〜レンズ・PENTAX製 SMC-M〜


〜単焦点〜

 
SMC PENTAX-M 28mmF2.8(前期型) 15,000円

レンズ構成:7郡7枚
絞り羽根:5枚
最近接撮影距離:0.3m
フィルター径:49mm
最大径×長さ、重さ:63×31mm・156g
発売年: . .

軽量コンパクトで、パンケーキといっても過言の無いレンズで、
コンパクトなPENTAX MF一眼レフと組み合わせるのに、
バランスが良い。

しかし描写力は期待外れ。
絞り開放では周辺の画質が悪く均一感が無い。
F8まで絞り込んでようやく均質な画質になる感じだが、
線の太い描写をして逆光にも弱い。
開放だと周辺光量も不足気味だが、嫌味はそうは感じない。

古いレンズだし、
小型軽量化の為にレンズ設計で無理した感じがするレンズ。

後期型は画質の均質化が図られたそうなので、
機会が在れば買い増したい。

〜ズーム〜

SMC PENTAX-M 80-200mmF4.5(前期型) 90,000円

レンズ構成:12郡15枚
絞り羽根:8枚
最近接撮影距離:1.6m
フィルター径:52mm
最大径×長さ、重さ:65×141.5mm・555g
発売年:1979.1

全長の変化しない直進式ズームで、
重量も在り携行性はお世辞にも良いとはいえない。
ズームリングは比較的軽く、縦に置くだけで滑り落ちてくるくらい。
申し訳程度の組み込み式フードが装備されている。

他社との競争で大幅なコストダウンを目指し、
プラスチックの多用途レンズ構成変更をした2代目ではないので、
外装はしっかりとした作りが印象的。

開放F値が暗いので一抹の使いにくさは在るものの、
開放F値を欲張らなかった為、
開放からシャープで画質が安定している。
ただ、絞っても画質向上はあまり見られず、安心して使えるレンズ。

画像の無断使用・転載・直リンクは禁止します。

〜CameraINDEX〜