シーガル・セカンドステージ EV4

シーガルEV4フライト

諸元
全長:870mm
全幅;600mm
重量:600-700g
バッテリー
リチュームポリマー3s-4s
モーター:200〜300w
     外径29×長さ30mmまで
使用プロペラ:9インチ以下

機体素材:特殊スチレンペーパー
       カーボン補強
       ABS成型部品

価格;ARF準完成(機体のみ)¥19.800-(税別)
    PIP準完成¥27.800-
(税別)

舗装路からのフライト

現在、イエロー仕様、ホワイト仕様は生産してません。4エレボン仕様に変更する為のホーンはセットに入ってます。

飛行について
シーガルは通常の飛行機の翼の代わりに主翼板で上空に舞い上がります。 飛行原理は「凧」と同じ、下面の空気圧で飛行しているので有る程度以上に速度が増すと飛行が不安定になります。
PIPセットに入っているモーター、アンプなどのパワーユニットは飛行するにはオーバーパワー気味です。3セル2500mAhバッテリー使用の場合、水平飛行中はハーフスロットルで安定して飛行し、フルパワーの方が不安定になります。

○慣れるまでパワーをかけ過ぎて飛行させないで下さい。
○ラダートリムに注意。左右の8字旋回を行い旋回が同じように廻るようにラダーとリムを合わせて下さい。
○パワーによってエレベーターに影響します。パワーを絞ると機首が上向きます。
 スロットル→エレベーターにミキシングをかける事でクセを抑える事が出来ます。
 テスト機ではスロットル中央を基準にハイ側10%、ダウン側10%を設定してます。

○着陸(着水)する為に降下する時は減速し過ぎると頭上げを起こし、パラシュートのように降下します。

飛行特性が普通の機体と違う事が理解出来るまではゆっくり飛行させて下さい。
特性が判ると楽しい機体です。

低温の粉雪が積もった状態ではフロートを取り付けた水上飛行機でも埋まってしまいます。
シーガルは軽量・浮力も充分で埋まることなく離着陸できます。

雪上でのナイフエッジ・フライト
 さすがにクセは有りますが、意外と浮きます。

走行場所は水面、芝生等を推奨。
砂浜では水面に浮かべる必要なく陸上からスタートできます。

エレボンはロッドで上下を連動。
従来から発売している黄色/白色仕様でも4エレボンに変更出来るコントロールホーンは付属してます。

PIPパワーユニットをご使用の場合3セル2500mAhを推奨してます。
2サイクル10クラスを同等の出力が有り、直線スピードは30クラス・ハイドロボートと同じ位の速度で走行。(直線で約50km/h)
陸上での速度も同じ位です。
飛行特性は、普通の飛行機とは空に浮かぶ理屈が違うので、空中は飛行機と違った特性が有りますが、操縦に慣れると極低速から高速飛行、宙返りやロール/背面などスタント飛行を行ないます。
カラーは2012年夏モデルより黄色が追加。

2014年春モデルから4エレボンEV4/赤色追加
水面の滑走がきれいで、滑るように離水します。
PIPセット付属パーツ
2830kv1200モーター
30Aスピードコントローラー
9gマイクロサーボ4個
プロペラアダプター、プロペラ
延長コード
シーガルの運動性能を向上させ、パターンフライトの性能を持つまで進化しました。
従来、水平尾翼だけの動翼を主翼板にも追加、4エレボン仕様になりました。
エルロンの効きが飛行機と同じ効きになり、飛ぶだけのフライングボートから演技できる性能に進化。

何処でも飛ばせる性能はそのままで数機で陸/水上/空中を使った3Dレースも楽しめます。