ご相談タイトル:右足の裏、親指と人さし指の付け根部分に痛 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。




+++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「1年半前」の「足の捻挫」はひとまずに
今現在の「症状・症候」との関連は一度お忘れいただく
必用が御座います。

「御父様」の「症状・症候」は
典型的な
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の「症状・症候」でいらっしゃいます。

「知覚異常性大腿神経神経痛」は
meralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ),或いは
 Roth−Bernhartd症候群などと呼称されます。

1895年Rothにより「meralgia paraesthetica」と命名され
Bernhardtにより
「外側大腿皮神経パレステジア」と記載されました。

いずれも本邦ではこの「病態名」はまず通じません

正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

「モートン(モルトン)病」などと
またお子様の場合は「第2ケーラー病」
などと間違われたり致します。

「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。


下記に順を追って御回答致します。
+++++++++++++++++++++++






#1
##1
「こんにちは。
突然のメールをお許しください。
こちらのhpを拝見し、ぜひ私の叔父について御相談させていただきたく
メールをさせていただきました。
お忙しいことと思いますがよろしくお願いします。

私の70歳になる叔父なのですが、
以下のような症状になやまされております。



1年前くらいに足首を捻挫したらしく、
それ以来足の調子がおかしいくなったとのこ
と。

右足の裏、親指と人さし指の付け根部分に痛みを感じるようになり
だんだんとひどく痛むようになってきた。

ここ2ヶ月くらいは特にいたくなり、
いろいろな医者にかかり、MRIやレントゲンな
ど原因を調べてもらってがまったくなにが悪いかわからす、
痛み止め(ロキソイニン)などをもらうばかり。

痛みのため睡眠も浅く、不安に襲われ精神的にかなりまいっている様子。
腫れなどは特にないようなのですがお風呂に入ったり、
また気温が高い日は痛みも強いとのこと。

歩行も困難になり、立っているのもつらく、
路上に座り込んでしまうこともしばしばあるようなのです。

このような、雲をつかむようなものなのですが、
痛みにより精神不安になっているようなので
なんとか痛みをとりのぞく方法はないものかと検索し、こちらのサイトにた
どりつきました。

原因不明の痛みにも
ブロック注射などの治療をしてもらうことは可能なのでしょうか?
その他に、痛みを取り除く治療などはあるものでしょうか?

こちらにメールをすることが
もし失礼にあたるようでしたらお許しください。
なにかアドバイスをいただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「1年半前」の「足の捻挫」はひとまずに
今現在の「症状・症候」との関連は一度お忘れいただく
必用が御座います。

##3
「御父様」の「症状・症候」は
典型的な
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)=
「Roth−Bernhartd症候群:ロス・ベルンハルト症候群」=
「meralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ)」
と呼称される病態で御座います。

##4
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##5
「モートン(モルトン)病」などとまたお子様の場合は「第2ケーラー病」
などと間違われたり致します。

##6
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##7
この「神経ブロック」はかなり特殊な「神経ブロック」を必用と
致します。

##8
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」
足の裏先端と手の指先が痺れます [2] [2005年 6月14日 18時42分24秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0939050403694672.html
から脳梗塞+「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の御相談者の御解答の一部を
「御参考1」に貼布いたします。



#3結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
典型的な「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)=
「meralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ)」=
「Roth−Bernhartd症候群:ロス・ベルンハルト症候群」
の「症状・症候」で御座います。

##3
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##4
原因不明の「疼痛」に「神経ブロック」をすることは
さまざまな困難が伴いますが。
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「meralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ)」ですから
「神経ブロック」は「治療戦略」の主幹ともなります。

##5
しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害疼痛」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」
を御受診される事をお勧め致します。

##6
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「機能性末梢神経障害疼痛」に苦手な先生もいらっしゃいます。
このことも何卒に覚えておかれて下さいませ。

##7
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##8
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。




山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




++「御参考1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。





#1
##1
「愛知  65   男
両足の裏の指先、両手の指先のしびれが
我慢できないようになってきました。

1年ほど前、両手足の先の弱い痺れから始まり、
掌と足の裏先端が赤味を帯びてきました。
足の先に灼熱感を感じ不快です。

糖尿、頚椎、腰、膠原病と検査しても異常は見つからず、
メチコパール、ミオナール、メキシチール、てんかんの薬など
いろいろ処方されましたが、酷くなる一方で困っております。

最近とくに足の裏の痺れがきつく、小石を踏むような感じで、
歩行に支障が出てきました。

下肢の外側に痺れは無くて、足の裏の先端に集中しており、
最近両膝も痛くなって
きましたが関節痛ではありません。

掲示板のご回答をいろいろ拝見し、
私も機能性抹消神経障害のように思え、神経ブロック注射が
痺れを解消してくれないものかと期待しております。
私の場合、神経ブロックは痛みのみでなく、痺れにも有効でしょうか。
よろしくお願いします。」
との事です。



#2結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「緊張型しびれ(あだ名です)」も御持ちの様であるが。

##3
なおかつ。
典型的な
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)=
「meralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ)」=
「Roth−Bernhartd症候群:ロス・ベルンハルト症候群」
の「症状・症候」でいらっしゃいます。

##4
足の裏に「小石」あるいは「石くず」がはさまってくるような
「症状・症候」に至る事が多いです。

##5
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
適切な「神経ブロック」により劇的に改善される事も
多いものです。

##6
しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害疼痛」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」
を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##7
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「機能性末梢神経障害疼痛」に苦手な先生もいらっしゃいます。
この事は何卒に覚えておかれて下さいませ。


##8
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」
に御相談者と酷似した御相談がございます。
足裏の痺れと痛み [2] [2003年12月22日 19時 5分48秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/552094802566902.html
この御回答を「御参考1」としてコピー致します。


##9
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##10
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。




山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



++「御参考1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。

上手く御回答できると宜しいのですが。

御相談者の「症状・症候」は
大変正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

「脊椎の病気(脊椎症」とか脊椎椎間板ヘルニア)」
と図らずも間違われる場合も有り厄介です。

#1
##1
「昨年9月に左足裏に痺れが出てきました。10
月になると足裏に小石のようなものがくっついて
いるような違和感があり、砂利道を素足で歩いて
いるような痛みがあって、歩行が困難になってき
ました。
 11月には右足裏にも同様な症状が出てきまし
たが、左足ほどの痛みはありませんでした。また、
座っていると足裏が冷たくなって痛くなったり、
痺れてくるので、座ることも苦痛になってきまし
た。冷たさに敏感で冷気や冷たいものに触れると
痛みが増してきました。反面、横臥したり足裏に
体重をかけないと違和感はありますが、痛みはほ
とんどありません。長時間座っていたり、寒さに
会うと痺れや痛みは足裏から脚の裏側と側面にも
広がってきます。また、最近は長時間寝ていると
腰が痛くなると同時に足裏に痛みが出てきます。
 これまで、数箇所の整形外科、神経内科を受診
しましたが、病名、原因を特定されず、坐骨神経
痛の疑いがあると治療を受けてきましたが、症状
は改善されませんでした。
 是非、病名、原因、治療法、診察科名を教えて
ください。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容からは。
##2
下肢の足指先端が凍えるような感覚があるが
「運動」をされていると「御自覚症状」は軽減されると
考えます。
##3
「内科的背景要因」で「閉塞性動脈硬化症 ASOと呼称」
とか様々な病態で「類似病態」があるのです。
##4
上記病態などは
幸いなことに「神経内科専門医先生」或は「整形外科専門医先生」
を御受診されているので「除外診断」が
可能と「仮定」させて頂きます。


#3
##1
「数箇所の整形外科、神経内科を受診
しましたが、病名、原因を特定されず、坐骨神経
痛の疑いがあると治療を受けてきましたが、症状
は改善されませんでした。」
との「情報」が確かであるとして以下御回答致します。

##2
この病態は
「知覚異常性大腿神経神経痛」
(本当は神経痛ではないのですが)
と呼称されます。

##3
「知覚異常性大腿神経神経痛」は
meralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ),或いは
 Roth−Bernhartd症候群などと呼称されます。
##4
1895年Rothにより「meralgia paraesthetica」と命名され
Bernhardtにより
「外側大腿皮神経パレステジア」と記載されました。

##5
いずれも本邦ではこの「病態名」はまず通じません



#4
##1
「長時間座っていたり、寒さに
会うと痺れや痛みは足裏から脚の裏側と側面にも
広がってきます。また、最近は長時間寝ていると
腰が痛くなると同時に足裏に痛みが出てきます。」
との事です。

##2
これはかなり「典型的」な「症状・症候」で
御座います。

##3
「知覚異常性大腿神経神経痛」は
「外側大腿皮神経」という神経が主役をなします。

##4
「腰痛」を伴う「下肢大腿外側痛」の「症状・症候」が
基本で御座います。





#5
##1
「末梢神経名称」でいけば「外側大腿皮神経」が
病態の主役であることが多いものです。

##2
外側大腿皮神経という有名神経は
「第2,3腰神経前枝の後部」から発生する「末梢神経」で御座います。
##3
「知覚異常性大腿神経神経痛」
即ち
meralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ),
 Roth−Bernhartd症候群の場合は。
##4
「ペインクリニック専門医先生」を御受診されるて
「神経ブロック」或は「神経根ブロック」による
「治療戦略」を立てて頂くのが宜しい
と今の私は考えます。


#6
##1
「知覚異常性大腿神経神経痛」には「神経根ブロック」
が著効致します。

##2
けれども「神経ブロック」とりわけ「神経根ブロック」は
相当な熟練を要する技術で御座います。

##3
また
「神経根ブロック」は「痛い」です。

##4
L2神経根+L3神経の「神経根ブロック」が
有効で御座います。

##5
因みにL2神経根といえば
###1
陰部大腿神経、
###2
外側大腿皮神経、
###3
大腿神経
###4
閉鎖神経
など御相談者の「症状・症候」の
「原因神経」と想定される「末梢神経」の源流で御座います。



#7結論:

「病名、原因、治療法、診察科名を教えて
ください。」
との事です。

##1
病名は「知覚異常性大腿神経神経痛」
(meralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ),
 Roth−Bernhartd症候群などと呼称されます)
が最も考えられます。


##2
原因は

###1
御相談者の御相談内容からは
「特定できません」。
###2
けれども「機能性頭痛」である
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
を御持ちの患者さんに多いものです。


##3
「治療法」との事ですが。

###1
「神経ブロック」であれば
「外側大腿皮神経ブロック」が「著効」致します。

###2
或は
「神経根ブロック」で
L2+L3を「神経根ブロック」致します。



##4
###1
診療科名は
「ペインクリニック専門医先生」を御受診されると
宜しいのではないかと今の私は考えます。

###2
但し「ペインクリニック専門医先生」でも
「知覚異常性大腿神経神経痛」に苦手な先生も
いらっしゃいます。
このことは何卒に覚えておかれて下さいませ。




上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2003年12月22日 19時5分48秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前:  
 60歳 男性。
 
 直前に掲示板に送付した相談の記述が改行しな
かったので再度送付いたします。
 昨年9月に左足裏に痺れが出てきました。10
月になると足裏に小石のようなものがくっついて
いるような違和感があり、砂利道を素足で歩いて
いるような痛みがあって、歩行が困難になってき
ました。
 11月には右足裏にも同様な症状が出てきまし
たが、左足ほどの痛みはありませんでした。また、
座っていると足裏が冷たくなって痛くなったり、
痺れてくるので、座ることも苦痛になってきまし
た。冷たさに敏感で冷気や冷たいものに触れると
痛みが増してきました。反面、横臥したり足裏に
体重をかけないと違和感はありますが、痛みはほ
とんどありません。長時間座っていたり、寒さに
会うと痺れや痛みは足裏から脚の裏側と側面にも
広がってきます。また、最近は長時間寝ていると
腰が痛くなると同時に足裏に痛みが出てきます。
 これまで、数箇所の整形外科、神経内科を受診
しましたが、病名、原因を特定されず、坐骨神経
痛の疑いがあると治療を受けてきましたが、症状
は改善されませんでした。
 是非、病名、原因、治療法、診察科名を教えて
ください。
[2003年12月22日 15時46分49秒]

「御参考1おわり」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2005年6月14日 18時42分24秒]

--------------------------------------------------------------------------------
お名前: なお   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*



愛知  65   男
両足の裏の指先、両手の指先のしびれが
我慢できないようになってきました。

1年ほど前、両手足の先の弱い痺れから始まり、
掌と足の裏先端が赤味を帯びてきました。
足の先に灼熱感を感じ不快です。

糖尿、頚椎、腰、膠原病と検査しても異常は見つからず、
メチコパール、ミオナール、メキシチール、てんかんの薬など
いろいろ処方されましたが、酷くなる一方で困っております。

最近とくに足の裏の痺れがきつく、小石を踏むような感じで、
歩行に支障が出てきました。

下肢の外側に痺れは無くて、足の裏の先端に集中しており、
最近両膝も痛くなって
きましたが関節痛ではありません。

掲示板のご回答をいろいろ拝見し、
私も機能性抹消神経障害のように思え、神経ブロック注射が
痺れを解消してくれないものかと期待しております。
私の場合、神経ブロックは痛みのみでなく、痺れにも有効でしょうか。
よろしくお願いします。

         
[2005年6月14日 18時39分25秒]

「御参考1おわり」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2005年6月22日 19時10分8秒]

お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*




こんにちは。
突然のメールをお許しください。
こちらのhpを拝見し、ぜひ私の叔父について御相談させていただきたく
メールをさせていただきました。
お忙しいことと思いますがよろしくお願いします。

私の70歳になる叔父なのですが、
以下のような症状になやまされております。



1年前くらいに足首を捻挫したらしく、
それ以来足の調子がおかしいくなったとのこ
と。

右足の裏、親指と人さし指の付け根部分に痛みを感じるようになり
だんだんとひどく痛むようになってきた。

ここ2ヶ月くらいは特にいたくなり、
いろいろな医者にかかり、MRIやレントゲンな
ど原因を調べてもらってがまったくなにが悪いかわからす、
痛み止め(ロキソイニン)などをもらうばかり。

痛みのため睡眠も浅く、不安に襲われ精神的にかなりまいっている様子。
腫れなどは特にないようなのですがお風呂に入ったり、
また気温が高い日は痛みも強いとのこと。

歩行も困難になり、立っているのもつらく、
路上に座り込んでしまうこともしばしばあるようなのです。

このような、雲をつかむようなものなのですが、
痛みにより精神不安になっているようなので
なんとか痛みをとりのぞく方法はないものかと検索し、こちらのサイトにた
どりつきました。

原因不明の痛みにも
ブロック注射などの治療をしてもらうことは可能なのでしょうか?
その他に、痛みを取り除く治療などはあるものでしょうか?

こちらにメールをすることが
もし失礼にあたるようでしたらお許しください。
なにかアドバイスをいただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。
[2005年6月22日 19時2分5秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲