御相談タイトル:右親指のアテローマ 



○この美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へとぶ○

美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へ  ヘルプ

●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●

★◎「山本クリニックの「レーザー治療の」のページへとぶ◎★
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)


◇「山本クリニックの「レーザ−豆知識」のページへとぶ◇
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)





☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭    URL
ご心配なことと存じます。

右親指の「粉瘤=アテローマ」しかも「感染性粉瘤」であるという
「御診断」が正しいものと「仮定」させて頂きます。

指の「爪の付け根」にできる「粉瘤=アテローマ」は珍しいのですが。

下記順を追って御回答致します。






#1
##1
「はじめまして。
42歳の主婦です。
今回相談さしていただくのは初めてなのですが,
どうしても心配なことがありまして書きこみさしていただきます。
さっそくですが…
以前から右親指の爪の付け根が腫れが気になり,
形成外科に10月5日に受診しに行きました。
アテローマと診断され,切開して中の膿を掻き出しました。
その日から抗生剤と消毒を1週間続けるように言われ,続けました。
ですが,10月10日くらいから痛みが出てきて,指を臭うと異臭を感じました。
そして10月12日に抜糸をしに行ったのですが,
その時に担当医に痛みが出てきたことを伝えると
「ふくろを取っていないから,再発したんじゃないか。
 そのふくろを取るには指をえぐらないとだめ。
 そうすると,指の皮膚が陥没する。」と言われました。
今週の15日にまた受診しに行くのですが,そんな事を言われ,
本当にその担当医の診断が合っているのかとても不安に感じています。
ご回答をよろしくおねがいいたします。」
との事です。






#2
##1
「以前から右親指の爪の付け根が腫れが気になり,
形成外科に10月5日に受診しに行きました。
アテローマと診断され,切開して中の膿を掻き出しました。
その日から抗生剤と消毒を1週間続けるように言われ,続けました。
ですが,10月10日くらいから痛みが出てきて,指を臭うと異臭を感じました。
そして10月12日に抜糸をしに行ったのですが,」
との事です。


##2
「感染性粉瘤:感染性アテローマ」の場合は「粉瘤=アテローマ」の中身
は「くさやとチーズを水に10日間」漬け込んだような「異臭」のある
「内容物」が特徴で御座います。

##3
「粉瘤=アテローマ」で「感染性粉瘤:感染性アテローマ」の状態のときには
「切開手術」を行い「内容物」とともに
「カプセル(被膜)」が残っていると粉瘤は「再発」するので
「カプセル(被膜)」の除去をも行ないます。

##4
##3は「粉瘤=アテローマ」「治療戦略」に「基本」なのですが
どうしても「カプセル(被膜)」をとることが「大変」なことが
御座います。

##5
##4のようなときには「切開手術」にて「内容物」を
外に出して
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「抗生物質」の「経静脈投与」
を施行致します。

##6
「粉瘤=アテローマ」の「内容物のみを外に出す」場合は
再発は明らかなので「切開手術」はしても「小さな「切開法」」に留め
「縫合」は決して致しません。
また縫合の必要な「切開法」は「内容物のみを外に出す」のであれば
施行いたしません。

##7
これは「感染性粉瘤:感染性アテローマ」に限らず「感染症皮膚「病態」」の
鉄則で御座います。






#3
##1
「そして10月12日に抜糸をしに行ったのですが,
その時に担当医に痛みが出てきたことを伝えると
「ふくろを取っていないから,再発したんじゃないか。
 そのふくろを取るには指をえぐらないとだめ。
 そうすると,指の皮膚が陥没する。」と言われました。
今週の15日にまた受診しに行くのですが,そんな事を言われ,
本当にその担当医の診断が合っているのかとても不安に感じています。」
との事です。

##2
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##3
けれども「感染性粉瘤:感染性アテローマ」で
「カプセル(被膜)」が残っていると粉瘤は「再発」するので
「カプセル(被膜)」を除去した結果「皮膚が陥没」することは
ないであろうと今の私は考えます。

##4
「粉瘤=アテローマ」の手術は「簡単そうでいていざ行なおうとすると」
「思いもよらぬ難所」があり「「カプセル(被膜)」ごと摘出」が
結構に難易度の高い「手術」であることがわかるものです。

##5
御相談者の御相談の御記載内容からは
###1
止むを得ずも「結果論」からは
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」が
十分ではなかった。

###2
「指の外科」は特殊なので「指」に「粉瘤=アテローマ」ができたときは
「内容物のみを外に出す」「摘出手術」の場合は通常は「切開法」のみで
「切開縫合法」は行なわれないのだけれども。
「お受けもちの先生」も「深い御考え」があってのことと考えますが。
「切開縫合法」で「縫合」が「感染巣」におこなわれている。
といった
点が思いつきます。

##6
「「ふくろを取っていないから,再発したんじゃないか。
 そのふくろを取るには指をえぐらないとだめ。
 そうすると,指の皮膚が陥没する。」との事です。

##7
##6のようなこともないと今の私は考えます。
けれども「総合的」に考えると
御相談者の御相談の御記載内容からは御相談者の
右親指の「粉瘤=アテローマ」の「手の皮膚外科」の難易度は
かなり「高い」です。

##8
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。






#4
##1
###1
「お受けもちの先生」が「抜糸」後にどのような処置をされているのか
###2
また御相談者の「「抜糸」後の「粉瘤=アテローマ」の状態が
今現在はどのような状態なのか
の「2点」につき
御記載がなくわかりづらく御回答限界でもあるのですが。

##2
「しっかりなおされる」「切開手術」をすると
「右親指」であるがゆえに「主婦である御相談者」の
「日常生活」にかなり支障がでることも
事実です。

##3
##2のこのような点を#3の##4に「「思いもよらぬ難所」があり」
と御回答し
#3の##5の###2に
「「お受けもちの先生」も「深い御考え」があってのことと考えますが。」
と御回答いたしたのです。

##4
「お受けもちの先生」とよく御相談されて頂き
「主婦であられる御相談者」の「右親指の「粉瘤=アテローマ」」の
「治療戦略」で「完璧な手術」を行なうのであれば
「お受けもちの先生」から大学病院の「形成外科専門医先生」を
ご紹介していただいてみては如何でしょうか。

##5
また「妥協的に」散らすのであれば心おきなく
「お受けもちの先生」とさまざまに御相談者がさまざまな局面につけ
御相談されてみては如何でしょうか。





#5結論:
##1
「主婦」の「右親指」にできた「粉瘤=アテローマ」の手術の難易度
は上記の様に「高く」、
「主婦」の「日常生活やお仕事」の観点から考えると「奥の深い考え方」
をしないと難しいものがあると今の私は考えます。

##2
いずれにしても右親指の「付け根」の「「感染性「病態」」
としての「御診断」が「粉瘤=アテローマ」間違いないと
仮定して上記御回答致しました。

##3
「右親指の「付け根」」の「「感染性「病態」」には
「ひょう疽:ひょうそ:(panarityium)」や
「化膿性爪周囲炎(pyogenic paronychia)」や
その他の「病態」も
ありますから
御留意下さい。

##4
一刻も早い御相談者の「症状・症候」の寛解の得られること・
一刻も早い「症状・症候」のご回復を心より御祈り申し上げます。









上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。







何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。
[2004年10月14日 9時37分48秒]

お名前: 谷口   
はじめまして。
42歳の主婦です。
今回相談さしていただくのは初めてなのですが,
どうしても心配なことがありまして書きこみさしていただきます。
さっそくですが…
以前から右親指の爪の付け根が腫れが気になり,
形成外科に10月5日に受診しに行きました。
アテローマと診断され,切開して中の膿を掻き出しました。
その日から抗生剤と消毒を1週間続けるように言われ,続けました。
ですが,10月10日くらいから痛みが出てきて,指を臭うと異臭を感じました。
そして10月12日に抜糸をしに行ったのですが,
その時に担当医に痛みが出てきたことを伝えると
「ふくろを取っていないから,再発したんじゃないか。
 そのふくろを取るには指をえぐらないとだめ。
 そうすると,指の皮膚が陥没する。」と言われました。
今週の15日にまた受診しに行くのですが,そんな事を言われ,
本当にその担当医の診断が合っているのかとても不安に感じています。
ご回答をよろしくおねがいいたします。
[2004年10月13日 23時50分23秒]
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。
ご相談者の記入欄ではございません。
御相談の書き込みをされる場合は次の2つの方法があります。
方法1
「美容外科・形成外科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」を
クリックされて下さい。
方法2
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」
へとぶ ○



●もう一度美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。ここは回答者記入欄です.
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ ○
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページTOPへ