ご相談タイトル:鼠径部リンパ腺炎 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
ご心配なことと存じます。
これは御大変であろうと存じます。

++++++++++++++++++++

「細菌感染」による「鼠径部リンパ腺炎」は
明らかだが
「蜂窩織炎:蜂巣炎:cellluritis:phlegmon」或は・及び
「丹毒:たんどく:erysipelas」の併発も考えられる「症状・症候」
です。

適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」
場合により外科的な処置も必要な可能性が御座います。

「「蜂窩織炎:蜂巣炎:cellluritis:phlegmon」のようである。」
「丹毒:たんどく:erysipelas」のようである。」
とおっしゃられて。
「一般外科専門医先生」の「御受診」を
「お受けもちの先生」とご相談されることを
お勧め致します。

++++++++++++++++++++


#1
##1
「はじめまして、31歳のサトシ(男性)と申します。

 先週末から、男性器の根元と横に腫れ及び化膿のような物ができ、
左側のお尻のあたりにも何箇所か赤く腫れが出ています。
また同時に今週になって、左足の付け根の部分に2箇所ほど、
内側から1cm程度の腫れが見られます。直接触るとかなり痛みを感じます。

 2週間ほど前にはセキと喉の痛みがひどく、声が出ないほどの状態でしたが、
それが治った矢先、このような症状になりました。
先日、この掲示板を拝見し、付け根の部分の痛みに関しては、
鼠径部リンパ腺炎と似たような症状だと感じ、また、
先日病院に行ったところ、同様な診断でした。

 抗生物質をもらい、一昨日から飲んでいますが、
お尻の腫れはますますひどくなり、太ももや腰周辺まで広がっています。
また、海外在住でイギリス人のお医者さんであるため、
うまく症状などが伝わらない部分もあり、
2つの症状の関連性があるのかなど、不安に感じております
。何かアドバイスいただければ非常に助かります。
よろしくお願いします。」
との事です。






#2
##1
「先週末から、男性器の根元と横に腫れ及び化膿のような物ができ、
左側のお尻のあたりにも何箇所か赤く腫れが出ています。
また同時に今週になって、左足の付け根の部分に2箇所ほど、
内側から1cm程度の腫れが見られます。直接触るとかなり痛みを感じます。」
との事です。

##2
この「症状・症候」は典型的な
「細菌感染」による「鼠径部リンパ腺炎」の「症状・症候」
である。

##2
「「しこり」の如く触れるもの」=
「左足の付け根の部分に2箇所ほど、
内側から1cm程度の腫れが見られます。直接触るとかなり痛みを感じます。」
と「左「細菌感染」による「鼠径部リンパ腺炎」による
「リンパ腺腫大」」がおありのようです。

##3
この状況での「リンパ腺炎」を「所属リンパ腺炎」とも呼称致します。

##4
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」が
必要な状況です。

##5
「2週間ほど前にはセキと喉の痛みがひどく、声が出ないほどの状態でしたが、
それが治った矢先、このような症状になりました。」
との事です。

##6
「上気道急性細菌感染」等の「重度」の
「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
に併発して「直接関連は何も無い」のだけれども。

##7
「細菌感染」による「鼠径部リンパ腺炎」が併発することは
多いものです。





#3
##1
「先週末から、根元と横に腫れ及び化膿のような物ができ、
左側のお尻のあたりにも何箇所か赤く腫れが出ています。
・略・抗生物質をもらい、一昨日から飲んでいますが、
お尻の腫れはますますひどくなり、太ももや腰周辺まで広がっています。」
との事です。

##2
「細菌感染」による「鼠径部リンパ腺炎」に加えて
どちらが「先か後」かは判断不能ですが
「蜂窩織炎:蜂巣炎:cellluritis:phlegmon」も併発されている
と今の私は考えます。
また
「丹毒:たんどく:erysipelas」の要素もある「細菌感染」
であるとも今の私は考えます。

##3
「蜂窩織炎:蜂巣炎:cellluritis:phlegmon」とは
「境界不鮮明」な「真皮深層」「結合組織」の「細菌感染」
の「病態」です。

##4
類似「病態」で「丹毒:たんどく:erysipelas」という
「病態」があります。
「丹毒:たんどく:erysipelas」とは
「真皮のレベル」を「水平方向」に急速に拡大する
「浮腫性紅斑」と「腫脹」を特徴とする「細菌感染」のことです。
「発熱・頭痛などの全身「症状・症候」を伴う」のが
特徴で「急速に油を流したような「境界鮮明な浮腫性紅斑」」
が特徴です。




#4
##1
「抗生物質をもらい、一昨日から飲んでいますが、
お尻の腫れはますますひどくなり、太ももや腰周辺まで広がっています。
また、海外在住でイギリス人のお医者さんであるため、
うまく症状などが伝わらない部分もあり、
2つの症状の関連性があるのかなど、不安に感じております」
との事です。

##2
「細菌感染」による「鼠径部リンパ腺炎」+
「蜂窩織炎:蜂巣炎:cellluritis:phlegmon」に
「丹毒:たんどく:erysipelas」の可能性も御座います。

##3
とても「「抗生物質」の内服」のみで対応できる
状態ではないように今の私は考えます。

##4
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」
も最低限必要と考える。

##5
英国にて御不自由されていると思います。

##6
「お受けもちの先生」とご相談されて
可及的に「一般外科専門医先生」を御受診されて
「細菌感染巣:さいきんかんせんそう」の根治に向けて
しっかりとした「治療戦略」が必要であると思われます。






#5結論:
##1
「細菌感染」による「鼠径部リンパ腺炎」は
明らかだが
「蜂窩織炎:蜂巣炎:cellluritis:phlegmon」或は・及び
「丹毒:たんどく:erysipelas」の併発も考えられる「症状・症候」
です。

##2
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」
場合により外科的な処置も必要な可能性が御座います。

##3
「「蜂窩織炎:蜂巣炎:cellluritis:phlegmon」のようである。」
「丹毒:たんどく:erysipelas」のようである。」
とおっしゃられて
「一般外科専門医先生」の「御受診」を
「お受けもちの先生」とご相談されることを
お勧め致します。

##4
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。




上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。







何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2005年2月11日 16時33分35秒]

お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*



はじめまして、31歳のサトシ(男性)と申します。

 先週末から、男性器の根元と横に腫れ及び化膿のような物ができ、
左側のお尻のあたりにも何箇所か赤く腫れが出ています。
また同時に今週になって、左足の付け根の部分に2箇所ほど、
内側から1cm程度の腫れが見られます。直接触るとかなり痛みを感じます。

 2週間ほど前にはセキと喉の痛みがひどく、声が出ないほどの状態でしたが、
それが治った矢先、このような症状になりました。
先日、この掲示板を拝見し、付け根の部分の痛みに関しては、
鼠径部リンパ腺炎と似たような症状だと感じ、また、
先日病院に行ったところ、同様な診断でした。

 抗生物質をもらい、一昨日から飲んでいますが、
お尻の腫れはますますひどくなり、太ももや腰周辺まで広がっています。
また、海外在住でイギリス人のお医者さんであるため、
うまく症状などが伝わらない部分もあり、
2つの症状の関連性があるのかなど、不安に感じております
。何かアドバイスいただければ非常に助かります。
よろしくお願いします。
[2005年2月11日 15時56分20秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲