ご相談タイトル:小脳出血 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
ご心配なことと存じます。


御相談者の御相談の御記載内容からは
御相談者の「要旨」はお母様の「介護施設」の探索が
主題のようです。
この相談掲示板の「能力」をこえた御相談でもあるため
御回答限界でもあるのです。

けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。






#1
##1
「母が今年の3月2日に倒れ、救急車で運ばれ小脳出血の診断。
即座に手術をしました。
その後、半年間、
病気の治療及びリハビリ病院のベッド待ちをしておりました。

8月末日にリハビリ病院に転院をし、3ヶ月を経過した昨日、
病院・主治医より3ヶ月が経過したから出て行けといわれて
しまいました。

今後は自宅で介護をしながら、通院及び介護保険で利用できる
リハビリ施設に通うようにしようかと考えています。

どこか私の自宅近郊で小脳出血後のリハビリに強い病院、
そして介護保険のリハビリ施設をお教え戴けないでしょうか。

また、
週にどれぐらいのリハビリ日数を作ってあげることが
望ましいのでしょうか?
母は、58歳です。自宅は、目黒区(学芸大学)になります。
ご回答お願い致します。」
との事です。






#2
##1
58歳のお母様が3月28日に「脳血管障害」をおこされ
「小脳出血」という「脳内出血」であった。

##2
「小脳出血」は「緊急手術」を必要とする「脳内出血」ですから
「救急車で運ばれ小脳出血の診断。即座に手術をしました。」との事で
大変に宜しかったと存じます。

##3
「その後、半年間、
病気の治療及びリハビリ病院のベッド待ちをしておりました。

8月末日にリハビリ病院に転院をし、3ヶ月を経過した昨日、
病院・主治医より3ヶ月が経過したから出て行けといわれて
しまいました。」
との事です。





#3
##1
まず一般論から御話しを致します。

##2
「脳血管障害」に関わらずさまざまな
「介護施設」を必要とするお母様のような
状態の場合は。

##3
「介護施設」での様々な状況に対応するに
「生存競争」には「脚力」が物をいいます。

##4
「リハビリテーション」での「筋力増大の成果」
とりわけ「自立歩行」の「可不可」
或いは程度の結果が
多分に御相談者の想像を超えて「物をいいます」。

##5
「介護施設の現場」では
「少しでも危なければ」「車椅子」になってしまいます。

##6
ひとたび「車椅子」になれば「半年」の「リハビリテーション」
成果も「2週間」で「もとにもどってしまう」ことを御理解下さい。

##7
この「現象」を肝に銘じられて下さい。
これからの「行く先のお母様」の介護の
御参考にされて下さい。





#4
##1
「週にどれぐらいのリハビリ日数を作ってあげることが
望ましいのでしょうか?」との事です。

##2
#3のような「理由」もあり
「リハビリテーション」には「上限」は
ありません。

##3
多勢の患者さんを受け持つ
「リハビリ専門医先生」或いは「リハビリテーション治療師先生」の
「体力的限界」その他から個々の患者さんへの「リハビリテーション」は。

##4
常に
「アンダー」にならざるを得ないのが現状です。



#5
##1
おうちのかた・御相談者にとってお母様は
「たったひとりの御母様」なわけです。

##2
けれども
「3ヶ月を経過した昨日、
病院・主治医より3ヶ月が経過したから出て行けといわれて
しまいました。」とのように。

##3
お母様のような「境遇」の患者さんは「無数」であるため
「お母様」は
「one of them:そのひとり」。

##4
お母様が「リハビリテーション」に関しては「one of them:そのひとり」
になってしまうのは結果論としては止むを得ないことです。

##5
これは今後お母様が「介護施設」に入居される時期
の来る場合も同様です。


##6
「介護施設」に入居される場合
「介護施設」にとっては「御母様」は多勢の患者さんの中の
「one of them:そのひとり」
になるわけです。

##7
このような状況下では「病態」の如何を問わず
「お母様」のような患者さんの場合「しっかりとした歩行能力の有無」は
「大変に物をいうことになります」。





#6
##1
「今後は自宅で介護をしながら、通院及び介護保険で利用できる
リハビリ施設に通うようにしようかと考えています。
どこか私の自宅近郊で小脳出血後のリハビリに強い病院、
そして介護保険のリハビリ施設をお教え戴けないでしょうか。」
との事です。

##2
「介護施設」は「介護保険」の通用する患者さんが対象です。

##3
一般的には都内の「介護施設」は半年で概算で
「1施設」当たり「10−10数名」の「空き」が
でます。

##4
御相談者が「都内23区内」の「介護施設」にお母様を「入居」
させようとすれば「極めて競争率は高い」と今の私は考えます。

##5
「介護施設」には医師は「0.5人」しかいません。
=>
「昼間のみ医師がいる」=「昼間に1名医師がいる」ということです。

##6
「都内23区内」の「介護施設」のほぼ100%が
「リハビリテーション」が必要な患者さんは
「地区内」の「
総合病院などの「リハビリ専門医先生」「リハビリテーション治療師先生」
のところに「移動」して「リハビリテーション」を行なっているのが
現実です。





#7
##1
「今後は自宅で介護をしながら、通院及び介護保険で利用できる
リハビリ施設に通うようにしようかと考えています。
どこか私の自宅近郊で小脳出血後のリハビリに強い病院、
そして介護保険のリハビリ施設をお教え戴けないでしょうか。」
との事です。

##2
御相談者は「近隣の施設通院リハビリ」を考えていらっしゃる
と思いますが。

##3
結果論からは「大変に困難な選択枝」のひとつであることは
否めません。

##4
「リハビリ」が必要な状態が現在もおありであれば。
関東一円にまで視野に広げる必要が御座います。




#8結論:
##1
以上御回答致しました。

##2
適切な表現が思い浮かばないのですが
もしも
お母様が「車椅子」歩行をされていたと仮定致します。

##3
このとき御相談者がお母様の「移動」に「車椅子」が必需である
と「御考え」であり。

「車椅子」が「便利で楽だ」とお考えであったらば
御相談者の「願い」のかなう可能性は極めて困難。



##4
御自分で背負ってもお母様の「移動」が出来る御相談者の
「体力」がなければ・
「他の方に背負って」頂くしかない。




##5
このような御回答しかできなくて
申し訳御座いません。

##6
一刻も早くお母様がよき「治療戦略」ルートに乗られることを
心よりお祈り申し上げます。







上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。
[2004年11月21日 9時18分48秒]

お名前: 小林克巳   
山本クリニック御中

母が今年の3月2日に倒れ、救急車で運ばれ小脳出血の診断。
即座に手術をしました。
その後、半年間、
病気の治療及びリハビリ病院のベッド待ちをしておりました。

8月末日にリハビリ病院に転院をし、3ヶ月を経過した昨日、
病院・主治医より3ヶ月が経過したから出て行けといわれて
しまいました。

今後は自宅で介護をしながら、通院及び介護保険で利用できる
リハビリ施設に通うようにしようかと考えています。

どこか私の自宅近郊で小脳出血後のリハビリに強い病院、
そして介護保険のリハビリ施設をお教え戴けないでしょうか。

また、
週にどれぐらいのリハビリ日数を作ってあげることが
望ましいのでしょうか?
母は、58歳です。自宅は、目黒区(学芸大学)になります。
ご回答お願い致します。


[2004年11月20日 20時26分47秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲