ご相談タイトル:左側頭部の頭痛 



もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る


書き込み欄へ  ヘルプ
回答者 山本クリニック 山本博昭: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
ご心配なことと存じます。
#1
##1
「週間前に左側頭部に激しい頭痛があり
それ以来、いつも軽い頭痛がありぼ〜っとしがちになります。
この掲示板に書いてある「緊張型頭痛」の症状にすごく似ています
ただそれが右ではなく左にあるのでやはり違う頭痛なのでしょうか」
との事です。
##2
私が「御回答」致しました患者さんで「緊張型頭痛」の
患者さんは少なからずいらっしゃいました。

#2
##1
「この掲示板に書いてある「緊張型頭痛」の症状にすごく似ています」
との事です。
##2
##1であるならば「緊張型頭痛」である可能性は濃厚です。
##3
但し御相談者の「具体的な症状・症候」の御記載が御座いません。
##4
だから御回答限界ではあるのですが。
##5
御相談者が「伝達されようとしている情報」は
よく判りますので。

#2
##1
「緊張型頭痛」は左右どちらにも来ます。
##2
「両側にくるのが「緊張型」」は間違いで御座います。
##3
「偏頭痛」と実に良く間違われます。
##4
けれども自覚に上らないだけで「基本は両側」
です。
##5
「緊張型」は
よく「頚椎の疾患」自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「耳鼻科疾患」と間違われます。

#3
##1
「偏頭痛」+「緊張型」を「混合型頭痛」と呼称します。
##2
「偏頭痛」と「緊張型」は鑑別が大変困難か
或は「両者」の成分をもたれている患者さんが
実に多いというのが偽らざる「現状」でございます。

#4
##1
もし症状・症候が強いようであれば。
##2
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」の先生
を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##3
適切な表現が思い浮かばないのですが
但し「脳神経外科・神経内科専門医医」でも
「「頭痛系の疾患」」が苦手の先生がいらっしゃいます。
##4
このことはご留意下さい。


#5結論:
##1
「緊張型頭痛」はさまざまな「症状・症候」に変化致します。
##2
「ストレス」が原因と医学書にすらも書いてありますが。
##3
「緊張型」は
ストレスには弱くなります。
##4
「因果関係」を逆転すればストレスから「発生」するように
みえるが間違いなのです。
##5
症状・症候が強ければ。
##5
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##6
しばらく御様子をみられるのも方法です。
如何でしょうか。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。




何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年8月19日 7時31分17秒]

回答者 山本クリニック 山本博昭: 杉本大輔   
現在高校生2年生の男です
2週間前に左側頭部に激しい頭痛があり
それ以来、いつも軽い頭痛がありぼ〜っとしがちになります。
この掲示板に書いてある「緊張型頭痛」の症状にすごく似ています
ただそれが右ではなく左にあるのでやはり違う頭痛なのでしょうか
回答のほどよろしくおねがいします
[2003年8月18日 22時23分34秒]

*     御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページへ