御相談タイトル:汗腺腫について 



○この美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へとぶ○

美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へ  ヘルプ

●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●

★◎「山本クリニックの「レーザー治療の」のページへとぶ◎★
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)


◇「山本クリニックの「レーザ−豆知識」のページへとぶ◇
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)





☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭    URL
ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持が大変によく判る御相談です。

なおこの御相談は「汗腺腫:hydradenoma」の御相談
であり
「汗管腫(かんかんしゅ)」の御相談とは異なるから
お間違えの無いようにされてください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「はっきりとした原因もわからず、思い悩んでいます。」
との事です。
=>
「汗腺腫:hydradenoma」は「原因のわからないもの」
でもありません。

「汗腺:かんせん」
が「アポクリン汗腺」或いは「エクリン汗腺」の「2種類」が御座います。
=>
「汗腺腫:hydradenoma」は
###1
「エクリン汗腺細胞」の「分泌細胞」への分化を示す腫瘍と考える。
###2
「エクリン汗腺」 の器官全要素に及ぶ腫瘍と考える。
の「2種類」の「説」が御座います。
後者=###2が有力であると今の私は考えます。

「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」の「一種」であるから
「それ以上」の原因を考えても致し方が御座いません。

「汗腺腫:hydradenoma」の「治療戦略」は大部分は手術による
摘出で御座います。
御相談者の御悩みの「根源」はここにあると考えます。

「摘出」した組織を「病理組織」で検査して「確定診断」
とするので手術を行なう意義はここにも御座います。

御相談者の「御心配「点」」は。
###1
「最近またその腫瘍が少しおおきくなりはじめ」との
「汗腺腫:hydradenoma」の「再発」の現実への御心配。
###2
「また手術の縫合したところも瘢痕化したようになり」と
「手術」による「手術創傷痕」の「瘢痕」=「スカー:scar」
への御心配。
###3
「両眉毛のあたりもはれてきました。」との「多発性」の
御心配。

下記順を追って御回答致します。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++





#1
##1
「汗腺腫についてお尋ねします。
15年ほど前から、鼻の下にぶつぶつと皮膚が隆起しはじめ、
腫瘍状のものができました。
かなり大きな腫瘍となり、検査をするとはっきりとした病名は、
覚えていませんが
毛管にできるのう胞性の汗腺腫との診断をうけ、
3年ほどまえにその腫瘍を切除する手術をしました。

そのとき、先生からは、切除してもまたおおきくなる可能性があると
説明をうけました。

最近またその腫瘍が少しおおきくなりはじめ、
両眉毛のあたりもはれてきました。また手術の縫合したところも瘢痕化
したようになり、気になり始めています。

なにか効果的な治療がありますでしょうか。
反復しての手術となると、手術のあともさらに悪くなるのでしょうか?

はっきりとした原因もわからず、思い悩んでいます。
 

福岡に住む40歳女性です。」
との事です。









#2
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「汗腺腫瘍」は様々なものが御座います。
御相談者の御相談の御記載内容からは「汗腺腫瘍:sweat gland tumo(u)r」
の中でも「汗腺腫:hydradenoma」と「病理組織学的診断」を
確定されているようで御座います。

##3
御相談者の御相談内容からは
「15年ほど前から、鼻の下にぶつぶつと皮膚が隆起しはじめ、
腫瘍状のものができました。
かなり大きな腫瘍となり、検査をするとはっきりとした病名は、
覚えていませんが
毛管にできるのう胞性の汗腺腫との診断をうけ、
3年ほどまえにその腫瘍を切除する手術をしました。」
との事です。

##4
「検査をするとはっきりとした病名は、
覚えていませんが」の「意味」が判断できません。
申し訳ございません。

##5
けれども
「毛管にできるのう胞性の汗腺腫との診断をうけ、
3年ほどまえにその腫瘍を切除する手術をしました。」
との事です。

##6
このときの組織は「病理組織学的診断」に回っているはずですから
「病理組織学的診断」=「毛管にできるのう胞性の汗腺腫との診断をうけ」
に「間違いはない」と仮定させて頂き御回答を
進めます。

##7
「なにか効果的な治療がありますでしょうか。
反復しての手術となると、手術のあともさらに悪くなるのでしょうか?
はっきりとした原因もわからず、思い悩んでいます。」
との事です。

##8
「汗腺腫:hydradenoma」について#2に簡単にご説明致します。




#2
##1
「汗腺腫瘍」=「汗腺腫」と仮定いたします。
##2
「汗腺腫」とは「エクリン汗腺」及び「アポクリン汗腺」器官に
発生するすべての「良性腫瘍」に対して名づけられたもので
御座います。

##3
##1
「汗腺腫」はおおむね次の「3種類」に分類致します。
##2
###1
「結節状汗腺腫」
###2
「充実性嚢胞性汗腺腫」
###3
いわゆる「皮膚混合腫瘍」
で御座います。


##4
御相談者の御相談の御記載内容からは
「「病理組織学的診断」=「毛管にできるのう胞性の汗腺腫との診断をうけ」
との事です。
よりまして
##3の###2の「充実性嚢胞性汗腺腫」に相当する
「病態」であると今の私は考えます。






#4
##1
「汗腺腫:hydradenoma」は
通常1個だけですがまれに多発いたします。

##2
0.5−6cmくらいの円形の平らな「硬い」しこりとして
触れます。

##3
御婦人におおいものです。

##4
これは「汗腺腫:hydradenoma」の「特徴」として大変重用な「点」
のですが。
「汗腺腫」の病態は「皮膚の真皮」にあり
「結合組織」(コラーゲンのようなもの)で取り囲まれています。

##5
だから「汗腺腫:hydradenoma」は皮下まで・
かなり「深い」ところに「根」があるわけで御座います。

##6
「「深い」ところに「根」」は「形成外科専門医先生」にとっては
御顔の「汗腺腫:hydradenoma」の場合術後の「手術創傷痕」も
考えると「大変なプレッシャー」になりえます。

##7
だから「汗腺腫:hydradenoma」については「手術」による
「摘出手術」が「治療戦略」なのですが。
「形成外科専門医先生」の「腕前」によって「再発率」は
大きく左右されます。

##8
よりまして「汗腺腫:hydradenoma」は「結果論」として
基本的には「再発性」であることが多いものです。

##9
「3年ほどまえにその腫瘍を切除する手術をしました。
そのとき、先生からは、切除してもまたおおきくなる可能性があると
説明をうけました。」=「切除しても大きくなる」=「再発」
という意味です。

##10
この「お受けもちの先生」の御相談者への「お話し」の
根底は##4-##8の「汗腺腫:hydradenoma」独特の性状による
ものです。


##9
また「多発性」は稀なのですが。
「最近またその腫瘍が少しおおきくなりはじめ、
両眉毛のあたりもはれてきました。また手術の縫合したところも瘢痕化
したようになり、気になり始めています。」と
「「両側性」眉毛」の「腫れてきた」は
多発性の「汗腺腫:hydradenoma」の可能性が御座います。





#5
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「はっきりとした原因もわからず、思い悩んでいます。」
との事です。
=>
「汗腺腫:hydradenoma」は「原因のわからないもの」
でもありません。

「汗腺:かんせん」
が「アポクリン汗腺」或いは「エクリン汗腺」の「2種類」が御座います。
=>
「汗腺腫:hydradenoma」は
###1
「エクリン汗腺細胞」の「分泌細胞」への分化を示す腫瘍と考える。
###2
「エクリン汗腺」 の器官全要素に及ぶ腫瘍と考える。
の「2種類」の「説」が御座います。
後者=###2が有力であると今の私は考えます。

##3
「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」の「一種」であるから
「それ以上」の原因を考えても致し方が御座いません。

##4
 「汗腺腫:hydradenoma」の「治療戦略」は大部分は手術による
摘出で御座います。
御相談者の御悩みの「根源」はここにあると考えます。

##2
「摘出」した組織を「病理組織」で検査して「確定診断」
とするので手術を行なう意義はここにも御座います。

##3
「最近またその腫瘍が少しおおきくなりはじめ、
両眉毛のあたりもはれてきました。また手術の縫合したところも瘢痕化
したようになり、気になり始めています。

なにか効果的な治療がありますでしょうか。
反復しての手術となると、手術のあともさらに悪くなるのでしょうか?」
との事です。

##4
御相談者の「御心配「点」」は。
###1
「最近またその腫瘍が少しおおきくなりはじめ」との「汗腺腫:hydradenoma」
の「再発」の現実への御心配。
###2
「また手術の縫合したところも瘢痕化したようになり」と
「手術」による「手術創傷痕」の「瘢痕」=「スカー:scar」
への御心配。
###3
「両眉毛のあたりもはれてきました。」との「多発性」の
御心配。

##5
##4の###1に関しては「再発」に対する「手術」を
「形成外科専門医先生」の「お受けもちの先生」に
「いつごろに」「どのようにして」「手術」をしたらよいかをじっくり
御相談されてみては如何でしょうか。

##4の###2に関しては
「再発」に対する「手術」=「再手術」により「メス」を入れれば
「瘢痕」=「スカー:scar」は「切除」されます。

##6
けれども「鼻の下」の「手術」は
「手術創傷痕」が「創傷痕」には「創傷ライン」と直角の外力が必ず働きます
がこの傾向の強い「部位」なので「手術創傷痕」が
「瘢痕」=「スカー:scar」として目立たないように
「お受けもちの先生」=
「形成外科専門医先生」ともよく御相談されていただくと
宜しいと今の私は考えます。







#5結論:
##1
「汗腺腫」とは「エクリン汗腺」及び「アポクリン汗腺」器官に
発生するすべての「良性腫瘍」に対して名づけられたもので
御座います。

##2
「汗腺腫:hydradenoma」はおおむね次の「3種類」に分類致します。
##2
###1
「結節状汗腺腫」
###2
「充実性嚢胞性汗腺腫」
###3
いわゆる「皮膚混合腫瘍」
で御座います。

##3
御相談者の御相談の御記載内容からは
「充実性嚢胞性汗腺腫」のように今の私は考えます。

##4
通常1個だけですがまれに多発いたします。

##4
0.5−6cmくらいの円形の平らな「硬い」しこりとして
触れます。

##5
御婦人におおいものです。

##6
「汗腺腫」の「治療戦略」は大部分は手術による摘出で御座います。

##7
「摘出」した組織を「病理組織」で検査して「確定診断」
とするので手術を行なう意義はここにも御座います。

##8
「最近またその腫瘍が少しおおきくなりはじめ、
両眉毛のあたりもはれてきました。また手術の縫合したところも瘢痕化
したようになり、気になり始めています。
なにか効果的な治療がありますでしょうか。
反復しての手術となると、手術のあともさらに悪くなるのでしょうか?
はっきりとした原因もわからず、思い悩んでいます。」
との事です。
 
お気持ちはよく判ります。

##9
やはり手術の上手な先生におねがいして
「手術」で摘出するのが宜しいと今の私は考えます。

##10
やはり「痕」は残りますが
「お受けもちの先生」が「形成外科専門医先生」であれば
「綺麗にお願い」で様々に御相談されてみては如何でしょうか。

##11
一刻も早い御相談者の「症状・症候」の寛解の得られること・
一刻も早い「症状・症候」のご回復を心より御祈り申し上げます。










上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2005年4月24日 12時5分35秒]

お名前: 中島美代子   
汗腺腫についてお尋ねします。
15年ほど前から、鼻の下にぶつぶつと皮膚が隆起しはじめ、
腫瘍状のものができました。
かなり大きな腫瘍となり、検査をするとはっきりとした病名は、
覚えていませんが
毛管にできるのう胞性の汗腺腫との診断をうけ、
3年ほどまえにその腫瘍を切除する手術をしました。

そのとき、先生からは、切除してもまたおおきくなる可能性があると
説明をうけました。

最近またその腫瘍が少しおおきくなりはじめ、
両眉毛のあたりもはれてきました。また手術の縫合したところも瘢痕化
したようになり、気になり始めています。

なにか効果的な治療がありますでしょうか。
反復しての手術となると、手術のあともさらに悪くなるのでしょうか?

はっきりとした原因もわからず、思い悩んでいます。
 

福岡に住む40歳女性です。
[2005年4月24日 10時6分55秒]
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。
ご相談者の記入欄ではございません。
御相談の書き込みをされる場合は次の2つの方法があります。
方法1
「美容外科・形成外科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」を
クリックされて下さい。
方法2
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」
へとぶ ○



●もう一度美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。ここは回答者記入欄です.
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ ○
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページTOPへ