御相談タイトル:目の下のクマで悩んでいます 



○この美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へとぶ○

美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へ  ヘルプ

●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●

★◎「山本クリニックの「レーザー治療の」のページへとぶ◎★
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)


◇「山本クリニックの「レーザ−豆知識」のページへとぶ◇
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)





☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭    URL
ご心配なことと存じます。



#1
##1
「30歳男性です
目の下のクマでとても悩んでいます 高校生ぐらいから目立つようになりました
症状は、血液循環が悪いと思うのですが 両目の下にはっきりとわかるクマが出来ています
寝不足や不健康な生活はしていないのですが 普段からクマが消えることはありません
以前、他の病院でも相談したのですが 皮下組織(筋肉の色、静脈血)の場合 レーザー治療
では難しいとの返答が返ってきました 
出来ることは、マッサージくらいしか出来ないかもと言っていました。 
お忙しいところ申し訳ありませんが ご回答よろしくお願い致します。」
との事です。




#2
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「目の下のクマ」で悩まれ「治療戦略」を探索されていらっしゃるかたは
大変に多いものです。

##3
男性:女性=1:1で「目の下のクマ」は性別に関係なく発生致します。

##4
乳幼児にころはわかりにくいのですが「小学校」のころに「顔面表情筋」
が確立し「顔面頭蓋:がんめんずがい」の骨格がはっきりするころに
「目の下のクマ」 として現れることが多いものです。

##5
「欧州・米国」のコーカサス人種のかたは「目の下のクマ」 は少ないのですが
「ユダヤ人」(人種ではありません)は比較的多いとされています。

##6
高名な物理学者の「アルバート・アインシュタイン*」や「アンネの日記」で
有名な「アンネ・フランク**」も「目の下のクマ」 で大変悩まれて
いたようです。
* Albert Einstein、1879年3月14日-1955年4月18日
**
1929年6月12日:Anne Frank誕生
1942年6月14日:アンネが日記を書き始める
1945年3月1日:アンネ・フランク収容所で病死/享年15歳

##7
話は飛びますが「アルバート・アインシュタイン*」は
1921年光電効果の法則発見に対しノーベル物理学賞を受賞致します。
この「1921年光電効果の法則発見」が「レーザーの発見」
につながったのだから「アルバート・アインシュタイン*」は
「目の下のクマ」の怨念をはらしたことになります。



##8
私たち日本人は「モンゴロイド」ですが「モンゴロイド」には「目の下のクマ」 
が多いものです。
とりわけ日本人には「目の下のクマ」 のかたが多いものです。








#3
##1
「目の下のクマ」の「病態」は「ceiling test:天井テスト」で天井を見上げて
頂いて「下眼嶮」の皮膚の「薄さ」で診断いたします。

##2
皮膚の「厚さ」は「コンビニ」のレシート「2つ折り」分なのですが
「目の下のクマ」の患者さんは「透過型真皮顕微鏡」及び「表皮角質顕微鏡」
でみると「これが著しく薄く」なっているという共通点が
御座います。

##3
「目の下のクマ」を「血行不全」(このような「内科的な背景要因」の病名はありません)
「結合組織の薄さ」とかの「皮膚外科」領域以外の「原因」を
「指摘」されるのは「皮膚外科専門医」(この名称の専門医はありません)
以外の先生の場合では止むをえないとも思います。

##4
「目の下のクマ」の「病態」は
###1
「下眼嶮」から「下眼嶮」直下の顔面皮膚が「薄いこと」
###2
「下眼嶮」から「下眼嶮」直下の顔面皮膚の「真皮」の
「膠原線維」の「薄い」
の「2つ」が原因で発生致します。

##5
「目の下のクマ」を「4種類」に分類いたします。
これを#4に簡単にご説明致します。



#4
##1
「目の下のクマ」についてご説明いたします。 
 
##2
まず大きく「4種類に分類」致します。
 
###1
「循環不全クマ」。
下眼嶮の静脈の循環不全が原因です。
この「静脈の名称」は「角静脈:かくじょうみゃく」と呼称致します。
 膠原線維(コラーゲン)が薄くふくらんだ細静脈が広範に浮き出ている。
 文字通り「歌舞伎の俳優さん」の目の下のクマ。 
比較的「少ない」ものです。
 
###2
「下眼嶮皮膚が薄いクマ」。
誰でも下眼嶮の皮膚は大変薄いものです。 
更に萎縮してクマとなる現象。
水分の足りない頭痛もちの患者さんにも多いものです。
 
 
 
###3
アトピーや炎症で「微小シワのクマ」。
目の上下がはれぼったく赤みや黒ずんだり。
メラニン沈着が多いタイプです。
「成人のアトピー:AATP;adult atopy」的な皮膚の「病態」
ですぐにわかります。
「上眼嶮」もクマになっていることが大部分。
 
 
###4
「影クマ」。

肌の乾燥や保水が悪く影に見えるタイプ。
 トータルに顕微鏡チエックが必要なものです。
治療の難易度が高い「目の下のクマ」 です。

御婦人独特のもので「子供の時にはありません」。
「基礎化粧品」の使い方がお上手でなかったり「メイク化粧品」
をおとさずに眠られてしまうくらい忙しい御婦人」に多いものです。

 「目の下が黒ずんでいる」といわれて傷つくのも特徴。 
「メイク」でクマよけいに目立つてしまうことも多いです。

##3
###1−###4の目の下のクマ の患者さんで概ね共通している
ことがございます。

##4
###1
皮膚が薄い
###2
メラニンの薄い沈着が有る
####
水分がたりない
###4「アレルギー」「大人のアトピーAATP」の可能性
###5
その他なのです。 
 





#5
##1
御相談者の御相談の御記載内容からは
「症状は、血液循環が悪いと思うのですが 
両目の下にはっきりとわかるクマが出来ています」
との事です。

##2
#4の##2の###1
「「循環不全クマ」。
下眼嶮の静脈の循環不全が原因です。
この「静脈の名称」は「角静脈:かくじょうみゃく」と呼称致します。
 膠原線維(コラーゲン)が薄くふくらんだ細静脈が広範に浮き出ている。
 文字通り「歌舞伎の俳優さん」の目の下のクマ。 
比較的「少ない」ものです。」
と御記載いたしました「「角静脈:かくじょうみゃく」拡張」の
御記載がみあたらず多分に「「角静脈:かくじょうみゃく」拡張」は
存在していないと今の私は考えます。

##3
だから「循環不全クマ」では御座いません。

##4
「他の病院でも相談したのですが 皮下組織(筋肉の色、静脈血)の場合 ・略・」
との事です。

##5
###1
「顔面表情筋」の「眼輪筋」の「色調」は各人均一で御座います。

###2
また「静脈血」といっても「目の下」に存在するのは
「下眼嶮」から「下眼嶮」直下の顔面皮膚を「横に走る」
「角静脈:かくじょうみゃく」という「静脈」が一本あるのみです。

##6
適切な表現が思い浮かばないのですが
「目の下のクマ」に関する「御診断」は図らずも
正確ではないように思われます。





#6
##1
御相談者の御相談の御記載内容からは
御相談者の「目の下のクマ」 の「病態」は。


##2
###1
「下眼嶮」から「下眼嶮」直下の顔面皮膚が「薄いこと」
###2
「下眼嶮」から「下眼嶮」直下の顔面皮膚の「真皮」の
「膠原線維」の「薄い」
の「2つ」が原因であろうと今の私は考えます。

##3
##2には「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
による「治療戦略」が著しく奏功するものです。

##4
「出来ることは、マッサージくらいしか出来ないかもと言っていました。」
との事ですが
「4種類」の「目の下のクマ」 で「マッサージ」が奏功するものは
御座いません。

##5
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
では。

##6
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の「10億分の5−10秒の照射時間」で毎秒10ショットを照射する
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」の。

##7
「photo ionization:光イオン反応」=
「photo−ablation:フオト・アブレーション」(abrasion:剥離ではない)
の「メカニズム」を応用するものです。

##8
「光衝撃波」による「パッチング」とも呼称致します。

##9
「表皮に傷を付けずに真皮形成」を行なうという
「レーザー光照射」の「機能」を応用したもので御座います。

##10
因みに「光衝撃波」による「パッチング」は
「レーザー」の「光衝撃波」
(Light Shock Wave:LSW)は軍事目的で海上から「潜水艦」を破壊浮上させる
目的で研究されたという逸話が御座います。




#7結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
御相談者の御相談の御記載内容からは
御相談者の「目の下のクマ」 には
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」が
「治療戦略」としてはまさに独壇場であろうと今の私は考えます。

##3
適切な表現が思い浮かばないのですが
上記御回答致しましたように
「以前、他の病院でも相談したのですが 皮下組織(筋肉の色、静脈血)の場合 レーザー治療
では難しいとの返答が返ってきました」
との事なのですが「正確には間違い」で御座います。


##4
因みにこの御相談者の「1つ前」の御相談に
目の下のクマ [2] [2004年10月23日 19時11分38秒] が御座います。

##5
また
目の下のくまのレーザー治療 [2] [2004年10月 3日 11時 2分57秒] 
目の下のくまで悩んでおります。 [2] [2004年 9月23日 8時37分16秒] 
目の下にクマがあり悩んでいます  [2] [2004年 9月13日 19時19分12秒] 
等・・・・
「目の下のクマ」 での御相談者は大変多いものです。
「御相談と御回答」を御参考にされていただけたらと存じます。











上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。









何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。
[2004年10月24日 8時58分11秒]

お名前: ゆうき   
30歳男性です
目の下のクマでとても悩んでいます 高校生ぐらいから目立つようになりました
症状は、血液循環が悪いと思うのですが 両目の下にはっきりとわかるクマが出来ています
寝不足や不健康な生活はしていないのですが 普段からクマが消えることはありません
以前、他の病院でも相談したのですが 皮下組織(筋肉の色、静脈血)の場合 レーザー治療
では難しいとの返答が返ってきました 
出来ることは、マッサージくらいしか出来ないかもと言っていました。 
お忙しいところ申し訳ありませんが ご回答よろしくお願い致します。
[2004年10月23日 19時55分34秒]
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。
ご相談者の記入欄ではございません。
御相談の書き込みをされる場合は次の2つの方法があります。
方法1
「美容外科・形成外科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」を
クリックされて下さい。
方法2
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」
へとぶ ○



●もう一度美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。ここは回答者記入欄です.
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ ○
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページTOPへ