ご相談タイトル:左足の痺れ、麻痺について 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5


山本クリニックhp 山本クリニック携帯モード1 山本クリニック携帯モード2 みちしるべ しごとぶり
脳神経外科相談掲示板 美容形成外科相談掲示板 NEW新規脳神経外科相談掲示板 むかしの相談掲示板
山本クリニックの脳神経外科・神経内科ブログ
エキサイトブログ シーサーブログ1 シーサーブログ2 シーサーブログ3 アメーバブログ gooブログ
脳神経外科1 脳神経外科2 脳神経外科3 脳神経外科4
脳神経外科5 脳神経外科6 脳神経外科7 脳神経外科8
脳神経外科9 脳神経外科10 脳神経外科11 脳神経外科12
脳神経外科13 脳神経外科14 脳神経外科15 脳神経外科16
脳神経外科17 脳神経外科18 脳神経外科19 脳神経外科20




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。



++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「・略・軽度の椎間板ヘルニアと診断されました。」という
御相談者の御相談内容要旨御記載が
大変ひっかります。

「椎間板ヘルニア」は「あるかないか」であって
「重軽」のグラデュエーションではなく「あれば外科的手術」
の必須となる「病態概念」です。

本邦では
腰椎椎間板「ヘルニア」と指摘され手術適応とされた
患者さんの95%は「椎間板ヘルニア」ではないという
「疼痛系の「病態」」でかつては高名な御施設が
研究論文を出されています。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++






#1
##1
「45歳 170cm 71kg 「左足の痺れ、麻痺について」

水源開発調査を行っています。

2001年8月頃より腰に痛みを感じ通院。
その結果、軽度の椎間板ヘルニアと診断されました。

指示としては体重の減量(当時78kg)、
大腿部の筋力強化を指示されました。

その後、座った状態から立つときに軽い痛みはかんじるものの、
激痛というものは感なくなりました。

2005年6月頃、左足に痺れをかんじるようになったので
MRIにて診断を受けましたが、結果は同じ結果・指示を
頂いています。

ここに来た昨年末より、
調査業務中(かなりの距離を歩きます)、
左足が痺れというよりは麻痺に近い状態になり、
歩行が困難になるため10分位休憩、
その後作業を再開、その繰り返しを行っています。

この症状も椎間板ヘルニアの
症状なのでしょうか?
腰の痛みはさほどではありません。


適切な医療機関もないため、
椎間板ヘルニアと信じ、
体のケアをしていかなければなりません。

先生のご意見、
ご指示を賜りたくメールを書かせていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。」
との事です。





#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
本邦では
腰椎椎間板「ヘルニア」と指摘され手術適応とされた
患者さんの95%は「椎間板ヘルニア」ではないという
「疼痛系の「病態」」でかつては高名な御施設が
研究論文を出されています。

##3
「2001年8月頃より腰に痛みを感じ通院。その結果、
軽度の椎間板ヘルニアと診断されました。」
との事です。

##4
「・略・軽度の椎間板ヘルニアと診断されました。」という
御相談者の御相談内容要旨御記載が
大変ひっかります。

##5
「椎間板ヘルニア」は「あるかないか」であって
「重軽」のグラデュエーションではなく「あれば外科的手術」
の必須となる「病態概念」です。







#3
##1
「椎間板ヘルニア」の有無と程度は
間違いのない「臨床神経診断学」にてしっかりと
現れます。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
本当に
「腰椎椎間板ヘルニア」の「画像診断」が
「臨床神経診断学」的に御相談者の「症状・症候」と
一致するものか大いに疑問があります。

##3
本邦で「画像診断」で「椎間板ヘルニア」は
95%は「信用」ができません。






#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
適切な表現が思い浮かばないのですが
「症状・症候」が「腰椎椎間板ヘルニア」の「画像診断」と
完全に一致するものか否か
「お受けもちの先生」に確認されてみては
如何でしょうか。

##3
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##4
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
[2006年2月6日 7時59分35秒]

お名前: 匿名希望   



45歳 170cm 71kg 「左足の痺れ、麻痺について」

水源開発調査を行っています。

2001年8月頃より腰に痛みを感じ通院。
その結果、軽度の椎間板ヘルニアと診断されました。

指示としては体重の減量(当時78kg)、
大腿部の筋力強化を指示されました。

その後、座った状態から立つときに軽い痛みはかんじるものの、
激痛というものは感なくなりました。

2005年6月頃、左足に痺れをかんじるようになったので
MRIにて診断を受けましたが、結果は同じ結果・指示を
頂いています。

ここに来た昨年末より、
調査業務中(かなりの距離を歩きます)、
左足が痺れというよりは麻痺に近い状態になり、
歩行が困難になるため10分位休憩、
その後作業を再開、その繰り返しを行っています。

この症状も椎間板ヘルニアの
症状なのでしょうか?
腰の痛みはさほどではありません。


適切な医療機関もないため、
椎間板ヘルニアと信じ、
体のケアをしていかなければなりません。

先生のご意見、
ご指示を賜りたくメールを書かせていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。


Sunday, February 05, 2006 4:49 PM
[2006年2月5日 16時49分55秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲