御相談タイトル:アテローマ 



○この美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へとぶ○

美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へ  ヘルプ

●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●

◎「山本クリニックの「レーザー治療の」のページへとぶ◎
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)


◇「山本クリニックの「レーザ−豆知識」のページへとぶ◇
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)





☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
ご心配なことと存じます。

これはお大変ですね。
けれども困りましたね。

御相談者の御相談内容からは
「感染性粉瘤(アテローマ)」の「症状・症候」の
即ち大きさとか広がりが判りません。
御回答限界で御座います。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。


#1
##1
「37歳 女性です。
4年前に左の耳たぶの裏にアテローマが出来、
皮膚科にて、中身を出していただきました。
その後、1年半後ごとに2回再発しました。
2回目の再発は、今年の4月末です。
今年の6月に、耳タブの表側(ピアス穴の付近)にも発生しました。
10月には右の耳の裏にも発生し、そして今回、左耳の裏側、
3度目の再発と思われます。
2度目以降は近所の耳鼻科にて中身を出していただいていましたが、
6月に通院した際に、手術をしたほうがよいかと問いましたところ、
通常は1ヶ月位で再発するのに、間隔がかなりあるので、
そこまでの必要はないでしょう。
とのお答えでした。
しかし、このように何度も再発し、
その度に抗生物質の服用に不安があります。
手術にて、袋を取り除いてしまった方がよいのでしょうか?
そして、両耳の手術が必要でしょうか?
先生の、掲示板を読ませていただきましたが、
ピアスの穴に原因があるのかも知れません。
約10年前に、産婦人科にてピアスの穴をあけていただきましたが、
その後、左の耳の状態が
あまりよくありませんでした。」
との事です。


#2
##1
「感染性粉瘤(アテローマ)」の状態で」
総計3回の再発をされています。
##2
「2度目以降は近所の耳鼻科にて中身を出していただいていましたが、
6月に通院した際に、手術をしたほうがよいかと問いましたところ、
通常は1ヶ月位で再発するのに、
間隔がかなりあるので、そこまでの必要はないでしょう。
とのお答えでした。」
との事です。

##3
確かに様子見という方法は御座います。
確かに「方法」のひとつです。

##4
なぜかというと「簡単そうでいて」御相談者の
「感染性粉瘤(アテローマ)」の
手術はかなり「難易度」が高いです。



#3
##1
まず多発性であり、
「こじらしてしまっている」こと。
##2
「多発性粉瘤(アテローマ)」の「根っこ」が皮下で連絡している
可能性のあること。
##3
通常の「粉瘤」の手術のみでなく「耳介形成」
の必要の可能性もあること。
##4
「両側性」であることなど。
##4
上記が何れも「難易度」の高い可能性要素になりえます。




#4
##1
「ピアスの穴に原因があるのかも知れません。
約10年前に、産婦人科にてピアスの穴をあけていただきましたが、
その後、左の耳の状態が
あまりよくありませんでした。」
との事です。
##2
この可能性は極めて高いです。

##3
よって場合によっては「形成外科」的には「ピアスホール」も
早急に処置が必要かもしれません。



#4結論:
##1
まずは大学病院の「形成外科」外来を御受診されるのが
宜しいと今の私は考えます。

##2
手術の可能性と今まだピアスをされていらっしゃるようであれば
この「対策」についても御相談されてみて下さい。

##3
すぐには手術にはならないような気が致しますが。

##4
やはりこのまま放置され「保存的治療法」では
解決しない可能性も御座います。

##5
また今より「症状・症候」が次第に強くなる可能性が
「遅発性ピアストラブル」であればある可能性が
御座います。

##6
「耳鼻科専門医先生」の先生がおっしゃられたように
様子見か手術をされるかは御相談者の「決断」ひとつで
あろうと今の私は考えます。

##7
御相談者は御不安であろうと存じます。
御相談者と同様の事例は多いものです。

##8
必ずや今の「現状」は乗り越えられます。
だから絶対に慌てられませんように。



##9
心より
御幸運をお祈り申し上げます。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2003年12月7日 14時47分20秒]

お名前: 匿名希望   
初めてメールさせていただきます。37歳 女性です。
4年前に左の耳たぶの裏にアテローマが出来、皮膚科にて、中身を出していただきました。
その後、1年半後ごとに2回再発しました。2回目の再発は、今年の4月末です。
今年の6月に、耳タブの表側(ピアス穴の付近)にも発生しました。
10月には右の耳の裏にも発生し、そして今回、左耳の裏側、3度目の再発と思われます。
2度目以降は近所の耳鼻科にて中身を出していただいていましたが、
6月に通院した際に、手術をしたほうがよいかと問いましたところ、
通常は1ヶ月位で再発するのに、間隔がかなりあるので、そこまでの必要はないでしょう。
とのお答えでした。
しかし、このように何度も再発し、その度に抗生物質の服用に不安があります。
手術にて、袋を取り除いてしまった方がよいのでしょうか?
そして、両耳の手術が必要でしょうか?
先生の、掲示板を読ませていただきましたが、ピアスの穴に原因があるのかも知れません。
約10年前に、産婦人科にてピアスの穴をあけていただきましたが、その後、左の耳の状態が
あまりよくありませんでした。
お忙しいところ申し訳ありませんが、ご回答の程、よろしくお願い致します。
[2003年12月7日 13時46分22秒]

ここは回答者記入欄です。
ご相談者の記入欄ではございません。
御相談の書き込みをされる場合は次の2つの方法があります。
方法1
「美容外科・形成外科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」を
クリックされて下さい。
方法2
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」
へとぶ ○



●もう一度美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。ここは回答者記入欄です.
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ ○
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページTOPへ