ご相談タイトル:右側頭葉の皮質下出血 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5


山本クリニックhp 山本クリニック携帯モード1 山本クリニック携帯モード2 みちしるべ しごとぶり
脳神経外科相談掲示板 美容形成外科相談掲示板 NEW新規脳神経外科相談掲示板 むかしの相談掲示板
山本クリニックの脳神経外科・神経内科ブログ
エキサイトブログ シーサーブログ1 シーサーブログ2 シーサーブログ3 アメーバブログ gooブログ
脳神経外科1 脳神経外科2 脳神経外科3 脳神経外科4
脳神経外科5 脳神経外科6 脳神経外科7 脳神経外科8
脳神経外科9 脳神経外科10 脳神経外科11 脳神経外科12
脳神経外科13 脳神経外科14 脳神経外科15 脳神経外科16
脳神経外科17 脳神経外科18 脳神経外科19 脳神経外科20




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御気持ちは大変よく判ります。


御相談者の御相談内容要旨御記載からは
止むを得ずも
1・
「御父様」の脳CTの
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」の「大きさ」
の御記載がありません。
2・
また
「出血源」の確認を必要とする
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」の「病態」に
「本物の脳血管撮影」が行われたか否かの御記載がありません。
3・
また
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」の場合は
「症候性痙攣発作」を惹起しやすいため・或は
「本物の脳血管撮影」でも描出しえなかった
「「病態」=「血管腫」であることが多い」除去のために
通常行われるはずの
「開頭手術」が行われたか否かの御記載がありません。

御回答限界でもあるのですが
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。





++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

脳血管障害の「出血性脳血管障害」である
「脳内出血 :intracerebural hematoma:ICH」
のなかでも
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」は
「血管腫」という「出血源」をもつ
「脳内出血 :intracerebural hematoma:ICH」です。
また
「症候性痙攣発作」を起しやすいことでも
有名な「病態」。

「中枢神経系」の「病態」で
「グリセオール:gliceol」静脈投与が行われる
は
「脳浮腫:brain edema:のうふしゅ」があり
「頭蓋内圧亢進」があるということです。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
何かとても不思議な感触を否めません。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「
はじめまして。
66歳の父の事で相談します。

5月末に右側頭葉皮質下出血で入院しました。
麻痺はひどくなく半盲が残るくらいといわれました。

が1ヶ月たっても点滴で、
その後転院先を探し転院してからは離乳食になりました。

転院数日前の夜てんかんを起こしたと言われ
アルビチアンを投与されました。

しかし、てんかんの症状もみられず
転院先の脳波でもてんかんかは微妙だと
言われました。
抗てんかん剤をやめるわけにはいかないのでしょうか。

てんかんでないのに打ってるとと考えると不安です。
 いまだに目をよく閉じ、ぼーっとしてる事のほうが多く、
この点も不安です。

時間が解決するのでしょうか。
なにか改善策はないのでしょうか。

薬はグリセレブから
転院後はグリセノールに変わりました。

お忙しいとは思いますが、アドバイスをお願いします。」
との事です。







#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「中枢神経系専門医」が考えて
不思議な点が大変に多いように思えます。

##2
「66歳の父の事で相談します。

5月末に右側頭葉皮質下出血で入院しました。
麻痺はひどくなく半盲が残るくらいといわれました。」
との事です。

##3
「右側頭葉皮質下出血」の「皮質下出血:sub-cortical hematoma」
は「特発性脳内出血」とも呼称致します。

##4
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」
というタイプの「脳内出血 :intracerebural hematoma:ICH」
は出血に「原因」があります。
「脳内血管腫」或は「アミロイドアンギオパチー」等の
「出血」の原因があります。







#3
##1
だから脳血管障害の患者さんで
脳CTから
「出血性脳血管障害」であり
「脳内出血 :intracerebural hematoma:ICH」であり
さらに「皮質下出血:sub-cortical hematoma」であった場合
には
必ずや
「本物の脳血管撮影」による「出血源」の確認
が必要になります。

##2
脳血管障害で「脳内出血 :intracerebural hematoma:ICH」
が脳CTで明らかになった場合は
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」の場合
「脳神経外科専門医先生」の受け持ちに転じ
「本物の脳血管撮影」は必ずや実施されます。

##3
##2の「結果」「本物の脳血管撮影」にて
「血管腫」が「破壊出血」により造影されない
場合もままあります。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「御父様」がおこされた
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」の
「本物の脳血管撮影」の所見=>
「血管腫」があったのか否か・などの
御記載が見当たりません。

##5
不思議です。






#4
##1
「出血性脳血管障害」の「脳内出血 :intracerebural hematoma:ICH」
の一種である「皮質下出血:sub-cortical hematoma」
は「「皮質=灰白質」=「神経細胞」に障害
を与えやすいために「症候性痙攣発作」を
起しやすいのです。

##2
「脳内出血 :intracerebural hematoma:ICH」でも
一般論では直径3cmくらいのものは
「脳神経外科専門医」による血腫摘出にいたらず
「開頭手術」がおこなわれないことがあります。

##3
この場合
「脳内出血 :intracerebural hematoma:ICH」の
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」以外の
「被殻出血:putaminal hemorrhage」
或は「「視床出血:thaklamic hemorrhage」
の場合は「脳深部」=「「脳内皮質(白質=神経線維)」
の損傷ですから
「皮質=灰白質」=「神経細胞」とは離れており
「症候性痙攣発作」はおこすことは稀です。

##4
「被殻出血:putaminal hemorrhage」や
「視床出血:thaklamic hemorrhage」でも血腫が大きく
「脳神経外科専門医」による「開頭手術」が行われた場合は
「脳表:のうひょう」の「皮質=灰白質」=「神経細胞」に
「手術」による損傷が発生しますから
術後「抗痙攣薬:anti-convulsant」の投与が術後「2年間」
は必要です。






#5
##
「御父様」の場合「開頭手術」が行われたのか否かの
御記載がありません。

##2
##1に関しては
「開頭手術」は行われなかったと仮定して
「御父様」の血腫の「大きさ」が小さくて直径3cm位下であった
と仮定致します。

##3
「5月末に右側頭葉皮質下出血で入院しました。
麻痺はひどくなく半盲が残るくらいといわれました。」
=>

からは
側頭葉の「マイヤーズ・ループ」の障害から
「上四分の1半盲」のことを意味されていると考えます。
また
側頭葉の「皮質下出血:sub-cortical hematoma」
で小さいものであれば「運動麻痺」には到りません。

##4
けれども
「が1ヶ月たっても点滴で、
その後転院先を探し転院してからは離乳食になりました。」
という
「症状・症候」は
「御父様」が小さな側頭葉の
「出血性脳血管障害」で
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」であった場合には
通常は起こりえません。







#6
##1
「転院数日前の夜てんかんを起こしたと言われ
アルビチアンを投与されました。

しかし、てんかんの症状もみられず
転院先の脳波でもてんかんかは微妙だと
言われました。
抗てんかん剤をやめるわけにはいかないのでしょうか。」
との事です。

##2
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」で
「症候性痙攣発作」を起すことは稀ならず御座います。

##3
また
「転院先の脳波でもてんかんかは微妙だと
言われました。」との事です。
=>
この状況がさまざまに考えても理解が困難です。

##4
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」であり
「症候性痙攣発作」の「エピソード」があれば
「脳波検査所見」で「「異常所見」無し」とはでない
と考えます。







#7
##1
「てんかんでないのに打ってるとと考えると不安です。
 いまだに目をよく閉じ、ぼーっとしてる事のほうが多く、
この点も不安です。

時間が解決するのでしょうか。
なにか改善策はないのでしょうか。

薬はグリセレブから
転院後はグリセノールに変わりました。」
との事です。

##2
「グリセオール:gliceol」静脈投与が
一番理解が困難です。

##3
「リセレブから
転院後はグリセノールに変わりました。」は
「製薬会社」がことなるだけで
同じ薬剤です
「グリセノール」という薬剤はありませんから
「グリセオール:gliceol」のことをいわれている
と解釈致します。

##4
「グリセオール:gliceol」静脈投与は
「脳浮腫:brain edema:のうふしゅ」或は
「脳内出血 :intracerebural hematoma:ICH」にて
脳圧亢進の場合に用いられる
「高浸透圧利尿剤:こうしんとうあつりにょうざい」です。

##5
「グリセオール:gliceol」静脈投与が行われている
ということは「御父様」に
「脳浮腫:brain edema:のうふしゅ」があり
「頭蓋内圧亢進」があるということです。

##6
「5月末に右側頭葉皮質下出血で入院しました。
麻痺はひどくなく半盲が残るくらいといわれました。」
から
「2ヶ月弱」「御父様」が
「グリセオール:gliceol」静脈投与を継続
されるということは
「ずっと「脳浮腫:brain edema:のうふしゅ」或は
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」の血腫量
が多く
「頭蓋内圧亢進」が「ある」と「診断」されている
ということです。

##5
「グリセオール:gliceol」静脈投与という
のは「ある意味では脳血管障害の場合急性期と同じ
状態」が続いているという意味です。

##6
=>#8





#8
##1
「脳浮腫:brain edema:のうふしゅ」があり
「頭蓋内圧亢進」が存続すれば。
=>##2

##2
当然
「が1ヶ月たっても点滴で、
その後転院先を探し転院してからは離乳食になりました。」+
「いまだに目をよく閉じ、ぼーっとしてる事のほうが多く、
この点も不安です。」
という「症状・症候」になります。

##3
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##4
けれども
「御父様」は
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」だから
「出血源」の探索のために
元来「脳神経外科専門医」による「本物の脳血管撮影」が
必要であった状態ではなかったのか。
「結果論」「手術」が必要であった状態ではなかったのか・
が心配です。






#9結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」は
他の「脳内出血 :intracerebural hematoma:ICH」
とは異なり「出血源」となる「血管腫」が
ある。
(一昔前はアミロイドアンギオパチーが原因などと
教科書にはよく書かれていました)

##3
##2のためにまた
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」は
文字通り「脳表:のうひょう」である「皮質=灰白質」=「神経細胞」
に近く
「皮質=灰白質」=「神経細胞」に障害から
「症候性痙攣発作」を起しやすい。
通常は
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」
直後から「抗痙攣薬:anti-convulsant」は投与されます。

##4
入院してから
2ヶ月弱も
「グリセオール:gliceol」静脈投与=
「脳浮腫:brain edema:のうふしゅ」による
「頭蓋内圧亢進」がある・
が必要ならば
「脳神経外科専門医」による「外科的アプローチ」
が必要なのではないでしょうか。

##5
当初より
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##6
なにか一連の「診断戦略」及び「治療戦略」に関して
「皮質下出血:sub-cortical hematoma」の患者さん
に対するものとは思えないものを感じます。

##7
このような御回答しか出来ません。申し訳ございません。
この御回答が何がしかのお役に立てば何よりで御座います。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2007年7月12日 17時42分14秒]

お名前: 匿名希望   
はじめまして。
66歳の父の事で相談します。

5月末に右側頭葉皮質下出血で入院しました。
麻痺はひどくなく半盲が残るくらいといわれました。

が1ヶ月たっても点滴で、
その後転院先を探し転院してからは離乳食になりました。

転院数日前の夜てんかんを起こしたと言われ
アルビチアンを投与されました。

しかし、てんかんの症状もみられず
転院先の脳波でもてんかんかは微妙だと
言われました。
抗てんかん剤をやめるわけにはいかないのでしょうか。

てんかんでないのに打ってるとと考えると不安です。
 いまだに目をよく閉じ、ぼーっとしてる事のほうが多く、
この点も不安です。

時間が解決するのでしょうか。
なにか改善策はないのでしょうか。

薬はグリセレブから
転院後はグリセノールに変わりました。

お忙しいとは思いますが、アドバイスをお願いします。
July 12, 2007 3:30 PM

Sent: Thursday, July 12, 2007 3:30 PM
Subject: 脳内出血
[2007年7月12日 15時30分37秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲