ご相談タイトル:左後頭部、首の痛み 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
ご心配なことと存じます。

#1
##1
「41歳の女性です。3年ほど前から、左側の後頭部の痛み、
首筋から肩にかけての凝り、首の痛み、左側奥歯や
左耳の奥の痛みがあります。今月(2月)になって、症状が
強くなってきたように思います。(引越しの準備でストレス
があるせいでしょうか・・)
これらの痛みは鈍痛で、我慢できないものではないので、
今まで放置してきてしまいました。
病院に行ったほうがいいでしょうか?」



#2
##1
「年ほど前から、左側の後頭部の痛み、
首筋から肩にかけての凝り、首の痛み、左側奥歯や
左耳の奥の痛みがあります。今月(2月)になって、症状が
強くなってきたように思います。」
との「症状・症候」からは。

##2
御相談者の御相談内容からは
これは「緊張型頭痛」という「頭痛系の「症状・症候」」
で御座います。


#3
##1
「機頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##2
よく頭が左が痛いなどというときに「偏頭痛がする」
等というと本当に「偏頭痛」と間違われることが
御座います。
##3
「機頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等が御座います。
##4
このように分類して「治療」をするわけで御座います。
##5
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」に起因する「症候性頭痛」
でない場合の頭痛をを呼称いたします。
##6
御相談者の頭痛は「緊張型頭痛」であり
「症候性頭痛」という「「中枢神経系」に「何事かおきているもの」
から由来する頭痛では御座いません。



#3
##1
「緊張型頭痛」には2月・6−7月、
9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いという時間経過とともに
「症状・症候」が増悪するという傾向が御座います。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
早朝もしくは朝の起床時に30分以内
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##5
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこされます。


#4
##1
「これらの痛みは鈍痛で、我慢できないものではないので、
今まで放置してきてしまいました。
病院に行ったほうがいいでしょうか?」
との事です。
##2
「症状・症候」が御強く無ければ
我慢できるのであれば御様子見で宜しいので御座います。
##3
但し注意しなければならないのは
「脳神経外科専門医」先生でも頭痛が苦手な先生がいます。
##4
「症状・症候」が御強ければ
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。



#5
##1
けれども「緊張型」の患者さんはストレスには弱くなります。

##2
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが論理的に間違いなのです。
##3
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。

##3
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。






#6結論:
##1
「緊張型頭痛」で御座います。

##2
鎮痛剤は奏功しないしかえって「症状・症候」を悪化させる
ことが御座います。

##3
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
と間違えられることが多く厄介です。

##4
「耳鼻科疾患」「歯科口腔外科疾患」「自律神経失調症」
「メニエル症候群」「更年期障害」「頚椎の疾患」
「うつ状態・うつ病」ととよく間違えられます。

##5
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##6
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃることを
何卒覚えておかれてくださいますように。

##7
意外なほどに正診断率の大変低い「
頭痛系の「症状・症候」」でございます。


##8
御相談者の御相談内容からは
「頭痛系の「症状・症候」」の観点からは
御様子見で宜しいのではないでしょうか。

##9
また「中枢神経系専門医」の観点からも
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。




上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2004年2月29日 16時30分17秒]

お名前: M.W   
41歳の女性です。3年ほど前から、左側の後頭部の痛み、
首筋から肩にかけての凝り、首の痛み、左側奥歯や
左耳の奥の痛みがあります。今月(2月)になって、症状が
強くなってきたように思います。(引越しの準備でストレス
があるせいでしょうか・・)
これらの痛みは鈍痛で、我慢できないものではないので、
今まで放置してきてしまいました。
病院に行ったほうがいいでしょうか?
[2004年2月29日 15時27分38秒]

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲