ご相談タイトル:2歳6ヶ月女児痙攣発作重積 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
ご心配なことと存じます。
これは御心労の多かろうことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。





#1
##1
「お忙しいところ恐れ入ります。初めまして。
私には二歳六ヶ月の娘がいます。
生後からずっと入院しています。2200gで仮死状態で生まれましたが、
それほどひどい仮死状態ではなかったので
三週間ほどで退院出来ると言われました。

しかし生後一週間程してからけいれんが見られ、
抗痙攣薬を使い始めましたが薬は効かず、
生後一ヶ月と二ヶ月の時に鎮静剤を使いましたが
薬が切れたらまたけいれん重積状態になりました。

主治医は小児神経の先生で、今まで報告のないタイプの難治性てんかん、
とおっしゃっていらっしゃいました。
学会などで情報を収集されて
使える薬は大体試しましたが、診断名は難治性てんかんと言うことで、
毎日の薬 (今はデパケン、ブロム剤、エピレオプチマール、マイスタン)
と座薬を使っても毎日頻繁に出ます。

呼吸も不安定になるので、
乳児の時から酸素は必要で呼吸器を大体つけていました。
昨年夏、気管切開をしました。

生後から目で何かを追ったりすることもなく、
意識もなく自力運動もなく脱力状態です。
低酸素脳症の後遺症でもないらしく、
もって生まれた器質?ではないかといわれました。

少し前に自発呼吸もなくなりかけてた時もあったそうですが、
最近は少し回復し一分間に十回程酸素を送っています。
主治医の先生は、断層写真や脳波を見る限り、手術するような
ものではないとおっしゃっています。
もしするにしても意識がないので診断等かなり厳しいと思う、と。

親の気休めにででも、より詳しい検査が出来ればと思うのですが、
呼吸器がついてるため
本人の体力消耗等考えると、移動もたやすいものではない、と。

生まれてからずっと意識のないまま終わるのは不憫でなりません。
ちょっとでも反応してほしい!
何か一歩でも前に進む道はないのでしょうか?
このまま全く反応のないまま娘を見守っていくしかないのでしょうか。」
との事です。








#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
 
##2
「私には二歳六ヶ月の娘がいます。生後からずっと入院しています。
2200gで仮死状態で生まれましたが、それほどひどい仮死状態ではなかったので
三週間ほどで退院出来ると言われました。
しかし生後一週間程してからけいれんが見られ、抗痙攣薬を使い始めましたが薬は効かず、
生後一ヶ月と二ヶ月の時に鎮静剤を使いましたが
薬が切れたらまたけいれん重積状態になりました。主治医は小児神経の先生で、
今まで報告のないタイプの難治性てんかん、とおっしゃっていらっしゃいました。
学会などで情報を収集されて使える薬は大体試しましたが、
診断名は難治性てんかんと言うことで、毎日の薬 (今はデパケン、ブロム剤、エピレオプチマール、マイスタン)
と座薬を使っても毎日頻繁に出ます。」
との事です。
 
##3
今現在の「中枢神経系」のCT・MRI・「脳波検査所見」を統合すれば
「症候性痙攣発作」ではない。
「「真性てんかん」である。
 
##4
「痙攣発作重積」の状態が「2年6ヶ月」続いています。
これでは「意識」は今現在でないはず。
 
##5
一番「現実的な危険」なことは「痙攣発作重積」により
「無酸素状態」=「脳虚血」に至る事です。
 
##6
これに対してはお受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
 
##7
万全の「可能な限り」の「無酸素状態」=「脳虚血」への
「呼吸器管理」がなされていると今の私は考えます。
 
##8
ベンチレーターによる「呼吸器管理」がなされ「気管切開」も
「お受けもちの先生」はずいぶんと考えられたと思いますが
昨年の夏より施されていると思います。
 
##9
そして幸いな事に
「低酸素脳症の後遺症でもないらしく、もって生まれた器質?ではないかといわれました。」
とのように「「無酸素状態」=「脳虚血」の「エピソード」も
これまでに無かった。
 
##10
「もって生まれた器質?ではないかといわれました。」
とは「真性てんかん」しかも「難治性てんかん」ということで御座います。
 
##11
「主治医の先生は、断層写真や脳波を見る限り、手術するような 
ものではないとおっしゃっています。」
との事は##8=「真性てんかん」しかも「難治性てんかん」である
という今現在の御診断です。
 
##12
「親の気休めにででも、より詳しい検査が出来ればと思うのですが、
呼吸器がついてるため
本人の体力消耗等考えると、移動もたやすいものではない、と。」
との事です。

##13
これは
御嬢様の「検査」の際等に「ベンチレーター管理:人工呼吸器管理」
により支障が発生して「無酸素状態」=「脳虚血」の危険を回避
するための「お受けもちの先生」の御判断で御座います。




 
 
 
 
 
#3結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
 
##2
「生まれてからずっと意識のないまま終わるのは不憫でなりません。
ちょっとでも反応してほしい! 
何か一歩でも前に進む道はないのでしょうか?
このまま全く反応のないまま娘を見守っていくしかないのでしょうか。」
との事です。
 
##3
「脳神経細胞」が元気であるから「痙攣発作」を起こすのであって
「無酸素状態」=「脳虚血」などにより「脳神経細胞」が広範に
破壊され
「痙攣発作」を起すべき「脳神経細胞」が「痙攣発作」をおこさなくなれば
これは「危険」な状態です。
 
##4
けれども「痙攣発作重積」の「中枢神経系」「脳神経細胞」は基本的には発作
を起さなくても「異常放電」をおこしていることがあるので
「痙攣発作重積」はなんとしてもとめたい所です。
 

##5
「何か一歩でも前に進む道はないのでしょうか?
このまま全く反応のないまま娘を見守っていくしかないのでしょうか。」
との事です。
 
##6
「一度」「中枢神経系」の「脳神経細胞」を完全に全身麻酔により「活動」をとめて
100%「ベンチレーター管理:人工呼吸器管理」にて
「治療戦略」をとる方法が御座います。
これは「お受けもちの先生」も十分にご存知のはず。
 
##7
けれどもまだ「お小さい」ので
「お受けもちの先生」も「踏み切れずにいらっしゃる」のであろうと
今の私は考えます。
 
##8
「痙攣発作」をおこすのは「中枢神経系」「脳神経細胞」が
元気な証拠と御考えになられてください。
 
##9
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「お受けもちの先生」は「大変切れ味鋭い御判断をされる
大変に御優秀な「お受けもちの先生」であると私は思います。
 
##10
今現在「お受けもちの先生」は「時期」をみていらっしゃる。
 
##11
何事も「お受けもちの先生」とご相談されて。
「お受けもちの先生」と「二人三脚」で御嬢様を今現在は
見守る時期を強いられていると御考えになられていただけますように。
 
##12
##6・##7=>
「##6
「一度」「中枢神経系」の「脳神経細胞」を完全に「全身麻酔」により「活動」をとめて
100%「ベンチレーター管理:人工呼吸器管理」にて
「治療戦略」をとる方法が御座います。
これは「お受けもちの先生」も十分にご存知のはず。
 
##13
けれどもまだ「お小さい」ので
「お受けもちの先生」も「踏み切れずにいらっしゃる」のであろうと
今の私は考えます。」
の方法など御相談されてみては如何でしょうか。
 
##14
「痙攣発作」をおこすのは「中枢神経系」「脳神経細胞」が 
元気な証拠と御考えになられてください。
 
##15
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。
 
##16
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。
 
##17
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
 

##18
的外れなことを申し上げたかもしれません。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。
 
 
 
 
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。
 
 
 
 
山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci 









上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。









何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。







何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2005年5月29日 8時30分6秒]

お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*



お忙しいところ恐れ入ります。初めまして。
私には二歳六ヶ月の娘がいます。
生後からずっと入院しています。2200gで仮死状態で生まれましたが、
それほどひどい仮死状態ではなかったので
三週間ほどで退院出来ると言われました。

しかし生後一週間程してからけいれんが見られ、
抗痙攣薬を使い始めましたが薬は効かず、
生後一ヶ月と二ヶ月の時に鎮静剤を使いましたが
薬が切れたらまたけいれん重積状態になりました。

主治医は小児神経の先生で、今まで報告のないタイプの難治性てんかん、
とおっしゃっていらっしゃいました。
学会などで情報を収集されて
使える薬は大体試しましたが、診断名は難治性てんかんと言うことで、
毎日の薬 (今はデパケン、ブロム剤、エピレオプチマール、マイスタン)
と座薬を使っても毎日頻繁に出ます。

呼吸も不安定になるので、
乳児の時から酸素は必要で呼吸器を大体つけていました。
昨年夏、気管切開をしました。

生後から目で何かを追ったりすることもなく、
意識もなく自力運動もなく脱力状態です。
低酸素脳症の後遺症でもないらしく、
もって生まれた器質?ではないかといわれました。

少し前に自発呼吸もなくなりかけてた時もあったそうですが、
最近は少し回復し一分間に十回程酸素を送っています。
主治医の先生は、断層写真や脳波を見る限り、手術するような
ものではないとおっしゃっています。
もしするにしても意識がないので診断等かなり厳しいと思う、と。

親の気休めにででも、より詳しい検査が出来ればと思うのですが、
呼吸器がついてるため
本人の体力消耗等考えると、移動もたやすいものではない、と。

生まれてからずっと意識のないまま終わるのは不憫でなりません。
ちょっとでも反応してほしい!
何か一歩でも前に進む道はないのでしょうか?
このまま全く反応のないまま娘を見守っていくしかないのでしょうか。
[2005年5月29日 8時24分5秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲