ご相談タイトル:首の小さなしこり 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
ご心配なことと存じます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

「こんなにあちこちのリンパ腺が腫れるのはどうしてでしょうか?」
=>
「リンパ節」=「正確には「所属リンパ節」に
「細胞性免疫能」=「リンパ球」が「あらかじめ集約して感染性危険に対抗
する「正常反応」です。

「治るのでしょうか?」
=>
治ります。

「そして、今一番気になるのは最初に書いた首に出来た小さなしこりです。
悪いものでしょうか?」
=>
「浅頚リンパ節:せんけいりんぱせつ」群の「1個の「リンパ節」」を
「触れられている」のである。

「悪いものでしょうか?」=>違います。

御相談者の御相談の御記載内容からは
何ら「リンパ節腫大」に関して
悪性の「病態」を考えるに足る御記載は御座いません。

「リンパ節」=「正確には「所属リンパ節」に
「細胞性免疫能」=「リンパ球」が「あらかじめ集約して感染性危険に対抗
して「リンパ節腫大」に至る
「免疫監視機構:immuno-surveillance system:IMS」の「正常反応」。

下記順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++++++++++++++



#1
##1
「お忙しいのにすみません。
31歳の主婦です。

今日首を触っていて気付いたのですが、右の顎の下のリンパ腺から
指3本分の首の途中にニキビ位に小さいけれど硬いしこりを1つ発見しました。
外見上の変化は無いのですが、皮膚を引っ張ると、小さな丸いしこりが
白く浮き上がって見えてきます。

左の顎の下のリンパ腺は5年ほど前からずっと腫れっぱなしで、
左の耳の下から伸びるリンパ腺の延長線上の肩の付け根の部分には
小豆大の良く動くしこりも最近発見しました。

乳腺症もあり、生理前には脇の下や腕、足の付け根のリンパ腺が痛くなります。

こんなにあちこちのリンパ腺が腫れるのはどうしてでしょうか?
治るのでしょうか?

そして、今一番気になるのは最初に書いた首に出来た小さなしこりです。
悪いものでしょうか?

回答をいただけたら嬉しいです。」
との事です。







#2
##1
御相談者の御相談の御記載内容からは
###1
「右の顎の下のリンパ腺=元からおありになる」
###2
「###1から指3本分の首の途中にニキビ位に小さいけれど硬いしこりを1つ」=
「今日発見された「リンパ節」
###3
「左の耳の下から伸びるリンパ腺の延長線上の肩の付け根の部分には
小豆大の良く動くしこりも最近発見しました。」=
「別に発見された「リンパ節」
と
「3つ」の「リンパ節」につき触れられ
さらに

##2
「乳腺症もあり、生理前には脇の下や腕、足の付け根のリンパ腺が痛くなります。
こんなにあちこちのリンパ腺が腫れるのはどうしてでしょうか?」
と
「リンパ節」+「リンパ節腫大」
につき御心配をされていらっしゃいます。






#3
##1
頚部に関していえば
「浅頚リンパ節:せんけいりんぱせつ」及び
「深頚リンパ節:しんけいりんぱせつ」の「2系列」の
「リンパ節群」が御座います。

##2
御相談者が頚部を触診されて心配されているのは
いずれも「浅頚リンパ節:せんけいりんぱせつ」の「リンパ節群」
の「3つ」です。

##3
「リンパ節腫大」というわけでもなく
御相談者の御相談の御記載内容からは「通常」の
「大きさ」と判断されます。

##4
また「発赤」「腫脹」「疼痛」の「炎症性3徴候」があるわけでは
ないから「リンパ管炎」「リンパ腺炎」
でもありません。






#4
##1
人体が細菌やウイルスその他より身を守るために
「免疫監視機構:immuno-surveillance system:IMS」という「機能」
が御座います。

##2
極めて判りやすくいえば
この「免疫監視機構:immuno-surveillance system:IMS」には
###1
「液性免疫」=「グロブリン」と
###2
「細胞性免疫能」=「リンパ球」の「2種類」が御座います。

##3
「免疫監視機構:immuno-surveillance system:IMS」の中で
「細胞性免疫能」=「リンパ球」は極めて重用なものです。

##4
細菌感染その他に対抗するために
「リンパ節」=「正確には「所属リンパ節」に
「細胞性免疫能」=「リンパ球」が「あらかじめ集約して感染性危険に
対抗いたします」。

##5
「リンパ節」=「正確には「所属リンパ節」に「細胞性免疫能」=
「リンパ球」が「あらかじめ集約して感染性危険に対抗した結果
感染性のほうが強ければ「発赤」「腫脹」「疼痛」の「炎症性3徴候」
の「症状・症候」に至り
「リンパ管炎」「リンパ腺炎」となります。

##6
御相談者の御相談の御記載内容からは
「リンパ管炎」「リンパ腺炎」の「病態」とは
到底思われません。

##7
通常の「リンパ節」=「正確には「所属リンパ節」に
「細胞性免疫能」=「リンパ球」が「あらかじめ集約して感染性危険に対抗」
している正常反応による「リンパ節腫大」
で御座います。








#5結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「こんなにあちこちのリンパ腺が腫れるのはどうしてでしょうか?」
=>
「リンパ節」=「正確には「所属リンパ節」に
「細胞性免疫能」=「リンパ球」が「あらかじめ集約して感染性危険に対抗
する「正常反応」です。

##3
「治るのでしょうか?」
=>
治ります。

##4
「そして、今一番気になるのは最初に書いた首に出来た小さなしこりです。
悪いものでしょうか?」
=>
「浅頚リンパ節:せんけいりんぱせつ」群の「1個の「リンパ節」」を
「触れられている」のである。

##5
「悪いものでしょうか?」
=>
違います。

##6
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きましたが
何ら「リンパ節腫大」に関して
悪性の「病態」を考えるに足る御記載は御座いません。














上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。









何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。








何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。
[2005年3月17日 9時54分12秒]

お名前: くま   
お忙しいのにすみません。
31歳の主婦です。

今日首を触っていて気付いたのですが、右の顎の下のリンパ腺から
指3本分の首の途中にニキビ位に小さいけれど硬いしこりを1つ発見しました。
外見上の変化は無いのですが、皮膚を引っ張ると、小さな丸いしこりが
白く浮き上がって見えてきます。

左の顎の下のリンパ腺は5年ほど前からずっと腫れっぱなしで、
左の耳の下から伸びるリンパ腺の延長線上の肩の付け根の部分には
小豆大の良く動くしこりも最近発見しました。

乳腺症もあり、生理前には脇の下や腕、足の付け根のリンパ腺が痛くなります。

こんなにあちこちのリンパ腺が腫れるのはどうしてでしょうか?
治るのでしょうか?

そして、今一番気になるのは最初に書いた首に出来た小さなしこりです。
悪いものでしょうか?

回答をいただけたら嬉しいです。
[2005年3月17日 0時49分50秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲