ご相談タイトル:子供のたんこぶ 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
ご心配なことと存じます。
これは困りましたね。

++++++++++++++++++++++++

「小児頭部外傷」の場合必ずや「脳神経外科専門医先生」を御受診下さい。
 
「頭部外傷」で「脳神経外科専門医」を御受診されるとき
伝達しなければならない「大事な情報」がございます。
 

「受傷時」の情報とりわけ
###1
「頭部外傷の日時と時刻」及び
###2
「意識障害の有無」や
###3
「受傷機転(いつどこでどのようにして何に頭をぶつけた)
は重要でございます。
 
御相談者の御記載内容からは
御子息様の「こぶ」の「病態」は
###1
「脳脊髄液:のうせきずいえき」の「漏れ出し」=
「頭の頭皮下髄液漏(ずいえきろう)」の可能性。
###2
「帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)下血腫」のような
「頭の頭皮下血腫」の「可能性」
の「2つ」で御座います。

御相談者の御記載内容からは速やかに
「脳神経外科専門医先生」を御受診されることをお勧め致します。

++++++++++++++++++++++++




#1
##1
「四歳男児についてお聞きします。
1ヶ月前に自転車の子供乗せに乗った状態で,
自転車ごと転倒しました。
小児科に電話したら,様子を見て良いと言われ
その後も特に変わりなっかたので,受診しませんでした。
大きなたんこぶが出来ましたが,現在も吸収せずに
残っています。小さくなってもいない様です。
少し前まではぶよぶよしていたようですが,
今は硬くなっています。
今更ながら不安になり、書き込みました。
特に神経症状は無いと思います。
この子のたんこぶはどういうことが考えられますか。
又受診するのはどういう病院がよいのでしょうか。
よろしくお願いします。」
との事です。







#2
##1
ご心配なことと存じます。
けれどもこれは困りましたね。

##2
「1ヶ月前に自転車の子供乗せに乗った状態で,
自転車ごと転倒しました。
小児科に電話したら,様子を見て良いと言われ
その後も特に変わりなっかたので,受診しませんでした。」
との事です。

##3
「小児頭部外傷」の場合は必ずや必ずや速やかに
「脳神経外科専門医先生」を
御受診されて下さいますように。





#3
##1
「その後も特に変わりなっかたので,受診しませんでした。
大きなたんこぶが出来ましたが,現在も吸収せずに
残っています。小さくなってもいない様です。
少し前まではぶよぶよしていたようですが,
今は硬くなっています。
今更ながら不安になり、書き込みました。」
との事です。

##2
「この子のたんこぶはどういうことが考えられますか。」
との事です。

##3
この「小児頭部外傷」後の「頭皮のぶよぶよ」は様々に「心配な「病態」」
が考えられます。

##4
まず「小児頭部外傷」の際に「骨折」があり。
この「骨折」の鋭い縁が
頭蓋内の「硬膜:こうまく」を傷つけて「脳表」の「脳脊髄液:のうせきずいえき」
が漏れ出す
「頭の頭皮下髄液漏(ずいえきろう)」
をおこしている可能性が御座います。

##5
「帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)下血腫」等の
「頭の頭皮下血腫」の可能性も御座います。
けれどもこの場合は「こぶ」=「頭の頭皮下血腫」は最初は「凝固」して
「かたいこぶ」なのですが受傷時より10日後に「液化」して「ぶよぶよ」
してきます。
「小児頭部外傷あおたん10日後の法則」と呼称されます。

##6
だから「頭の頭皮下血腫」のみの「病態」では。

=>
##7
「大きなたんこぶが出来ましたが,現在も吸収せずに
残っています。小さくなってもいない様です。
少し前まではぶよぶよしていたようですが,
今は硬くなっています。」との「症状・症候」が
説明できないように今の私は考えます。







#4
##1
御相談者の御記載内容からは速やかに
「脳神経外科専門医先生」を御受診されることをお勧め致します。

##2
#5以下に
下記順を追って「小児頭部外傷」のときの御注意の一般論を御記載致します。





#5
##1
「頭部外傷」のときは必ずや「「脳神経外科専門医」を
御受診下さいますよう。

##2
「頭部外傷」の場合「頭部X線撮影」は特殊でございます。
このとき頭部X線撮影は
###1「正面」
###2「側面」
###3「タウン撮影」の
「3方向」は必ず「脳神経外科専門医」は撮影
致します。

##3
また「頭部外傷」には「意識清明期」という怖い「落とし穴」があり
「頭部外傷」
の「重症な病態」が見落とされることがございます。
 
##4
「頭部外傷」でも「後頭部打撲」の場合は
「後頭骨骨折」の有無の
診断は「大変重要」です。
 
##5
「後頭骨骨折」による「硬膜外血腫」は「静脈性」のため
場合により
「意識清明期」が数日ー数週間に及ぶことがございます。
 
##6
「意識清明期」は「頭部外傷」の後に
現在意識状態は「清明」であっても
時間経過とともに「意識障害」が出現するという怖い「症状」
で御座います。
 




#6
よくある御質問を貼布いたします。
(Q1)今後、どの程度の期間、どのような点を注意して
   経過観察すれば宜しいでしょうか?
##1
まずは慌てずに夜や夕方の場合には動かないで。
また週末は総合病院など腕利きの先生がいないことが
多いですから注意されて下さい。

##2
しっかりとした「脳神経外科専門医」先生を必ずや
御受診されて下さい。
 
(Q2)後頭部打撲後、所謂「たんこぶ」ができてるから
   大丈夫という人が多いですが
医学的根拠がございますでしょうか?

##1
全くの医学的根拠の毛頭も無い「危険極まりない」
「間違った情報」で御座います。
 
(Q3)単に親の安心のためにX線の検査を
   1歳弱の
   小児に行うのは
   デメリットの方が大きい事でしょうか?
   放射線量が気になります。
 
##1
「親の安心」ではありません。
とんでもありません。

##2
小児頭部外傷のなかでもとりわけ「後頭部打撲」
は怖いと思います。

##3
もしも「3歳未満で骨折」があった場合。

##4
「成長骨折(増大骨折)」
の心配がありますから3歳まで経過観察は続きます。

##5
お気持ちは判りますが
「脳神経外科専門医」を御受診されない
「現実的な危険」=デメリットは計り知れません。
 
 
 
 



 
#7結論:
##1
「頭部外傷」の場合必ずや「脳神経外科専門医先生」を御受診下さい。
 
##2
「頭部外傷」で「脳神経外科専門医」を御受診されるとき
伝達しなければならない「大事な情報」がございます。
 
##3
「受傷時」の情報とりわけ
###1
「頭部外傷の日時と時刻」及び
###2
「意識障害の有無」や
###3
「受傷機転(いつどこでどのようにして何に頭をぶつけた)
は重要でございます。
 
##3
まずは慌てずに動かないで。
たとえば夜間や週末は総合病院など腕利きの先生がいないことが
多いですから。

##4
しっかりとした「脳神経外科専門医」先生を必ずや
御受診されて下さい。
 
##5
お子様は頭でっかちですから
親御様の心配は耐えません。
 
##6
「脳神経外科専門医」を御受診され
「お受けもちの先生」と様々に御相談されて下さい。

 
##7
慌てずに「しっかりとした「脳神経外科専門医」先生」
を御受診されて下さいますようお勧め致します。
 
##8
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の過去の「御相談と御回答」
過去の頭蓋骨骨折 [3] [2003年12月10日 22時22分27秒] 
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/605786437475221.html
のコピーを御参考までに「補足1」にコピー致します。

##9
御相談者の御記載内容からは
御子息様の「こぶ」の「病態」は
###1
「脳脊髄液:のうせきずいえき」の「漏れ出し」=
「頭の頭皮下髄液漏(ずいえきろう)」の可能性。
###2
「帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)下血腫」のような
「頭の頭皮下血腫」の「可能性」
の「2つ」のみで御座います。

##10
一刻も早い御相談者の「症状・症候」の寛解の得られること・
一刻も早い「症状・症候」のご回復を心より御祈り申し上げます。








 
 
 
上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。
 
 





 

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
 
 






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。



++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 



お名前: 
こんばんは、早々のお返事、本当に感謝しております。
子供の、しかも脳の心配ともなると、親として毎晩眠れないくらい悩みました。
今は心からホッとして、息子の幸運を再度感謝しております。

実際、お医者さまの診察を受けるというのはとても勇気のいることです。
わたくしのような素人が、気軽に相談できる当ホームページに出会え、本当に感謝しております。

ご親切に本当に本当にありがとうございました。

以後、子供の事故には充分気をつけようと思います。

先生の、益々のご発展を心から願っております。
本当にありがとうございました。

[2003年12月10日 22時22分27秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL 
ご心配なことと存じます。
#1
##1
「現在、3歳ちょうどの息子なのですが、生後10ヶ月(2年2ヶ月前)に
スーパーのカートから後ろ向きに、頭から床に転落しました。
その時はすぐに大泣きし、嘔吐などもなかったので
様子を見ていたところ、
転落から2週間たったある日、頭がブヨブヨしているのに気づき、
急いで市立病院の脳神経外科に診察をお願いしました。
レントゲンのみの結果、後頭部にヒビがはいっていました。
先生は、「子供さんにはよくあることなので。
ブヨブヨはコブが血のようになっているからです。
このブヨブヨがなくならない場合は再度きてください」
と言われ、とりあえず安心して帰りました。
その後、ブヨブヨもなくなったので、病院には行っておりません。
しかし最近思うと、CTなどは撮らなくて大丈夫だったのだろうか・・
とふと心配になり、息子は寝つきが悪く、
夜驚のように毎晩何度もギャっと泣いて暴れる癖がありますので、
もし頭部を打った事と関係があったらどうしよう・・・。
ともう心配で心配で仕方ありません。
2年も前の骨折ですが、障害がでたりすることがあるのでしょうか?
夜の泣き叫ぶ癖以外、日常は元気で言葉も体格も普通です。」
との事です。



#2
##1
「その時はすぐに大泣きし、嘔吐などもなかったので
様子を見ていたところ、
転落から2週間たったある日、頭がブヨブヨしているのに気づき、
急いで市立病院の脳神経外科に診察をお願いしました。

レントゲンのみの結果、後頭部にヒビがはいっていました。
先生は、「子供さんにはよくあることなので。
ブヨブヨはコブが血のようになっているからです。
このブヨブヨがなくならない場合は再度きてください」
との事です。
##2
御相談者のご子息様で「生後10ヶ月(2年2ヶ月前)に
スーパーのカートから後ろ向きに、頭から床に転落しました。」
との事です。
##3
そして「2週間経過してから」「頭皮ぶよぶよ」が発生して
「急いで市立病院の脳神経外科」御受診されて
「頭部X線撮影」のみ検査して「後頭骨骨折」があったとのことです。


#3
##1
「3歳未満」の「小児頭部外傷」の場合「頭蓋骨骨折」があったときは
必ず頭部X線撮影と「脳神経外科専門医」の「お受けもちの先生」
が「経過観察」と起こりうる可能性を御説明されるはずなのですが。
##2
「3歳未満」の「小児頭部外傷」の場合「頭蓋骨骨折」があったときは
「増大骨折:成長骨折:growing skull fracturte]という病態が
「偽性髄膜瘤」を伴い発生して「骨折線」は「閉鎖」しなくなる
ことがあります。

##3
御相談者のご子息の場合御運がよくて宜しかったです。
##4
「3歳に至られた今何もないわけですから」
今「増大骨折:成長骨折:growing skull fracturte]があれば
誰にもわかるから御運がよくて宜しかったです。


#4
##1
「転落から2週間たったある日、頭がブヨブヨしているのに気づき、
急いで市立病院の脳神経外科に診察をお願いしました。
レントゲンのみの結果、後頭部にヒビがはいっていました。
先生は、「子供さんにはよくあることなので。」
との事です。
##2
この「ぶよぶよ」は「「小児頭部外傷」から10日経過すると
「凝固していた」「「頭皮下血腫」が「液化」するため
「「ぶよぶよ」と触診でわかるようになります。
##3
「分量が多いときは」その場で抜きますが
「「受傷機転」直後じは「頭皮下血腫」はしっかり凝固
しているので「頭皮下穿刺」をしても抜けません。

#5
##1
「硬膜」が破損して骨折線から「「脳脊髄腋液」が漏れ出し
「頭皮下髄液漏」の状態を起こすことが御座います。
##2
このときは「増大骨折:成長骨折:growing skull fracturte]の
可能性及び「感染」=>「髄膜炎」の危険性があるから
ただちに入院となります。



#6結論:
##1
「脳神経外科専門医」でいらっしゃる「お受けもちの先生」
はいち早く「頭皮下血腫」が「液化」してきた状態であり
「頭皮下髄液漏」ではないことを「見抜かれた」のであろうと
考えます。
##2
「液化頭皮下血腫」は自然吸収されます。
##3
また「頭皮下髄液漏」である可能性もあったが
「このブヨブヨがなくならない場合は再度きてください」
と「単純明快」に「締めくくられた」のが
「お受けもちの先生」の「治療戦略」であったと考えます。
##4
しっかりされた「脳神経外科専門医」先生に
診療していただいて宜しかったです。
##5
「2年も前の骨折ですが、障害がでたりすることがあるのでしょうか?
夜の泣き叫ぶ癖以外、日常は元気で言葉も体格も普通です。
主人ととても心配しております。」との事ですが。
##6
何も御心配は無用であると考えます。
##7
小児頭部外傷で「後頭部打撲」の場合は極めて注意が必要ですが
御相談者の御相談内容からは
ご心配は無用と考えます。
##8
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年12月10日 7時23分32秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 
こんにちは、初めまして、とても心配なことがあるので教えて下さい。

現在、3歳ちょうどの息子なのですが、生後10ヶ月(2年2ヶ月前)に
スーパーのカートから後ろ向きに、頭から床に転落しました。

その時はすぐに大泣きし、嘔吐などもなかったので
様子を見ていたところ、
転落から2週間たったある日、頭がブヨブヨしているのに気づき、
急いで市立病院の脳神経外科に診察をお願いしました。

レントゲンのみの結果、後頭部にヒビがはいっていました。
先生は、「子供さんにはよくあることなので。
ブヨブヨはコブが血のようになっているからです。
このブヨブヨがなくならない場合は再度きてください」
と言われ、とりあえず安心して帰りました。

その後、ブヨブヨもなくなったので、病院には行っておりません。

しかし最近思うと、CTなどは撮らなくて大丈夫だったのだろうか・・
とふと心配になり、息子は寝つきが悪く、
夜驚のように毎晩何度もギャっと泣いて暴れる癖がありますので、
もし頭部を打った事と関係があったらどうしよう・・・。
ともう心配で心配で仕方ありません。

2年も前の骨折ですが、障害がでたりすることがあるのでしょうか?

夜の泣き叫ぶ癖以外、日常は元気で言葉も体格も普通です。

主人ととても心配しております。

どうか、回答お願い致します。

[2003年12月9日 21時59分13秒]




「補足1おわり」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 




何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。
[2005年1月13日 10時55分57秒]

お名前: よしこママ   
四歳男児についてお聞きします。
1ヶ月前に自転車の子供乗せに乗った状態で,
自転車ごと転倒しました。
小児科に電話したら,様子を見て良いと言われ
その後も特に変わりなっかたので,受診しませんでした。
大きなたんこぶが出来ましたが,現在も吸収せずに
残っています。小さくなってもいない様です。
少し前まではぶよぶよしていたようですが,
今は硬くなっています。
今更ながら不安になり、書き込みました。
特に神経症状は無いと思います。
この子のたんこぶはどういうことが考えられますか。
又受診するのはどういう病院がよいのでしょうか。
よろしくお願いします。
[2005年1月12日 20時53分26秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲