御相談タイトル:「末梢性顔面神経麻痺」と「顔面表情筋」萎縮 



○この美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へとぶ○

美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へ  ヘルプ

●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●

★◎「山本クリニックの「レーザー治療の」のページへとぶ◎★
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)


◇「山本クリニックの「レーザ−豆知識」のページへとぶ◇
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)





☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭    URL
これはお可愛そうですね。
さぞかしにご心配とご心労のことと存じます。


#1
##1
「はじめまして。左顔面神経麻痺に悩む22歳の女性です。
 
私は4歳の時に事故に遭い外傷性の左顔面神経麻痺になりました。
今までいくつかの病院に通院し今は東京の病院まで通院しています。
その病院で今まで4回ほど手術をしましたが、今でも顔面の麻痺が残り
主に兎眼、鼻唇溝の消失、口角の挙上不可、額のしわ寄せ不可、
涙の過剰分泌などがあります。
普通にしているぶんには麻痺があるようには見えないのですが、
笑うと右の口角だけ挙上され顔がひきつっているように見え、
周りにいる人から白い目でみられているようで
絶えられません。
 
どうにかして左の口角も挙上させて普通に、
顔面神経麻痺以前のように普通に笑えるようになりたいにのです。
しかし、今通っている病院では2回目の手術以降そういったことよりも
今までの手術の傷跡が気になるなら、したいなら手術する、
といったことばかりで顔面神経麻痺のことは出てきません。
今までの4回の手術は小2のときに神経の移植、小3のときに
太ももの筋肉を移植しました。後の2回は移植した筋肉が上のほうに
引っ張られてきたとのことで下に引っ張る手術をしました。
担当医に「口がまがるのは治らないのでしょうか?」と
聞いたところ、鼻唇溝をきってうんちゃらかんたらと説明され傷が
残るので皺が出てくる40代くらいにやったほうがよいといわれました。
私は今治したいのです。
おばさんになってから治っても意味がありません。
 
今の病院には感謝していますが
通院しても対応が何も変わらず嫌になりここ2年ばかり通っていません。
このままではいけないと思うのですが通うきになれません。
 
顔面神経麻痺は早期に治療しなければいけないと聞きます。
麻痺になってから時間がかなり経過していますが、手術によって麻痺が完全に
治り普通に笑えるとうのはもう現在では無理なのでしょうか?
両方の口角を挙上させ思いっきり笑いたいです。
本当に悩んでいます。長くなってしまってすいません。
アドバイス宜しくお願いします。」
との事です。



#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させていただきました。

##2
「といったことばかりで顔面神経麻痺のことは出てきません。
今までの4回の手術は小2のときに神経の移植、小3のときに
太ももの筋肉を移植しました。後の2回は移植した筋肉が上のほうに
引っ張られてきたとのことで下に引っ張る手術をしました。」
との事です。

##3
「顔面表情筋」を通電させる「末梢性顔面神経」の「移植」は
小学校4年のときに既に終わられているようです。

##4
##3であれば「顔面表情筋」を通電する「末梢性顔面神経」
はすでに「配線」修了されていると考えます。

##5
それでもなおかつ
「、今でも顔面の麻痺が残り
主に兎眼、鼻唇溝の消失、口角の挙上不可、額のしわ寄せ不可」
はおのおおの「末梢性顔面神経」が通電する
「顔面表情筋」の「萎縮」=「廃用性筋萎縮」が極めて
大きな要素をなしていらっしゃると今の私は考えます。

##6
「顔面表情筋」への「末梢性顔面神経」の「通電状況」を
調べるためには「末梢性顔面神経刺激装置」或は
「筋電図・誘発筋電図・神経伝道速度(感覚・運動)」
にて容易に可能で御座います。



#3
##1
因みに
「涙の過剰分泌などがあります。」との「症状・症候」は
「ワニの涙症候群」と呼称される「症状・症候」で御座います。

##2
「ワニの涙症候群」を合併している場合は
「大錐体神経」という神経を「開頭手術」をして切除する「治療戦略」
が御座います。

##3
けれども「ワニの涙症候群」自体は「食事」のとき以外は
他のヒトにもまずわからないものなので不自由でしょうが
これはさておかれて・「「治療戦略」はある」ということのみ
覚えられて・そのままにされるほうが宜しいです。




#4
##1
「末梢性顔面神経麻痺」のあと「顔面表情筋」の「萎縮」=「廃用性筋萎縮」
がくると御相談者の御相談内容要旨御記載のような「症状・症候」
に至ります。

##2
「顔面表情筋」への「末梢性顔面神経」が「通電」されていてもです。

##3
「あかちゃん」が泣いて「目をぎゅっとつぶっているとき」
おとなでも目をあけさせることは困難です。

##4
「顔面表情筋」という「筋肉」は「小さいですが」大変に「筋力」の強い
「筋肉」であると思われて下さいますか。

##5
だから「顔面表情筋」が様々な理由で「萎縮」=「廃用性筋萎縮」
してしまうと「左右不対象」=「アシンメトリー:asynmetory」は
極めて深刻です。

##6
今からでも遅くはないですから。
ひとりのときなど
御自分の「顔面表情筋」を「お化粧鏡」をみながら
両手を使って「左右不対象」=「アシンメトリー:asynmetory」と
「正反対」に「引っ張られて下さい」。

##7
御自分の手で「左右不対象」=「アシンメトリー:asynmetory」が
「お化粧鏡」で「見えなくなれば」大変宜しいです。

##8
このようにして是非「萎縮」=「廃用性筋萎縮」に至った「顔面表情筋」
を「目を覚まさせて」いただけますか。
「左右不対象」=「アシンメトリー:asynmetory」から
「目を覚まさせて」いただけますか。




#5結論:
##1
「顔面神経麻痺は早期に治療しなければいけないと聞きます。
麻痺になってから時間がかなり経過していますが、手術によって麻痺が完全に
治り普通に笑えるとうのはもう現在では無理なのでしょうか?」
との事です。

=>
そのようなことはありません。

##2
但し念のため「末梢性顔面神経刺激装置」或は
「筋電図・誘発筋電図・神経伝道速度(感覚・運動)」
にて「末梢性顔面神経」と「顔面表情筋」との通電状況は
チエックしていただいたほうが宜しいかもしれません。

##3
「顔面表情筋」という「筋肉」は「小さいですが」大変に「筋力」の強い
「筋肉」であると思われて下さいますか。

##4
だから「顔面表情筋」が様々な理由で「萎縮」=「廃用性筋萎縮」
してしまうと「左右不対象」=「アシンメトリー:asynmetory」は
極めて深刻です。

##5
今からでも遅くはないですから。
ひとりのときなど
御自分の「顔面表情筋」を「お化粧鏡」をみながら
両手を使って「左右不対象」=「アシンメトリー:asynmetory」と
「正反対」に「引っ張られて下さい」。

##6
御自分の手で「左右不対象」=「アシンメトリー:asynmetory」が
「お化粧鏡」で「見えなくなれば」大変宜しいです。

##7
このようにして是非「萎縮」=「廃用性筋萎縮」に至った「顔面表情筋」
を「目を覚まさせて」いただけますか。
「左右不対象」=「アシンメトリー:asynmetory」から
「目を覚まさせて」いただけますか。

##8
あと「マインド」のある「顔面表情筋」或は「末梢性顔面神経麻痺」後遺症
がお得意な「顔面表情筋」をトータルに評価できる
先生を「お受けもちの先生」にされると宜しいと今の私は考えます。


##9
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早い「左右不対象」=「アシンメトリー:asynmetory」
よりのご回復を心より御祈り申し上げます。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2004年7月29日 8時55分18秒]

お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


はじめまして。左顔面神経麻痺に悩む22歳の女性です。
 
私は4歳の時に事故に遭い外傷性の左顔面神経麻痺になりました。
今までいくつかの病院に通院し今は東京の病院まで通院しています。
その病院で今まで4回ほど手術をしましたが、今でも顔面の麻痺が残り
主に兎眼、鼻唇溝の消失、口角の挙上不可、額のしわ寄せ不可、
涙の過剰分泌などがあります。
普通にしているぶんには麻痺があるようには見えないのですが、
笑うと右の口角だけ挙上され顔がひきつっているように見え、
周りにいる人から白い目でみられているようで
絶えられません。
 
どうにかして左の口角も挙上させて普通に、
顔面神経麻痺以前のように普通に笑えるようになりたいにのです。
しかし、今通っている病院では2回目の手術以降そういったことよりも
今までの手術の傷跡が気になるなら、したいなら手術する、
といったことばかりで顔面神経麻痺のことは出てきません。
今までの4回の手術は小2のときに神経の移植、小3のときに
太ももの筋肉を移植しました。後の2回は移植した筋肉が上のほうに
引っ張られてきたとのことで下に引っ張る手術をしました。
担当医に「口がまがるのは治らないのでしょうか?」と
聞いたところ、鼻唇溝をきってうんちゃらかんたらと説明され傷が
残るので皺が出てくる40代くらいにやったほうがよいといわれました。
私は今治したいのです。
おばさんになってから治っても意味がありません。
 
今の病院には感謝していますが
通院しても対応が何も変わらず嫌になりここ2年ばかり通っていません。
このままではいけないと思うのですが通うきになれません。
 
顔面神経麻痺は早期に治療しなければいけないと聞きます。
麻痺になってから時間がかなり経過していますが、手術によって麻痺が完全に
治り普通に笑えるとうのはもう現在では無理なのでしょうか?
両方の口角を挙上させ思いっきり笑いたいです。
本当に悩んでいます。長くなってしまってすいません。
アドバイス宜しくお願いします。
[2004年7月29日 8時25分47秒]
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。
ご相談者の記入欄ではございません。
御相談の書き込みをされる場合は次の2つの方法があります。
方法1
「美容外科・形成外科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」を
クリックされて下さい。
方法2
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」
へとぶ ○



●もう一度美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。ここは回答者記入欄です.
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ ○
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページTOPへ