ご相談タイトル:海綿静脈洞血管腫と症候性痙攣発作 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5


山本クリニックhp 山本クリニック携帯モード1 山本クリニック携帯モード2 みちしるべ しごとぶり
脳神経外科相談掲示板 美容形成外科相談掲示板 NEW新規脳神経外科相談掲示板 むかしの相談掲示板
山本クリニックの脳神経外科・神経内科ブログ
エキサイトブログ シーサーブログ1 シーサーブログ2 シーサーブログ3 アメーバブログ gooブログ
脳神経外科1 脳神経外科2 脳神経外科3 脳神経外科4
脳神経外科5 脳神経外科6 脳神経外科7 脳神経外科8
脳神経外科9 脳神経外科10 脳神経外科11 脳神経外科12
脳神経外科13 脳神経外科14 脳神経外科15 脳神経外科16
脳神経外科17 脳神経外科18 脳神経外科19 脳神経外科20




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「開頭手術」による「血管腫:angioma」摘出術後
の「症候性痙攣発作」と抗痙攣剤の必要性という
観点から御回答致します。

「開頭手術」術後の抗痙攣剤内服は
単純な「保存的治療」とは趣きが異なります。


下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++







#1
##1
「
今年17才の娘が、平成14年6月夜、突然に痙攣を起こし、
海綿静脈洞血管腫との診断で同年8月開頭手術で右前頭
葉部の腫瘤摘出しました。(血腫が2cm×1.5cm) 

その後、
平成17年8月までフェノバールを服用し定期的にMRI検査も
続けていました。
特に異常もなく薬もやっと止めることができました。

ところが、今年1月18日の夜、就寝後再び痙攣を起こ
しました。MRI検査の結果は、昨年8月に撮影した状態と変
わりない状態でした。

担当の脳神経外科のお医者さんは、
『新しい出血など変異はありません。
原因としては手術で脳を触っているので
僅かな傷による発作と考えられます。』いわば
後遺症的なものとの診断でした。

そこで先生にお尋ねしたいのですが、
,海寮茵一生、てんかん発作の可能性を持ち続け、完治
(の判断)は不可能なのでしょうか?
¬瑤砲茲詈歛古治療しかないのでしょうか?
使用している薬(フェノバール散10%)よりは、テグレトール
(カルバマゼピン)とかアレビアチン(フェニトイン)の方がベター?
で焦噺〆困鷲要でしょうか?
タ牲估皺福精神科も受診することも必要でしょうか?

よろしくお願いします。」
との事です。




#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
 
##2
「今年17才の娘が、平成14年6月夜、突然に痙攣を起こし、 
海綿静脈洞血管腫との診断で同年8月開頭手術で右前頭
葉部の腫瘤摘出しました。(血腫が2cm×1.5cm)」
との事です。
 
##2
「海綿静脈洞血管腫」ではなく
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」
の間違いではないでしょうか。
 
##3
「海綿静脈洞:cavernous sinus」の「血管腫:angioma」であれば
「硬膜脳動静脈奇形(dAVM)」ということになり
「症候性痙攣発作」をおこすとすれば
「シャント量」という「硬膜動静脈奇形:DAVM」の
「動脈」=>「静脈」に流入している「血流量」が多い場合により
「症候性痙攣発作」を起します。
 
##4
すなわち
「海綿静脈洞:cavernous sinus」の「血管腫:angioma」=
「硬膜脳動静脈奇形(dAVM)」の場合は
極めて判りやすくいえば
「症候性痙攣発作」は「虚血性中枢神経系血管障害」
により発症するものです。
 
##5
##3・4より
「海綿静脈洞:cavernous sinus」の「血管腫:angioma」であれば
「硬膜脳動静脈奇形(dAVM)」です。
「右前頭葉部の腫瘤摘出しました。(血腫が2cm×1.5cm) 」
という「病態」の御記載とは整合性を持ちません。
 
##6
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」であれば
「出血」=「血腫」があったということも理解できます。
 
 
 
 
 
 
#3
##1
「担当の脳神経外科のお医者さんは、 
『新しい出血など変異はありません。原因としては手術で脳
を触っているので僅かな傷による発作と考えられます。』」
との事です。
 
##2
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
 
##3
##1の通りであろうと考えます。
ただし
「血管腫:angioma」=「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」
と仮定しての考えです。
 
 
 
 
#4
「そこで先生にお尋ねしたいのですが、 
,海寮茵一生、てんかん発作の可能性を持ち続け、完治
(の判断)は不可能なのでしょうか?
¬瑤砲茲詈歛古治療しかないのでしょうか?
使用している薬(フェノバール散10%)よりは、テグレトール
(カルバマゼピン)とかアレビアチン(フェニトイン)の方がベター?
で焦噺〆困鷲要でしょうか?
タ牲估皺福精神科も受診することも必要でしょうか?」
との事です。
 
 
##1
「,海寮茵一生、てんかん発作の可能性を持ち続け、完治 
(の判断)は不可能なのでしょうか?」
「血管腫:angioma」が残存がないのであれば。
抗痙攣剤を内服再開して「有効「血中濃度」」も確認しながら
もうしばらく様子を見られたほうがよいでしょう。
通常「一生抗痙攣剤を内服される」かたはいらっしゃらない。
 
##2
「¬瑤砲茲詈歛古治療しかないのでしょうか?」
=>
「症候性痙攣発作」であれば抗痙攣剤内服のみで
よいはずです。
 
##3
「使用している薬(フェノバール散10%)よりは、テグレトール 
(カルバマゼピン)とかアレビアチン(フェニトイン)の方がベター?」
=>
いかなる抗痙攣剤を用いるかは
「お受けもちの先生」の判断によります。
 
「テグレトール:tegretol=carbamazepine:カルバマゼピン」
或は
「アレビアチン」([ジフエニルヒダントイン:DPH])=「フエニトン」
がより優れた抗痙攣剤である根拠は何もありません。
 
 
##4
「で焦噺〆困鷲要でしょうか?」
=>
必要です。
抗痙攣剤の「血中濃度」の経過観察も必要です。
 
##5
「タ牲估皺福精神科も受診することも必要でしょうか?」
=>
申し訳ございません。
意味が理解できません。
 
 
 
#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
 
##2
御相談者の御相談内容要旨御記載から
「血管腫:angioma」の性状の御記載が
「今年17才の娘が、平成14年6月夜、突然に痙攣を起こし、 
海綿静脈洞血管腫との診断で同年8月開頭手術で右前頭
葉部の腫瘤摘出しました。(血腫が2cm×1.5cm)」
との事です。
 
##3
「海綿静脈洞:cavernous sinus」の「血管腫:angioma」であれば
「硬膜脳動静脈奇形(dAVM)」になります。血腫はつくりません。
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」の間違い
ではないでしょうか。
 
##4
いずれにしても
「脳神経外科専門医先生」による「血管腫:angioma」の
「開頭手術」の術後の「症候性痙攣発作」として
御解答致しました。
 
##5
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。
 
 
 






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。







何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



 
山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci 
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
[2006年2月9日 12時42分52秒]

お名前: 匿名希望   



今年17才の娘が、平成14年6月夜、突然に痙攣を起こし、
海綿静脈洞血管腫との診断で同年8月開頭手術で右前頭
葉部の腫瘤摘出しました。(血腫が2cm×1.5cm) 

その後、
平成17年8月までフェノバールを服用し定期的にMRI検査も
続けていました。
特に異常もなく薬もやっと止めることができました。

ところが、今年1月18日の夜、就寝後再び痙攣を起こ
しました。MRI検査の結果は、昨年8月に撮影した状態と変
わりない状態でした。

担当の脳神経外科のお医者さんは、
『新しい出血など変異はありません。
原因としては手術で脳を触っているので
僅かな傷による発作と考えられます。』いわば
後遺症的なものとの診断でした。

そこで先生にお尋ねしたいのですが、
,海寮茵一生、てんかん発作の可能性を持ち続け、完治
(の判断)は不可能なのでしょうか?
¬瑤砲茲詈歛古治療しかないのでしょうか?
使用している薬(フェノバール散10%)よりは、テグレトール
(カルバマゼピン)とかアレビアチン(フェニトイン)の方がベター?
で焦噺〆困鷲要でしょうか?
タ牲估皺福精神科も受診することも必要でしょうか?

よろしくお願いします。

Tuesday, February 07, 2006 9:26 PM
[2006年2月7日 21時26分2秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲