御相談タイトル:立ち耳の手術について 



○この美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へとぶ○

美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へ  ヘルプ

●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●

★◎「山本クリニックの「レーザー治療の」のページへとぶ◎★
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)


◇「山本クリニックの「レーザ−豆知識」のページへとぶ◇
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)





☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
ご心配なことと存じます。

#1
##1
「5歳の娘のことでご相談いたします。
半年ほど前、耳のことで相談したく病院を訪れたところ、
「立ち耳」と診断され、手術でしか治せないと言われ
ました。
その後、本などで調べたところ、手術をする場合「耳の
裏の皮膚を切り、軟骨を削り、皮膚を縫い合わせる」と
いう簡単な手術のようでしたが、後遺症、術後の不具合
(失敗)など本当にないのか心配です。
本には載っていない下記のことについても気になります。
(そうなることはないのでしょうか?)
1、眼鏡がかかりづらくなるなど
2、耳以外の箇所に手を加えることなどないのかどうか
(耳を起こすために側頭部に耳を縫い付けるなど)
どうかご返答いただきたくお願い致します。」
との事です。



#2
##1
「立ち耳」というのは「耳介軟骨の変形」
で起こるものなので御座います。
御診断が「立ち耳」ということで御回答を申し上げます。
 
##2
立ち耳を含めて「耳介軟骨の変形」でおこる「形状不全」
を御説明いたします。
これらの「病態」は「耳介の先天異常」と呼称されることも
御座います。
 
##3
耳介の軟骨の小さな変形では
###1
スタール耳(とがった耳)、
###2
おれ耳、
###3
立ち耳
###4
その他
などがあります。
 
##4
これらの中には「小さな変形の場合」であり、
かつ幼少時に見つかれば装着器具を使って手術なしに
矯正可能な場合もないわけではありません。
 
##5
けれども
これは出来るだけ軟骨が柔らかい幼少時に
のみ初めて行えることです。
 
##6
「耳介頭蓋角」の御記載が止むを得ずも無く
どの程度の「立ち耳」か判断しにくいのですが
可能な限りで御回答いたします。



#3
##1
「立ち耳」に関しては「お子様」が
さらに大きくなった場合
軟骨が堅くなり美醜に差し支える場合は形成外科で
手術を行い修復手術を致します。

##2
「本などで調べたところ、手術をする場合「耳の
裏の皮膚を切り、軟骨を削り、皮膚を縫い合わせる」と
いう簡単な手術のようでしたが・・略・」
との事です。

##3
これは「耳介形成術」のことと考えます。
「簡単な手術」との事ですが「とんでもありません」。

##4
「左右対称」に「形成外科」手術を施行しなければ
ならない「耳介形成術」は私は「大変」難易度の高い手術のひとつと
考えています。

##5
「顔面外科」で簡単な手術というものは
はひとつもないと今の私は考えます。

 
#4
 ##1
 いずれにいたしましても
ご心配が尽きないと存じます。
##2
お気持ちは大変よくわかります。
##3
「顔面外科手術」には「全身麻酔」が必ず必要で御座います。
これは「寸分たがわぬ」手術を進行させるために
「お子様」の場合局所麻酔では不可能ということも
御座います。

##4
「耳介手術」の場合成人でも「全身麻酔」で施行致します。


#5
##1
「後遺症、術後の不具合
(失敗)など本当にないのか心配です。」
との事です。

##2
「ありとあらゆる手術」に「後遺症、術後の不具合
(失敗)など」の可能性は「頻度は少ないにせよ」必ずや
御座います。

##3
あくまでも「可能性」で御座います。

##4
だから「立ち耳」は「病気なのであるか」であるかという次元まで
議論は進みます。

##5
##4の「「立ち耳」は「病気なのであるか」」
に関して#6に記載いたします。



#6
##1
「正常耳介」の認識に関しては
は本邦と「欧州・米国」では著しく差異があり認識は異なります。

##2
「耳介頭蓋角」という「顔面外科」ならではの「測定角度」が
御座います。

##3
「耳介頭蓋角」は「欧州・米国」では「30度」であるのに対して
本邦では平均「83度」で御座います。

##4
だから「欧州・米国」で「立ち耳」とされるお子様の大多数は
本邦では「正常範囲」と見なされます。

##5
余談ですが「大きく目立つ耳介」は本邦では「副耳」とされ
「縁起のよい耳」とされ喜ばれますが。

##6
「欧州・米国」では「悪魔の耳:devil ear」とされ
「形成外科」の対象となります。

##7
一般的に「欧州・米国」で「耳介形成術」の対象は主として
本邦では正常範囲の「立ち耳」の患者さんが多いものです。

##8
一方本邦では「耳介形成術」の対象は「埋没耳」が患者さん
としては多いものです。



#7
##1
「耳介形成術」を行なわれる場合
もしもお小さいから、「入院」されるとなると
「小児科」に入院してということになりますでしょうか。
 
##2
いずれにしても手術を考える場合では
「お受けもちの先生」は
形成外科医師と小児科医師
が必用ですね。
 
##3
だから具体的に「立ち耳」ではあられても。

##4
「耳介形成術」が必要であるのか
また必要でないのかに関しては
「形成外科専門医」の
「お受けもちの先生」と再度よくご相談され
慎重に進路をとられるのが宜しかろうと考えます。

##5
「1、眼鏡がかかりづらくなるなど
2、耳以外の箇所に手を加えることなどないのかどうか
(耳を起こすために側頭部に耳を縫い付けるなど)」
に関しては。

##6
「5歳の御嬢様」の「立ち耳」の程度がはんだんできないし
また「耳介形成術」の手法も細かく言えば「何千通り」も
ありますから御回答限界で御座います。

##7
このような御解答しかできません。
御免なさい。

##8
的外れな御回答であればお許し下さい。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。




上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。




何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。
[2004年3月28日 8時24分39秒]

お名前: さくら   
5歳の娘のことでご相談いたします。
半年ほど前、耳のことで相談したく病院を訪れたところ、
「立ち耳」と診断され、手術でしか治せないと言われ
ました。
その後、本などで調べたところ、手術をする場合「耳の
裏の皮膚を切り、軟骨を削り、皮膚を縫い合わせる」と
いう簡単な手術のようでしたが、後遺症、術後の不具合
(失敗)など本当にないのか心配です。
本には載っていない下記のことについても気になります。
(そうなることはないのでしょうか?)
1、眼鏡がかかりづらくなるなど
2、耳以外の箇所に手を加えることなどないのかどうか
(耳を起こすために側頭部に耳を縫い付けるなど)
どうかご返答いただきたくお願い致します。
[2004年3月27日 21時32分18秒]

ここは回答者記入欄です。
ご相談者の記入欄ではございません。
御相談の書き込みをされる場合は次の2つの方法があります。
方法1
「美容外科・形成外科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」を
クリックされて下さい。
方法2
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」
へとぶ ○



●もう一度美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。ここは回答者記入欄です.
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ ○
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページTOPへ