〜minolta SR505〜


 
形式
機械式35mm一眼レフフォーカルプレンシャッターカメラ
レンズ
ミノルタ MC ROKKOR、MD ROKKOR、NewMDレンズ
マウント
ミノルタ SRマウント
測光方式/受光素子
上下二分割測光/CLC
自動露出範囲
 
露出モード
マニュアル
感度範囲
ISO6〜6400
露出補正
なし
ファインダー
ペンタプリズム式一眼レフレックス方式
フォーカシングスクリーン
スプリットマイクロプリズム+マット式
視野率・倍率
 × %(短辺×長辺)、 倍
シャッタ−
機械式布幕フォーカルプレンシャッター(横走り)
シャッター速度・シンクロ速度
1/1000秒〜4秒〜B・X(1/90)
セルフタイマー
作動時間 約10秒
巻き上げ
一操作レバー式セルフコッキング自動巻止、分割巻き上げ可
フィルム巻き戻し
自動復元巻き戻しボタンによるクランク方式
多重露出
電源
水銀電池JIS H-D型(1.35V)2個
電源(アダプター)
関東カメラサービス製 MR-9(変換型)+SR43
大きさ・重量
145mm(幅)×95mm(高さ)×47.5mm(奥行)、710g
発売年・発売価格
1975年 8月、49,000円。
ココが○
ファインダーの見え具合のよさ。
フイルムシグナルや絞り直読み窓など、使い易い。
丈夫なメカニカル式カメラ
ココが×
ベースになったSR101、SR101 Superでは出来たミラーアップが出来なくなっている

Camera INDEX