ご相談タイトル:脳挫傷ごの継時的変化 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭    URL
これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


「脳挫傷」の今現在の「症状・症候」の判定
そして機能予後あるいは「予後」の推察にあたっては
年齢は「極めて重要な因子」となります。
1・年齢の御記載が無く御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。
 

#1
##1
「弟が8月20日に交通事故に遭いました。
外傷は左のおでこのところにあり、始めは
出血が増えるようなら、開頭もといわれましたが
大丈夫でした。

4日後、集中治療室も出て、次の日には、家族の顔もわかり
25日には「のどがかわいた。はらへった。」
といい家族も一安心したのですが、
その後、家族の顔がわかるときとそうでない時があり、いうことも
意味が通じなかったり、ということがあり心配です。


状態がいい時は、ノートに「かんがえるとこうなる」と
書いてぐちゃぐちゃを書いたり筆談は
比較的うまくいくときもあります。
ご飯は、めちゃくちゃながら自分で食べます。
リハビリも始まり、歩くのですがまだ
支えられてやっとという感じです。
 
トイレはタイミングが合えば行けますが、自分の意思でというと・・
わかりません


このような状態で家族みんなで心配しています。」
との事です。




 
#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
 
##2
「弟様」が「頭部外傷」にて
「左前頭部打撲」にて「脳神経外科専門医」の
「お受けもちの先生」から。
 
##3
「「いわゆる「挫傷脳」」」である。
出血が増えるようなら、開頭もといわれました。」
は極めて妥当な御判断で御座います。
 
##4
「いわゆる「挫傷脳」」で「弟様」のような事例では
「開頭手術」等にいたることはまず無い。

##5
「「急性硬膜下血腫:acute subdural hematoma:aSDH]
ではありませんから。
「開頭手術」等にいたることはまずありません。
 





#3
##1
「外傷は左のおでこのところにあり、始めは 
出血が増えるようなら、開頭もといわれましたが
大丈夫でした。」との事です。
 
##2
御相談者の御相談内容要旨御記載どおりからは。
「脳挫傷」或は「両側脳挫傷」は
「頭部外傷」の「外力」の加わった直下=前頭部の直下
の「coup injury:クー外傷」で「前頭葉」に「脳挫傷」が
あるものと「素直に考えれば」考えられます。
 
##3
けれども「頭部外傷」の時点で頭部は「回転」或は
「剪断「外力」」(説明・略・)その他による「外力」を受けます。

##4
だから「「傷痕」のない「「後頭部打撲」があったかもしれない。
=>
この場合は「contre-coup injyury:コントラ・クー外傷」
ということにになります。
 
 
 
#3
##1
「出血が増えるようなら、開頭もといわれましたが 
大丈夫でした。」
=>
宜しかったです。
 
##2
「4日後、集中治療室も出て、次の日には、家族の顔もわかり 
25日には「のどがかわいた。はらへった。」といい家族も一安心したの
ですが」
との事です。
 
##3
##2は「極めて極めて広い意味」での
「意識清明期:lucid nterval:LI:ルシッド・インターバル」の
「病態」出御座います。
 
##4
「極めて極めて広い意味」です。
 
##5
「受傷後」「4日目」「まあまあ」な反応で「御家族」は
ひと安心されたと存じます。
 
##6
けれども「時間差」をおいてから「おかしくなってこられた」。
 
 
 
 
#4
##1
「その後、家族の顔がわかるときとそうでない時があり、いうことも 
意味が通じなかったり、ということがあり心配です。
状態がいい時は、ノートに「かんがえるとこうなる」
と書いてぐちゃぐちゃを書いたり
筆談は比較的うまくいくときもあります。」
との事です。
 
##2
今現在「弟様」は「外傷後」の
「譫妄状態:せんぼうじょうたい:delirium:デリリウム」
という「御状態」。
 
##3
ここで「いわゆる「挫傷脳」」後の
「譫妄状態:せんぼうじょうたい:delirium:デリリウム」は
「年齢」により。
 
##4
回復の「継時的変化」及び「程度」が大幅に異なります。
 
##5
「リハビリテーション専門医先生」 及び 
「及びリハビリテーション技師先生」
が今現在は大活躍する時期です。
 
 
 
 
 
#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
 
##2
「脳挫傷」からの回復は年齢が「若いほど」良好である
傾向が御座います。
 
##3
「8月20日」とすれば本日で今だ「17日」しか経過しておりません。

##4
この「期間」は「頭部外傷」とりわけ「脳挫傷」の
「範疇(はんちゅう)」では「まだまだ短時間」です。
 
##5
まだまだ「御家族」は御心配でしょうが。
 
##5
「弟様」が「日増しに」回復されてくるには更なる時間が必要です。
 
##6
けれども
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
この「時間」は「御家族」が御考えになるほどの
「長期間」はさほど必要としないと今の私は考えます。
 
##7
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。
 
 
 
 
上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。
 
 
 
 
 
 
 
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
 
 
 
 
 
 
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
 
 
 
 
 
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。
[2005年9月7日 20時14分21秒]

お名前: 匿名希望   


弟が8月20日に交通事故に遭いました。
外傷は左のおでこのところにあり、始めは
出血が増えるようなら、開頭もといわれましたが
大丈夫でした。

4日後、集中治療室も出て、次の日には、家族の顔もわかり
25日には「のどがかわいた。はらへった。」
といい家族も一安心したのですが、
その後、家族の顔がわかるときとそうでない時があり、いうことも
意味が通じなかったり、ということがあり心配です。


状態がいい時は、ノートに「かんがえるとこうなる」と
書いてぐちゃぐちゃを書いたり筆談は
比較的うまくいくときもあります。
ご飯は、めちゃくちゃながら自分で食べます。
リハビリも始まり、歩くのですがまだ
支えられてやっとという感じです。
 
トイレはタイミングが合えば行けますが、自分の意思でというと・・
わかりません


このような状態で家族みんなで心配しています。
Wednesday, September 07, 2005 7:56 AM
[2005年9月7日 7時56分59秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲