鶴羽實の才能開発とは…

「人が言葉を作るのではなく、言葉が人を作る」とはフィヒテの至言である。これを受けて二〇数年前に「文語の舞」を開発した。「文語の舞」とは、たとへば、読むだったら、

読まず・読みたり・読む・読むとき・読めば・読まむ・読まじ・読みけり・読むらむ・読むが・読めども・読めかし・読むまほし・読ます・読ましむ・読みたし・読みき・読むべし・読むめり・読むものの・読めど・読めよと・読ままし・読まる・読まで・読まなむ・読みけむ・読みつ・読みぬ・読み申す・読みきこゆ・読むな・読むまじ・読むらし・読むかし・読むものから・読めば・読めよ・読まばや・読まな。この文語の接続を口遊びで言へるやうにする。

これで、「見る」とか「する」とか「来る」とか「考へる」等、全ての動詞を言へるやうにする。これが鶴羽實の昨年までの、才能開発であった。

高校入試で合格ぎりぎりの生徒には、急遽実施して、成績を伸ばし、この教育法に助けてもらったことが多々あった。

平成二九年三月。「文語」よりもっと古い「こ語」を見つけた。「心の古語」すなはち「九路のこ語」である。

「九路」は「井桁」に出来る「九つの道」。「こ語」の「こ」とは姿詞で、左右二指の姿。左は「し」に見え、右は「つ」に見える。この「し」と「つ」を合して「こ」。よつて「こ語」とは、この左右二指で「九路の道」を歩いて言語を造ること。左の二 指で「井桁」を抑へ、右の二指で「九路」を歩む。歩めば自然と右は「鶴羽實」のやうになる。左の「し」が「志座し」。故に「志を立て」て勉強することになる。

ここでフィヒテに戻る。「人が言葉を造るのではなく言葉が人を作る」。かう言った。私は、前述したが「九路のこ語」に出会すまでは、日本の古語を「文語」とした。だから、生徒の才能開発に「文語の舞」を採り入れた。しかし、文語の前に「九路のこ語」があった。「心の庭」の「言草」を「刈り取つ」て「知嚢」に貯める。こんな「九路のこ語」に出会した。
そして平成三〇年七月。いよいよ左指の「志」も加はり、鶴羽實の「知嚢開発」は完成した。今でこそ流行らぬ「知嚢開発」だが、五年、一〇年と実績を積み重ねるうちに、「これぞ日本古代の知嚢開発!」と認められる日が必ず来ると予想してゐる。

私は古語を追ひ求めた。その民族の古語が、その民族を再生させる力を持ってゐると考へてゐるからだ。
初めに出会した「古語」が、文語だった。だから「文語の舞」を作った。生徒諸君は大いに伸びだ。次に出会した古語が「心の古語」すなはち「九路のこ語」である。しかし、平成二九年は「志」を忘れてゐた。「志を立て」て勉強してゐなかったのだ。
そして平成三〇年。遂に「志」の語源に辿り着き、「志」を立てて勉強することになった。建物で言へば、土台を忘れてゐたのだ。日本語の「し」文字が「指」文字であると言へば、多くの人は笑ふだらう。しかし、中には「へぇー」と頷く人もゐる。私が期待してゐるのは、後者のお父さんお母さんである。何とか我が子の才能を伸ばしたいと必死にもがき苦しむお父さんお母さんである。そんなお父さんお母さんは、私塾鶴羽實の知嚢開発に期待を寄せてみて下さい。

平成三〇年。「九路のこ語」より、更に古い言語に辿り着いた。「心の音色」である。それは「心=こころ=ニニろ=しろ=白=どんぐり」とする音色であった。

野山の親指大のどんぐり=鶴羽實
庭のどんぐり=鶴ばみ
隣のどんぐり=たたわしまさる

日本の最古の古語を「心の音色」とした。平成三〇年七月一九日。


しかし、この「心の音色」は、受験勉強に応用利用出来ない。そこで塾生諸君には、大人になって気になったらHPを見て見ろ。本物なら、残ってゐる筈だ。俺の研究結果は、事實として残ってゐる筈だ。さう、言ってゐる。



民族が衰退した時
その民族の古語がその民族を再生させる
古語にはそんな力がある

日本の古語は何か「文語だ!」
いやその前に「心の古語」があった
「心の古語」とは何か
「九路のこ語」である
「九路のこ語」とは何か
私塾鶴羽實の「鶴羽實和式入力」である
その前にもっと古い古語はないのか
「ある!心の音色」である
さて「心」とは何か開いて見れば

ノハ目ノしノ寝=野山のIの音
ニハノしノ寝=庭のIの音
立鎌ノしノ寝=高天のIの寝

野山のどんぐりの音=鶴羽實
庭のどんぐりの音=Iばみ
隣のどんぐりの音=タタワシマサル

この「心の音色」が最古の日本語
故にこの「心の音色」が日本を再生させる
しかし受験には生かせない
そこで受験には「心の古語」を利用する



心の庭の 言草
手鎌で 刈り取り
知嚢に 貯める

この「心の古語」が
人を人たらしむ

人が
言葉を作るのではなく
言葉が人を作る

幼稚な現代語は
幼稚な人を作り

古き言語は
人を人たらしむ

私塾鶴羽實は
古語を今に活かす
古語が
人の心を育むからだ
だから私塾鶴羽實は
古語を探究した
口語の前に文語
「文語」の前に「心の古語」
「心の古語」の前に「心の音色」
「心の音色」が最古の言語