ご相談タイトル:てんかんと脳波異常 



●もう一度脳神経外科・神経内科相談
掲載掲示板記事一覧に戻る●


書き込み欄へ この脳神経外科・神経内科相談掲示板の「書き込み欄」へとぶ ヘルプ

☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
ご心配なことと存じます。


御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の「苦悩」は「てんかん」で抗痙攣剤
をのまれていらっしゃる患者さんに
極めて共通したお悩みです。

「てんかん」の患者さんが長い人生で
抗痙攣剤を規則正しく内服されるなどということは
不可能。

「お受けもちの先生」もこのことは見抜かれています。
ちょっと「脅かされたかな」という状況でありましょう。


#1
##1
「
35歳の女性です。
14歳のときに始めて発作を起こし、てんかんと診断されました。
はじめはテグレトールを、その後テグレトールとデパゲンを併用していました。
18歳で上京し、かかった病院でデパゲンからバレリンに変更しましたが、何年も
の間同じ処方の薬を飲んでいました。いまは、東京に来て3件目の医師の処方で
テグレトール200咫滷害鵑肇┘セグラン100咫滷害鵑鯢用しています
が、辛くてたまりません。
一日3回飲むとなんだか朦朧として、ちょっと酔っているときのような感じで
す。エクセグランに換えた時に血液障害がおこり薬に不信感が残ったこともあ
り、しばらく日に2回しか飲んでいませんでした。減したところたしかに発作
(一瞬意識が飛ぶ)は出やすくなりました。でもなぜか血中濃度はいつも足りて
いました。「発作が出るのならさらに薬を増やそう」と医師は言います。私は
「きちんと3回飲むようにするから待ってくれ」と頼んでいます。先日一年ぶり
に脳波検査をしたところ、今までに見たこともないようなガタガタのひどいもの
でした。自己反省をして処方通りの服用をしていますが、だるさと気持ち悪さに
まいっています。言葉や行動も思っているようにスムーズに出てこなくて、自分
でも閉口してしまうことしばしばです。
脳波の悪化は怠薬と関係あるのでしょうか。今の薬の組み合わせは効果的なので
しょうか。
どうぞ宜しくお願いいたします。」
との事です。




#2
##1
「「発作が出るのならさらに薬を増やそう」と医師は言います。私は
「きちんと3回飲むようにするから待ってくれ」と頼んでいます。」
=>
御相談者の抗痙攣剤の内服の「不規則性」が故に
「てんかん」発作をおこすということが
「お受けもちの先生」には上手くつたわっていない
ことによる御相談者の「葛藤」。

##2
「先日一年ぶり
に脳波検査をしたところ、今までに見たこともないようなガタガタのひどいもの
でした。自己反省をして処方通りの服用をしていますが、だるさと気持ち悪さに
まいっています。言葉や行動も思っているようにスムーズに出てこなくて、自分
でも閉口してしまうことしばしばです。
脳波の悪化は怠薬と関係あるのでしょうか。今の薬の組み合わせは効果的なので
しょうか。」
=>
現在の内服さえれている抗痙攣剤の「組み合わせ」による
体調の「不具合」が「お受けもちの先生」に伝わっていない
という御相談者の葛藤。

##3
この「2つ」の葛藤に加えて「脳波検査結果」の
「がたがたである」という間違った
「思い込み」が御相談者の苦悩を構成していると見抜きます。




#3
##1
「脳波検査」は抗痙攣剤内服継続しながら
「脳波検査」を施行するものです。

##2
抗痙攣剤を内服しないで「脳波検査」を施行したとしても
それほどに「急変するが如く」
「脳波検査結果」が「異常所見」として変化するとは
思えません。

##3
「脳波検査をしたところ、今までに見たこともないようなガタガタのひどいもの
でした。」
との事ですが。

##4
「お受けもちの先生」の「脳波検査」の「脳波検査診断」
の「御診断」からのものとも思えません。




#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載の如き
「ご苦労」の或は「お悩み」のパターンは
「真性てんかん」をお持ちの患者さんには
必ずといってよいほど「ついて回る」
パターンです。

##3
「「お受けもちの先生」のご意見」として
「内服薬」の「増量」についてですが。

##4
「お受けもちの先生」はとっくに御相談者が
抗痙攣剤を内服不規則にされていることはご存知です
し「見抜かれている」と思います。

##5
「てんかん」の患者さんが長い人生で
抗痙攣剤を規則正しく内服されるなどということは
不可能。

##6
だから「総合的な意味」も含めて
御相談者を「励まし+脅し」ていらっしゃるのであると
今の私は考えます。

##7
だから改めて
「お受けもちの先生」に抗痙攣剤の内服状況を
しっかりと「伝え」
御相談者が悪いわけではないのですが
一応のところ
「御免なさい」を申し上げられて。


##8
しっかりとした抗痙攣剤の今までどおりの
あるいはより適切な
御処方を頂くことが重用であると今の私は考えます。

##9
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##10
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。









上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2004年12月17日 18時31分31秒]

お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*



35歳の女性です。
14歳のときに始めて発作を起こし、てんかんと診断されました。
はじめはテグレトールを、その後テグレトールとデパゲンを併用していました。
18歳で上京し、かかった病院でデパゲンからバレリンに変更しましたが、何年も
の間同じ処方の薬を飲んでいました。いまは、東京に来て3件目の医師の処方で
テグレトール200咫滷害鵑肇┘セグラン100咫滷害鵑鯢用しています
が、辛くてたまりません。
一日3回飲むとなんだか朦朧として、ちょっと酔っているときのような感じで
す。エクセグランに換えた時に血液障害がおこり薬に不信感が残ったこともあ
り、しばらく日に2回しか飲んでいませんでした。減したところたしかに発作
(一瞬意識が飛ぶ)は出やすくなりました。でもなぜか血中濃度はいつも足りて
いました。「発作が出るのならさらに薬を増やそう」と医師は言います。私は
「きちんと3回飲むようにするから待ってくれ」と頼んでいます。先日一年ぶり
に脳波検査をしたところ、今までに見たこともないようなガタガタのひどいもの
でした。自己反省をして処方通りの服用をしていますが、だるさと気持ち悪さに
まいっています。言葉や行動も思っているようにスムーズに出てこなくて、自分
でも閉口してしまうことしばしばです。
脳波の悪化は怠薬と関係あるのでしょうか。今の薬の組み合わせは効果的なので
しょうか。
どうぞ宜しくお願いいたします。
[2004年12月17日 18時16分11秒]

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●

御注意  ここは回答者の回答記入欄です。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談者の御相談の記入欄ではございません。



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●<

山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
▲ 山本クリニックのホームページへ ▲