平成31年3月22日(金) 私塾鶴羽實広報紙
古来の心技と日本の心
私塾鶴羽實
私塾鶴羽實広報紙
 発行 私塾鶴羽實
 郵番 四三八ー〇〇八六
 住所 磐田市見付二七八六
 電話 〇五三八ー三三ー〇二七三
 FX 〇五三八ー三一ー五〇〇三
 電信 logosアmvbドbiglobeレneスjp
 編者 岩田修良
 カナ ア=@ ドレス=ドット
古来の心技を今に活かす
明朝新聞(最新号)
「日本の心づくり」は「草取発酵」に始まり、「日本の庭造り」に在りといふ立場で、「日本の心」を完成させました。
広報鶴羽實
古来の心技を教育にどう活かして居るか…。その教室風景や生徒の聲を載せながら、私塾鶴羽實の教育活動を広報する新聞。

ご挨拶
昨年一一月二九日より、「日本の心」を探究する「明朝新聞」だけを発行してまゐりました。それは「日本の心」を明らかにすることが、最優先と思はれたからです。幸ひ、平成三十一年三月二十一日に完成をしたので、本日より、私塾鶴羽實の教室案内「広報鶴羽實」を発行することにしました。
才能の土台を古来の「仮名反」で形成したい小学生、算数の文章問題で頭を鍛へたい小学生、磐田南に進学したい中学生、数学を入試の武器にしたい高校生、大学入試を論文で突破したい高校生。縦書段組編集で自身の研究産物をネットに公開したい熟年の方々。こだわりの古来の心技を使ってご自身の能力をご自身の手で存分に開発してみませんか。