ご相談タイトル:骨盤の痛みで質問したものです 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ
お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
宜しかったですね。
#1
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
#2
けれどもさすがに「腹痛です」即ち「「「胃ばけ腹痛(あだ名です)」では
御受診されませんように。
#3
「脳神経外科専門医先生」から「腹痛」は「科目」が違うと
言われてしまいます。


#4
前回の御相談でありました
「それと背骨?(丁度おへその辺り)が、チクッと痛くなることもあります。
(これも以前から時々ありました)
数日間は痛みがなかったのですが、2日前に、吐くほどひどい頭痛で寝込み、
ずっと寝ていたせいなのか、腰痛も伴うようになりました。」


これを「強調」されてくださいませ。

##
前回の御回答下記の通りでした(一部)。
#
「##2
「吐くほどひどい頭痛で寝込み」との事です。
##3
御相談者の御相談内容からは
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」でございます。
##4
そしてこの胃の症状・症候は「胃ばけ(あだ名です)」
という「緊張型」に特有な腹部の症状・症候です。
##5
下痢感のない下痢などもおありではないでしょうか。
##6
「下痢でもないのに出たら下痢、あるいは下痢だと思ったら何もでない
といった御症状」も特徴的であることが御座います。

#2
##1
「緊張型」」では「腹痛」というより「胃痛」が症状・症候
として出現いたします。
##2
この「「胃ばけ腹痛(あだ名です)」は
3つの「タイプ」に分類されます。
##3
###1
胃の切りきり痛む症状・症候でよく「十二指腸炎」と診断されます。
「緊張型」腹痛type1
###2
「臍」の左右が重く痛いもの。
「緊張型」腹痛type2
###3
下腹部の「盲腸の部位の痛み」「恥骨上部の痛み」
「左側の盲腸の反対部位の痛み」
「緊張型」腹痛typ3
でございます。
##4
「再発性反復性上気道感染」と伴って症状・症候が出現するので
「気管支炎性胃腸炎」(あだ名です)と呼称されることも
あります。
##5
御相談者の上記御相談内容からは
###1
「臍」の左右が重く痛いもの。「緊張型」腹痛type2
###2
下腹部の
「盲腸の部位の痛み」「恥骨上部の痛み」「左側の盲腸の反対部位の痛み」
「緊張型」腹痛type3
がおありのようです。

#3
##1
いずれも「機能性頭痛」の患者さんが起こす腹部症状・症候
で時には「救急車騒ぎ」或は「航空機の緊急着陸騒ぎ」も起こします。
##2
「緊張型」の特徴を下記#4に記載いたします。
##3
「機能性頭痛」は「消化器」の症状・症候を起こす
事を御銘記ください。


#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
##1
原因はともかく誘引は、
「水分の足りない状態でいらっしゃり
夜間就眠時に背部を冷やすこと」により発生。
##2
よく「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」「頚椎の疾患」
「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「眼科疾患」「過敏性腸症」
等と間違われます。
##3
「○○ター」など
「H2ブロッカー」で症状・症候は悪化いたします。
##4
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##4
ストレスには弱くなります。
##5
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。

#6結論:
##1
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」で御座います。
##2
「「胃ばけ腹痛(あだ名です)」です。
##3
元来正診断率の大変低い「症状・症候」でございます。
##4
一度御視点を変えられて「肩こり・「緊張型」」が無いか
御確認されてくださいませ。

##5
「数日間は痛みがなかったのですが、2日前に、吐くほどひどい頭痛で寝込み、
ずっと寝ていたせいなのか、腰痛も伴うようになりました。」
との事です。
##6
「頭痛系の疾患」との症状・症候があれば。
##7
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


##8
怖い疾患ではありません。
だから絶対心配されませんように。」



何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年8月29日 11時35分44秒]

お名前: mm   
回答ありがとうございました。
骨盤の左の骨がズキズキ痛んでいるのかと思いましたが
緊張型頭痛に下腹部痛があるのですね・・・。
背中が痛むのも、頭痛のせいなのでしょうか?
昨日は骨盤がすごく痛かったのですが
今はあまり痛くなりません。
やはり頭痛が軽減したから、骨盤の痛みも
改善されたのでしょうか。
骨の腫瘍なども考えて不安になっていました。
近くで脳神経外科の先生を探してみようと思います。

丁寧な回答ありがとうございました。
[2003年8月29日 10時41分22秒]

*     御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲