御相談タイトル:乳輪を薄くしたいのですが 



○この美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へとぶ○

美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へ  ヘルプ

●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●

◎「山本クリニックの「レーザー治療の」のページへとぶ◎
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)


◇「山本クリニックの「レーザ−豆知識」のページへとぶ◇
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
ご心配なことと存じます。
1・年齢 2・性別の御記載が無く御回答限界でもあるのです。
けれども「御婦人」であろうから
可能な限りで御回答を試みます。

#1
##1
「遺伝的に、乳頭、乳輪の色が濃いのですが、
レーザーで薄くすることは、できますか?」
との事です。
##2
これは「乳頭、乳輪の色が濃い「症状・症候」」
は「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン色素増加」
と考えられますから。
##3
ほくろ同様に
レーザー治療では「ablation:アブレーション」
というテクニックを用います。


#2

##1
レーザー治療ならではの「治療戦略」なのですが。
##2
「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
というレーザー治療の「レーザー光照射」技術が御座います。
##3
これを「ablation:アブレーション」というのですが。
##4
「ablation:アブレーション」の
ことを御相談されていると解釈いたします。

#3
##1
「ablation:アブレーション」のことを
極めて簡単に判りやすく御説明いたします。
だから細かい「部分」に間違いがあるかもしれません。
##2
けれども「おおすじ」を捕らえられて下さい。


#4
##1
「ablation:アブレーション」は「適切」な日本語訳がないのです。
##2
しいて言えば「レーザー治療」「レーザー外科」
では「熱作用無く組織を蒸散させる」ことを
「photo−ablation:フオト・アブレーション」と
いいます。
##3
元来「組織に接触せずに削り取る」技術を物理工学
では「ablation:アブレーション」と呼称します。
##4
だから
「アブレージョン」=「(機械でで削る)」
と稀ならず間違えられるのですが。
##5
「ablation:アブレーション」とは
レーザー治療の「レーザー光照射」の技術のことです。

##6
よりまして以下
「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
を
「ablation:アブレーション」で通します。




#5
##1
皮膚には「表皮」と「真皮」がございます。
##2
「乳頭、乳輪の色が濃い「症状・症候」」
は「皮膚の表皮の角化層」=「表面」の問題ではなく
真皮や「皮下組織」にまでおよんでいる病態で御座います。
##3
表面に傷つけず
「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
を行うレーザー治療の「レーザー光照射」を
「ablation:アブレーション」といいます。




#6
##1
因みに「レーザー・リサーフエシング」
のレーザー治療に際して
「3つのレーザー効果」が分類されます。
###1
「photo-chemikal effects:「光化学反応」」
###2
「phto-thermal effects:「光温度反応」
###3
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」


#7
##1
#6の##1の###3の
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」
のなかに。
##2
「photo−ablation:フオト・アブレーション」
が御座います。
##3
そして
「photo−ablation:フオト・アブレーション」
=「ablation:アブレーション」
とは。
##4
「photo−ablation:フオト・アブレーション」とは
「熱作用を用いず組織を蒸散させるレーザー治療」
のことを呼称いたします。
##5
この「photo−ablation:フオト・アブレーション」
或は「光衝撃波」による「パッチング」が
「純正な「ablation:アブレーション」」という「用語」
で御座います。
##6
「photo−ablation:フオト・アブレーション」
はQスイッチレーザーにだけ発生する不思議な作用で御座います。


#8
##1
例えば「うずらの卵」のからの外から
Qスイッチレーザーで「photo−ablation:フオト・アブレーション」
を行うと。
##2
卵の殻をわると「黄身と白身の混ざったクリーム」のような
内容物になります。
##3
この「photo−ablation:フオト・アブレーション」
=「光衝撃波」による「パッチング」を
レーザー治療では「メラニン色素増加」の「治療戦略」に
もちいるもので
御座います。







#9結論:
##1
「乳頭、乳輪の色が濃い「症状・症候」」
の一番深いところまで到達或は衝撃を
「光衝撃波」による「パッチング」で行うことができるのは
「レーザー・リサーフエシング」だけかもしれません。


##2
俗に言われる「ablation:アブレーション」とは。
##3
元来レーザー治療の「理論」からの用語
「photo−ablation:フオト・アブレーション」
が「一人歩き」をしたものと解釈されます。

##4
表面に傷つけず
「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
を行うレーザー治療の「レーザー光照射」を
「ablation:アブレーション」といいます。
##5
「「乳頭、乳輪の色が濃い「症状・症候」」
は「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
のレーザー治療=「ablation:アブレーション」
で治療いたします。
##6
「遺伝的に、乳頭、乳輪の色が濃いのですが、
レーザーで薄くすることは、できますか?」
は「可能」で御座います。



上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2003年11月14日 19時19分8秒]

お名前: 吉田 優果   
遺伝的に、乳頭、乳輪の色が濃いのですが、
レーザーで薄くすることは、できますか?
[2003年11月14日 13時43分17秒]

ここは回答者記入欄です。
ご相談者の記入欄ではございません。
御相談の書き込みをされる場合は次の2つの方法があります。
方法1
「美容外科・形成外科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」を
クリックされて下さい。
方法2
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」
へとぶ ○



●もう一度美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。ここは回答者記入欄です.
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ ○
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページTOPへ