ご相談タイトル:脳CT脳MRIで脳腫瘍?脳挫傷? 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
これは困りましたね。
うまくご説明できるとよろしいのですが。

短文での御回答をお許し下さい。
++++++++++++++++++++






#1
##1
「年齢は39歳 女性です。

一週間前に脳腫瘍の疑いといわれて、この一週間、眠れぬ日々が続いています。
インターネットで先生のHPを見て、
お忙しい中、先生がこのメールに目を留めていたただける事を願いながら
メールを書いております。
失礼を心からお詫び申し上げます。
もし よろしかったらお返事をいただければ・・・と
心から願っております。


先日、急激な頭痛がし、以前にも一回救急車で運ばれたことのある病院の
深夜診療を受けました。
そのときは、CTをとり イミグランを点鼻し事なきを得ました。

先生のおっしゃるには、CTに一年前もあったのだけど、
影があるから診察を受けてくださいとの事でした。
早速、翌日に診察を受け、MRIを取りました。

CT画像上は一年前と現在では まったく大きくなっていない。
MRI上では 一センチくらいの腫瘍が移っており、
まわりがぼやけている。

先生は、一年間も大きくならないのであれば、
これからは半年に一度、来院されて
検査をうけられて様子を見たらいいのではないでしょうか?
とおっしゃいました。

脳腫瘍とも脳挫傷とも断言できない。ともおっしゃいました。
私もそのMRIの画像を見て・・・・愕然としてしまいました。

実際、私は交通事故でその部位を強く打った事があります。
そのときは検査はしませんでした。

腫瘍の部位は 左前頭葉です。ちょうどおでこ・・・
の上方の部位だと思われます。

私の症状は、時々、耐えられない頭痛に襲われる。
←これは、多くの病院で緊張性の頭痛だと診断されております。
夕方頭痛が始まり 深夜にもっとも酷くなる。
意識はしっかりとある。
ずきーん ずきーんと・・・頭の中が締め付けられるような頭痛です。




現在、不安で不安でたまらない日々を送っております。
脳腫瘍であるなら 
悪性でなくても 手術をして取り除きたいと思っています。
脳挫傷であるなら 
このままにしておいてもいいのか?を不安に思っています。

これから先、テンカンや失神といったことも起こりえる
かもしれませんとも言われました。

このまま 何か動きがあるまで 
不安な日々を過ごさなければならないかと思うと
その年月を考えて・・・・本当に憂鬱になります。
明日なのか?10年後なのか?・・・・と
不安で不安でしかたがありません。

脳腫瘍であるかないかだけでも 
なんらかの方法で判別できないものでしょうか?
先生教えてください。 」
との事です。




#2
##1
「先日、急激な頭痛がし、以前にも一回救急車で運ばれたことのある病院の
深夜診療を受けました。
そのときは、CTをとり イミグランを点鼻し事なきを得ました。

先生のおっしゃるには、CTに一年前もあったのだけど、
影があるから診察を受けてくださいとの事でした。
早速、翌日に診察を受け、MRIを取りました。

CT画像上は一年前と現在では まったく大きくなっていない。
MRI上では 一センチくらいの腫瘍が移っており、
まわりがぼやけている。

先生は、一年間も大きくならないのであれば、
これからは半年に一度、来院されて
検査をうけられて様子を見たらいいのではないでしょうか?
とおっしゃいました。」
との事です。
=>##2

##2
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##3
けれども
「お受けもちの先生」は
「画像診断」の段階で「臨床」が停滞しており「治療戦略」に
到ってはいらっしゃらない。


##4
「・略・先生は、一年間も大きくならないのであれば、
これからは半年に一度、来院されて
検査をうけられて様子を見たらいいのではないでしょうか?
とおっしゃいました。
脳腫瘍とも脳挫傷とも断言できない。ともおっしゃいました。」
との事です。
=>##5

##5
「お受けもちの先生」の先生は「脳神経外科専門医先生」
であろうと考えます。

##6
適切な表現が思い浮かばないのですが
私には「お受けもちの先生」の判断は
極めて不思議な御判断のように思えます。

##7
雲をつかむような・御判断。







#3結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
これはさぞかし御心配であろうと存じます。

##3
致し方なくも
単刀直入に御回答申し上げます。

##4
大学病院の「脳神経外科外来」の
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されることをお勧めいたします。
しっかりと「御診断」を確立されていただいて下さい。


##5
通常の「脳神経外科専門医」が
「画像診断」で「脳腫瘍」と「脳挫傷」が鑑別
できないことはありえないと思います。


##6
このような御回答しか出来ません。申し訳ございません。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。







上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2005年9月27日 18時29分22秒]

お名前: 匿名希望   


年齢は39歳 女性です。

一週間前に脳腫瘍の疑いといわれて、
この一週間、眠れぬ日々が続いています。

インターネットで先生のHPを見て、
お忙しい中、先生がこのメールに目を留めていたただける事を願いながら
メールを書いております。
失礼を心からお詫び申し上げます。
もし よろしかったらお返事をいただければ・・・と
心から願っております。


先日、急激な頭痛がし、以前にも一回救急車で運ばれたことのある病院の
深夜診療を受けました。
そのときは、CTをとり イミグランを点鼻し事なきを得ました。

先生のおっしゃるには、CTに一年前もあったのだけど、
影があるから診察を受けてくださいとの事でした。
早速、翌日に診察を受け、MRIを取りました。

CT画像上は一年前と現在では まったく大きくなっていない。
MRI上では 一センチくらいの腫瘍が移っており、
まわりがぼやけている。

先生は、一年間も大きくならないのであれば、
これからは半年に一度、来院されて
検査をうけられて様子を見たらいいのではないでしょうか?
とおっしゃいました。

脳腫瘍とも脳挫傷とも断言できない。ともおっしゃいました。
私もそのMRIの画像を見て・・・・愕然としてしまいました。

実際、私は交通事故でその部位を強く打った事があります。
そのときは検査はしませんでした。

腫瘍の部位は 左前頭葉です。ちょうどおでこ・・・
の上方の部位だと思われます。

私の症状は、時々、耐えられない頭痛に襲われる。
←これは、多くの病院で緊張性の頭痛だと診断されております。
夕方頭痛が始まり 深夜にもっとも酷くなる。
意識はしっかりとある。
ずきーん ずきーんと・・・頭の中が締め付けられるような頭痛です。




現在、不安で不安でたまらない日々を送っております。
脳腫瘍であるなら 
悪性でなくても 手術をして取り除きたいと思っています。
脳挫傷であるなら 
このままにしておいてもいいのか?を不安に思っています。

これから先、テンカンや失神といったことも起こりえる
かもしれませんとも言われました。

このまま 何か動きがあるまで 
不安な日々を過ごさなければならないかと思うと
その年月を考えて・・・・本当に憂鬱になります。
明日なのか?10年後なのか?・・・・と
不安で不安でしかたがありません。

脳腫瘍であるかないかだけでも 
なんらかの方法で判別できないものでしょうか?
先生教えてください。 

September 25, 2005 9:38 PM
[2005年9月25日 21時38分31秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲