MENU

11月9日更新

ホーム

 

 

 

お問い合わせ 

koraru@mub.biglobe.ne.jp

全国ピアサポートセンターネットワーク規約

(案)

  1  名称

  全国ピアサポートセンターネットワーク

  2  目的

  精神障害がある人々がひとりひとりの自立生活を支援する日本のピアサポーターの連携と普及・振興を目的とする。

 連絡会は、

  それぞれのセンター、セルフヘルプグループ活動を尊重すること。

  精神障害がある人々が「私」を主語に語り、「私の感情」「私の体験」を語りあい、「私を尊重」し、元気になっていくことを支援する。

  精神障害がある人々が、センターやセルフヘルプグループ活動を通してひとりひとりが対等な関係を基本にして、豊かな人生を自ら設計し、作っていくことを支援する。

  3  会の姿勢

  連絡会は、代表者をおかない対等な横のつながりを大切にするピアサポート活動を基本にする。

  4  事業

 (1)目的

   連絡会の事業は、各地センターの横のつながり、情報交換と交流を目的とする

 (2)内容

   年1回ないしは2回程度の連絡会(情報交換会)を開催する。

   その他、連絡会の趣旨・目的を達成するために、必要に応じて交流活動を行うこととする。

5  世話人の会

  会の運営は合議制の世話人会によっておこなう。

  年2回程度の連絡会開催は、各会が派遣する世話人の会(連絡調整)が話し合って開催場所等を決める。

  6  連絡会の参加者

  加盟しているピアサポートセンターの当事者だけである。

  7  会員

  正会員、未来会員をおく。

 (1)正会員

   1)当事者だけで自立生活支援について運営し活動をおこない、2)活動場所を独自に持っているピアサポートセンターを「正会員」とする。

    加盟は、世話人の会で3分の2以上の承認を得なければならない。

   (2)未来会員

    正会員に準じて、ピアサポートセンター活動を展開して、センターとして準備している活動を「未来会員」とする。

    加盟は、世話人の会で3分の2以上の承認を得、連絡会で3分の2の承認を得ること。

  8  会員以外についての規定

  精神障害がある人々以外の人々は介助者としての支援に徹すること。

  9  会費

  今後、必要におうじて検討することとしたい。

  10  事務局

   こらーるたいとう

 

(2003年12月14日 文責 加藤)

 

 

 

細則

精神障害者ピアサポートセンターの最低条件

 

(1)センターとして機能する拠点を自分たちで持っていること。

(2)運営委員会、職員体制が、少なくとも2分の1以上は精神障害者が占めていること。

(3)代表、事務局長は精神障害者がなっていること。

(4)センターは、台所、トイレ、茶の間(リラックスルーム)、ピアカウンセリングが安心して行うことができる相談室を持っていること。

(5)業務内容は、精神障害者の仲間活動による自立生活支援と権利擁護事業である。

(6)ピアサポート、自立生活支援サービスだけでなく、他障害者・高齢者への生活支援など広く自立生活支援サービスをおこなう活動も含まれる。

(7)この活動を振興するための活動を行う。