ご相談タイトル:右顔面神経麻痺で受診。頭蓋と大脳・脳室の変形の脳MRI 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5


山本クリニックhp 山本クリニック携帯モード1 山本クリニック携帯モード2 みちしるべ しごとぶり
脳神経外科相談掲示板 美容形成外科相談掲示板 NEW新規脳神経外科相談掲示板 むかしの相談掲示板
山本クリニックの脳神経外科・神経内科ブログ
エキサイトブログ シーサーブログ1 シーサーブログ2 シーサーブログ3 アメーバブログ gooブログ
脳神経外科1 脳神経外科2 脳神経外科3 脳神経外科4
脳神経外科5 脳神経外科6 脳神経外科7 脳神経外科8
脳神経外科9 脳神経外科10 脳神経外科11 脳神経外科12
脳神経外科13 脳神経外科14 脳神経外科15 脳神経外科16
脳神経外科17 脳神経外科18 脳神経外科19 脳神経外科20




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
御心配でしょう。御気持ちは大変よく判ります。





++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

5年前の「右末梢性顔面神経麻痺」に
際して得られた「脳MRI画像所見」は
1・「右脳の形が崩れている」
2・「脳室が異様な形をして広く、押された右脳が萎縮」
の「1・」+「2・」の二つの「画像所見」が得られているようです。

「中枢神経系先天奇形:CNS-anomary」は
それなりに「明確」
なものであり
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
この「脳MRI画像所見」は
「奇形:malformation:マルフオーメイション」
と判断するには無理がある。

よって
御相談者の「脳MRI画像所見」から
派生する
「アルツハイマー痴呆」などの「「中枢神経系神経細胞障害」
の危険因子を論ずる必然性はありません。

あまりご心配されなくても宜しいのではないでしょうか。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++







#1
##1
「現在30代女性、会社員です。
はじめまして

ネットで脳神経外科ホームページを拝見しました。

そこで質問があるのですが。
私は5年ほど前に右の顔面神経麻痺を患ってMRIをとったところ、
右脳の形が崩れていることに気付きました。
脳室が異様な形をして広く、押された右脳が萎縮していま
す。

一件目では「すぐに入院して脊髄の検査を」と言われましたが、
二件目(○○大学付属病院)では筆記などの簡易テストを受けた結果、
「頭蓋骨から歪んでいるのでお腹の中にいた頃にダメージを受けたものだろう」
と言われ、そのまま顔面神経麻痺の治療だけをし、無事に過ごしております。

実は1年毎くらいに念のための検査をしていきましょう、
とは言われたものの、行っていません。
(顔面神経麻痺の方は完全ではなく、右が少し落ちて歪んでいますが、
ビタミンBなどを頂いて、とりあえず治りました)

最近気付いたのですが、頭に血が昇るといつも鼻が痛くなってくしゃみが出ます。
(ベッドの下のものをとろうと下を向いたりした際や、トイレで力んだりした際な
ど)、その際、時折ですが、
「ザザーッ」と頭の中で音がします。すごく疲れた際に喋っていると首が揺れている、
と言われます。
こういう症状って心配はないのでしょうか?

血圧が高い、更年期障害とか、そういうことならいいのですが・・・

心理学で大学を卒業しているのですが、
こういう脳の奇形はアルツハイマーにもなりやすいと聞きました。
正直不安があるのですが…。

何かアドバイスをいただけたら幸いです。
宜しくお願い致します。」
との事です。








#2
##1
これは考え込めばさぞかしにご心配でしょう。
「たまさか「末梢性顔面神経麻痺」で脳MRIを撮影
されたところ
出産時の「頭部変形」から「中枢神経系」の「変形」が発見
された事例」
と解釈致します。


##2
「私は5年ほど前に右の顔面神経麻痺を患ってMRIをとったところ、
右脳の形が崩れていることに気付きました。
脳室が異様な形をして広く、押された右脳が萎縮していま
す。」
との事です。
=>##3

##3
今現在
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
脳MRIからは
1・「右脳の形が崩れている」
2・「脳室が異様な形をして広く、押された右脳が萎縮」
の「1・」+「2・」の二つの「画像所見」が得られているようです。

##4
##1−##3で「脳」とは「大脳」を意味している
と仮定させて頂きます。






#3
##1
「一件目では「すぐに入院して脊髄の検査を」と言われましたが、」
(「すぐに入院して脊髄の検査を」は
「すぐに入院して「中枢神経系」の検査を」という意味
と解釈させて頂きます。
理由:大脳の脳MRIの画像所見異常から「脊髄」の「検査」
ではつじつまがあいません)
=>
まず最初に「御受診」された御施設の「お受けもちの先生」は
「脳神経外科専門医先生」でしょうか。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「右末梢性顔面神経麻痺」が「症状・症候」である。
そして
「お受けもちの先生」は
御相談者からは「右末梢性顔面神経麻痺」の治療が
「中枢神経系専門医先生」の課題のはずです。

##3
脳MRIからは
1・「右脳の形が崩れている」
2・「脳室が異様な形をして広く、押された右脳が萎縮」
の「1・」+「2・」の二つの「画像所見」
は「俄かに御相談者に発現したものではない」。

##4
一方「右末梢性顔面神経麻痺」は俄かに
発生した「なおさなければならない」急性「病態」
です。

##5
「一件目では「すぐに入院して脊髄の検査を」と言われましたが、」
=
「すぐに入院して「中枢神経系」の検査を」
はなんら「右末梢性顔面神経麻痺」の「診断戦略」にも
「治療戦略」にも関連するわけがありません。

##6
だから一番目の御施設の「お受けもちの先生」は
「中枢神経系専門医先生」ではないのではありませんか?







#4
##1
「二件目(○○大学付属病院)では筆記などの簡易テストを受けた結果、
「頭蓋骨から歪んでいるのでお腹の中にいた頃にダメージを受けたものだろう」
と言われ、そのまま顔面神経麻痺の治療だけをし、無事に過ごしております。」
との事です。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
脳MRI「検査」のいきさつから
偶発的に
「1・「右脳の形が崩れている」
2・「脳室が異様な形をして広く、押された右脳が萎縮」
の「1・」+「2・」の二つの「画像所見」」が
えられた。

##3
「右末梢性顔面神経麻痺」に加えて
この「脳MRI画像所見」が原因でなんらかの
「中枢神経系」である「脳」由来の「症状・症候」が
あるのであれば
「次なるステップ」も考えなければなりません。

##4
「「二件目(○○大学付属病院)では筆記などの簡易テストを受けた結果、
「頭蓋骨から歪んでいるのでお腹の中にいた頃にダメージを受けたものだろう」
と言われ、そのまま顔面神経麻痺の治療だけをし、無事に過ごしております。」
との事です。

##5
「筆記などの簡易テストを受けた結果」とは
「「中枢神経系」である「脳」由来の「症状・症候」」は
「長谷川式簡易スケール」の「検査」を外来で
「お受けもちの先生」が行われたのであろうと考えます。

##6
##5の「長谷川式簡易スケール」は「最も簡易な痴呆の「検査」」
であり
「脳MRI画像所見」からなんらかの
「中枢神経系の器質的疾患由来の巣症状(そうしょうじょう)」
があるとすれば
「まずは痴呆の「有無」」ですから。

##7
「「二件目(○○大学付属病院)」の
「お受けもちの先生」の判断はすこぶる正しいです。

##8
「「異常所見」無し」であり
当時の御相談者の急性期「病態」であった
「右末梢性顔面神経麻痺」の「治療戦略」のみで「可」と
考えられたものでしょう。







#5
##1
「実は1年毎くらいに念のための検査をしていきましょう、
とは言われたものの、行っていません。
(顔面神経麻痺の方は完全ではなく、右が少し落ちて歪んでいますが、
ビタミンBなどを頂いて、とりあえず治りました)」
との事です。

##2
「5年前」の「右末梢性顔面神経麻痺」は
完治されて宜しかったです。

##3
「「実は1年毎くらいに念のための検査をしていきましょう、」
は
「二件目(○○大学付属病院)では筆記などの簡易テストを受けた結果、
「頭蓋骨から歪んでいるのでお腹の中にいた頃にダメージを受けたものだろう」
と言われ、そのまま顔面神経麻痺の治療だけをし、無事に過ごしております。
の「お受けもちの先生」でしょうか。

##4
「右末梢性顔面神経麻痺」で「4年間」も
「二件目(○○大学付属病院)」に御通院されていたのでしょうか。

##5
不思議です。







#6
##1
「1年毎くらい」であれば「5年前」当時の
「右末梢性顔面神経麻痺」は「活動的な問題」では
ありません。

##2
だから
改めて
偶発的に「5年前」に発見された
「1・「右脳の形が崩れている」
2・「脳室が異様な形をして広く、押された右脳が萎縮」
の「1・」+「2・」の二つの「画像所見」」の
追跡「検査」を行っても「宜しい時期」です。

##3
但し「その「検査」を行う意義」がどこにあるかは
よく理解できません。







#7
##1
最近気付いたのですが、頭に血が昇るといつも鼻が痛くなってくしゃみが出ます。
(ベッドの下のものをとろうと下を向いたりした際や、トイレで力んだりした際な
ど)、その際、時折ですが、
「ザザーッ」と頭の中で音がします。すごく疲れた際に喋っていると首が揺れている、
と言われます。
こういう症状って心配はないのでしょうか?

血圧が高い、更年期障害とか、そういうことならいいのですが・・・

心理学で大学を卒業しているのですが、
こういう脳の奇形はアルツハイマーにもなりやすいと聞きました。
正直不安があるのですが…。

(ベッドの下のものをとろうと下を向いたりした際や、トイレで力んだりした際な
ど)、その際、時折ですが、
「ザザーッ」と頭の中で音がします。すごく疲れた際に喋っていると首が揺れている、
と言われます。
こういう症状って心配はないのでしょうか?

血圧が高い、更年期障害とか、そういうことならいいのですが・・・

心理学で大学を卒業しているのですが、
こういう脳の奇形はアルツハイマーにもなりやすいと聞きました。
正直不安があるのですが…。」
との事です。

##2
今現在の
御相談者の御不安或は「症状・症候」は
1・最近気付いたのですが、頭に血が昇るといつも鼻が痛くなってくしゃみが出ます。
(ベッドの下のものをとろうと下を向いたりした際や、トイレで力んだりした際な
ど)
2・その際、時折ですが、
「ザザーッ」と頭の中で音がします。

3・すごく疲れた際に喋っていると首が揺れている、
と言われます。
の
「1・」+「2・」+「3・」の
「3つ」です。

##3
「こういう症状って心配はないのでしょうか?」
とは
「何の心配」でしょう。
=>##4

##4
過去の「脳MRI画像所見」から由来する
「症状・症候」の「御心配」であれば
「「無用」かつ「意味」もない「御心配」」です。


##5
「血圧が高い、更年期障害とか、そういうことならいいのですが・・・」
=>
申し訳ございません。
意味が理解できません。







#8
##1
「心理学で大学を卒業しているのですが、
こういう脳の奇形はアルツハイマーにもなりやすいと聞きました。
正直不安があるのですが…。」
との事です。

##2
「こういう脳の奇形はアルツハイマーにもなりやすいと聞きました。」
との事です。

##3
「「こういう脳の奇形は」の
「奇形:malformation:マルフオーメイション」は
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御記載はありません。

##4
もしも
過去に偶発的に見つかった
「脳MRI画像所見」である
1・「右脳の形が崩れている」
2・「脳室が異様な形をして広く、押された右脳が萎縮」
の「1・」+「2・」の二つの「画像所見」
を「奇形:malformation:マルフオーメイション」と
理解されているのであれば。

##5
これは「奇形:malformation:マルフオーメイション」
とりわけ「中枢神経系先天奇形:CNS-anomary」
ではありません。

##6
生下時の「神経頭蓋」の変形による「二次的変化」
であり
御相談者が「御母様」の胎内で
発生学的に「形成されたものではない」。

##7
だから
「奇形:malformation:マルフオーメイション」
ではありません。







#9
##1
「「こういう脳の奇形はアルツハイマーにもなりやすいと聞きました。」
との事です。

##2
「アルツハイマー痴呆」などの「「中枢神経系神経細胞障害
と
「中枢神経系先天奇形:CNS-anomary」との
関連はときおりふれられることは御座います。

##3
けれども「神経頭蓋」の生下時変形の御相談者が
「アルツハイマー痴呆」などの「「中枢神経系神経細胞障害」
を御心配される必要は乏しくはないでしょうか。

##4
「心理学で大学を卒業しているのですが」
との事です。

##5
もしもどうしても
「御心配」であるのであれば
「アルツハイマー痴呆」などの「「中枢神経系神経細胞障害」
が皮質障害と関連する場合に
御相談者にはすでに
「皮質=灰白質」=「神経細胞」に障害の可能性が
あるはずです。

##6
このような場合
「脳波検査所見」による
「アルツハイマー痴呆」などの「「中枢神経系神経細胞障害」
の所見をまたずとも
生下時より御相談者は
「症候性痙攣発作」をおこされていたはずと
考えられます。

##7
積極的に
「皮質=灰白質」=「神経細胞」に障害を示唆
する「御既往」がないのであれば
今後の「アルツハイマー痴呆」などの「「中枢神経系神経細胞障害
を御心配される合理性はありません。







#10結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載を
総合的に判断して。

##3
今現在御相談者に
「皮質=灰白質」=「神経細胞」に障害を発生させうる
危険因子は「ない」と
判断致します。

##4
さまざまに御心配でしょう。御気持ちは大変よく判ります。

##5
あまり心配ばかりしていては駄目ですよ。

##6
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。







上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2007年4月18日 19時31分40秒]

お名前: uriko   
現在30代女性、会社員です。
はじめまして

ネットで脳神経外科ホームページを拝見しました。

そこで質問があるのですが。
私は5年ほど前に右の顔面神経麻痺を患ってMRIをとったところ、
右脳の形が崩れていることに気付きました。
脳室が異様な形をして広く、押された右脳が萎縮していま
す。

一件目では「すぐに入院して脊髄の検査を」と言われましたが、
二件目(○○大学付属病院)では筆記などの簡易テストを受けた結果、
「頭蓋骨から歪んでいるのでお腹の中にいた頃にダメージを受けたものだろう」
と言われ、そのまま顔面神経麻痺の治療だけをし、無事に過ごしております。

実は1年毎くらいに念のための検査をしていきましょう、
とは言われたものの、行っていません。
(顔面神経麻痺の方は完全ではなく、右が少し落ちて歪んでいますが、
ビタミンBなどを頂いて、とりあえず治りました)

最近気付いたのですが、頭に血が昇るといつも鼻が痛くなってくしゃみが出ます。
(ベッドの下のものをとろうと下を向いたりした際や、トイレで力んだりした際な
ど)、その際、時折ですが、
「ザザーッ」と頭の中で音がします。すごく疲れた際に喋っていると首が揺れている、
と言われます。
こういう症状って心配はないのでしょうか?

血圧が高い、更年期障害とか、そういうことならいいのですが・・・

心理学で大学を卒業しているのですが、
こういう脳の奇形はアルツハイマーにもなりやすいと聞きました。
正直不安があるのですが…。

何かアドバイスをいただけたら幸いです。
宜しくお願い致します。

Tuesday, April 17, 2007 9:57 AM
[2007年4月18日 09時57分57秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲