ご相談タイトル:くも膜下出血(SAH)破裂脳動脈瘤Gr(グレード)3−4 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5


山本クリニックhp 山本クリニック携帯モード1 山本クリニック携帯モード2 みちしるべ しごとぶり
脳神経外科相談掲示板 美容形成外科相談掲示板 NEW新規脳神経外科相談掲示板 むかしの相談掲示板
山本クリニックの脳神経外科・神経内科ブログ
エキサイトブログ シーサーブログ1 シーサーブログ2 シーサーブログ3 アメーバブログ gooブログ
脳神経外科1 脳神経外科2 脳神経外科3 脳神経外科4
脳神経外科5 脳神経外科6 脳神経外科7 脳神経外科8
脳神経外科9 脳神経外科10 脳神経外科11 脳神経外科12
脳神経外科13 脳神経外科14 脳神経外科15 脳神経外科16
脳神経外科17 脳神経外科18 脳神経外科19 脳神経外科20




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。
「先日」とありますが。
「先日」が今現在から「何日」前なのか。
「くも膜下出血(SAH)」の正確な発症日時時刻何時何分何秒
の御記載が止むを得ずもなく「御回答の精度」は低下します。
(「くも膜下出血(SAH)」など脳血管障害の場合は
の事例発作の時刻が1日でも狂うと御回答精度は低下致します。)





-------------------------------
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「破裂脳動脈瘤」で「くも膜下出血(SAH)」
のGr(グレード)=3−4.
「くも膜下出血(SAH)」急性期の状態です。
「破裂脳動脈瘤」には「レベル」はありません。
Gr(グレード)です。

なかなか困難な「病態」です。

「初めの先生は風邪と診断して、体を動かそうとしたりもしました。
よくよくわかったことですが、
初めに風邪と言った先生は、消化器科の人だったそうです。」
=>
「意識障害」の有無と程度は完全昏睡或は半昏睡の
重傷でなければ。「中枢神経系専門医」とりわけ。
「脳神経外科専門医」でなければ「判りません」。
けれどもこのことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。


下記に順を追って御回答致します。
-------------------------------


#1
##1
「こんばんわ
すごく本当に助けたい人がいます。

先日○○歳の女性が倒れました。それが午後1時。
トイレで発見されたのは午後6時頃でその時には意識があり、
気分が悪いと言っていました。
それからすぐ救急車で病院にいきました。

初めの先生は風邪と診断して、体を動かそうとしたりもしました。
よくよくわかったことですが、
初めに風邪と言った先生は、消化器科の人だったそうです。

でもその後、脳神経の先生がみえてCT撮ってもらいました。
くも膜下出血と言われました。
レベルは5段階中の3〜4で、昨日生存率25%といわれました。

昨日の時点では、出血場所がわからず、
今日、25日に心臓に負担のかかる精密検査行いました。

太い血管からの出血だったそうです。
でもいまのところ出血もしていないようで、
出血した血液は脳に吸収されるからそれは大丈夫といわれました。
私達素人には理解できない部分もあります。

ですので、有名な先生を調べ御相談をさせていただきました。

今のところ手術できないそうです。
倒れた本人は話すことはできます。
ただ、同じことを何度もくりかえし話すようです。

後遺症は残るというのは、耳にしたことがありますが、
今の時点で手術ができないものなのか、とても不安です。
1週間か2週間後にまた精密検査するそうです。


くも膜下出血は治るものなのでしょうか?
私達に出来ることはなにがあるのでしょうか?」
との事です。






 
#2
##1
「でもその後、脳神経の先生がみえてCT撮ってもらいました。
くも膜下出血と言われました。
レベルは5段階中の3〜4で、昨日生存率25%といわれました。」
との事です。

##2
「くも膜下出血(SAH)」の急性期患者さんのGr(グレード)
はあります。
けれども「レベル」分類はありません。
因みに「意識障害」には「レベル表記」があります。

##3
「くも膜下出血(SAH)」で
Gr(グレード)=0は「無症候」=「未破裂脳動脈瘤」
Gr(グレード)=1は「意識障害」なく軽微な頭痛など。
Gr(グレード)=2は「意識障害」なく「頭痛・悪心・嘔吐・項部硬直」
のある場合
Gr(グレード)=4は「意識障害」+
麻痺などの「中枢神経系の器質的疾患由来の巣症状(そうしょうじょう)」がある場合
Gr(グレード)=5は「意識障害」は勿論あるが俗にいう昏睡状態であり
生命維持を必要とする(自発呼吸停止+心肺機能停止に近い)
です。





##4
「「でもその後、脳神経の先生がみえてCT撮ってもらいました。
くも膜下出血と言われました。
レベルは5段階中の3〜4で、昨日生存率25%といわれました。」
であれば。
Gr(グレード)3−4は「意識障害」が(+)の
「くも膜下出血(SAH)」であるという意味です。
 
##5
Gr(グレード)1^2であれば「意識障害」はなく
「頭痛・悪心・嘔吐・項部硬直」
の「症状・症候」のみである。

##6
通常「くも膜下出血(SAH)」で
Gr(グレード)5であれば。
「脳神経外科専門医先生」も
「Gr(グレード)5の
「くも膜下出血(SAH)」」=「助からない状態」で
「顔色は変わります」。


 







#3
##1
「くも膜下出血(SAH)」は脳CTでは診断がつきますが
脳MRIでは診断がつきません。
これは脳MRIが「水」と「血液」を鑑別できないからです。

##2
「症状・症候」から
「くも膜下出血(SAH)」を疑えばすぐに脳CTを撮影します。

##3
脳CTで「薄い出血」のときは「くも膜下出血(SAH)」が
判断できないこともあり「症状・症候」が疑わしければ
「腰椎穿刺」で「脳脊髄液検査」で「血性髄液」で診断します。

##4
「昨日の時点では、出血場所がわからず、 
今日、25日に心臓に負担のかかる精密検査行いました。
太い血管からの出血だったそうです。」
=>
脳CTの「くも膜下出血(SAH)」の「画像診断」から
大体どこの「脳動脈瘤」が破裂したか
「脳神経外科専門医」は推測できます。

##5
けれども「開頭手術」+「「脳動脈瘤」クリッピング術」に
向けて「脳動脈瘤」の「大きさ」「形状」そしてクリッピング術
の場合の「脳動脈瘤」の「ネック」の確認のために。
そして
「多発性脳動脈瘤」でそのうち「1個」が「破裂」している
というような事例は多いものです。

##6
「中枢神経系」である「脳」を還流する全ての血管を
「脳血管撮影:cerebral angiography」致します。

##7
この場合左右の「内頚動脈」+
左右の「椎骨動脈;ついこつどうみゃく:VA」
=
「4本の血管」の「脳血管撮影:cerebral angiography」=
「4 vessel study:フオー・ベッセル・スタディ」
を精査致します。







 




#4
##1
「昨日の時点では、出血場所がわからず、
今日、25日に心臓に負担のかかる精密検査行いました。」
は
「4本の血管」の「脳血管撮影:cerebral angiography」=
「4 vessel study:フオー・ベッセル・スタディ」の間に
「再破裂」する可能性を「心臓に負担のかかる精密検査」
とおっしゃられたと考えます。


##2
「太い血管からの出血だったそうです。
でもいまのところ出血もしていないようで、
出血した血液は脳に吸収されるからそれは大丈夫といわれました。
私達素人には理解できない部分もあります。」
=>
単純明快に「脳動脈瘤」は「くも膜下出血(SAH)」を起した後
出血が止まらなければ「即死」です。
また「脳動脈瘤」は「再破裂」の「危険=リスク」を常に
もっています。


##3
「私達素人には理解できない部分もあります。」
=>
「お受けもちの「脳神経外科専門医先生」」が患者さんに
「脳血管撮影:cerebral angiography」を行い
1・「脳動脈瘤」を確認した。
2・「くも膜下出血(SAH)」のみで血腫はなかった。
という意味です。

##4
「くも膜下出血(SAH)」で「脳血管撮影:cerebral angiography」
を施行して「くも膜下出血(SAH)」の「出血点」の「脳動脈瘤」は
診断がついたようです。
 
 
 



 
 
#5
##1
「くも膜下出血(SAH)」でGr(グレード)3−4で
「脳動脈瘤」は
「太い血管」にある。
 
##2
「倒れた本人は話すことはできます。
ただ、同じことを何度もくりかえし話すようです。」
は
「前頭葉の「症状・症候」」+「意識障害」です。
=>##3
 
##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「前方還流系」(「内頚動脈系」)の「脳動脈瘤」であろうと
推察致します。
「前交通動脈脳動脈瘤:ACom:AC」或は
「内頚動脈脳動脈瘤」:IC」でしょう。
 
##4
「くも膜下出血(SAH)」でも「お受けもちの「脳神経外科専門医先生」」も
「急性期手術」は「危険=リスク」ありと「御判断」され。
「待機的手術」を「治療戦略」として判断されたものと考えます。
 
##5
「くも膜下出血(SAH)」の「破裂脳動脈瘤」の
「クリッピング術」の場合には
1・すぐ「クリッピング術」を行う「急性期手術」と
2・「クリッピング術」を「2週間まつ」「待機的手術」
の「治療戦略」があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
#5
##1
「1週間か2週間後にまた精密検査そうです。」
=>
「脳動脈瘤」の「脳血管撮影:cerebral angiography」を
再度繰り返して
「脳血管攣縮:のうけっかんれんしゅく:spasum:スパズム」
の有無と程度
そしてさらに「脳動脈瘤」の形状
を評価されるのでしょう。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「前方還流系」(「内頚動脈系」)の「脳動脈瘤」であろうと
推察致します。
「前交通動脈脳動脈瘤:ACom:AC」或は
「内頚動脈脳動脈瘤」:IC」でしょう。

##3
##2でも「前交通動脈脳動脈瘤:ACom:AC」の場合は
「脳動脈瘤」の「クリッピング術」の「ネック」が
1回の「脳血管撮影:cerebral angiography」では判り辛い
ことがあります。
 

 






#6
##1
脳血管障害で「くも膜下出血(SAH)」の場合。
 
##2
「くも膜下出血(SAH)」をおこしてから10日目に
「脳血管攣縮:のうけっかんれんしゅく:spasum:スパズム」
という「血管が狭窄する」=「血管が細くなる」
「虚血性脳血管障害」の「要素」が必ずやでてきます。
 
##3
「急性期手術」でクリッピング術は成功しても
この「脳血管攣縮:のうけっかんれんしゅく:spasum:スパズム」で
命を失うかたもとても多いのです。
 
##4
「お受けもちの「脳神経外科専門医先生」」は大変に
切れ味よく「治療戦略」をねられていると思います。
 
##5
「初めの先生は風邪と診断して、体を動かそうとしたりもしました。
よくよくわかったことですが、
初めに風邪と言った先生は、消化器科の人だったそうです。」
=>
「意識障害」の有無と程度は完全昏睡或は半昏睡の
重傷でなければ。
「脳神経外科専門医」でなければ「判りません」。
けれどもこのことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

 
 
#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
 
##2
「お受けもちの「脳神経外科専門医先生」」は
今現在の「くも膜下出血(SAH)」の原因である「脳動脈瘤」に対して
「待機的手術」を御考えであると今の私は考えます。
 
##3
「くも膜下出血(SAH)」で
可能性としてGr(グレード)は下がる可能性がある。
Gr(グレード)3−4=Gr(グレード)4
と考えられておかれたほうがよいでしょう。
 
##4
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。
大変に難易度の高い「病態」の「くも膜下出血(SAH)」の状態
であろうと推察致します。
 
##5
「くも膜下出血は治るものなのでしょうか?」
=>
Gr(グレード)に大きく依存致します。
「脳動脈瘤」にクリッピング術が成功して
「脳血管攣縮:のうけっかんれんしゅく:spasum:スパズム」を
のりきれれば。そして肺炎などの合併症がなければ
命はたすかる。
 
##6
「私達に出来ることはなにがあるのでしょうか?」
=>
「くも膜下出血(SAH)」急性期です。
極めて「「危険=リスク」の大きな時期」です。
「脳神経外科専門医先生」以外は何も出来ません。
 
##7
「私達に出来ることはなにがあるのでしょうか?
=>
何もすることはありません。
 
##8
このような御回答しか出来ません。申し訳ございません。
この御回答が何がしかのお役に立てば何よりで御座います。
 
##9
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。
 
 

ps
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「脳動脈瘤」の「部位」は異なる可能性が
ありますが。

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

解離脳動脈瘤の破裂 [2] [2005年 5月 1日 9時17分18秒] 
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/862342843626724.html
もを御参照頂けますか。
 
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。
 
 
 








上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

 
山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1(せたがやく みなみからすやま)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci 
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
[2006年10月26日 12時35分53秒]

お名前: 匿名希望   
こんばんわ
すごく本当に助けたい人がいます。

先日○○歳の女性が倒れました。それが午後1時。
トイレで発見されたのは午後6時頃でその時には意識があり、
気分が悪いと言っていました。
それからすぐ救急車で病院にいきました。

初めの先生は風邪と診断して、体を動かそうとしたりもしました。
よくよくわかったことですが、
初めに風邪と言った先生は、消化器科の人だったそうです。

でもその後、脳神経の先生がみえてCT撮ってもらいました。
くも膜下出血と言われました。
レベルは5段階中の3〜4で、昨日生存率25%といわれました。

昨日の時点では、出血場所がわからず、
今日、25日に心臓に負担のかかる精密検査行いました。

太い血管からの出血だったそうです。
でもいまのところ出血もしていないようで、
出血した血液は脳に吸収されるからそれは大丈夫といわれました。
私達素人には理解できない部分もあります。

ですので、有名な先生を調べ御相談をさせていただきました。

今のところ手術できないそうです。
倒れた本人は話すことはできます。
ただ、同じことを何度もくりかえし話すようです。

後遺症は残るというのは、耳にしたことがありますが、
今の時点で手術ができないものなのか、とても不安です。
1週間か2週間後にまた精密検査するそうです。


くも膜下出血は治るものなのでしょうか?
私達に出来ることはなにがあるのでしょうか?


Wednesday, October 25, 2006 10:53 PM
[2006年10月25日 22時53分49秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲