ご相談タイトル:松果体腫瘍で松果体細胞腫か杯細胞腫といわれたのですが 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5


山本クリニックhp 山本クリニック携帯モード1 山本クリニック携帯モード2 みちしるべ しごとぶり
脳神経外科相談掲示板 美容形成外科相談掲示板 NEW新規脳神経外科相談掲示板 むかしの相談掲示板
山本クリニックの脳神経外科・神経内科ブログ
エキサイトブログ シーサーブログ1 シーサーブログ2 シーサーブログ3 アメーバブログ gooブログ
脳神経外科1 脳神経外科2 脳神経外科3 脳神経外科4
脳神経外科5 脳神経外科6 脳神経外科7 脳神経外科8
脳神経外科9 脳神経外科10 脳神経外科11 脳神経外科12
脳神経外科13 脳神経外科14 脳神経外科15 脳神経外科16
脳神経外科17 脳神経外科18 脳神経外科19 脳神経外科20




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
御心配でしょう。御気持ちは大変よく判ります。


++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載で
御指摘されているように。

「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」は
「脳腫瘍」の
「最高難易度」です。

手術後の「「病理組織検査診断」も
一般の「「病理組織検査診断」では不可能。

「脳腫瘍専門医」(この名前の専門医はいません)と
「神経病理組織学的診断」を専門とされる「「病理学の専門医」
と「深い」デスカッションが必要です。

「脳神経外科専門医先生」で「大変な「名医」」でも
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」の
手術御経験は「一例もない先生」は稀ではない。

慎重に進路をとられる必要があります。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++





#1
##1
「山本先生

 突然メールをお送りいたします失礼をお許しください。
 お忙しい中、申し訳ありません。
 
 ○○在住の42歳女性です。11月24日○○の脳ドックにて3センチの
 腫瘍の疑いがあると診断され、精密検査(造影剤を使ったMRI及びCT)に
 より、松果体細胞腫又は胚細胞腫(ジャーミノーマ)と診断され、おそらく良性
 であり、放射線治療などは効かないため、摘出手術しかないと言われております。

 ただ、頭痛、嘔吐といった症状はなく水頭症もありません。
 先日の診断では、担当医に聞けなかったのですが、以前、掲示板で
 ご質問のあった「松果体のう胞」との区別は、脳神経外科のお医者様で
 あれば、MRI(造影)で間違いなく正確に判断がつくものなのでしょうか。

 おそらく腫瘍なのだとは自分に言い聞かせ、現在手術をしていただける
 お医者様を探している所ですが、全く自覚症状がないために、もしかしたら
 のう胞では?と自分に都合の良い様に考えたりもしています。

 ○○であれば、近くなので、一度先生に画像を見ていただくことは可能
 でしょうか。その場合は、セカンドオピニオンとして担当のお医者様からの
 紹介状などが必要となりますでしょうか。
 質問ばかりで申し訳ありません。」
との事です。







#2
##1
「松果体:pineal body」に出来る「脳腫瘍」は
「悪性脳腫瘍:malignant brain tumo(u)r」
「良性脳腫瘍:benaign brain tumo(u)r」
いずれも
発生致します。

##2
「松果体:しょうかたい:pineal body」に
発生する「脳腫瘍」は。
その「極めて高い特殊性」から
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」
と呼称され。
「一群」として
「臨床脳腫瘍学:clinical neuro-oncology」の
「範疇(はんちゅう)」
では「一括されて」論じられます。

##3
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」
は。
「脳神経外科専門医」でも「
「脳腫瘍専門医」(この名前の専門医はいません)が
患者さんの「治療戦略」にあたる「脳腫瘍」である。

##4
いかに
優秀な切れ味良い先生でも。
「「脳腫瘍専門医」(この名前の専門医はいません)」
でなければ。
「一生の間」に「一例」も
「本物の「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」」
の手術をされたことがない先生が多いものです。

##5
だから
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「○○であれば、近くなので、
一度先生に画像を見ていただくことは可能
 でしょうか。
その場合は、セカンドオピニオンとして担当のお医者様からの
 紹介状などが必要となりますでしょうか。
 質問ばかりで申し訳ありません。」
との事です。
=>##6


##6
私は「脳腫瘍専門医」(この名前の専門医はいません)
です。
けれども「治療戦略」までも考えると
「二度手間」になる可能性がある。

##7
「脳神経外科専門医先生」でも
「脳腫瘍専門医」(この名前の専門医はいません)の「複数」
在住する「例えば「がんセンター」クラス
の施設の「脳神経外科外来」を「御受診」されて
「診断戦略」及び「治療戦略」を
たてていただくのが宜しいです。

##8
如何でしょうか。












#3
##1
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」の
「開頭手術」は「最高難易度」である。
=>
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」の
手術=「開頭手術」には「3つの「「アプローチ」方法」」
があります。


##2
施術に関する「アプローチ」方法」の説明は
「省略」致します。

##3
いずれにしても「大学病院」でも「一般的に」は
1・
「脳腫瘍系統」と
2・
「脳血管障害系統」
に「2分類」されます。

##4
私の関与したことのあるある有名私立医科大学の
事例ですが「脳血管障害系統」でした。
=>##5

##5
大学病院「脳神経外科」としては「脳血管障害系統」専門である。
大変腕のたつ「脳神経外科専門医先生」が山ほどいる
大御所・の「脳神経外科専門医先生」だらけの
施設であったが「教授をはじめ」
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」の
手術をされたかたは「皆無」。

##6
一度「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」
の手術をしてみたいものだと
言う「脳神経外科専門医先生」もいました。
=>
##7
患者さんにとっては「たまったものではありません」。







#4
##1
本物の
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」
は「全「脳腫瘍」」の1−2%の頻度である。

##2
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」の
「診断戦略」も「治療戦略」も極めて
難易度が高いという特殊性がある。

##3
また
「神経病理組織学的診断」も「極めて難解」である。

##4
「「病理組織検査診断」を行う「病理学専門医」」
先生も
「普通の「病理学専門医先生」」では無理です。

##5
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」の
「「病理組織検査診断」に際しては。
「神経病理組織学」を専門とされる先生でないと
不可能である。








#5
##1
「先日の診断では、担当医に聞けなかったのですが、以前、掲示板で
 ご質問のあった「松果体のう胞」との区別は、脳神経外科のお医者様で
 あれば、MRI(造影)で間違いなく正確に判断がつくものなのでしょうか。」
との事です。

=>##2

##2
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」であるか
「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」
の鑑別は「脳MRI画像所見」で可能であろうかとは
考えます。

##3
けれども
「、精密検査(造影剤を使ったMRI及びCT)に
 より、松果体細胞腫又は胚細胞腫(ジャーミノーマ)と診断され、
おそらく良性
 であり、放射線治療などは効かないため、摘出手術しかないと
言われております。」
との事です。

##4
「松果体細胞腫:pineocytoma」
「松果体胚細胞腫(ジャーミノーマ):pineal germinoma」=
「two cell pattern germinoma」=「two cell pattern pinealoma]
=「パイネアローマ:ピネアローマ:pinealoma」
その他の
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」の
「神経病理組織学的診断」まで「脳MRI画像所見」のみ
で行うのは困難或は不可能です。


##5
「two cell pattern germinoma」=「two cell pattern pinealoma]=
「パイネアローマ:ピネアローマ:pinealoma」は
「異所性松果体腫瘍:ectopic germinoma」として
「松果体:しょうかたい:pineal body」以外にも
「視交叉部」にも「発生」致します。











#6
##1
「御婦人」のかたで
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」。
=>
「開頭手術」にて腫瘍摘出した
「「病理組織検査診断」が「睾丸腫瘍松果体転移」
と「病理組織検査診断」された事例もありました
(2回ほど同様の事例がありました)

##2
##1はこれは私の「実例」です。

##3
適切な表現が思い浮かばないのですが
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」の
「神経病理組織学的診断」に相応する
、精密検査(造影剤を使ったMRI及びCT)に
 より、松果体細胞腫又は胚細胞腫(ジャーミノーマ)と診断され・略・」
は「不可能」です。

##3
また
「胚細胞腫(ジャーミノーマ)」は「放射線治療」の
感受性は「極めて良好」です。

##4
「松果体細胞腫:pineocytoma」でも
Gr(グレード)4の
「松果体細胞芽腫:pineo-blastoma」という
「悪性」のものがあります。

##5
御注意下さいますように。







#7
##1
「ただ、頭痛、嘔吐といった症状はなく水頭症もありません。・略・」
との事です。

##2
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」で
「脳脊髄液循環」のための重要な「脳脊髄液」の「閉塞」
がおこるときの「症状・症候」です。

##3
##1のような「症状・症候」がでたら
「松果体:しょうかたい:pineal body」
に関しては
もう「命はありません」。



##4
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

松果体腫瘍? [2] [2004年12月 8日 17時24分22秒] 
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/680807633631961.html
を御参照頂けますか。
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」









#8結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
うまくご説明できるとよろしいのですが。
上記御回答致しました。

##3
「松果体:pineal body tumo(u)r:松果腫瘍」の
「診断戦略」は直ちに「治療戦略」も
同時に考えなくてはならない。

##4
適切な表現が思い浮かばないのですが
「脳腫瘍専門医」(この名前の専門医はいません)の
複数在住される
「がんセンター」「脳神経外科専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。
如何でしょうか。


##5
このような御回答しか出来ません。申し訳ございません。
この御回答が何がしかのお役に立てば何よりで御座います。



上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。









-------------------------------
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

松果体腫瘍? [2] [2004年12月 8日 17時24分22秒] 
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/680807633631961.html
を御参照頂けますか。
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」
-------------------------------


++「ごらんくださいませ★★★」++++++++++++++++++++++++

ご心配なことと存じます。

もしも御相談者の脳MRIにより
「「松果体:pineal body」に水が溜まっている」
というのであれば。
今後転医もいとわず
しっかりとした「脳腫瘍専門医」(この名前の専門医はありません)
による「精査」が必要な状況と判断致します。

下記に順を追って御回答致します。







#1
##1
「お世話になります。(年齢35歳 女性)

先日、頭痛と眩暈により、脳神経外科受診しました。
(頭痛は2年前から時々続き、頭痛薬を飲んでいました。)
MRIと造影検査により、松果体に嚢状の物があり、水が溜ま
っているといわれました。

今後も、2ヶ月ごとの検査が必要であり、
頭痛や上を見られない状態であれば、受診するように話
されました。
現在、頭痛はないのですが、軽いふあ〜とした眩暈は続いてい
ます。

これは、松果体腫というものですか。
(脳腫瘍ではなく、松果体腫かなぁと言われました。)
松果体腫とはどんなものですか
よろしく、お願いいたします。」
との事です。





#2
##1
「松果体腫瘍:pineal body-tumo(u)r或いは
tumo(u)r of the pineal body」という「脳腫瘍学」の
用語は御座います。

##2
けれども
「松果体腫」という「用語」は通常には用いられません
し日本語の「脳腫瘍」用語にはありません。

##3
「脳腫瘍」専門医(この名前の専門医はありません)
であれば用いることはあるかもしれない。


##4
「pinealoma」という「脳腫瘍」があり直訳すれば
「松果体腫」ということにはなりますが。

##5
「松果体腫」という「用語」が
「脳腫瘍ではなく、松果体腫かなぁと言われました」
という「お受けもちの先生」の「発現」の状況下」
で用いられたとなると「「病態」把握」に関しての
「信頼度」が期待できません。

##6
いずれにしても「松果体:pineal body」に
「水が溜まる」という「病態」はやたらにあるものではない。

##7
もしも御相談者の脳MRIにより
「「松果体:pineal body」に水が溜まっている」
というのであれば。

##8
今後しっかりとした「脳腫瘍専門医」(この名前の専門医はありません)
による「精査」が必要な状況と判断致します。





#3
##1
「松果体:pineal body」の腫瘍の特徴としては
###1
「症状・症候」として
「上方注視麻痺:upward gaze disturabance」=
「Parinaud syndromr:パリノー症候群」という
「注視麻痺」が起こるので「有名」です。

###2
また「急性水頭症発作」を起こしうることでも
「有名です」。

##2
「お受けもちの先生」が
「‘痛や
 ⊂紊鮓られない状態であれば、
受診するように話
されました。」との事です。

##3
この御記載からは「お受けもちの先生」が
‘痛=「急性水頭症発作」や
◆崗紊鮓られない状態であれば」=
「上方注視麻痺:upward gaze disturabance」=
「Parinaud syndromr:パリノー症候群
の可能性を「認識」されていることが判ります。

##4
けれども
適切な表現が思い浮かばないのですが。

「今後も、2ヶ月ごとの検査が必要であり、
頭痛や上を見られない状態であれば、受診するように話
されました。」
は「正しい患者さん=御相談者への対応」とは言いがたい。





#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「松果体:pineal body」に「水が溜まっている」
というのであれば「松果体:pineal body」の「腫瘍」
が最も考えられます。



##3
「松果体:pineal body」の腫瘍の特徴としては

###1
「症状・症候」として
「上方注視麻痺:upward gaze disturabance」=
「Parinaud syndromr:パリノー症候群」という
「注視麻痺」が起こるので「有名」です。

###2
また「急性水頭症発作」を起こしうることでも
「有名です」。


##4
御相談者の御相談内容要旨御記載
から
「松果体:pineal body」の「脳腫瘍」であれば
一大事なのです。

##5
「松果体:pineal body」に「水が溜まっている」=
「松果体:pineal body」の「嚢腫」を
「お受けもちの先生」は考えられているのであろうと今の私は考えます。

##6
御相談者の御相談内容要旨御記載
からは。

##7
「脳腫瘍」専門医」(この名前の専門医はありません)
のいらっしゃるしっかりとした御施設=「がんセンターの「脳神経外科」など」
にての
診療を受けられたほうが宜しいと
今の私は考えます。

##8
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

##9
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。









上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年12月8日 17時24分22秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望    

お世話になります。(年齢35歳 女性)

先日、頭痛と眩暈により、脳神経外科受診しました。
(頭痛は2年前から時々続き、頭痛薬を飲んでいました。)
MRIと造影検査により、松果体に嚢状の物があり、水が溜ま
っているといわれました。

今後も、2ヶ月ごとの検査が必要であり、
頭痛や上を見られない状態であれば、受診するように話
されました。
現在、頭痛はないのですが、軽いふあ〜とした眩暈は続いてい
ます。

これは、松果体腫というものですか。
(脳腫瘍ではなく、松果体腫かなぁと言われました。)
松果体腫とはどんなものですか
よろしく、お願いいたします。

[2004年12月8日 17時11分29秒]










「ごらん下さいませおわりおわり★★★」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2007年12月12日 17時40分5秒]

お名前: 匿名希望   
山本先生

 突然御相談をお送りいたします失礼をお許しください。
 お忙しい中、申し訳ありません。
 
 ○○在住の42歳女性です。11月24日○○の脳ドックにて3センチの
 腫瘍の疑いがあると診断され、精密検査(造影剤を使ったMRI及びCT)に
 より、松果体細胞腫又は胚細胞腫(ジャーミノーマ)と診断され、おそらく良性
 であり、放射線治療などは効かないため、摘出手術しかないと言われております。

 ただ、頭痛、嘔吐といった症状はなく水頭症もありません。
 先日の診断では、担当医に聞けなかったのですが、以前、掲示板で
 ご質問のあった「松果体のう胞」との区別は、脳神経外科のお医者様で
 あれば、MRI(造影)で間違いなく正確に判断がつくものなのでしょうか。

 おそらく腫瘍なのだとは自分に言い聞かせ、現在手術をしていただける
 お医者様を探している所ですが、全く自覚症状がないために、もしかしたら
 のう胞では?と自分に都合の良い様に考えたりもしています。

 ○○であれば、近くなので、一度先生に画像を見ていただくことは可能
 でしょうか。その場合は、セカンドオピニオンとして担当のお医者様からの
 紹介状などが必要となりますでしょうか。
 質問ばかりで申し訳ありません。

Wednesday, December 12, 2007 3:20 PM
[2007年12月12日 17時32分30秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲