御相談タイトル:顔面毛庖性紅斑黒皮症の治療 



○この美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へとぶ○

美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へ  ヘルプ

●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●

◎「山本クリニックの「レーザー治療の」のページへとぶ◎
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)


◇「山本クリニックの「レーザ−豆知識」のページへとぶ◇
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)





☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
お名前: HsvsRsvsesv    URL
buy cialis
[2008年3月30日 3時44分28秒]

お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
ご心配なことと存じます。
#1
##1
「年齢:23
性別:男
症状:14、5歳の頃から、毛孔性苔癬が両肩に目立ちはじめ
   現在では顔面毛庖性紅斑黒皮症の症状も出ている。
相談:上記の症状はどの病院に相談しても、絶大に効力の
   ある有効な治療はないと言われました。
   両肩の毛孔性苔癬に関しては、普段は衣類を着ている
   ので我慢はできます。しかし、顔面毛庖性紅斑黒皮症
   の頬が赤くなる症状に関しては、どうしても治したい、
   または症状を軽くしたいのです。
   現在は尿素10%の軟膏を塗る程度の治療しかしていません。
   ほとんど効果なしです。
   何か特別な治療法はありませんでしょうか?
   顔面毛庖性紅斑黒皮症による赤ら顔になる
   症状を治すことは可能でしょうか?」
との事です。



#2
##1
「顔面毛庖性紅斑黒皮症 :erythromelanosis follicularis faciei」は
「毛孔性苔癬:lichen pilaris」に関連する
疾患或いは病態として考えられています。
##2
「顔面毛庖性紅斑黒皮症 :erythromelanosis follicularis faciei」
は耳の前から両側に「症状・症候」がでます。
##3
###1
「境界明瞭な紅褐色局面」+
###2
「「毛孔性苔癬:lichen pilaris」
の「2面」を持ちます。
   

#3
##1
「両肩の毛孔性苔癬に関しては、普段は衣類を着ている
   ので我慢はできます。しかし、顔面毛庖性紅斑黒皮症
   の頬が赤くなる症状に関しては、どうしても治したい、
   または症状を軽くしたいのです。
   現在は尿素10%の軟膏を塗る程度の治療しかしていません。
   ほとんど効果なしです。」
との事です。
##2
「尿素軟膏」は「毛孔性苔癬」に「昔から」用いられてきました。
##3
但し残念ながら「効果」はあまりありません。


#4
##1
「毛孔性苔癬」或いは「毛孔性角化症」の「治療」には。
##2
「「角化」した皮膚」には最適の3つの活性ビタミンD3(AVD3)
が極めて有効です。
##3
3つの活性ビタミンD3(AVD3)が御座います。
##4
###1
「タカルシトール」
###2
「マキサカルシトール」
###3
「カルシポトリオール」
で御座います。
##5
「毛孔性苔癬」或いは「毛孔性角化症」の「治療」には
3つの活性ビタミンD3(AVD3)を「上手に用いる事で」
大変よくなられるものです。
##6
勿論「市販」はされてはおりません。




#7結論:
#1
##1
「毛孔性苔癬」或いは「毛孔性角化症」は21世紀に入り
「大変」治療理論の進歩している
疾患です。
##2
尿素の軟膏だけでは到底治療は難しい疾患です。

##3
また「皮膚科」「皮膚外科」「形成外科」「美容外科」その他で
「治療法」にこれほど違いがある「疾患」も珍しいです。

##4
すなわち「治療戦略に」
「差異」或いは「段差」のある疾患も珍しいです。

##5
「毛孔性苔癬」或いは「毛孔性角化症」は
私は
「QスイッチNd-YAGレーザー照射」+「活性型ビタミンD3外用薬」
で治療いたします。

##6
「活性型ビタミンD3」とはいわゆる「ビタミンの外用薬」ですが。
「のんでも」効きません。
##7
「ビタミンD3外用薬」は1985年に
日本人により薬効が確認されたものです。
##8
「活性型ビタミンD3」外用薬は

「21世紀最大の意外性に富んだ外用薬」であると考えます。
##9
「顔面毛庖性紅斑黒皮症 :erythromelanosis follicularis faciei」の
「毛孔性苔癬」特性の「治療戦略」は3つの活性ビタミンD3(AVD3)
の上手な使い方でよいと考えます。
##10
けれども「顔面毛庖性紅斑黒皮症 :erythromelanosis follicularis faciei」
の「「毛穴」周囲の紅褐色色調には「「レーザー治療」
が必要になります。
##11
御相談者の御相談内容からは
「顔面毛庖性紅斑黒皮症 :erythromelanosis follicularis faciei」は
「境界明瞭な紅褐色局面」+「「毛孔性苔癬:lichen pilaris」
の「2面」を持ちますが。
##12
「毛孔性苔癬」或いは「毛孔性角化症」成分の「治療」
を3つの活性ビタミンD3(AVD3)で行なわれてみるのも
方法です。




上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



	
 



   
[2003年11月23日 12時19分32秒]

お名前: ジュンヤ   
年齢:23
性別:男
症状:14、5歳の頃から、毛孔性苔癬が両肩に目立ちはじめ
   現在では顔面毛庖性紅斑黒皮症の症状も出ている。
相談:上記の症状はどの病院に相談しても、絶大に効力の
   ある有効な治療はないと言われました。
   両肩の毛孔性苔癬に関しては、普段は衣類を着ている
   ので我慢はできます。しかし、顔面毛庖性紅斑黒皮症
   の頬が赤くなる症状に関しては、どうしても治したい、
   または症状を軽くしたいのです。
   現在は尿素10%の軟膏を塗る程度の治療しかしていません。
   ほとんど効果なしです。
   何か特別な治療法はありませんでしょうか?
   顔面毛庖性紅斑黒皮症による赤ら顔になる
   症状を治すことは可能でしょうか?
   
[2003年11月23日 4時37分18秒]

ここは回答者記入欄です。
ご相談者の記入欄ではございません。
御相談の書き込みをされる場合は次の2つの方法があります。
方法1
「美容外科・形成外科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」を
クリックされて下さい。
方法2
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」
へとぶ ○



●もう一度美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。ここは回答者記入欄です.
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ ○
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページTOPへ