〜Kyosera T-Zoom〜


 
形式
35mm判ズームレンズ内蔵レンズシャッター式AFカメラ
レンズ
CarlZeiss VarioTesserT*28〜70mm f4.5〜8.0(6群7枚)
ピント方式(AF方式)
オートフォーカス
撮影範囲
0.5m〜∞
択検出方式
外部パッシブ式5点マルチAF、スポットAF切替可
露出モード
プログラムAE
測光範囲
EV5〜17
測光方式
外部測光方式
感度範囲
ISO50〜3200DXコード付フィルム対応、DXコード以外はISO100に設定
露出補正
-1.5EV、+1.5EV、ストロボ連動不可
ファインダー
実像式ズームファインダー
ファインダー内表示
撮影範囲枠、近接撮影範囲枠、フォーカスフレーム、スポットAFフレーム
視野率・倍率
80×80%(短辺×長辺)、0.31〜0.72倍
視度
視度調整 -3diopt〜+1diopt
シャッタ−
プログラム式電子制御シャッター
シャッター速度・シンクロ速度
28mm時:1/360秒〜2秒、70mm時:1/250秒〜2秒、LTモード最長120秒
セルフタイマー
作動時間10秒、LED点滅、途中解除可
巻き上げ
1コマ巻き上げ
フィルム装填
オートロディング、オートリターン途中巻戻し可
多重露出
なし
電源
3Vリチウム電池(CR-123A)1個
大きさ・重量
113mm(幅)×62.5mm(高さ)×39.5mm(奥行)、195g
発売年・発売価格
2002年7月、43,000円。
評価
軽量コンパクトでシャッター音が静か。

手軽にCarlZeissレンズの描写力を楽しめるが、値段相応で凄く良い訳ではない。

コンパクトカメラなのに、露出補正が使えるのは評価するけど、
+1.5段と-1.5段しかないのはポジを使うには厳しい。

強制的に無限遠に固定できるAFはスナップに便利だが、
ストロボをAF補助光として利用しているのが疑問。

マルチAFとスポットAFと切り替えられる。

1群目のレンズが凹レンズなのが面白い。

裏蓋はフィルム圧板も含めプラスチック製で華奢な印象。

周辺光量不足が凄い。

Camera INDEX