御相談タイトル:にきびあと治療のレーザーフェイシアル 



○この美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へとぶ○

美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へ  ヘルプ

●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●

◎「山本クリニックの「レーザー治療の」のページへとぶ◎
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)


◇「山本クリニックの「レーザ−豆知識」のページへとぶ◇
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)





☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
ご心配なことと存じます。
#1
##1
「33歳女です。
にきび痕で悩んでいます。にきびあと治療でレーザーフェイシアルに興味を
もっています。週一回は東京まで通院が可能です。


2年前に両ほほの顔のにきびあと治療に一度クールタッチレーザーを
地元の先生でしいただいたのですがのですが。
あまりかわらなくてほかにも理由もあったので中止しました。
その後昨年に私の職場の友人が山本先生のレーザーフェイシアルをして
いただいたことを聞きました。みていてとても綺麗にいってほんとうに
うらやましいとおもっています。

相談のポイント
何回目くらいから治療効果はわかるものでしょうか。
レーザー治療のあとは友人の場合は毎週通っていてわかりませんでした。
これは私でも赤くなったりかさぶたになったりしないかということと、
あと大体でいいのですが費用のこともおしえていただけますでしょうか。
できれば是非ともお願いしたいと思っています。
お忙しいところ申し訳ありません。

あと車で通院したいと考えています。大丈夫でしょうか。
お忙しいところをよろしくおねがいいたします。」
との事です。

##2
「回数」は多ければば多いほど宜しいです。
##3
「6-10-16回の法則」というのがございます。
##4
両側「にきび痕」の場合は16回以上は「レーザー光照射」された
方が宜しいです。
##5
タッチレーザーのご経験があるので「レーザー感覚」はお持ちであろう
と考えます。
##6
送るまでの通院は勿論可能ですが。
##7
駐車場は広いから駐車場の「お車」の中で仮眠をとられている
患者さんもいらっしゃいます。




#2
まずレーザーの「お話」を少し致します。
##1
まず「タッチ」とは「接触する」という意味ですね。
##2
けれども
レーザー光は「まっすぐ進む細い線」だから
「タッチ」=「接触する」
必要は何もないわけですね。




#3
##1
ここで「洗濯物にアイロンをかける」場面を思い出してください。
##2
「アイロン」は熱い。
「けれどもぴったりくっつけなければ」しわ
(「にきび痕」のようなもの)は
のびませんね。




#4
##1
おかおも「アイロン」もしかけれたらば「メス」を使わずに
「しわ伸ばし」や「フェイシャル」ができるのに。
と
だれもが考えます。
##2
これがレーザーフェイシアルの「起源」です。
 
 



#5
##1
さて
「おかお」に限らず
「皮膚のレーザー治療・レーザー外科」では。
##2
「皮膚の表皮温度」が45度c以上にあがると。
##3
「治療効果」はでず逆に
「やけど効果」になってしまう
のですね。
##4
よく「色素沈着」が・とか「テカテカする」とか
・といわれることがこの「やけど効果」に相当致します。
##5
これを
「45度c限界表皮温度」といいます。




#6
##1
これを防ぐにはいくつかの考え方があり
さまざまな技術開発がありました。
例えば
##2
###1
「水中」で照射する

###2
照射前に「皮膚温度」をできるだけ下げて置いてレーザー光照射
をする。

###3
レーザー光照射と同時に「冷却」ガスを「同時放射」する。

###4
レーザー光照射と同時に「冷却板」を当てる。

###5
Qスイッチ(キュースイッチ)を付けて「レーザー光照射」を1億分の1秒で
強力なエネルギー照射をしてなおかつ「1秒間」に連発(連続ではありません)
する
###6
その他
がありました。

##3
これら
以上が「45度c限界表皮温度」の
「防御テクニック」です。






#7
##1
以上の「45度c限界表皮温度」に関して。
##2
医療用レーザー光照射治療装置の「製作会社」では
方法開発が一番重要視されてきたものなのですね。





#8
##1
連続波に近いレーザー光照射で「同時に冷す」
のがタッチレーザー
です。
##2
「アイロン型」ともいわれます。
##3
この場合「レーザー光源」の「滅菌・消毒」が大変難しく
ほとんど不可能という「致命傷」
があります。




#9
##1
Qスイッチで「牛乳の消毒」と同じように
「短時間照射(1億分の1秒)」を「1秒間に何10ショpット」も
行なうのがQスイッチレーザー治療・Qスイッチレーザー外科
というものです。
##2
「Qスイッチ型」あるいは「光線型」といわれます。
##3
「タッチ」していなくても
「レーザー光照射」ができるし「ハンドピース」のレンズは
患者さんお1人ごとに「高圧蒸気滅菌」してとり変えます。




#10
##1
このように
タッチされずに「レーザー光照射」を行い
レーザー治療・レーザー外科を行なうのが
Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療と
いわれるものです。

##2
Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療
の行なえる医療用レーザー光照射治療装置があります。




#11
##1
これ
でレーザーフェイシアルの可能な装置が

「QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置」

ということになります。

##2
それ以外は
タッチレーザーで「アイロン型」レーザー治療という
ことになりますね。

##3
タッチレーザーも「波長」は「ヤグ系」なのですが。




#12
##1
「御費用」は「「にきび痕」レーザーフェイシアル」の場合
面積が広いので
「1回(日)」に16万円「御費用」がかかります。

##2
回数は「6-10-16回の法則」という「レーザー治療」の
法則があるのですが
10回(日)は必要な気が致します。

##3
だから
「1回(日)」16万円x10回(日)=「総御費用(消費税込み)」
となります。

##4
「総御費用(消費税込み)」の中にはポストレーザーの御化粧品や
術前に必要な「臨床血液検査」や術後管理の「御費用」などを
全て含みます。

##5
「回数」は多ければば多いほど宜しいです。






#13結論:
##1
けれどもQスイッチはない「光線型」の
CO2(炭酸ガス)レーザーで「大変お上手に」
CO2(炭酸ガス)レーザーフェイシャルをされる先生もいます。



##2
御相談者の御相談内容からは
「にきび痕」のレーザーフエイシヤルは
QスイッチNd・YAGレーザー装置で行なわれるのが宜しいと
今の私は考えます。



##3
「総御費用(消費税込み)」は上記御回答致しました。


頑張って治していきましょう。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。







何卒にお大事にされてくださいませ。
[2004年2月19日 13時47分33秒]

お名前: みつこ   
33歳女です。
にきび痕で悩んでいます。にきびあと治療でレーザーフェイシアルに興味を
もっています。週一回は東京まで通院が可能です。


2年前に両ほほの顔のにきびあと治療に一度クールタッチレーザーを
地元の先生でしいただいたのですがのですが。
あまりかわらなくてほかにも理由もあったので中止しました。
その後昨年に私の職場の友人が山本先生のレーザーフェイシアルをして
いただいたことを聞きました。みていてとても綺麗にいってほんとうに
うらやましいとおもっています。

相談のポイント
何回目くらいから治療効果はわかるものでしょうか。
レーザー治療のあとは友人の場合は毎週通っていてわかりませんでした。
これは私でも赤くなったりかさぶたになったりしないかということと、
あと大体でいいのですが費用のこともおしえていただけますでしょうか。
できれば是非ともお願いしたいと思っています。
お忙しいところ申し訳ありません。

あとできれば車で通院したいと考えています。大丈夫でしょうか。
お忙しいところをすみません。よろしくおねがいいたします。
[2004年2月19日 11時45分26秒]

ここは回答者記入欄です。
ご相談者の記入欄ではございません。
御相談の書き込みをされる場合は次の2つの方法があります。
方法1
「美容外科・形成外科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」を
クリックされて下さい。
方法2
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」
へとぶ ○



●もう一度美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。ここは回答者記入欄です.
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ ○
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページTOPへ