ご相談タイトル:左後頭部の頭重感とふらつき2 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
ご心配なことと存じます。

#1
##1
「お忙しいところ早速のご回答ありがとうございました。
どしても心配なのでご相談させてください。

 この「症状・症候」は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に
伴う複合病態」」
>からくる「ふわふわ感」「くらくら感」であり

とのこですが、前回もお聞きしましたが2年前に「血管造影剤」を入れての
検査をして何も無かった場合、もう一度近日中にMRIなどの検査は
しなくても大丈夫でしょうか?

先日、「根本的にこりを取去る」と言う、治療をされている整体指圧に行き
首の凝り、頭の凝りの部分を指圧で治療してもらいましたが、治療後から
今でも、左後頭部の痺れがあり(今まで無かったもの)、心配しております。
これも、緊張型頭痛の症状なのでしょうか?
またなぜ治療後このような症状が現れているのでしょうか?
お時間ありましたら、アドバイス頂ければ幸いです。」
との事です。



#2
##1
まず御相談者は「脳血管障害」という「診断」が下されたわけでは
毛頭御座いません。

##2
また御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読いたしましても
「脳血管障害」の「症状・症候」の「発作性発症」の「機転」が
どこからも伺えません。

##3
この「病態」は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
としてお考えになるべきです。




#3
##1
「、前回もお聞きしましたが2年前に「血管造影剤」を入れての
検査をして何も無かった場合、もう一度近日中にMRIなどの検査は
 しなくても大丈夫でしょうか?」
=>
不用で御座います。
脳血管障害ではないのであるから
脳血管障害の代用としての脳MRI・脳MRAは意味がないのではないでしょうか。

##2
「先日、「根本的にこりを取去る」と言う、治療をされている整体指圧に行き
 首の凝り、頭の凝りの部分を指圧で治療してもらいましたが、治療後から
 今でも、左後頭部の痺れがあり(今まで無かったもの)、心配しております。
 これも、緊張型頭痛の症状なのでしょうか?」
=>
そのとおりです。

##3
適切な表現が思い浮かばないのですが
御相談者は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
ですから。

##4
整体の先生が一生懸命施術をされても「結果論」からは
歯がたっておられない部分があるようですね。

##5
私は「結果論」を重視致します。
「整体」「指圧」も「カイロプラクテイク」
(chiropractic:正確にはキロプラクテイクと呼びます)
のchiro(キロ)は古代ギリシャ語

もとてもとても重要な「手法」でありこの分野に
ご立派な先生が多いことをも
熟知しています。



#4
##1
「治療後から
 今でも、左後頭部の痺れがあり(今まで無かったもの)、心配しております。
これも、緊張型頭痛の症状なのでしょうか?」
=>
その通りです。
整体の先生も一生懸命でいらっしゃったことよくわかります。
けれども「緊張型」のあらたな「症状・症候」を
「牽引」や「整体」で誘発してしまうこと無きにしも非ず。


##2
「またなぜ治療後このような症状が現れているのでしょうか?」
=>
「緊張型」はこれは「骨・皮・筋」の病気ではありません。

##3
##2=>
このことは何よりも重要です。

##4
「機能性頭痛」という「頭痛系の「症状・症候」」等の
この「疼痛」「つらさ」は。

##5
「Aδ(Aデルタ)線維と」いう「感覚神経の細い線維」で情報伝達される
もので御座います。

##6
極めて判りやすくいえば
「Aδ(Aデルタ)線維と」回路に「障害」がおこって発生する
「病態」が「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。


##7
だから「正確には治療はいまだおこなわれていない」状態が御相談者
の現在の状態です。






#5結論:
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は

整体やカイロプラクテイク
(chiropractic:正確にはキロプラクテイクと呼びます)の
chiro(キロ)は古代ギリシャ語
では治療しえない部分の多い「病態」で御座います。

##3
「整体」も「カイロプラクテイク」
(chiropractic:正確にはキロプラクテイクと呼びます)
のchiro(キロ)は古代ギリシャ語

もとてもとても重要な「手法」でありこの分野に「ご立派な先生」が多いことを
熟知しています。


##4
けれども「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は特殊な「治療戦略」が必要なので御座います。

##5
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。


##6
早く直したいですね。


##7
とりあえずに第一報としての御回答を致します。

取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

##8
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2004年6月30日 19時44分25秒]

お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*



お忙しいところ早速のご回答ありがとうございました。
どしても心配なのでご相談させてください。

 この「症状・症候」は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に
伴う複合病態」」
>からくる「ふわふわ感」「くらくら感」であり

とのこですが、前回もお聞きしましたが2年前に「血管造影剤」を入れての
検査をして何も無かった場合、もう一度近日中にMRIなどの検査は
しなくても大丈夫でしょうか?

先日、「根本的にこりを取去る」と言う、治療をされている整体指圧に行き
首の凝り、頭の凝りの部分を指圧で治療してもらいましたが、治療後から
今でも、左後頭部の痺れがあり(今まで無かったもの)、心配しております。
これも、緊張型頭痛の症状なのでしょうか?
またなぜ治療後このような症状が現れているのでしょうか?
お時間ありましたら、アドバイス頂ければ幸いです。
[2004年6月30日 19時27分45秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲