ご相談タイトル:緊張型頭痛は本当に辛くてしょうが有りません。 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
ご心配なことと存じます。

#1
##1
「緊張型頭痛は本当に辛くてしょうが有りません。
でも先生のPCの内容に本当に神にもすがる気持で
心の明かりがみえてきたようなきがします。
小さい時から、自分だけどうしてこんなに体が辛いのかと思っていました。
長年の疑問が、解決できるのはうれしいです。ほとんどの症状が当てはまりますが、
一つ、目の事ですが、私は、右目に痛みとか違和感があります。
眼科では、異常ありませんでした。右目の場合もあるのでしょうか?
寝るときは、確かに右を下にして布団を巻くと楽です。

それと鬱との違いを教えていただけたらうれしいです。
心が暗くなっているので、はじけることが出来ないです。
鬱の人は、隠れ緊張頭痛の人がおおいいのではないかなーと
ひそかに思っているのですが?

それと無理とは思いますが、離れていてもお薬とかは無理ですよね。
せめてどんな薬を使われているのか、教えていただけたらうれしいです。
早く直りたいです。真剣です。よろしくお願いします。」
との事です。




#2
##1
「緊張型頭痛は本当に辛くてしょうが有りません。
でも先生のPCの内容に本当に神にもすがる気持で
心の明かりがみえてきたようなきがします。
小さい時から、自分だけどうしてこんなに体が辛いのかと思っていました。
長年の疑問が、解決できるのはうれしいです。ほとんどの症状が当てはまりますが、
一つ、目の事ですが、私は、右目に痛みとか違和感があります。
眼科では、異常ありませんでした。右目の場合もあるのでしょうか?」
との事です。
 
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
では頚部痛は右が60%左が40%です。

##2
この頚部痛の「症状・症候」はその患者さんの「症状・症候」の過程で
時々入れ替わります。

##3
「目の事ですが、私は、右目に痛みとか違和感があります。 
眼科では、異常ありませんでした。右目の場合もあるのでしょうか?」
との事です。

##4
眼球の「痛い或は違和感がある」との「症状・症候」は実は
「上眼嶮の「辛さ」」が「本体」=「主人公」なのです。

##5
眼球の「症状・症候」に関しては
右目がいたいというかたが実に多いものです。
右目80%・左目20%。
 




#3
##1
「心の明かりがみえてきたようなきがします。
小さい時から、自分だけどうしてこんなに体が辛いのかと思っていました。」
との事です。

##2
「緊張型」の「症状・症候」とは一重に
「ただひたすら辛い」「症状・症候」であると御考え下さい。

##3
「緊張型頭痛」の「症状・症候」とは例えれば両肩に
「外す事の出来ない重たいの重荷から派生する「症状・症候」」と
ご理解下さい。

##4
だから
ストレスには弱くなります。

##5
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。
 


#4
##1
「それと鬱との違いを教えていただけたらうれしいです。
心が暗くなっているので、
はじけることが出来ないです。
鬱の人は、隠れ緊張型頭痛の人がおおいいのではないかなー
とひそかに思っているのですが、
先生はどう思われますか?」
との事です。
 
##2
現実には「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは「うつ状態」或は「心療内科専門医先生」の疾患と間違われることが
多いものです。
 
##3
「補足1」に「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「思考過程」を記載いたします。
「補足1」をご参照下さい。
 
#5
##1
 「それと無理とは思いますが、離れていてもお薬とかは無理ですよね。
せめてどんな薬を使われているのか、教えていただけたらうれしいです。
早く直りたいです。真剣です。よろしくお願いします。」

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の場合治療法ですが
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。




#6結論:
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」はただひたすら辛い「症状・症候」
とお考え下さい。

##2
それから「背中バリバリ症候群」(あだ名です)=
「肩・背中にわたり激痛・鈍痛の塊と思えるような痛み」
も「鈍痛」として発生いたします。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の治療法ですが
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。


##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは
幾度と無く辛い思いをされるうちにやっとこさ「ある思考過程」に
御自分の安楽の境地を見出したどり着かれます。

##5
それは
皮肉にも「心配なこと」が起こるといやだから「先に心配」を
して「安心」しようという「矛盾」の「思考過程」
で御座います。

##6
この「症状・症候」は
時として「うつ状態」或は「心療内科専門医先生」の疾患
と間違われます。




##7
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##8
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。







 
 
 
「補足1」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
#1
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんには
独特の思考過程=「自分かくし」+「「因果付け」が御座います。
 

##1
「緊張型」の患者さんは常に学習され
「上昇型の思考」或いは「論理展開」をされますから。

##2
「オーバードライブ」(行き過ぎ)に
ご苦労されていらっしゃいます。

##3
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

##4
「強烈な苦悩者の「主人公」としての「自分」はいるのだけれども」

##5
気の許せる相手(本当は家族しかいないのですが)や
他人に「無理強い」をすることが習慣化。
 
##6
何か「自分を困らせる無理難題」をみつけないと
話の筋が通らないので「不安の種」を捜し求めます。
 
##7
「真実の自分」と「自分隠しの自分」

##8
「習慣」=「往復・反復}で「真実の自分」と
「「自分隠し」の「自分」」との間の往復に疲れます。

##9
これが「自分隠し」=「自己隠蔽(=自己防御につながる)
のため「他人攻撃」(他人を攻撃すれば余計目立つことに気がつかない。

##10
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

#11
「鶏が先か卵が先か」を真剣に悩み考えたり。

##12
火事場に救護のために駆けつける消防車をみて
「消防車」=「火事」と「短絡錯覚」を起こされ
「消防車」に強い嫌悪を擁いたり。

##13
「AがBだからCになる」という
「流暢な論理」=「因果付け」の錯角方程式をよく用いられます。

##14
そのため「時には取り返しのつかない
「自分の一番の見方である他人攻撃」」にでて
「全てをうしなって」しまいます。
 
 
 #2
##1
これに加えて
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で情緒不安定にもなられていらっしゃいます。

##2
いちど傾くとなかなか「舵をとるのが困難」になります。

##3
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「大変に非生産的な状態」に加わり正診断率の大変低い
「頭痛系の「症状・症候」で御座います。

##4
脳の「神経細胞」が考える=働く場所を2つに分類する事ができます。
###1
旧皮質(下等哺乳類のときから保持している)と
###2
新皮質(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))のメモリーが一杯の状態から
「情緒不安定」に至ります。

##5
この状態で「はつらつ」と生活できるべくもなく
毎日を過ごされる中で
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で「たりないメモリー」から「記銘力障害」も発生します。

##6
幾度と無く辛い思いをされるうちにやっとこさ「ある思考過程」に
御自分の安楽の境地を見出したどり着かれます。

##5
それは
皮肉にも「心配なこと」が起こるといやだから「先に心配」を
して「安心」しようという「矛盾」の「思考過程」
で御座います。

 
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
 
 
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2004年6月3日 9時55分54秒]

お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*

緊張型頭痛は本当に辛くてしょうが有りません。
でも先生のPCの内容に本当に神にもすがる気持で
心の明かりがみえてきたようなきがします。

小さい時から、自分だけどうしてこんなに体が辛いのかと思っていました。
長年の疑問が、解決できるのはうれしいです。
ほとんどの症状が当てはまりますが、
一つ、目の事ですが、私は、右目に痛みとか違和感があります。
眼科では、異常ありませんでした。右目の場合もあるのでしょうか?
寝るときは、確かに右を下にして布団を巻くと楽です。

それと鬱との違いを教えていただけたらうれしいです。
心が暗くなっているので、はじけることが出来ないです。
鬱の人は、隠れ緊張頭痛の人がおおいいのではないかなーと
ひそかに思っているのですが?

それと無理とは思いますが、離れていてもお薬とかは無理ですよね。
せめてどんな薬を使われているのか、教えていただけたらうれしいです。
早く直りたいです。真剣です。よろしくお願いします。
[2004年6月3日 9時55分10秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲