考えます。
##3
「うつ(欝)病」ではありえませんね。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月15日 18時39分35秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: せり    
34歳、女性のうつ病患者です。うつ病との診断を受けていますが、
自分ではおそらくうつ病ではなくて境界例ではないかと思っています。

3週間ほど前より、めまいと表現して良いのかわかりませんが
「一瞬頭がクラっとする」という症状がかなりの頻度で起こります。
頭を動かしたとき、方向転換したとき、一歩足を踏み出したとき、
咳をしたとき、マスカラをつけていて視界の中で何かが動くとき、
ありとあらゆる場面で「クラッ」「クラッ」とするので、
動くのもイヤになります。
もともと肩こりと頭痛がひどかったのですが、
このめまいのような症状とともに、頭痛、肩こりがひどく、
特に右肩、首、右の後頭部、右目の奥は激痛で、
目を開けているのもイヤになるくらいです。
音も光もストレスに感じます。
精神科の主治医は一週間に一度しか受診できず、
スケジュールの都合上しばらく診察を受けることができない状況です。
日常生活に支障をきたしますし、
もしかしたら「脳の病気では?」と不安になり、
近所の大学病院に行ったところ、
耳鼻科外来を受診させられましたが、聴力、バランス
などの検査をされ、異常なしとのことでした。
「メリスロン」という薬を処方され、
しばらく様子見とのことです。
精神科の主治医からは「プロチアデン」「デパス」「PZC」
という薬を処方されています。
「プロチアデン」はまったく効かず抑鬱はひどくなる一方、
「デパス」と「PZC」は夜だけ飲むよう指示されていますが、
飲むと何時間後に起きられるかわからない
(40時間くらい眠り続けることも・・・)ので、
結局飲まなくなってしまいました。
頭痛については精神科の主治医にも相談済みで、
痛いときには「ジヒデルゴット」を飲むよう指示されておりますが、
これもまったく効きません。
うつ病については薬物療法だけなのですが
抑鬱はひどくなる一方で、頭痛やめまいまでひどくなっており、
もう、わけがわかりません。

めまい(?)について、下記のことをお尋ねしたいと思います。
1.めまいはうつ病の症状のひとつなのでしょうか?
2.それとも飲んだり飲まなかったりする薬の副作用なのでしょうか?
3.上記ではないとしたら疑われる病気は何が考えられるのでしょうか?
4.受診すべき科は何科なのでしょうか?(耳鼻科では異常なしだそうです)

以上、ご回答いただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

[2003年11月15日 0時36分32秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【ミオナール錠】

---------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
「以前先生に質問し、ご回答を頂いたものです。
頚椎MRIからほぼ異常なしと判断されましたが、
肩凝り背中凝りは相変わらずで、
やはり緊張型頭痛なのか、とおもい整形外科の先生から頂いた、
ロキソニン錠・ミオナール錠とムコスタ錠をのなかから、
ミオナールとムコスタを昨日から飲んでおります。
胃のポリープも見つかったものですから、
内科の先生はこの三錠のお薬を整形の先生から処方されたと聞いて、
なんだか怖いお薬のようにおっしゃったので、
なかなか飲めず、最近やはり飲んでみようとのみ始めました。
一応二週間分出ております、筋肉をやわらかくしてくれるのでは?
と勝手な判断で飲んでいますが、
先生がおっしゃられる緊張型頭痛の症状がすべて当てはまっており
、真剣に直して、もっと元気に日々過ごせるようにと思っております
。」
との事です。

#2
##1
「形外科の先生から頂いた、
ロキソニン錠・ミオナール錠とムコスタ錠をのなかから、
ミオナールとムコスタを昨日から飲んでおります。
胃のポリープも見つかったものですから、
内科の先生はこの三錠のお薬を整形の先生から処方されたと聞いて、
なんだか怖いお薬のようにおっしゃったので、
なかなか飲めず、最近やはり飲んでみようとのみ始めました。」
との事です。

##2
御相談者の御相談内容からは。
##3
「緊張型頭痛」の治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##4
「筋弛緩作用のお薬」のパワーが弱いかもしれません。
##5
適切な表現が思い浮かばないのですが
「ミオナール」はあまり効果ありません。
##6
お受けもちの先生も一生懸命で
いらっしゃることよく分かります。

#3
##1
「先生がおっしゃられる緊張型頭痛の症状がすべて当てはまっており
、真剣に直して、もっと元気に日々過ごせるようにと思っております
。脳神経外科にいって・」
との事です。
##2
前回も御回答いたしたと存じますが。
##3
かなり「症状・症候」はお強い様です。
##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

#4
##1
「頚椎MRIからほぼ異常なしと判断されましたが、
肩凝り背中凝りは相変わらずで、」
との事です。
##2
頚椎MRIは「異常所見」なしとされて
本当に宜しかったです。
##3
「頚椎の病気
(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」と
図らずも間違われる場合も有り厄介です。

#5
##1
「脳神経外科にいって、
このようなお薬をのむにあたってもどのくらいかかるのでしょうか?」
との事です。
##2
これは「脳神経外科専門医」の先生の「判断」により
また「治療戦略」により様々に異なります。
##3
なかなかに適切な御回答が思いつきません。
##4
御免なさい。


#6結論:
##1
「筋弛緩作用のお薬」のパワー不足のような気が致します。
##2
これは「骨・皮・筋」の病気ではありません。 
##3
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
##4
けれども「症状・症候」がお強い様です。
##5
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##6
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さい。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月15日 11時49分13秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 麻    
こんにちは。以前先生に質問し、ご回答を頂いたものです。
頚椎MRIからほぼ異常なしと判断されましたが、
肩凝り背中凝りは相変わらずで、
やはり緊張型頭痛なのか、とおもい整形外科の先生から頂いた、
ロキソニン錠・ミオナール錠とムコスタ錠をのなかから、
ミオナールとムコスタを昨日から飲んでおります。
胃のポリープも見つかったものですから、
内科の先生はこの三錠のお薬を整形の先生から処方されたと聞いて、
なんだか怖いお薬のようにおっしゃったので、
なかなか飲めず、最近やはり飲んでみようとのみ始めました。
一応二週間分出ております、筋肉をやわらかくしてくれるのでは?
と勝手な判断で飲んでいますが、
先生がおっしゃられる緊張型頭痛の症状がすべて当てはまっており
、真剣に直して、もっと元気に日々過ごせるようにと思っております
。脳神経外科にいって、
このようなお薬をのむにあたってもどのくらいかかるのでしょうか?

[2003年11月14日 22時21分59秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【体温の違い】

---------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「29歳の女性です。
4〜5年前より、体調をくずした時や疲れた時など、
左と右で手のひらの温度が全く違うという、奇妙な現象が
起こるようになってしまいました。
いつも左の手は赤くなって冷たくなり、腕がしびれます。
一方、右の手のひらは、汗をかくほど熱くなってしまいます。
それ以外は特にこれといった症状はないのですが、これは
どう解釈したらよいのでしょうか…。
尚、私はアレルギー体質で、花粉のひどい時期は身体中が
かゆくなり、時には呼吸困難にも陥ります。 ヨードに
対してもアレルギー反応を起こします。
お医者さんには何度か相談しているのですが、これといった
原因はわからないようです。 脳神経とはあまり関係がない
ような気も致しますが、アドバイスを頂けるとありがたいの
ですが…。」
との事です。

#2
##1
まず大変重要なことですが。
##2
体温は絶対的には「深部体温」で測ります。
##3
例えば「消化器内」或は
「心臓カテーテル」で「スワン・ガンツ・カテーテル」
で測定いたします。
##4
このように「体温測定」が「究極的に必要な情報」となる場合
はおおくは「集中治療室」にはいるような状態ですから。
##5
通常は「腋下(えきか)体温」等で測定いたします。

#3
##1
「左と右で手のひらの温度が全く違うという、奇妙な現象が
起こるようになってしまいました。」との事です。
##2
「手掌」体温は「左右同温」ということはまず
御座いません。
##3
「サーモグラフイー」という赤外線測定器で
「頭痛系の「症状・症候」」の患者さんを検査すと
「手掌」は軽く1−2度c以上の差が出ます。
##4
この左右差は「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」
の患者さんに多いです。
##5
即ち
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんに多いです。
##6
「手掌体温の左右差」は「頭痛系の「症状・症候」」の患者さん
とりわけ「緊張型頭痛」の患者さんに多いです。
##7
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##8
「機能性頭痛」といわれる
「頭痛」の一群は各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##9
上記お含み頂いて「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を#4に記載いたします。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:理髪店症候)

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に
時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
 
上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。


#6結論:
##1
「手掌」の体温の左右差は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんでよく見られます。
##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは「「アレルギーのご体質」をお持ちであることが
多いです。
##3
「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」の「症状・症候」
がお強い様であれば。
##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月14日 12時22分4秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: タカミ    
初めまして、29歳の女性です。
4〜5年前より、体調をくずした時や疲れた時など、
左と右で手のひらの温度が全く違うという、奇妙な現象が
起こるようになってしまいました。
いつも左の手は赤くなって冷たくなり、腕がしびれます。
一方、右の手のひらは、汗をかくほど熱くなってしまいます。
それ以外は特にこれといった症状はないのですが、これは
どう解釈したらよいのでしょうか…。
尚、私はアレルギー体質で、花粉のひどい時期は身体中が
かゆくなり、時には呼吸困難にも陥ります。 ヨードに
対してもアレルギー反応を起こします。
お医者さんには何度か相談しているのですが、これといった
原因はわからないようです。 脳神経とはあまり関係がない
ような気も致しますが、アドバイスを頂けるとありがたいの
ですが…。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

[2003年11月14日 10時8分44秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【息子は大丈夫かしら】

---------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

脳挫傷は「年齢」が予後判定に極めて
重要で御座います。
1・年齢 の御記載が無く御回答限界でもあるのです。

御相談者の御心配のひとしおでいらっしゃるることもよく判ります。

「可能な範囲内で」御回答を試みます。

#1
##1
「前頭葉脳挫傷、左のくも膜下出血と言われ、
4日間脳外の集中治療室にいて、脳はおそらく問題ないと言われ
、一般病室に移されましたが、
右腕・下肢の骨折もあり、かかとに金属を通し、
牽引する状態が続き、整形での手術がその上混んでいてかなり遅れました。

結果的には手術は大成功したのですが、
精神的にまいっていて、痛みに弱く、脳外の時だけでなく、
術後も大声で痛みを訴え、整形の病室においてもらえず、
精神科で落ち着いたら整形へ戻すと言うことで納得しました。」
との事です。

#2
##1
「左前頭葉脳挫傷」+「左外傷性くも膜下出血」
に「多発骨折」がり。
##2
「多発外傷」の状況であると解釈いたします。

#3
##1
「「左前頭葉脳挫傷」+「左外傷性くも膜下出血」
で「脳はおそらく問題ないと言われ」との事です。
##2
##1は「「脳神経外科専門医」からは手術の必要は無い」
という意味であろうと推察いたします。
##3
「左前頭葉脳挫傷」+「左外傷性くも膜下出血」
で「脳は大丈夫」の理由がありませんから。
##4
多発外傷ゆえに手術の必要な科目を優先されたのであろうと
考えます。

#4
##1
「ナースコールをしきりに押すこと、呼んでも来られないと、
今度は大声で呼ぶようなのです。
脳外でも、精神科でも患者さん達の迷惑になるようで、
ただただ迷惑な患者は閉鎖へと言われている気がします。」
との事です。
##2
救急外傷を扱われる御施設であれば
ご子息様の「症状・症候」は「なれています」。
##3
「閉鎖病棟」「精神科病棟」の「隔離」
をあまり意味深くお考えになる必要は
無いかもしれません。
##4
お気持ちは大変よく判ります。


#5結論:
##1
「興奮の状態」は「疼痛」+「不眠」がおおきく
御相談者の御相談内容からは関連しているような気が
致します。

##2
また「左前頭葉脳挫傷」+「左外傷性くも膜下出血」
のみでもご子息さまの「症状・症候」は出現いたします。

##3
いずれにいたしましても。
##4
「頭部外傷」で「興奮」されたり「暴れたり」する患者さん
は「「中枢神経系専門医」の眼からすれば「予後(治り方)」
は宜しいものです。

##5
だからご子息様のこの興奮時期を「脳神経外科専門医」
は「通過症候群」というのですが。
##6
ゆとりをもたれて待たれて頂けますでしょうか。

##7
御相談者のお母様の
御心配のひとしおでいらっしゃるることもよく判ります。

##8
手術も上手くいかれたようでまた「脳神経外科専門医」の
手術も必要ないのであるから。
##9
大変宜しかったです。
##10
如何でしょうか。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月14日 12時8分13秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前:  ひかる    
3週間前、歩いていて車にはねられ、
前頭葉脳挫傷、左のくも膜下出血と言われ、
4日間脳外の集中治療室にいて、脳はおそらく問題ないと言われ
、一般病室に移されましたが、
右腕・下肢の骨折もあり、かかとに金属を通し、
牽引する状態が続き、整形での手術がその上混んでいてかなり遅れました。

結果的には手術は大成功したのですが、
精神的にまいっていて、痛みに弱く、脳外の時だけでなく、
術後も大声で痛みを訴え、整形の病室においてもらえず、
精神科で落ち着いたら整形へ戻すと言うことで納得しました。
ところが、今度は閉鎖病棟へと言われたのです。
16日間付き添って心身がまいっている私、
母親は、帰ってきたらすぐ閉鎖へと言われ、
どうしたものかと悩んでいます。

ナースコールをしきりに押すこと、呼んでも来られないと、
今度は大声で呼ぶようなのです。
脳外でも、精神科でも患者さん達の迷惑になるようで、
ただただ迷惑な患者は閉鎖へと言われている気がします。
事故のショックでこんなに理性、抑制力がなくなったのでしょうか。

[2003年11月14日 9時11分14秒]
---------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【下瞼の痙攣】

---------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「こんにちは、私は28歳の女性です。
一週間前から、左下瞼の痙攣が治まりません。
朝起きてから一日中ずっとです、早く治したいのですが、
どうしたらいいのですか?宜しくお願いします。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容からは
##2
###1
「眼嶮痙攣」
###2
「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」
##3
##2の2種類の可能性が御座います。

#3
##1
##2の「眼嶮痙攣」か「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」
かの鑑別が御相談者の御相談内容からは
「鑑別」ができません。
##2
「眼嶮痙攣」であればそのまま放置しても
とまっていきますが。
##3
「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」
であると
「脳神経外科専門医」による「治療戦略」が
必要になります。
##4
「左下瞼の痙攣が治まりません。
朝起きてから一日中ずっとです、早く治したいのですが、
どうしたらいいのですか?宜しくお願いします。」
との事ですが。
##5
御相談者の御相談内容からは
まず「「診断」を上記いずれかの
「鑑別診断」が必要になります。

#4
##1
ご心配なことと存じますが。
##2
「脳神経外科専門医」先生を御受診されて
みては如何でしょうか。
##3
「眼嶮痙攣」「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」
いずれにしても「悪性の疾患」では無いので。
##4
「症状・症候」がお強くありませんでしたらば
「御様子見」でも宜しいと今の私は考えます。


#5結論:
##1
御相談者の御相談内容からは
###1
「眼嶮痙攣」
###2
「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」
の鑑別がつきません。
##2
もしも
「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」であると。
##3
これを本格的に治療しようとすると
「Janetta(ジャネッタ)の手術」という大変に難しい手術
が必要です。
##4
「眼嶮痙攣」の場合は長く続くことはないので
通常は「治療標的」とはならにことが多いです。

##5
「脳神経外科専門医」先生を御受診されて
みては如何でしょうか。
##6
「眼嶮痙攣」「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」
いずれにしても「悪性の疾患」では無いので。
##7
「症状・症候」がお強くありませんでしたらば
「御様子見」で宜しいと今の私は考えます。
##8
早く治すためには面倒かもしれませんが。
##9
「診断」のためには「脳神経外科専門医」を
御受診される必要があると判断致します。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月14日 11時48分53秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: W.S    URL 
こんにちは、私は28歳の女性です。
一週間前から、左下瞼の痙攣が治まりません。
朝起きてから一日中ずっとです、早く治したいのですが、
どうしたらいいのですか?宜しくお願いします。

[2003年11月14日 9時9分8秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【ありがとうございました】

---------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

宜しかったです。

「御様子見」で宜しいと今の私は考えます。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


補足:
前回の御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。


+++++++++++++前回の御相談・御回答+++++++
#2
##1
「10日ほど前に、短い定規を使って
自宅のフローリングのワックスを汚れごと剥がす為に、
指先に力が入る状態で長時間作業を致しました。」
との事です。
##2
##1は何らかの関係はなくはないが
「単純なエピソード」であり。
##3
「症状・症候」の本体とはスタンスがあるような気が致します。
##4
「軽い静電気を感じられているビリビリする様な御自覚症状」と考えます。
##5
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に絵に書いたような「
しびれ感」があるのが特徴です。
##6
「翌日右の親指、人差し指の第一関節より先がしびれてきたので」
との事です。
##7
御相談者」は「親指側タイプ」で御座います。

#3
##1
御相談者は
「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」
はおありでは無いでしょうか。
##2
もしも「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」
がおありであれば。
##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
によるビリビリ感」=「しびれ感」の可能性が御座います。
##4
「頭痛系の疾患」で
「機能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##5
「機能性頭痛」とは
「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」などによる「
症候性頭痛」でなない「頭痛」を呼称いたします。
##6
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は各々の
「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##7
上記お含み頂いて「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を#4に記載いたします。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:理髪店症候)

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
 
上記は「緊張型」の不思議だが重要な
時間・曜日・月などの時間帯依存性で御座います。

#6
#6
しびれがあるとのことですが。
下記については如何でしょうか。
##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴ですが如何でしょうか。
##2
まずほかの手指には来ません。
##3
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います。
如何でしょうか。
##4
これらの「症状・症候」は朝方強いという特徴
が御座います。
##5
とこの「しびれ感」は
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。
##6
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われることがあります。

#7
##1
よく「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「OA症候群」などと間違われます。
##2
皮肉なことに脳MRIから「脳神経外科専門医」
の疾患である「キアリ・アーノルド奇形」「脊椎空洞症」
等と間違われます。
##3
このビリビリ感」=「しびれ感」は。
##4
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###”
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##6
ビリビリ感」=「しびれ感」でくるけれども
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
##7
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#8結論:
##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に絵に書いたような
「しびれ感」があるのが特徴です。
##2
御相談者の御相談内容からは「親指側タイプ」で御座います。
##3
もしも「症状・症候」がお強くて
「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」がお強いのであれば。
##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。こ
のことは何卒覚えておかれて下さいませ。
##6
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月13日 18時22分0秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: ポチ    
40歳の女性です。10日ほど前に、短い定規を使って
自宅のフローリングのワックスを汚れごと剥がす為に、
指先に力が入る状態で長時間作業を致しました。
翌日右の親指、人差し指の第一関節より先がしびれてきたので、
それ以来作業をしていないのにもかかわらず
いまだに症状に変化が無く、感覚が戻らないので
心配になって書き込まさせていただきました。

[2003年11月13日 17時43分14秒]


++++++++++++++++++++++++++++++
前回の御回答は上記の通りでございました(一部です)(+++以上)。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月14日 7時48分52秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: ポチ    
ありがとうございました。
特に頭痛他の症状はないので、もう少し様子を見ようと思います。

[2003年11月14日 7時38分16秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【手指のしびれが続いています】

---------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「40歳の女性です。10日ほど前に、短い定規を使って
自宅のフローリングのワックスを汚れごと剥がす為に、
指先に力が入る状態で長時間作業を致しました。
翌日右の親指、人差し指の第一関節より先がしびれてきたので、
それ以来作業をしていないのにもかかわらず
いまだに症状に変化が無く、感覚が戻らないので
心配になって書き込まさせていただきました。」
との事です。

#2
##1
「10日ほど前に、短い定規を使って
自宅のフローリングのワックスを汚れごと剥がす為に、
指先に力が入る状態で長時間作業を致しました。」
との事です。
##2
##1は何らかの関係はなくはないが
「単純なエピソード」であり。
##3
「症状・症候」の本体とはスタンスがあるような気が致します。
##4
「軽い静電気を感じられているビリビリする様な御自覚症状」と考えます。
##5
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に絵に書いたような「
しびれ感」があるのが特徴です。
##6
「翌日右の親指、人差し指の第一関節より先がしびれてきたので」
との事です。
##7
御相談者」は「親指側タイプ」で御座います。

#3
##1
御相談者は
「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」
はおありでは無いでしょうか。
##2
もしも「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」
がおありであれば。
##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
によるビリビリ感」=「しびれ感」の可能性が御座います。
##4
「頭痛系の疾患」で
「機能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##5
「機能性頭痛」とは
「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」などによる「
症候性頭痛」でなない「頭痛」を呼称いたします。
##6
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は各々の
「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##7
上記お含み頂いて「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を#4に記載いたします。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:理髪店症候)

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
 
上記は「緊張型」の不思議だが重要な
時間・曜日・月などの時間帯依存性で御座います。

#6
#6
しびれがあるとのことですが。
下記については如何でしょうか。
##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴ですが如何でしょうか。
##2
まずほかの手指には来ません。
##3
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います。
如何でしょうか。
##4
これらの「症状・症候」は朝方強いという特徴
が御座います。
##5
とこの「しびれ感」は
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。
##6
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われることがあります。

#7
##1
よく「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「OA症候群」などと間違われます。
##2
皮肉なことに脳MRIから「脳神経外科専門医」
の疾患である「キアリ・アーノルド奇形」「脊椎空洞症」
等と間違われます。
##3
このビリビリ感」=「しびれ感」は。
##4
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###”
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##6
ビリビリ感」=「しびれ感」でくるけれども
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
##7
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#8結論:
##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に絵に書いたような
「しびれ感」があるのが特徴です。
##2
御相談者の御相談内容からは「親指側タイプ」で御座います。
##3
もしも「症状・症候」がお強くて
「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」がお強いのであれば。
##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。こ
のことは何卒覚えておかれて下さいませ。
##6
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月13日 18時22分0秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: ポチ    
40歳の女性です。10日ほど前に、短い定規を使って
自宅のフローリングのワックスを汚れごと剥がす為に、
指先に力が入る状態で長時間作業を致しました。
翌日右の親指、人差し指の第一関節より先がしびれてきたので、
それ以来作業をしていないのにもかかわらず
いまだに症状に変化が無く、感覚が戻らないので
心配になって書き込まさせていただきました。

[2003年11月13日 17時43分14秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300屐砲病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci 
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2003年11月16日 1時23分14秒]

<ここは回答者記入欄です。
ご相談者の記入欄ではございません。
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。/A>
#現在は書き込みはできません。#
山本クリニックの相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
現在この相談掲示板は書き込みできません。
管理者が
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題
をお伝えするのに用いています。

御相談のため山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板「書き込み」に「特急」でとぶ  
御相談のため山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板「書き込み」に「特急」でとぶ

もう一度山本クリニック相談掲示トピックスの板記事一覧に戻る
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
「メッセージ相談掲示板」記事一覧に戻る
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページTOPへ Search
検索文字列</TD>