[B館 HOME]

自己紹介
(031230ちょい更新)
名前Kouji
生年 1971
生業 生物系実験屋
性格 石橋を 叩いて壊して 渡れない
好きなこと 見ること、聞くこと、考えること、話すこと、歩くこと。
苦手なもの 煙草。賭事。
ハード環境 EPSONDIRECT Endeavor MT7500 (Pen4 2.4GMHz, 512M DDR SDRAM, HDD 80+20GB, CD-RW/DVD-ROM)
ソフト環境 WindowsXP Professional, IE6.1, Sleipnir1.42


<「B館」年次方針。>
97年 とりあえず3年続けてみる。
98年
99年
00年 マンガ系Webサイトの参加企画に前向きになる。
01年 より自分の嗜好に忠実に偏向してみる。
02年 ニュースを拾う。
03年 政治的視点をもつ。

<初心>970608 by Kouji

はじめまして。
思い返すと一年前の今頃は、HTMLもJPEGも知らなかった。そんな僕がこうしてWWWページをちょこちょこ作ってるなんて、陳腐な物言いではあるが、ほんとに不思議な感じだ。(いや、実はFTPはまだ数回しか使ったことないのだから、全然大したことはない。)

このページのテーマは、つまるところ「面白いマンガをもっと読みたい」である。しかし実際に作業しているうちに、自分があまりにマンガを知らないことをあらためて思い知らされつつある。
確かに昔から細かいことには関心がなかった。鑑賞行為とは作品と自分の間に展開されるもので、作品のタイトルや作者の正確な名前やましてや出版社が何処だろうとどうでもよいと思っていた。(いや、実は今でも本音はそうなのだが。)しかし、マンガ界は広い。その中で作品とめぐり会うためには、断片情報を道しるべとして使うことが有効なのは事実だ。今どんな雑誌があり、誰が何処に描いていて、いつ掲載されるのか。何が評価されており、どこが問題になっているのか。個々の作品と対峙することと、マンガという世界や社会に目を向けることは決して矛盾しない。
だからこのページは、読者(僕)が作品とめぐり会うための手がかりのごった煮のようなものである。僕には批評家やジャーナリストの才はないようだから、ゴシップに踊ることもあるかもしれない。好きなだけでは続かない。好きでなくては踏み出せない。
(しかし本当のところ、WWWで不正確な情報を垂れ流すのは本意ではない。努力はするが、大ポカを何度もやるだろう事は目に見えている。そのときはどうか、叱っていただきたい。)

少し前、ニュース23で「一億総表現者の時代だが、一億総愛読者ではない。」と言っていた。僕はずっと昔に「発言者たち」(清水義範)を読んで衝撃を受け、それ以来何年も何も書けなかった。それがまたこうして恥を覚悟で声を出せるようになったのは、TVアニメーション「新世紀エヴァンゲリオン」との出会いによるところが大きい。
Thanks EVA. Take care of yourself. ほんとうに、ほんとうに。

[TOP]