ご相談タイトル:動眼神経麻痺 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持が大変によく判る御相談です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++
すでに「症状・症候」が出現して「8年」経過されて
いるから
御相談者は「上方視」「下方視」に関しては
「上転下転障害」に対して
「複視」の「御自覚症状」を避けるために「頭位」を変換される
「補正習慣」が大変「デリケート」に形成されていると思います。

「複視」に関して「眼位異常」と比較すれば。
御相談者の場合は
「上転下転障害」の障害に関して
「補正習慣」がより強力に働いていると今の私は考えます。

「上方視」「下方視」の障害=「上転下転障害」は
「眼位異常矯正手術」での「治療戦略」では治しきれないから。


「複視」の原因として
###1「上転下転障害」と###2「眼位異常」の「2つの原因」
をもたれる御相談者の場合
「眼位異常矯正手術」の「有効性」に関する判断は大変難しくなります。


下記順を追って御回答致します。

+++++++++++++++++++++++++++++++++





#1
##1
「1.39歳、女性
2,8年前、交通事故で脾臓破裂、骨盤骨折、左動眼神経麻痺(瞼
下垂、散瞳、眼位は左下に寄る)頭部 眼MRI、CT異常所見な
し、事故当時は頭部に目立った外傷がなかったため、一過性との診
断であったが直らず。10ヶ月で瞼は9割程度開き、眼の動きは左
右は正常、上下は5ミリ程度、散瞳はサンピロ1%で収縮、眼位は
4〜5ミリ下、複視は上下に顕著で現在に至ります
3、斜視手術を検討中。(眼位を上にする)眼位がやや下なので
見るために普段でも顎をあげていて首にはかなりの負担があります
(時々くらっとめまいあり)医者はとにかく説明もなく勧める人と
相談しても答えがない人とで迷っています。メリットがあるのか
デメリットもあるのかわかりません。教えてください。」
との事です。






#2
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「8年前、交通事故で脾臓破裂、骨盤骨折、左動眼神経麻痺(瞼
下垂、散瞳、眼位は左下に寄る)頭部 眼MRI、CT異常所見な
し、事故当時は頭部に目立った外傷がなかったため、一過性との診
断であったが直らず。」
との事です。

##3
いわゆる「交通外傷」の「多発外傷」が「8年前」。

##4
「頭部 眼MRI、CT異常所見なし・略・」との事で本当に
宜しかったです。

##5
けれども「左動眼神経麻痺」が何故「症状・症候」として
出現するに至ったのか疑問に思います。





#3
##1
「一過性との診断であったが直らず。10ヶ月で瞼は9割程度開き、眼の動きは左
右は正常、上下は5ミリ程度、散瞳はサンピロ1%で収縮、眼位は
4〜5ミリ下、複視は上下に顕著で現在に至ります」との事です。

##2
###1
「10ヶ月で瞼は9割開く」は理解できます。
###2
「眼の動きは左右は正常、上下は5ミリ程度、散瞳はサンピロ1%で収縮、眼位は
4〜5ミリ下、複視は上下に顕著で現在に至ります」
との事です。
=>「左右は正常・略・」が
「始めは理解できなかった」のですが。
=>##3

##3
###1
「両眼」とも(「左眼」も)「外側」「内側」方向の「眼球運動」
は「正常」である。
###2
「左眼」の「上転」及び「下転」=5mmと
「眼球運動障害」は「上下方向」にある。
###3
「散瞳はサンピロ1%で収縮」=「左瞳孔散大」がある。
###4
「複視は上下に顕著で現在に至ります」=>
「「左眼」の「上転」及び「下転」=5mmと
「眼球運動障害」は「上下方向」にある。」訳だから当然
「上方視」「下方視」にて「複視」は出現するはず。
###5
「眼位は左下に寄る」と「眼球位置異常」=「眼位異常」がある。
###6
「左眼嶮下垂」がある。

##4
上記のの「6つ」が「左眼」の「症状・症候」。

##5
上記の中で##3の###5のみが
「動眼神経麻痺」のみの成分なのか否かが判断は
厳密には
御相談者の御相談の御記載内容からは不可能。






#4
##1
#3よりは典型的な「左動眼神経麻痺」の「症状・症候」
で現在に至られています。

##2
但し#3の中で##3の###5のみが
「動眼神経麻痺」のみの成分の「症状・症候」であるか否かが判断は
厳密には
御相談者の御相談の御記載内容からは不可能。


##3
「3、斜視手術を検討中。(眼位を上にする)眼位がやや下なので
見るために普段でも顎をあげていて首にはかなりの負担があります
(時々くらっとめまいあり)」
は。

##4
「「眼位は左下に寄る」と「眼球位置異常」=「眼位異常」がある。」
との
「左眼」の「眼位異常」についての「症状・症候」
と考えられる。

##5
「医者はとにかく説明もなく勧める人と
相談しても答えがない人とで迷っています。メリットがあるのか
デメリットもあるのかわかりません。教えてください。」
との事です。

##6
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。






#5
##1
御相談者の「眼位異常矯正手術」の場合は。

##2
すでに「症状・症候」が出現して「8年」経過されて
いるから
御相談者は「上方視」「下方視」に関しては
「上転下転障害」に対して
「複視」の「御自覚症状」を避けるために「頭位」を変換される
「補正習慣」が大変「デリケート」に形成されていると思います。


##3
「複視」に関して「眼位異常」と比較すれば
御相談者の場合は
「上転下転障害」に関しては
「補正習慣」は強力に働いていると今の私は考えます。

##4
だから「上方視」「下方視」の障害=「上転下転障害」は
「眼位異常矯正手術」での「治療戦略」では治しきれないから。

##5
「複視」の原因として
###1「上転下転障害」と###2「眼位異常」の「2つの原因」
をもたれる御相談者の場合
「眼位異常矯正手術」の「有効性」に関する判断は大変難しくなります。





#6結論:
##1
「医者はとにかく説明もなく勧める人と
相談しても答えがない人とで迷っています。メリットがあるのか
デメリットもあるのかわかりません。教えてください。」
との事です。

##2
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##3
「医者はとにかく説明もなく勧める人と
相談しても答えがない人とで迷っています。」との事ですが
これは上記のような理由によります。

##4
「メリット」は結果論として「眼位異常矯正手術」により
「複視」の「原因」が「ひとつ」へるわけだから
御相談者が「複視」で悩まれることが50%減少すると期待できること。

##5
「デメリット」は既に「8年経過」されていらっしゃるから
「上転下転障害」+「眼位異常」に対する「補正習慣」が出来上がっている。
そこで「眼位異常矯正手術」を施行すると。
また新たに「複視」の「補正習慣」が出来上がるまで
「複視」の「症状・症候」が増強する可能性があること。

##6
##4も##5もあくまでも「結果論」であるから。

##7
「眼位異常矯正手術」による「複視」の改善は
「施行してみなければ判断」できないというところに。

##8
御相談者の「動眼神経麻痺」による「今現在」の「複視」の
「眼位異常矯正手術」という
「治療戦略」の「むずかしさ」が御座います。

##9
一刻も早い御相談者の「症状・症候」の寛解の得られること・
一刻も早い「症状・症候」のご回復を心より御祈り申し上げます。









上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。







何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。








何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。
[2005年3月13日 13時11分28秒]

お名前: 匿名   
1.39歳、女性
2,8年前、交通事故で脾臓破裂、骨盤骨折、左動眼神経麻痺(瞼
下垂、散瞳、眼位は左下に寄る)頭部 眼MRI、CT異常所見な
し、事故当時は頭部に目立った外傷がなかったため、一過性との診
断であったが直らず。10ヶ月で瞼は9割程度開き、眼の動きは左
右は正常、上下は5ミリ程度、散瞳はサンピロ1%で収縮、眼位は
4〜5ミリ下、複視は上下に顕著で現在に至ります
3、斜視手術を検討中。(眼位を上にする)眼位がやや下なので
見るために普段でも顎をあげていて首にはかなりの負担があります
(時々くらっとめまいあり)医者はとにかく説明もなく勧める人と
相談しても答えがない人とで迷っています。メリットがあるのか
デメリットもあるのかわかりません。教えてください。
[2005年3月13日 12時1分0秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲