ご相談タイトル:末梢性顔面神経麻痺・ベル麻痺 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
ご心配なことと存じます。
これはお大変であると存じます。

けれども「これから勝負」で御座います。
「確信」「信念」「自信」の「3つの信」
をもたれて頑張られて頂きたいと心より思います。

順をおって下記御回答致します。

#1
##1
「私は韓国在住の48歳の女性です。
 
2003年9月28日に左側の顔面にベル麻痺を発病し、
翌日からすぐに治療を受け始めました。
病院(神経科)と鍼治療の両面から、現在まで
継続して治療を受けていますが、恐らく強度の
麻痺であったようで、最初の2ヶ月半くらいは
全く症状の改善が見られませんでした。
1月に顔面神経の損傷程度を計測する検査を受け
ましたが、5%程度との結果だったと思います。
 
そして7ヶ月を過ぎた現在、「顔面拘縮(左側の
頬や口元が上方に上がってきている)」や
「病的共同運動」、そして「目が非常に開きにくい」
という後遺症が出てきてしまっています。
それと額と眉は未だにほとんど動かない状態ですし、
目はかなり閉じられるようになってきましたが、
それ以上に気になるのが、左目が小さくなってきて、
目が開きにくくなってしまったことです。左目の
下瞼が少し腫れていてややピクつく感じがあります。
 
後遺症予防のために適切な時期からリハビリを開始
しなければいけないということを知らず、現地の病院
からもそのような指導が全くなくて、今になってとても
心が痛く愕然としている状態です。
 
7〜8ヶ月も経ってしまい後遺症が強く残ってしまった
現在、今からリハビリを始めてももう遅すぎるので
しょうか?
少しでも改善するために何とか方法はないものでしょうか?
 
それと、眉と額が未だに動かない(上がらない)のですが、
これはどうしてなのでしょうか?
 
お忙しいなか、このような相談の場を提供してくださって、
本当にありがとうございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。」
との事です。



#2結論:
##1
「私は韓国在住の48歳の女性です。

2003年9月28日に左側の顔面にベル麻痺を発病し、
翌日からすぐに治療を受け始めました。
病院(神経科)と鍼治療の両面から、現在まで
継続して治療を受けていますが、恐らく強度の
麻痺であったようで、最初の2ヶ月半くらいは
全く症状の改善が見られませんでした。」
=>

「末梢性顔面神経麻痺」=「ベル麻痺」の場合
「顔面表情筋」の萎縮のために
「末梢性顔面神経麻痺」が強く出ているように
みられることが御座います。

##2
「1月に顔面神経の損傷程度を計測する検査を受け
ましたが、5%程度との結果だったと思います。」
=>
これは
正確な
「末梢性顔面神経麻痺」の「末梢性顔面神経」の「損傷」
を測定する検査では御座いません。

「末梢性顔面神」を刺激してどの程度
「顔面表情筋」が動くかという「検査」で御座います。

だから
「末梢性顔面神経麻痺」及び「ベル麻痺」では
「「末梢性顔面神経麻痺」の「末梢性顔面神経」の「損傷」」という
ような「損傷」は起こりません。


##3
「そして7ヶ月を過ぎた現在、「顔面拘縮(左側の
頬や口元が上方に上がってきている)」や
「病的共同運動」、そして「目が非常に開きにくい」
という後遺症が出てきてしまっています。
それと額と眉は未だにほとんど動かない状態ですし、
目はかなり閉じられるようになってきましたが、
それ以上に気になるのが、左目が小さくなってきて、
目が開きにくくなってしまったことです。左目の
下瞼が少し腫れていてややピクつく感じがあります。」

=>
左「末梢性顔面神経麻痺」による
「眼嶮下垂」の「症状・症候」で御座います。


##4
「後遺症予防のために適切な時期からリハビリを開始
しなければいけないということを知らず、現地の病院
からもそのような指導が全くなくて、今になってとても
心が痛く愕然としている状態です。」

=>
宜しいでしょうか。
リハビリの件はとても残念であるとお考えであると
存じます。

けれども「確信」「信念」「自信」の「3つの信」は決して
ギブアップされないで下さい。
「確信」「信念」「自信」の「3つの信」により
「末梢性顔面神経麻痺」=「顔面表情筋」性の
運動障害は
必ずや改善されていくと今の私は考えます。




##5
「7〜8ヶ月も経ってしまい後遺症が強く残ってしまった
現在、今からリハビリを始めてももう遅すぎるので
しょうか?
少しでも改善するために何とか方法はないものでしょうか?」
=>
#4に御話ししましたように
「確信」「信念」「自信」の「3つの信」
です。

決してあきらめないで下さい。

「顔面表情筋」はとても素直です。


##6
「それと、眉と額が未だに動かない(上がらない)のですが、
これはどうしてなのでしょうか?」
=>
「前頭筋」という筋肉=「眉毛の間のしわつくり」は
「末梢性顔面神経麻痺」にはとても弱いのです。
基本的には
「末梢性顔面神経麻痺」による+「「顔面表情筋」筋萎縮
による
「眼嶮下垂」=「「真性眼嶮下垂」+「仮性眼嶮下垂」


##7結論の結論:

頑張られて下さい。
「確信」「信念」「自信」の「3つの信」で
御座います。

「顔面表情筋」はとても素直です。

これから「「治療」というくらいに思われて下さい。
御相談者のような事例は稀ならず御座います。

けれども
ここが「正念場」で御座います。

頑張られて下さい。
そうすれば時間とともに「良い結果」が必ず
御相談者に訪れることと今の私は考えます。



上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




[2004年5月26日 19時5分8秒]

お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


私は韓国在住の48歳の女性です。
 
2003年9月28日に左側の顔面にベル麻痺を発病し、
翌日からすぐに治療を受け始めました。
病院(神経科)と鍼治療の両面から、現在まで
継続して治療を受けていますが、恐らく強度の
麻痺であったようで、最初の2ヶ月半くらいは
全く症状の改善が見られませんでした。
1月に顔面神経の損傷程度を計測する検査を受け
ましたが、5%程度との結果だったと思います。
 
そして7ヶ月を過ぎた現在、「顔面拘縮(左側の
頬や口元が上方に上がってきている)」や
「病的共同運動」、そして「目が非常に開きにくい」
という後遺症が出てきてしまっています。
それと額と眉は未だにほとんど動かない状態ですし、
目はかなり閉じられるようになってきましたが、
それ以上に気になるのが、左目が小さくなってきて、
目が開きにくくなってしまったことです。左目の
下瞼が少し腫れていてややピクつく感じがあります。
 
後遺症予防のために適切な時期からリハビリを開始
しなければいけないということを知らず、現地の病院
からもそのような指導が全くなくて、今になってとても
心が痛く愕然としている状態です。
 
7〜8ヶ月も経ってしまい後遺症が強く残ってしまった
現在、今からリハビリを始めてももう遅すぎるので
しょうか?
少しでも改善するために何とか方法はないものでしょうか?
 
それと、眉と額が未だに動かない(上がらない)のですが、
これはどうしてなのでしょうか?
 
お忙しいなか、このような相談の場を提供してくださって、
本当にありがとうございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
[2004年5月26日 18時59分34秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲