ご相談タイトル:私は思い込みが激しいので不安です。 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5


山本クリニックhp 山本クリニック携帯モード1 山本クリニック携帯モード2 みちしるべ しごとぶり
脳神経外科相談掲示板 美容形成外科相談掲示板 NEW新規脳神経外科相談掲示板 むかしの相談掲示板
山本クリニックの脳神経外科・神経内科ブログ
エキサイトブログ シーサーブログ1 シーサーブログ2 シーサーブログ3 アメーバブログ gooブログ
脳神経外科1 脳神経外科2 脳神経外科3 脳神経外科4
脳神経外科5 脳神経外科6 脳神経外科7 脳神経外科8
脳神経外科9 脳神経外科10 脳神経外科11 脳神経外科12
脳神経外科13 脳神経外科14 脳神経外科15 脳神経外科16
脳神経外科17 脳神経外科18 脳神経外科19 脳神経外科20




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
大変に御心配のようですね。
御気持ちは大変よく判ります。
けれどもあまり心配ばかりしていては駄目です。




++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

私は
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者は「神経質」というような
センチメンタルな「気質」というよりは。

「不安の種まき」をされる
極めて判りやすくいえば「具体的な強迫」が
あるように
思える。

そして
唯一御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「脳神経外科専門医」から考えて
おぼえておかれたほうがよいことは
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」
を持たれているように
考える。

幸にして「怖い「病態」」ではなく
「症状・症候」も軽いようである。

しっかり治されるためには
「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 
 [2] [2007年 5月 5日 19時 3分20秒] 
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/657075506243022.html
も何卒に御参照頂けますか。


下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++





#1
##1
「こんにちは。私は中学生の女子です。
私は頭の事で悩みがあります。
症状を言います。
半年ぐらい前から頭が陥没してるんですが
(右耳の上のあたり)
骨折するようなことはしてないんです。

陥没した日は陥没した場所がピリピリしてました。
それで陥没したという感じです。

私は神経質なんで、すごい気になってしまいます。
あと半年前ぐらいに奥歯が痛く歯医者に行ったんです。
歯医者には虫歯ではないと言われました。

また痛くなったら来てといわれました。
違う病気の可能性があるといわれました。

私はそれいらい歯医者には行ってません。
歯も時々痛いぐらいです。
それが陥没した原因でしょうか?

私は気になってこの掲示板をみました。
私と同じ陥没した人は異常なしでした。
「大量骨溶解」とかですかね?

私は思い込みが激しいので不安です。
虫に刺されただけで、病気かと思ってしまいます。
最近ろれつが回らない気がします。
あくまでも気です。

先生ぜひお返事下さい。」
との事です。







#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは「6つ」の
「症状・症候」或は「病態」で「御心配」があるようです。
=>##2

##2
1・
「半年ぐらい前から頭が陥没してるんですが
(右耳の上のあたり)
骨折するようなことはしてないんです。」

という「陥没性骨折」或は「頭蓋の変形」に対する
「御心配」=「危惧感」

2・
「陥没した日は陥没した場所がピリピリしてました。
それで陥没したという感じです。」
という
「ビリビリする「感覚障害・知覚障害」」及び/或は
「陥没」との関連性にたいする
「御心配」=「危惧感」

3・
「私は神経質なんで、すごい気になってしまいます。」
という「御自分」の俗にいう「神経質」に対する
「御心配」=「危惧感」

4・
「あと半年前ぐらいに奥歯が痛く歯医者に行ったんです。
歯医者には虫歯ではないと言われました。

また痛くなったら来てといわれました。
違う病気の可能性があるといわれました。」
という
「歯科口腔外科専門医先生」の「御診断」からは
「歯科口腔外科専門医先生」の領域とは異なる
奥歯の「疼痛系の「病態」」に関する
「御心配」=「危惧感」


5・
「4・」から敷衍(ふえん)しての
「他の「病態」」の可能性の
「御心配」=「危惧感」


6・
「頭蓋骨腫瘍」の「ヒスチオサイトーシスX :hystiocytosis X 」
##1
1・「Letter-Siwe病:レッター・シーヴエ病 」
##2
2・「eosinophilic granuroma of bone :好酸性肉芽腫」
##3
3・「Hand-Schuller-Christian病:ハントシューラー・クリスチヤン病 」
などの「可能性の少ない「病態」」
にみられる「多発性頭蓋骨融解」
或は
「多発性骨髄腫:たはつせいこつずいしゅ:multiple myeloma」
などの「可能性の少ない「病態」」
にみられる「多発性頭蓋骨融解」
などの「因果付け」
「多発性骨溶解」による
「御心配」=「危惧感」






#3
##1
「頭蓋骨」の「神経頭蓋」或は「顔面頭蓋」の陥没
は明らかに
頭部X線撮影をおこなえば「判明する「病態」」です。

##2
「頭蓋骨」の「神経頭蓋」或は「顔面頭蓋」の陥没は
「「御自覚症状」ではありえななく」あくまでも
「他覚「症状・症候」」のはずである。
「御自覚症状」になりうるべくも・はずもない。

##3
「1・
「半年ぐらい前から頭が陥没してるんですが
(右耳の上のあたり)
骨折するようなことはしてないんです。」

という「陥没性骨折」或は「頭蓋の変形」に対する
「御心配」=「危惧感」」
の発生に関して
御相談者は「神経質」と仰られているが。

##4
神経質というよりは
根拠のない「不安の種まき」をされていらっしゃり
「強迫観念」がある。

##5
御相談者の御相談内容要旨御記載
「私は思い込みが激しいので不安です。」
よりは
「神経質」というよりは「強迫観念」

##6
但し
御相談者の御相談内容要旨御記載を見渡す限りは
治療を必要とするほどの
「強迫観念」ではない。






#4
##1
#2の##2の「4・」の
「1・
「半年ぐらい前から頭が陥没してるんですが
(右耳の上のあたり)
骨折するようなことはしてないんです。」

という「陥没性骨折」或は「頭蓋の変形」に対する
「御心配」=「危惧感」」
以外は。

##2
私が御相談者の御相談内容要旨御記載から
さまざまな角度から推察しても
いずれも具体性・実存性・はない。

##3
##1
に関しては
私は
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」
という「病態」をお持ちの
可能性はあると思う。

##4
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」は
1・「歯科口腔外科専門医先生」の「治療」を受けられて劇症化する「タイプ」
2・「歯科口腔外科専門医先生」の「治療」を受けられても劇症化しない「タイプ」
の「2タイプ」が御座います。

##5
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)は「頭痛系の疾患」で
「機能性頭痛」でありかつ「複合病態」です。

##6
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」の患者さんには
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「背景「病態」」があります。










#5
##1
多くの場合「別の「歯科口腔外科専門医先生」」「耳鼻科専門医先生」
「神経内科
専門医先生」「脳神経外科専門医先生」と
変遷されることが多くの場合発生するけれども。

##2
不思議なことに「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
の患者さんは「病態把握」が「不能」とされてしまうことが
多いものです。
 
##3
この「病態」が「顔面片頭痛」(「スルーダー」)
或いは「「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
或いは
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
と呼称される「病態」。
 
##4
「Sluder:1908」により始めて報告された「頭蓋顔面痛症候群」
である。

##5
「脳神経外科専門医先生」以外の場合
「三叉神経痛」と実によく間違われます。
 
##6
「発生部位」は
「口腔内」「鼻腔(びくう)」「眼窩」「後方乳様突起」などの
いわゆる「歯科口腔外科専門医先生」或いは「耳鼻科専門医先生」
の「領域」。
 
##7
「圧迫感」或いは「疼痛」として発生するこの「病態」は
「「翼口蓋神経節:よくこうがい神経節:spheno-palatine ganglion」
の「刺激」によると考えられている。
 
##8
刺激の原因としては
「蝶形骨:ちょうけいこつ」或いは「後篩骨洞:こうしこつどう」の
「2次感染」或いは「「鼻腔(びくう)」内変形」が原因のことが
多い。
 







#6
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「あと半年前ぐらいに奥歯が痛く歯医者に行ったんです。
歯医者には虫歯ではないと言われました。

また痛くなったら来てといわれました。
違う病気の可能性があるといわれました。

私はそれいらい歯医者には行ってません。」
で本当に宜しかったです。

##2
御相談者の場合と異なり「歯科口腔外科専門医先生」にて
「抜歯」後を機会に「劇症化」することもあるため
「不用意」な「抜歯」は「御嬢様」のような場合は絶対に
避けねばなりません。
 
##3
御婦人に多く「右側」にも「左側」にも起こりますが
「右側」が「左」の「3倍」
御婦人は殿方の10倍の頻度で発生致します。

##4
男性の場合のほうが
「感覚障害・知覚障害」は「劇症「疼痛系の「病態」」」
に移行しやすいです。
 
##5
正診断率の大変低い「機能性疼痛の「「病態」」」で御座います。
 
##6
幼小児期に「副鼻腔炎」を反復されていたり「反復性上気道感染」
の「御既往」のあるかたに
出現することが多いものです。
 

##7
また
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。










#7
##1
「嗅覚障害」を合併することもしないこともあります。

##2
重要なことは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の背景要因をいずれもの患者さん
がもたれていること。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載のような
「感覚障害・知覚障害」である「違和感」
「圧迫感」(+「不眠」)の後に「劇症疼痛期」がくることが
御座います。
何卒に「ご注意」下さい。
 
##4
「治療戦略」ですが
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
 (「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)
 
##5
場合により
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」も
必要であることが10%くらい御座います。
 

##6
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」に
関しては
「機能性疼痛の「「病態」」」に御強い「脳神経外科専門医先生」或いは
「ペインクリニック専門医先生」を御受診されるのが
宜しいと今の私は考えます。










#8結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
 
##2
御相談者の御相談内容要旨御記載の
「症状・症候」は典型的な
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
で御座います。
 
##3
「圧迫感」+「不眠」の後に「疼痛期」がくることが
御座います。
何卒に「ご注意」下さい。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載からはこの
圧迫を「陥没」と表現されているように思う。
 
##5
「治療戦略」ですが
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)
 
##6
場合により
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」も
必要なことが5−10%御座います。
 

##7
「機能性疼痛の「「病態」」」に御強い「脳神経外科専門医先生」或いは
「ペインクリニック専門医先生」を御受診されるのが
宜しいと今の私は考えます。

##8
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。
全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。

##9
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」などといわれても
全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##10
そして
あまり心配ばかりしていては駄目ですよ。
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
私は御相談者が「神経質」なのではなく
「不安の種まき」をされていらっしゃるように
思う。

##11
あまり心配ばかりしていては駄目です。

ps
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 
 [2] [2007年 5月 5日 19時 3分20秒] 
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/657075506243022.html
も何卒に御参照頂けますか。



上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。








何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2007年5月5日 19時9分8秒]

お名前: 匿名希望   
こんにちは。私は中学生の女子です。
私は頭の事で悩みがあります。
症状を言います。
半年ぐらい前から頭が陥没してるんですが
(右耳の上のあたり)
骨折するようなことはしてないんです。

陥没した日は陥没した場所がピリピリしてました。
それで陥没したという感じです。

私は神経質なんで、すごい気になってしまいます。
あと半年前ぐらいに奥歯が痛く歯医者に行ったんです。
歯医者には虫歯ではないと言われました。

また痛くなったら来てといわれました。
違う病気の可能性があるといわれました。

私はそれいらい歯医者には行ってません。
歯も時々痛いぐらいです。
それが陥没した原因でしょうか?

私は気になってこの掲示板をみました。
私と同じ陥没した人は異常なしでした。
「大量骨溶解」とかですかね?

私は思い込みが激しいので不安です。
虫に刺されただけで、病気かと思ってしまいます。
最近ろれつが回らない気がします。
あくまでも気です。

先生ぜひお返事下さい。
Tuesday, May 01, 2007 5:32 PM
[2007年5月1日 17時32分7秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲