ご相談タイトル:グリオーマGr4が1月前に手術そして再発 2 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5


山本クリニックhp 山本クリニック携帯モード1 山本クリニック携帯モード2 みちしるべ しごとぶり
脳神経外科相談掲示板 美容形成外科相談掲示板 NEW新規脳神経外科相談掲示板 むかしの相談掲示板
山本クリニックの脳神経外科・神経内科ブログ
エキサイトブログ シーサーブログ1 シーサーブログ2 シーサーブログ3 アメーバブログ gooブログ
脳神経外科1 脳神経外科2 脳神経外科3 脳神経外科4
脳神経外科5 脳神経外科6 脳神経外科7 脳神経外科8
脳神経外科9 脳神経外科10 脳神経外科11 脳神経外科12
脳神経外科13 脳神経外科14 脳神経外科15 脳神経外科16
脳神経外科17 脳神経外科18 脳神経外科19 脳神経外科20




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。
けれどもこれは困りましたね。



++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

第1回目の手術の際の「組織病理」 から
「glioblastoma multiforme:多型性神経膠芽腫:たけいせいしんけいこうがしゅ」
という最初の「神経病理組織学的診断」から。

「骨肉腫:osteosarcoma」に転じる。

このような話は聞いた事がない。

御相談者が「又聞き」であるための
「不確定要素」も鑑み
可能な限りで御回答致します。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++








#1
##1
「先日グリオーマGR4に関してメールしたものです 
ありがとうございました。

せんじつ家族が担当医と話をしました(私はそこに行けませんでしたが)

術後1ヶ月で腫瘍が元の大きさに戻っているようです。
あまりの放射線の効果のなさに もう一度病理に再検査を頼んだようです

 結果はグリオーマではなく骨肉腫といわれました 

ただ脳の内部に起因する骨肉腫は
ほとんど事例がないとも言われたそうです。

もしこの点において何か知識をお持ちのようでしたら
教えていただければ幸いです

家族の述べるにはこのばあいの骨肉腫は
グリオーマより最悪とのこと 
又聞き故にはっきり理解できないのが残念です。」
との事です。







#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
 
##2
これはまた「訳のわからない」話です。
 
##3
「術後1ヶ月で腫瘍が元の大きさに戻っているようです。
あまりの放射線の効果のなさに もう一度病理に
再検査を頼んだようです 結果はグリオーマではなく骨肉腫といわれました」
との事です。
 
##4
通常は「ありえない」「「病理組織検査診断」の推移です。
 
 
 
 
 
#3
##1
「glioma(グリオーマ)」を診断する「神経病理学診断」の際には
さまざまな「glioma(グリオーマ)」の「組織病理」 の
特有な染色法があり必須です。
 
##2
「GFAP染色:glial fibric acidic protein染色」
「s-100(エス・ハンドレッド)染色」
その他です。
 
##3
「glioma(グリオーマ)」しかも
「glioblastoma multiforme:多型性神経膠芽腫:たけいせいしんけいこうがしゅ」
と。
「骨肉腫:osteosarcoma」との。
「神経病理組織学的診断」とは「海と山」の相違程」以上
のものがあります。
 
##4
「お受けもちの先生」が
「あまりの放射線の効果のなさに もう一度病理に 
再検査を頼んだようです
「 結果はグリオーマではなく骨肉腫といわれました 」
で済む問題ではない。
 
##5
もしも「骨肉腫:osteosarcoma」であるのであれば
「転移性脳腫瘍」と考えるのが妥当であり
「骨肉腫:osteosarcoma」の原発巣を探索するほうが
よほど「まとも」です。
 
 
 
 
 
 
 
#4
##1
「家族の述べるには 
このばあいの骨肉腫はグリオーマより最悪とのこと 
又聞き故にはっきり理解できないのが残念です。」
との事です。
 
##2
本当に御相談者が「又聞き」でなければ
理解に苦しむ
「神経病理組織学的診断」の「変遷」です。
 
##3
「ただ脳の内部に起因する骨肉腫はほとんど事例がないとも言われたそうです。」
との事です。
 
##4
適切な表現が思い浮かばないのですが
このようなことはありません。
 
##5
私は1981か1982か1983か忘れましたが。

##6
「glioblastoma multiforme:多型性神経膠芽腫:たけいせいしんけいこうがしゅ」
の患者さんが「手術」+化学療法+放射線療法という「3本柱」の
「集学的治療:multi-disciplinary therapy」の後。
 
 
「glioma(グリオーマ)」の
インターフエロン治療を経て「再発」後の
「神経病理組織学的診断」で
「glioblastoma multiforme:多型性神経膠芽腫:たけいせいしんけいこうがしゅ」が
「骨肉腫:osteosarcoma」に変化した事例の「症例報告」の
論文を発表しています。
 
多分「本邦初の論文」です。
 
##6
けれどもこの場合「あくまでも」間違いなく
最初の
「神経病理組織学的診断」は。
間違いなく
「glioblastoma multiforme:多型性神経膠芽腫:たけいせいしんけいこうがしゅ」
でした。
 
 
 
 
 
 
#5
##1
この後世界的に「何例かの」
「glioblastoma multiforme:多型性神経膠芽腫:たけいせいしんけいこうがしゅ」
の「骨肉腫:osteosarcoma」への変化の報告があったと思います。

##2
このような事例は
「極めて稀な「病態」で御座います」。
 
##3
けれども最初の「神経病理組織学的診断」
で
「glioblastoma multiforme:多型性神経膠芽腫:たけいせいしんけいこうがしゅ」
と診断され
その後
「骨肉腫:osteosarcoma」というのは。

##4
「脳腫瘍専門医」(この名称の専門医はありません)
として聞いた事が有りません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
#6結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
 
##2
御相談者が「又聞き」である故に
実際は「違う状況」である可能性は多分に御座います。
 
##3
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
 
 
##4
けれども
「術後1ヶ月で腫瘍が元の大きさに戻っているようです。 
あまりの放射線の効果のなさに もう一度病理に
 再検査を頼んだようです 
結果はグリオーマではなく骨肉腫といわれました」
という
事例は聞いた事がありません。
 
 
##5
御相談者が「又聞き」である故に
実際は「違う状況」である可能性は多分に御座います。
 
##6
的外れなことを申し上げたかもしれません。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。 
 
 
 
 
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。
 
 
 




上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。







何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。







何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
 
 
山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci 
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
 
 


補足:前回の御回答は下記の通りでございました(一部)(+++「ごらんくださいませ★★★」以下)。

++「ごらんくださいませ★★★」++++++++++++++++++++++++

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。



++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「御父様」は50歳。
そして「glioma(グリオーマ):神経膠腫:しんけいこうしゅ」
のGr(グレード)4
である。

「glioblastoma multiforme:多型性神経膠芽腫:
たけいせいしんけいこうがしゅ」
という
「glioma(グリオーマ)」の中でも
最悪性の「glioma(グリオーマ)」です。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++




#1
##1
「回答していただけたら嬉しく思います
 
 
初めて相談します 
50代の父が脳腫瘍と診断され1月前手術を受けました。

グリオーマGr4と診断され 現在放射線治療中です 
化学療法は勧められていません。
またそのとき家族は余命宣告も受けています

近日CTをとったところ 再発の兆候が見られました。
先生はもう一度手術の可能性を示唆されていますが 
それは可能でしょうか。
先生のお話を見てる限り2回目の手術はリスクが高そうです。

先生が手術をもう一度といわれるのはおそらく
切迫した状況にあるのかも知れませんが
その点どう思われますか。

またもしこの手術を行うことで
どのくらい余命をのばせれるのでしょうか。

私としては1月のびるだけならこれ以上辛い手術は
受けて欲しくありません。

先生の判断をお聞かせ下さい。

述べにくいことかも知れませんがこ
のような場合どのような形で命の最後が訪れるのか
お教え下されば心の準備を行えるのですが
はなせる範囲で教えて下さい。」
との事です。










#2
##1
「50代の父が脳腫瘍と診断され1月前手術を受けました。

グリオーマGr4と診断され 現在放射線治療中です 
化学療法は勧められていません。
またそのとき家族は余命宣告も受けています

近日CTをとったところ 再発の兆候が見られました。
先生はもう一度手術の可能性を示唆されていますが 
それは可能でしょうか。」
との事です。

##2
「生長解析:せいちょうかいせき:growth kinetics」
という
「glioma(グリオーマ)」の「治療戦略」に関する
学問が御座います。

##3
「glioma(グリオーマ)」のGr(グレード)4=
「glioblastoma multiforme:多型性神経膠芽腫:
たけいせいしんけいこうがしゅ」
の場合。

##4
「手術」にて「3log kill=スリーログ・キル」=99・9%摘出
したとしても

##5
即ち99・9%摘出できたとしても。
0.1%腫瘍が残っていても摘出手術後「80日間」で
「「gliblastoma(グリオブラスとーマ):神経膠芽腫」は元の
「おおきさ」に戻ります(T.Hoshinoら:1973)。

##6
##5のために「手術」+化学療法+放射線療法という
「3本柱」が「glioma(グリオーマ)」の「治療戦略」として
必要。
即ち
「集学的治療:multi-disciplinary therapy」が必要になります。








#3
##1
「グリオーマGr4と診断され 現在放射線治療中です 
化学療法は勧められていません。
またそのとき家族は余命宣告も受けています

近日CTをとったところ 再発の兆候が見られました。
先生はもう一度手術の可能性を示唆されていますが 
それは可能でしょうか。
先生のお話を見てる限り2回目の手術はリスクが高そうです。」
との事です。

##2
「glioma(グリオーマ)」Gr(グレード)4の「治療戦略」
をしっかりとろうとするのであれば。

##3
「脳神経外科専門医先生」である「お受けもちの先生」は
「手術」+化学療法+放射線療法という
「3本柱」が「glioma(グリオーマ)」の「治療戦略」として必要
であるはずの「化学療法」が施行されていない
ことが不思議です。

##4
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##5
けれども
カリフオルニア大學脳神経外科教授
の星野 孝夫 先生の
「成長解析:せいちょうかいせき:growth kinetics」からの
世界的に有名な1973の。


##6
「手術」にて「3log kill=スリーログ・キル」=99・9%摘出
の「理論」は
「脳神経外科専門医先生」であればご存知のはずである。

##7
「手術」+化学療法+放射線療法という「3本柱」が
「glioma(グリオーマ)」の「治療戦略」として必要であることも
御存知のはずです。

##8
この最悪性のGr(グレード)4「glioma(グリオーマ)」に
対して「抗がん剤」=「化学療法剤」を用いられなかった
理由が判りかねます。

不思議です。








#4
##1
「先生が手術をもう一度といわれるのはおそらく
切迫した状況にあるのかも知れませんが
その点どう思われますか。」
との事です。

##2
「glioma(グリオーマ)」Gr(グレード)4の
「malignant glioma:悪性グリオーマ」とりわけ
「glioblastoma multiforme:多型性神経膠芽腫:
たけいせいしんけいこうがしゅ」
の増殖能力は破格のものがあります。

##3
けれども
「glioblastoma multiforme:多型性神経膠芽腫:
たけいせいしんけいこうがしゅ」
でも
今現在「5年生存率」は23.5%である。

##4
「1月」に手術。そして「3ヶ月」して手術は
「速すぎる」。

##5
「脳神経外科専門医先生」でも
「glioma(グリオーマ)」は全く専門外の先生もいます。
脳血管障害を専門とされる先生の中ににときたまいらっしゃいます。

##6
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
けれども
単刀直入に
「glioma(グリオーマ)」が御専門か脳血管障害が専門なのか
お尋ねされては如何でしょうか。






#5
##1
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」
グリオブラストーマについて [2] [2004年 8月10日 10時 8分58秒] 
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/729221851638616.html
の「御相談と御解答」
をコピー致します=>「ごらんくださいませ」

##2
御参考になれば何よりです。











#6結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「私としては1月のびるだけならこれ以上辛い手術は
受けて欲しくありません。

先生の判断をお聞かせ下さい。」
との事です。
=>
「お受けもちの先生」が「脳腫瘍」に専門でいらっしゃるのであれば
手術はされたほうが宜しいです。
そして
「お受けもちの先生」が「脳腫瘍」専門ではなかった場合
なのですが
この場合は全く私も「良い考え」は浮びません。


##3
「述べにくいことかも知れませんがこ
のような場合どのような形で命の最後が訪れるのか
お教え下されば心の準備を行えるのですが
はなせる範囲で教えて下さい。」
との事です。
=>
「glioma(グリオーマ)」Gr(グレード)4の
患者さんは「自ら頑張られ周りの人間が御本人が神々しくみえる
ようにして」
最後を迎えられるように今の私は考えます。

##4
「御家族」の皆様も
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

##5
このような御回答しか出来ません。申し訳ございません。
この御回答が何がしかのお役に立てば何よりで御座います。









上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。







何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



++「ごらんくださいませ」++++++++++++++++++++++++++++++





ご心配なことと存じます。
これはお大変でしたね。






#1
##1
「はじめて相談させていただきます。
患者は、私の姑で、71才、女性です。
5月くらいから足のふらつきがあり、
最初は年のせいかと思っていたものの
だんだんひどくなるので、7月初旬に
脳のCTをとったところ、即入院。
脳腫瘍との診断を受けました。
カテーテル検査の後、私たちに
”悪性の可能性が強い”といわれ
手術後、小脳にグリオブラストーマという腫瘍があり
脳腫瘍の中でも最悪の腫瘍です。
との診断をされました。

一年後生存率、50%、とはいえ、これもかなり厳しいと
言われました。

相談したいのは、
旅行が大好きだった母を、家族みんなでもう一度
どこかに連れて行ってあげたいのですが
担当医は、今月いっぱい放射線治療をしたら退院なので
その直後が一番安定しているはず。
そのあとは、たぶん下降線になると思う。
安定しているときに是非連れて行ってあげて。
とのことでした。

放射線が昨日からなので、まだ何も症状が出ていないのですが
5日後くらいから吐き気等、出てくるようですが、
そういう症状は、放射線をやらなくなって
何日後くらいになくなるものなのでしょうか?

それから、医師のいう、しばらく安定している、
という期間は、おおよそ、どのくらいなのでしょうか?

ただただ長くなり、情報がうまく伝わったかわかりませんが
よろしくお願いします。」
との事です。




#2
##1
「悪性脳腫瘍」である
「glioma(グリオーマ)」には「病理組織学的分類」なのですが
「Gr(グレード)」 1−4という「悪性度」の分類が御座います。

##2
「glioma(グリオーマ)」でもGr(グレード)1・2を
「low grade glioma:ロウ・グレード・グリオーマ」或は
あまりよい呼称ではないのですが
「benign glioma:良性グリオーマ」とも呼称されます。

##3
「glioma(グリオーマ)」でもGr(グレード)3・4のものを
「high grade glioma:ハイ・グレード・グリオーマ」と
呼称致します。

##3
「「gliblastoma(グリオブラスとーマ):神経膠芽腫」とは
この「high grade glioma:ハイ・グレード・グリオーマ」の中でも
最悪性の
「Gr(グレード)4」のもので御座います。

##4
「神経病理学的」には「「gliblastoma(グリオブラスとーマ):神経膠芽腫」
は正確には
「glioblastoma multiforme:多型性神経膠芽腫:たけいせいしんけいこうがしゅ」
と呼称致します。

##4
「成長解析」という「悪性腫瘍」の「治療戦略」の学問がありますが
「「gliblastoma(グリオブラスとーマ):神経膠芽腫」の場合。

##5
「手術」にて「3log kill=スリーログ・キル」=99・9%摘出
しても

##6
=0.1%腫瘍が残っていても「80日間」で
「「gliblastoma(グリオブラスとーマ):神経膠芽腫」は元の
「おおきさ」に戻ります(T.Hoshinoら)。

##7
##6のために「手術」+化学療法+放射線療法という
「集学的治療:multi-disciplinary therapy」が必要になります。





#3
##1
「一年後生存率、50%、とはいえ、これもかなり厳しいと
言われました。」との
「お受けもちの先生」の御言葉も
#2のような「観点」からです。

##2
お母様の年齢は「71才、女性です。」との事ですから
すでに「高齢」で御座います。

##3
「1歳」のお子様の「生存率」とは
「生命表:life table」からして既に異なるわけです。

##4
##3のような「生命表:life table」からみて
計算しなおした「生存率」を「相対生存率:そうたいせいぞんりつ」
と呼称して「悪性脳腫瘍」の「生存率」として予後の指標に用います。

##4
「「gliblastoma(グリオブラスとーマ):神経膠芽腫」の場合
「相対生存率:そうたいせいぞんりつ」で
「1年生存率」は確かに「50%」くらいです。





#4
##1
「旅行が大好きだった母を、家族みんなでもう一度
どこかに連れて行ってあげたいのですが
担当医は、今月いっぱい放射線治療をしたら退院なので
その直後が一番安定しているはず。
そのあとは、たぶん下降線になると思う。
安定しているときに是非連れて行ってあげて。
とのことでした。」
との事です。

##2
切れ味鋭い立派な「脳神経外科専門医」の「お受けもちの先生」を
もたれて本当に宜しかったです。

##3
本当にご退院直後が「最も安定されていらっしゃる」
と今の私は考えます。



#5
##1
「放射線が昨日からなので、まだ何も症状が出ていないのですが
5日後くらいから吐き気等、出てくるようですが、
そういう症状は、放射線をやらなくなって
何日後くらいになくなるものなのでしょうか?」
との事です。

##2
「放射線治療」は週5日間毎日施行し通常であれば
毎日「2Gy(グレイ)」
という「吸収線量」を照射いたします。

##3
お母様の場合「累積線量」で60Gy(グレイ)か40Gy(グレイ)を
照射されるでしょうから

##4
60Gy(グレイ)の場合6週間40Gy(グレイ)の場合で4週間で
「放射線治療」は修了されるはずです。

##5
「放射線治療」による「放射線宿酔:ほうしゃせんしゅくすい」が
最も強くなるのは2週目ー3週目ボーダーです。

##6
「放射線治療」終了後に「放射線宿酔:ほうしゃせんしゅくすい」が
残ることはありえません。

##7
因みに
頭蓋骨の「骨髄」は5%くらいですから「放射線治療」による
骨髄抑制を心配される必要は御座いません。

##8
「化学療法」を施行された場合は(必要なのですが)
骨髄抑制は来たしえますが回復されえるはずです。




#6
##1
「それから、医師のいう、しばらく安定している、
という期間は、おおよそ、どのくらいなのでしょうか?」
との事です。

##2
先ほど「生長解析:cell kinetics:せいちょうかいせき」のところで
「80日」という数字をお出しいたしました。

##3
この「80日」が安定している期間とお考えいただけますか。

##4
勿論「ご退院」のあと「不安定」=
「「gliblastoma(グリオブラスとーマ):神経膠芽腫」が再増殖を
はじめても。

##5
「放射線治療」の追加と「化学療法」の追加などの
「集学的治療:multi-disciplinary therapy」にて
しのげることはしのげます。




#7結論:
##1
「「gliblastoma(グリオブラスとーマ):神経膠芽腫」は
高齢者に多い[脳腫瘍]の「3つ」のなかの「一種」で
御座います。

##2
「旅行が大好きだった母を、家族みんなでもう一度
どこかに連れて行ってあげたいのですが
担当医は、今月いっぱい放射線治療をしたら退院なので
その直後が一番安定しているはず。
そのあとは、たぶん下降線になると思う。
安定しているときに是非連れて行ってあげて。
とのことでした。」
との判断をされる「お受けもちの先生」は
大変切れ味鋭い御優秀な「脳神経外科専門医先生」で
いらっしゃると今の私は考えます。

##3
「「gliblastoma(グリオブラスとーマ):神経膠芽腫」
などに負けずに
お母様もご家族も頑張られて下さいますように。

##4
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。







上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年8月10日 10時8分58秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 嫁    
はじめて相談させていただきます。
患者は、私の姑で、71才、女性です。
5月くらいから足のふらつきがあり、
最初は年のせいかと思っていたものの
だんだんひどくなるので、7月初旬に
脳のCTをとったところ、即入院。
脳腫瘍との診断を受けました。
カテーテル検査の後、私たちに
”悪性の可能性が強い”といわれ
手術後、小脳にグリオブラストーマという腫瘍があり
脳腫瘍の中でも最悪の腫瘍です。
との診断をされました。

一年後生存率、50%、とはいえ、これもかなり厳しいと
言われました。

相談したいのは、
旅行が大好きだった母を、家族みんなでもう一度
どこかに連れて行ってあげたいのですが
担当医は、今月いっぱい放射線治療をしたら退院なので
その直後が一番安定しているはず。
そのあとは、たぶん下降線になると思う。
安定しているときに是非連れて行ってあげて。
とのことでした。

放射線が昨日からなので、まだ何も症状が出ていないのですが
5日後くらいから吐き気等、出てくるようですが、
そういう症状は、放射線をやらなくなって
何日後くらいになくなるものなのでしょうか?

それから、医師のいう、しばらく安定している、
という期間は、おおよそ、どのくらいなのでしょうか?

ただただ長くなり、情報がうまく伝わったかわかりませんが
よろしくお願いします。

[2004年8月10日 9時14分0秒]



「ごらん下さいませおわり」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年4月6日 16時7分11秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望    

回答していただけたら嬉しく思います
 
 
初めて相談します 
50代の父が脳腫瘍と診断され1月前手術を受けました。

グリオーマGr4と診断され 現在放射線治療中です 
化学療法は勧められていません。
またそのとき家族は余命宣告も受けています

近日CTをとったところ 再発の兆候が見られました。
先生はもう一度手術の可能性を示唆されていますが 
それは可能でしょうか。
先生のお話を見てる限り2回目の手術はリスクが高そうです。

先生が手術をもう一度といわれるのはおそらく
切迫した状況にあるのかも知れませんが
その点どう思われますか。

またもしこの手術を行うことで
どのくらい余命をのばせれるのでしょうか。

私としては1月のびるだけならこれ以上辛い手術は
受けて欲しくありません。

先生の判断をお聞かせ下さい。

述べにくいことかも知れませんがこ
のような場合どのような形で命の最後が訪れるのか
お教え下されば心の準備を行えるのですが
はなせる範囲で教えて下さい。

Thursday, April 06, 2006 1:30 PM

[2006年4月6日 13時30分49秒]







「ごらん下さいませおわりおわり★★★」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2006年4月8日 19時49分21秒]

お名前: 匿名希望   



先日グリオーマGR4に関してメールしたものです 
ありがとうございました。

せんじつ家族が担当医と話をしました(私はそこに行けませんでしたが)

術後1ヶ月で腫瘍が元の大きさに戻っているようです。
あまりの放射線の効果のなさに もう一度病理に再検査を頼んだようです

 結果はグリオーマではなく骨肉腫といわれました 

ただ脳の内部に起因する骨肉腫は
ほとんど事例がないとも言われたそうです。

もしこの点において何か知識をお持ちのようでしたら
教えていただければ幸いです

家族の述べるにはこのばあいの骨肉腫は
グリオーマより最悪とのこと 
又聞き故にはっきり理解できないのが残念です。



Friday, April 07, 2006 7:17 PM
[2006年4月7日 19時17分36秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲