ご相談タイトル:痙攣発作重積で昏睡状態 2 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。
お大変なことと存じます。





#1
##1
「この前
痙攣発作重積で昏睡状態にて御解答
頂きました男子高校生の父です。早速の御返事有難うございました。

大変心強く感じました。
御親切に甘えてもう少し教えてください。

現在息子は、3次救急、人口呼吸器管理中です。見ていて大変怖いです。

3日程前、アイオナールからの離脱を試みて失敗しました。
痙攣が起きそうな脳波が、3日目に出たので中止したそうです。

それでお聞きしたいのですが。
アイオナールを急激に減少させる事による
痙攣発作の誘発はないのでしょうか。

よく使用する、減量速度はどれ位ですか。
(現在毎時12CC注入中です。トータルで21日目です。)

対処療法のみといいますが、重責痙攣を直す治療薬な無いのでしょうか。
参考程度でいいですから教えて下さい。

よろしくお願い致します」
との事です。





#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
 
##2
「現在息子は、3次救急、人口呼吸器管理中です。」
との事です。
 
##3
「3次救急」は救急指定になっている医療施設であれば
救急分類の
「3次救急」は可能です。
 
##4
けれども
「救命救急センター:3次救急」の「3次救急」とは
「質的にも」「量的にも」全く「医療内容」は異なります。
 
##5
「救命救急センター:3次救急」では
御子息様のような
「急性期」の場合
24時間患者さん「1名」につき看護婦がベッドサイドに
つきます。
 
##6
「救命救急センター:3次救急」の「3次救急」を
受けられていらっしゃるのでしょうか。
 
 
 
#3
##1
「3日程前、アイオナールからの離脱を試みて失敗しました。 
痙攣が起きそうな脳波が、3日目に出たので中止したそうです。」
との事です。

##2
この御相談者の御相談内容要旨御記載をみて
私は大変不思議に思える点が「2つ」御座います。
=>##3

##3
###1
「痙攣発作重積」の患者さんは「臨床診断学」から
「診断可能」。

「痙攣発作重積」の患者さんであれば
「脳波検査所見」は常に「てんかん「脳波検査所見」」
を呈しているに決まっています。

###2
これは縁起でもありませんが。
「脳死判断」の「脳波検査」の場合は「極まりない高精度」が
「脳波検査」に要求され常に問題になることです。
=>
「3次救急」で「人工呼吸器」や「バイタルサイン」の
モニター類が沢山装着された状態で
いかようにして「脳波」がとりだせたのでしょう。

##4
「アイオナールを急激に減少させる事による
痙攣発作の誘発はないのでしょうか。
よく使用する、減量速度はどれ位ですか。
(現在毎時12CC注入中です。トータルで21日目です。)」
との事です。
=>##5

##5
「痙攣発作重積」の「状態」でいらっしゃるわけだから
「痙攣発作」が新たに「誘発されうる」はずが御座いません。

 

 

 

 

#4
##1
「対処療法のみといいますが、
重責痙攣を直す治療薬な無いのでしょうか。
参考程度でいいですから教えて下さい。よろしくお願い致します」
との事です。

##2
「痙攣発作重積」に対する
「治療戦略」は「対症療法」ではありえません。

##3
通常
「痙攣発作重積」からの離脱のためには
搬入時から。
「抗痙攣剤」である
「DPH:diphenyl-hydantoin:phenytoin:Aleviatinn:アレビアチン」
の「急速飽和」を行います。

##4
「アレビアチン」([ジフエニルヒダントイン:DPH])=「フエニトン」の
「血中濃度」を慎重にみながら
「維持量」にて「維持」。

##5
さらに「全身麻酔薬」である
「Ravonal:thiopental sodium:ラボナール」の点滴静注を
行う。
「ラボてん(点)」(あだ名です)とよく呼称されます。

##6
##5の段階で「中枢神経系」の「神経細胞」は「眠りますから」
「痙攣発作重積」の原因となる「「神経細胞過剰放電」がとまります。
=>##7

##7
##6で呼吸も止まります。
痙攣発作重積」により「有痛性」の
「中枢神経系」の「神経細胞」への
「フイードバック」もとめる目的と。
なおかつ
「ベンチレーター:人工呼吸器」に
「乗せる」ためにも「筋弛緩剤持続静注」を行います。

##8
この状態で##4・##5・##6・##7の薬剤濃度を
「血中濃度」と「臨床「症状・症候」」をみながら
維持しそして次第に減量を試み「痙攣発作重積」からの
離脱を試みます。

 


 

#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
ご心配なことと存じます。
お大変な事と存じます。

##3
私が気懸かりであるのは
「痙攣発作重積」である御子息様への「薬剤」として
「抗痙攣剤」使用の御記載がないことです。

##4
「アイオナール・ナトリウム:セコバルビタールナトリウム:
secobarbital sodium」は
「バルビツール酸系睡眠薬」である。
「抗痙攣剤」ではありません。

##5
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##6
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

 

##7
このような御回答しか出来ません。申し訳ございません。







上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2005年7月21日 14時52分3秒]

お名前: 匿名希望   


この前
痙攣発作重積で昏睡状態にて御解答
頂きました男子高校生の父です。早速の御返事有難うございました。

大変心強く感じました。

御親切に甘えてもう少し教えてください。

現在息子は、3次救急、人口呼吸器管理中です。見ていて大変怖いです。

3日程前、アイオナールからの離脱を試みて失敗しました。

痙攣が起きそうな脳波が、3日目に出たので中止したそうです。

それでお聞きしたいのですが。

アイオナールを急激に減少させる事による痙攣発作の誘発はないのでしょうか。

よく使用する、減量速度はどれ位ですか。
(現在毎時12CC注入中です。トータルで21日目です。)

対処療法のみといいますが、重責痙攣を直す治療薬な無いのでしょうか。

参考程度でいいですから教えて下さい。

よろしくお願い致します
[2005年7月21日 13時20分29秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲