御相談タイトル:顔面毛庖性紅斑黒皮症 



○この美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へとぶ○

美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へ  ヘルプ

●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●

★◎「山本クリニックの「レーザー治療の」のページへとぶ◎★
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)


◇「山本クリニックの「レーザ−豆知識」のページへとぶ◇
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)





☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆




お名前: HsvsRsvsesv    URL
[URL=http://groups.google.com/group/cialis-20]buy cialis[/URL]
[2008年3月30日 3時44分38秒]

お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
ご心配なことと存じます。

#1
##1
「.24歳・男
2.両肩に毛孔性苔癬があり、
それにともない顔に顔面毛庖性紅斑黒皮症の症状があります。
 近くの病院で相談した時には23,4歳になれば改善していくでしょう、
と言われましたがまっ たく改善する気配はありません。
3.掲示板を拝見すると、
活性ビタミンDによる治療で改善する可能性があるように感じました。
 そこで質問なのですが、
 ヽ萓ビタミンDにより顔面毛庖性紅斑黒皮症の症状の
赤ら顔も改善されるのか。もしくは
  過去に顔面毛庖性紅斑黒皮症(肩の毛孔性苔癬の治療ではなく)
の治療を行い赤ら顔が改善さ  れた例はあるのか。
 掲示板には一週間の治療で五万円程かかるとの事ですが、
保険はまったくきかないのです   か?
 最後に、個人差はあると思いますが治療期間はどれほどなのですか?
そして、薬により一度
  改善した症状は薬を塗り続けない限りまた症状は再発してしまう
のでしょうか?

 質問が多くなってしまいもうしわけありません。
 過去の患者さんの例でもよろしいので解答の程宜しくお願いします。」
との事です。

#2
##1
「毛孔性苔癬」+「顔面毛庖性紅斑黒皮症」の「症状・症候」
のようです。
##2
「顔面毛庖性紅斑黒皮症:erythromelanosis follicularis faciei」
は「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)の
「いとこ「病態」」で御座います。
##3
「顔面毛庖性紅斑黒皮症」は耳側から頬にかけての対側性の境界明瞭な
紅褐色局面の中に「毛孔性角化性丘疹」が多発する「病態」で
御座います。
##3
「両肩に毛孔性苔癬があり、
それにともない顔に顔面毛庖性紅斑黒皮症の症状があります。」
との事ですから「毛孔性苔癬」+「顔面毛庖性紅斑黒皮症」の
合併「病態」であると考えられます。



#3
##1
「ヽ萓ビタミンDにより
顔面毛庖性紅斑黒皮症の症状の赤ら顔も改善されるのか。
もしくは
過去に顔面毛庖性紅斑黒皮症(肩の毛孔性苔癬の治療ではなく)
の治療を行い赤ら顔が改善された例はあるのか。」

=>
###1
「活性ビタミンD3(AVD3)」は「かお」外用
には使用致しません。

###2
だから「顔面毛庖性紅斑黒皮症」には「活性ビタミンD3(AVD3)」
の「治療戦略」は行われません。




#4
##1
「掲示板には一週間の治療で五万円程かかるとの事ですが、
保険はまったくきかないのですか?」
との事です。
=>
###1
「活性ビタミンD3(AVD3)」の「保険適用」は
「尋常性乾癬:psoriasis」という有名な「難病」疾患のみで
御座います。

###2
「活性ビタミンD3(AVD3)」は
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)或は
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)の「大変有効な「治療戦略」」
の外用薬です.
「保適」は全くありません。


###3
理由として「活性ビタミンD3(AVD3)」の
「薬価」が極めて高額であることもあります。


###4
例えば
「インターフエロン」は「ウイルスによる風邪症候群」には
極めて有効ですが「高額」なため
「ウイルスによる風邪症候群」
には保険適応がないのと同様で御座います。










#5
##1
「最後に、個人差はあると思いますが
治療期間はどれほどなのですか?そして、
薬により一度 改善した症状は薬を塗り続けない限りまた症状は
再発してしまうのでしょうか?」
との事です。
=>
###1
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
或は「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)の患者さんは
「活性ビタミンD3(AVD3)」により「症状・症候」が
改善されますからの使用範囲が次第に「ちいさく」なってきます。
###2
再発するということはないと今の私は考えます。
###3
「活性ビタミンD3(AVD3)」には肌を「つるつる・ぴかぴか」
にする作用もあるので「継続使用される患者さん」
は多いものです。





#6結論:
##1
上記御回答致しました。

##2
「活性ビタミンD3(AVD3)」は
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
或は
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)に
極めて有効で御座います。

##3
「活性ビタミンD3(AVD3)」には肌を「つるつる・ぴかぴか」
にする作用もあるので「継続使用される患者さん」
は多いものです。




##4
「顔面毛庖性紅斑黒皮症」には
「活性ビタミンD3(AVD3)」は用いません。

##5
「活性ビタミンD3(AVD3)」自体の「薬価」
は極めて高額なもので御座います。


##6
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)或は
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
は「大人になれば直る」と
「皮膚科専門医」先生からよくいわれます。

##6
けれども
40歳50歳になられてもなおるものではないようで
40歳50歳になられても
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
が存続する患者さんは多数いらっしゃいます。




上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2004年3月12日 6時21分16秒]

お名前: ジュン   
1.24歳・男
2.両肩に毛孔性苔癬があり、それにともない顔に顔面毛庖性紅斑黒皮症の症状があります。
 近くの病院で相談した時には23,4歳になれば改善していくでしょう、と言われましたがまっ たく改善する気配はありません。
3.掲示板を拝見すると、活性ビタミンDによる治療で改善する可能性があるように感じました。
 そこで質問なのですが、
 ヽ萓ビタミンDにより顔面毛庖性紅斑黒皮症の症状の赤ら顔も改善されるのか。もしくは
  過去に顔面毛庖性紅斑黒皮症(肩の毛孔性苔癬の治療ではなく)の治療を行い赤ら顔が改善さ  れた例はあるのか。
 掲示板には一週間の治療で五万円程かかるとの事ですが、保険はまったくきかないのです   か?
 最後に、個人差はあると思いますが治療期間はどれほどなのですか?そして、薬により一度
  改善した症状は薬を塗り続けない限りまた症状は再発してしまうのでしょうか?

 質問が多くなってしまいもうしわけありません。
 過去の患者さんの例でもよろしいので解答の程宜しくお願いします。
[2004年3月12日 0時31分34秒]

ここは回答者記入欄です。
ご相談者の記入欄ではございません。
御相談の書き込みをされる場合は次の2つの方法があります。
方法1
「美容外科・形成外科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」を
クリックされて下さい。
方法2
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」
へとぶ ○



●もう一度美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。ここは回答者記入欄です.
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ ○
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページTOPへ