ご相談タイトル:手足のしびれ 痙攣 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
ご心配なことと存じます。




++++++++++++++++++++++++++++

御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。


良性の「多発性ニューロパチー」の「一種」ですが
「慢性腎機能障害」或いは「甲状腺機能異常」の患者さんなどに
冬季に発生致します。

「症状・症候」は「ぴくつき」或いは「しびれ感」で
「下肢」の「しびれ感」の場合「重感」を伴うのが特徴です。

「脳」「脊髄」を含む「中枢神経系」の「器質的疾患」では
なく「機能性末梢神経障害」であり
「末梢循環障害:まっしょうじゅんかんしょうがい」を伴うこともある。

下記順を追って御回答致します。


++++++++++++++++++++++++++++


#1
##1
「32歳 女性です。慢性腎炎で治療中ですが
ここ2ヶ月ほど月に数日両手足や顔に痺れを感じます。
痙攣は足だけです。
痺れは数時間おこり、だんだん消えていく感じです。
ここ数日は左の足の裏が常に軽く痺れている感じがします。
数ヶ月に一回ですが、うとうとと昼寝などしているときに
肩から首にかけて痙攣があり
半分眠った状態でヒクヒクしてしまうときがあり、
その瞬間はちょっと呼吸が苦しくなします。
手足の痺れが出るときは必ずと言っていいほど、足がだるくなったり、
頭の中がぎゅーっと圧迫されるような感じになります。
頭痛は感じません。
脳と関係あるのでしょうか?
前は無かった症状なので不安におもいます。
体調は悪くありません。」
との事です。




#2
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
御相談者の御相談の御記載内容からは
1・慢性腎炎で治療中
2・過去2ヶ月両手足と顔の数時間続き次第に消えていく「しびれ感」
3・過去数日足の裏の「しびれ感」
4・数ヶ月に一回の頻度で肩から頸にかけての「ぴくつき」
5・手足の「しびれ感」と同時に発生する足のだるさ及び「頭の締め付け感」
6・その他
の「6つ」の「症状・症候」がおありです。

##3
過去には無かった「症状・症候」だから「数ヶ月前」或いは「2ヶ月前」
からの「症状・症候」発症と考えます。

##4
上記は
慢性腎炎など「慢性腎機能障害」をお持ちの患者さんには多い「病態」
なのです。

##5
上記は「末梢循環障害:まっしょうじゅんかんしょうがいも関与した
「機能性末梢神経障害」の「範疇:はんちゅう」の「病態」。

##6
「脱水傾向:dry-side drive」にて「体液電解質管理」のなされていらっしゃる
かたに多い「病態」です。


##7
「ドライサイドドライブ:dry side drive:dsd」とは
腎臓からろ過される「余分水分」が少ない状態のこと。
「腎前負荷:じんぜんふか」が不足した状態とも呼称致します。





#3
##1
「脱水傾向:dry-side drive」或いは「体液電解質管理」は御相談者は
「意識的」にはそのようにされてはいらっしゃらないでしょうが
「水分」が「皮下組織」などの「サード・スペース:third space」に
足りないときに発生致します。

##2
「多発性ニューロパチー」でも最も単純かつ良性なものと解釈されています。

##3
「運動神経線維」「感覚神経線維」ともに「機能性末梢神経障害」にて
それぞれ「ぴくつき」及び「しびれ感」を惹起致します。

##4
持続性であることは少なく数時間で次第に消えていきますが
周期性があります。

##5
血管運動神経にも関与致します。
「下肢」の「しびれ感」がきたときには「下肢」が重たく感じられえると
思います。

##6
冬季に多い「病態」です。

##7
予防法としては心がけて「水分」を十分に摂取されるように
心がけていただくことが肝要です。

##8
「脱水傾向:dry-side drive」の患者さんの「多発性ニューロパチー」
は良性「病態」であり
「慢性腎機能障害」などや「甲状腺機能異常」の患者さんに
よくみられますが経過観察されて宜しいものと
今の私は考えます。

##9
「脳と関係あるのでしょうか?」との事です。
=>
御座いません。





#4結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
良性の「多発性ニューロパチー」の「一種」ですが
「慢性腎機能障害」或いは「甲状腺機能異常」の患者さんなどに
冬季に発生致します。

##3
「症状・症候」は「ぴくつき」或いは「しびれ感」で
「下肢」の「しびれ感」の場合「重感」を伴うのが特徴です。

##4
「脳」「脊髄」を含む「中枢神経系」の「器質的疾患」では
なく「機能性末梢神経障害」であり
「末梢循環障害:まっしょうじゅんかんしょうがい」を伴うこともある。

##5
「既存「病態」」依存性であり
良性の「病態」なので更なる御心配は無用であると
今の私は考えます。

##6
「脳と関係あるのでしょうか?」との事です。
=>
御座いません。


##7
一刻も早い御相談者の「症状・症候」の寛解の得られること・
一刻も早い「症状・症候」のご回復を心より御祈り申し上げます。











上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。









何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。










何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。
[2005年1月27日 8時30分19秒]

お名前: もん   
32歳 女性です。慢性腎炎で治療中ですが
ここ2ヶ月ほど月に数日両手足や顔に痺れを感じます。
痙攣は足だけです。
痺れは数時間おこり、だんだん消えていく感じです。
ここ数日は左の足の裏が常に軽く痺れている感じがします。
数ヶ月に一回ですが、うとうとと昼寝などしているときに
肩から首にかけて痙攣があり
半分眠った状態でヒクヒクしてしまうときがあり、
その瞬間はちょっと呼吸が苦しくなします。
手足の痺れが出るときは必ずと言っていいほど、足がだるくなったり、
頭の中がぎゅーっと圧迫されるような感じになります。
痛は感じません。
脳と関係あるのでしょうか?
前は無かった症状なので不安におもいます。
体調は悪くありません。

[2005年1月26日 21時40分53秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲