御相談タイトル:目のクマがレーザーで消える?2 



○この美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へとぶ○

美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へ  ヘルプ

●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●

★◎「山本クリニックの「レーザー治療の」のページへとぶ◎★
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)


◇「山本クリニックの「レーザ−豆知識」のページへとぶ◇
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)





☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭    URL
ご心配なことと存じます。

御相談者の御相談内容要旨御記載が多岐にわたるので
順番にご回答してまいります。
下記に順を追って御回答致します。



また
御相談者の「思考過程」のなかでは
「「一般的であること」=「正しい」という「錯覚」」を
御持ちではないでしょうか。


そして御相談者にとられては
さまざまな「背景要因」がこれまでになく
「過去1年間」の間に御相談者に発生したと・伺えます。

これがさまざまな疑問となられているような気が致します。




#1
##1
「早速のご回答ありがとうございました。

丁寧でとてもわかりやすくて、参考になりました。

ただ、2,3まだ、わからないことがあります。よろしくお願いします。

##4
「目の下のクマ」の「病態」は
###1
「下眼嶮」から「下眼嶮」直下の顔面皮膚が「薄いこと」
###2
「下眼嶮」から「下眼嶮」直下の顔面皮膚の「真皮」の
「膠原線維」の「薄い」
の「2つ」が原因で発生致します。

とありましたが、私の場合、ここ1年でひどくなりました。
これは、この1年で顔面皮膚が薄くなったということになるのでしょうか。
血行不全とは関係ないことなのでしょうか。

また、高性能の「Q(キュー)スイッチ」を備えた「レーザー光照射装置」
による「レーザー光照射」にて
「真皮形成」=「真皮を厚くする」
テクニックと御銘記下さい。

とありましたが、レーザーを当てることによって皮膚を厚くし、
クマを見えにくくしていくと理解してよろしいのでしょうか。
そうすると、クマがある部分の皮膚だけが厚くなり、
黒ズミは消えても、
顔全体としてバランスが悪くなったりしないのでしょうか。

それとレーザーを当てると皮膚が形成されるというのが、
よくわかりません。
どういうことなのでしょうか。

また、「目の下のクマ」 については
様々な「治療戦略」がたてられてきました。


##5
昨今は
レーザー治療の「レーザー光照射」
が「独壇場」になっております。

とありましたが、「目のクマ」でネット上で検索すると、
この治療はそちら以外では
見かけないのですが、他国などでは一般的な治療なのでしょうか。

日本では、どこの美容外科でも、
脱脂や脂肪注入が一般的なような気がします。

いろいろ聞いて申し訳ありません。
こういうことは初めてで、ど素人なのでどうかよろしくお願いします。」
との事です。






#2
「##4
「目の下のクマ」の「病態」は
###1
「下眼嶮」から「下眼嶮」直下の顔面皮膚が「薄いこと」
###2
「下眼嶮」から「下眼嶮」直下の顔面皮膚の「真皮」の
「膠原線維」の「薄い」
の「2つ」が原因で発生致します。

とありましたが、私の場合、ここ1年でひどくなりました。
これは、この1年で顔面皮膚が薄くなったということになるのでしょうか。
血行不全とは関係ないことなのでしょうか。」
との事です。

##1
「目の下のクマ」 の患者さんはお小さいときから
「目の下のクマ」 をお持ちの方が多いものです。

##2
それが「何かをきっかけに」「目の下のクマ」 を
御自覚される患者さんが多いように思います。

##3
「この1年で顔面皮膚が薄くなったということになるのでしょうか。
血行不全とは関係ないことなのでしょうか。」
=>
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「末梢循環障害」で「目の下のクマ」が発生しているとは
思えません。

##4
また御相談者は「癌」=「悪性腫瘍」など「悪性疾患」に罹患されて
いらっしゃるわけではありえないから。
「この1年で顔面皮膚が薄くなったということになるのでしょうか。」
との事ですが・これは考えにくいです。

##5
やはり元来「目の下のクマ」をお持ちでありこれを「御自覚症状」
として「実感」されるような「背景要因」が
「過去1年間」の間に御相談者に発生したと・
考えるほうが妥当でしょう。





#3
「また、高性能の「Q(キュー)スイッチ」を備えた「レーザー光照射装置」
による「レーザー光照射」にて
「真皮形成」=「真皮を厚くする」
テクニックと御銘記下さい。

とありましたが、レーザーを当てることによって皮膚を厚くし、
クマを見えにくくしていくと理解してよろしいのでしょうか。」
=>
##1
その通りです。

##2
皮膚=「表皮」+「真皮」から構成されていますが
「目の下のクマ」 の患者さんの場合とりわけて
「真皮」がとりわけ薄いかたが多いものです。

##3
「表皮角質顕微鏡」「透過型真皮顕微鏡」で拝見すると
「真皮」80%「表皮」20%位の比率で「真皮」の薄い
かたが多いものです。





#4
「そうすると、クマがある部分の皮膚だけが厚くなり、
黒ズミは消えても、
顔全体としてバランスが悪くなったりしないのでしょうか。」

##1
「目の下のクマ」の「皮膚の薄い状態」は本当に
「10μm=100分の1mm」単位の「薄さ」で
「内眼角」から「下眼嶮の下」にかけて発生いたします。

##2
非常に「デリケート」な薄さです。

##3
顔の下眼嶮の皮膚は極めて判りやすくいえば
「コンビニのレシート2つ折」の
「厚さ」です。

##4
下眼嶮の皮膚が「膨らんでいるけれども」=「凸の凸」
であっても「目の下のクマ」は皮膚が薄ければ発生いたします。

##5
下眼嶮の皮膚が凹のかたでも皮膚が厚ければ「目の下のクマ」は
発生致しません。

##6
「クマがある部分の皮膚だけが厚くなり、
黒ズミは消えても、
顔全体としてバランスが悪くなったりしないのでしょうか。」
=>
全くこのような「症状・症候」は発生致しません。






#5
「それとレーザーを当てると皮膚が形成されるというのが、
よくわかりません。
どういうことなのでしょうか。」
との事です。

##1
ここでいう「真皮形成」の「形成」とは「合成」の意味
ではありません。

##2
「形成外科」「美容整形」という用語呼称で用いられている
「形成」=「plasty:プラステイー」と
同じ意味の「形成」ですから。

##3
「真皮形成」の「形成」を
くれぐれも「皮膚を合成する」「真皮合成」
などと「間違われませんように」。






#6
「また、「目の下のクマ」 については
様々な「治療戦略」がたてられてきました。


##5
昨今は
レーザー治療の「レーザー光照射」
が「独壇場」になっております。

とありましたが、「目のクマ」でネット上で検索すると、
この治療はそちら以外では
見かけないのですが、他国などでは一般的な治療なのでしょうか。」

=>

##1
「Qスイッチレーザー」による「レーザー光照射」とりわけ
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
は専門性が高いです。

##2
他の御施設などは「皮膚の若返り」或は「しわ取り」
に含められているかも知れません。

##3
「欧米」では「目の下のクマ」 の「治療戦略」として
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」は
独壇場です。
外国のweb-siteを御覧になられましたでしょうか。

##4
御相談者は「一般的」という概念を「錯覚」されて
いらっしゃいます。
これについては後述致します。





#7
「日本では、どこの美容外科でも、
脱脂や脂肪注入が一般的なような気がします。」

##1
「脂肪注入」あるいは「真皮を作る物質」の注入は)
「filler療法(フイラー療法)」と呼称されます。

##2
「目の下のクマ」は「皮下脂肪」が足りなくて・或は
「皮下組織」が薄くて発生するわけではないのです。

##3
そして
「脂肪注入」は「注射器」を用いることになるはずです。

##4
よく御考えいただければ御判り頂けると思いますが
「注射器」で「脂肪」を或は「ヒアルロン酸」のような
「粘稠度」の高いものを
「皮下」に「注入」することは。
よほど太い注射針を用いなければ不可能です。

##5
下眼嶮のように「デリケート」な部位に「適当量」
あたかも「砂地」に「水」が「しみこむように」
「皮下」に注入することは。

##6
適切な表現が思い浮かばないのですが
現実的には「不可能」に近い「技術」ともいえましょう。





#8結論:
##1
「日本では、どこの美容外科でも、
脱脂や脂肪注入が一般的なような気がします。」との事です。

##2
「一般的」という「用語」は「正しい」という「意味」を
毛頭に「持ちえません」。

##3
「一般的」という用語は患者さんの
「個別性が高い或は個人により背景要因が異なる」
「形成外科の世界」では。

##4
とりわけて
「治療戦略」の「変数」としては
「一般的であること」=「正しい」という「錯覚」は
多くの「失敗」を産出している事例が多いと今の私は考えます。


##5
因みに
「日本の常識は世界の非常識」というくらい
ですから。

「日本では一般的」といわれるものは
「通常観念」として「全社会常識的に正しい」
とはいえないのです。












上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2004年12月16日 13時53分25秒]

お名前: 田中あきら   
早速のご回答ありがとうございました。

丁寧でとてもわかりやすくて、参考になりました。

ただ、2,3まだ、わからないことがあります。よろしくお願いします。

##4
「目の下のクマ」の「病態」は
###1
「下眼嶮」から「下眼嶮」直下の顔面皮膚が「薄いこと」
###2
「下眼嶮」から「下眼嶮」直下の顔面皮膚の「真皮」の
「膠原線維」の「薄い」
の「2つ」が原因で発生致します。

とありましたが、私の場合、ここ1年でひどくなりました。
これは、この1年で顔面皮膚が薄くなったということになるのでしょうか。
血行不全とは関係ないことなのでしょうか。

また、高性能の「Q(キュー)スイッチ」を備えた「レーザー光照射装置」
による「レーザー光照射」にて
「真皮形成」=「真皮を厚くする」
テクニックと御銘記下さい。

とありましたが、レーザーを当てることによって皮膚を厚くし、
クマを見えにくくしていくと理解してよろしいのでしょうか。
そうすると、クマがある部分の皮膚だけが厚くなり、
黒ズミは消えても、
顔全体としてバランスが悪くなったりしないのでしょうか。

それとレーザーを当てると皮膚が形成されるというのが、
よくわかりません。
どういうことなのでしょうか。

また、「目の下のクマ」 については
様々な「治療戦略」がたてられてきました。


##5
昨今は
レーザー治療の「レーザー光照射」
が「独壇場」になっております。

とありましたが、「目のクマ」でネット上で検索すると、
この治療はそちら以外では
見かけないのですが、他国などでは一般的な治療なのでしょうか。

日本では、どこの美容外科でも、
脱脂や脂肪注入が一般的なような気がします。

いろいろ聞いて申し訳ありません。
こういうことは初めてで、ど素人なのでどうかよろしくお願いします。
[2004年12月16日 12時21分15秒]
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。
ご相談者の記入欄ではございません。
御相談の書き込みをされる場合は次の2つの方法があります。
方法1
「美容外科・形成外科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」を
クリックされて下さい。
方法2
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」
へとぶ ○



●もう一度美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。ここは回答者記入欄です.
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ ○
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページTOPへ