〜レンズ・Olympus製 Zuiko〜


ZUIKO AUTO-W 28mmF2.8 26,000円
カメラの愛好堂にて2010年4月22日、15,000円で購入。

レンズ構成:6郡6枚
絞り羽根:6枚
最近接撮影距離:0.3m
フィルター径:49mm
最大径×全長:59.0×32.0mm、重量:170g

軽量でコンパクトだが、ピントリングの幅も在り使いやすい。
一般的なレンズと絞りリングとピントリングの位置が逆だが、
私は余りに気はならない。

目立つレンズではないが、銘玉だと思う。
絞り開放からコントラストが高く、シャープ。
発色もクリアでナチュラルな描写をし、

諧調も豊かでシャドー部の描写も結構粘るが、
コントラストが高いからか、
明暗差が大きすぎるとシャドー部が潰れやすい。
G.ZUIKO AUTO-W 35mmF2.8 26,000円
松坂屋カメラにて2010年8月13日、5,000円にて購入。

レンズ構成:6郡7枚
絞り羽根:6枚
最近接撮影距離:0.3m
フィルター径:49mm
最大径×全長:59.0×33.0mm、重量:175g

軽量でコンパクトだが、ピントリングの幅も在り使いやすい。
28oと同じサイズに驚くが、ぱっと見、区別が付かない。
一般的なレンズと絞りリングとピントリングの位置が逆だが、
私は余りに気はならない。

描写は、絞り開放だとやや甘めで周辺光量不足が気になるが、
F5.6まで絞ると、ナチュラルで自然な発色をしてシャープな描写。

モノコートだからか逆光には余り強い印象は無い。

背景が大きくボケるスペックのレンズではないが、
ボケは少々固い感じがするし、
開放だと少々甘い描写と周辺光量不足が気になるから、
絞り込んでパンフォーカス・スナップ的に使うのに適したレンズ。
F.ZUIKO AUTO-S 50mmF1.8 15,000円
大塚商会にて2009年12月23日、OM-1とセットで10,000円で購入。

レンズ構成:5郡6枚
絞り羽根:6枚
最近接撮影距離:0.45m
フィルター径:49mm
最大径×全長:59.0×31.0mm、重量:170g

軽量でコンパクトだが、ピントリングの幅も在り使いやすい。
28oや35oと同じサイズに驚くが、ぱっと見、区別が付かない。
一般的なレンズと絞りリングとピントリングの位置が逆だが、
あまりに気はならない。

50oF1.8と言えば、
廉価版レンズのイメージで目立つレンズではないが、
高い解像力と適度なコントラストを持ち、
シャープで自然な発色をする。

ボケは絞り開放では少々うるさい感じがしてイマイチなのと、
逆光に少々弱い感じがするのが弱点。
ZUIKO AUTO-S 50mmF1.8 18,500円
ハットリカメラにて2010年4月22日、OM-2Nとセットで18,000円で購入。

レンズ構成:4郡6枚
絞り羽根:6枚
最近接撮影距離:0.45m
フィルター径:49mm
最大径×全長:59.0×32.0mm、重量:165g

軽量でコンパクトだが、ピントリングの幅も在り使いやすい。
28oや35oと同じサイズに驚くが、ぱっと見、区別が付かない。
一般的なレンズと絞りリングとピントリングの位置が逆だが、
あまりに気はならない。

50oF1.8と言えば、
廉価版レンズのイメージで目立つレンズではないが、
高い解像力と適度なコントラストを持ち、
シャープで鮮やかな発色をし、ボケも自然で綺麗。
絞り開放から十分使える描写をするが、
絞れば更にシャープになるが、カリカリの描写ではない。

階調は一歩劣るも、良好な描写をする。
E.ZUIKO AUTO-T 100mmF2.8 34,000円
松屋カメラにて2016年4月17日、14,800円で購入。

レンズ構成:5郡5枚
絞り羽根:6枚
最近接撮影距離:1.0m
フィルター径:49mm
最大径×全長:48.0×60.0mm、重量:230g

100oという焦点距離にしてはコンパクト。
他メーカーの50mmF1.4並のコンパクトな鏡胴は携行に便利。

オリンパスには100mmF2.0と言う銘玉レンズが存在し、
その影に隠れがちなレンズですが、大きな欠点を感じられない。

絞り開放でもコントラストの高い描写をするが周辺が少々甘い。
F5.6まで絞れば隅々までシャープで均質な描写をして、
自然な発色をし、逆光にも強いレンズ。

最短撮影距離が1mと寄れないのは不便だし、
焦点距離の割にボケは少なく、少々固めのボケが残念なかんじ。
ZUIKO AUTO-T 200mmF4 36,500円
イトウカメラにて2012年9月25日、2,000円で購入。

レンズ構成:4郡5枚
絞り羽根:8枚
最近接撮影距離:2.5m
フィルター径:55mm
最大径×全長:127.0×67.0mm、重量:515g

ズイコーの中では大柄ですが、200mmにしてはコンパクト。
だけど見た目に反してずしりと重たいレンズ。
フードは内蔵式で便利ななのだが、
贅沢を言うと、もう少し深い方がより良いし、
フードの動作がゆるめで撮影中に安易に動くのは使い難い。

4群5枚とシンプルで平凡な設計のレンズですが、
ヌケが良く開放からシャープで、発色も自然でボケも綺麗。
マルチコートだからか、逆光にもそんなに弱い印象は無い。

ただ最短撮影距離が2.5mと遠いのは不便。

強い個性はないけれど、
大きな不満の無い描写力が魅力のレンズです。
ZUIKO MC AUTO-T 300mmF4.5 59,500円
大塚商会カメラにて2012年9月25日、15,000円で購入。

レンズ構成:4郡6枚
絞り羽根:8枚
最近接撮影距離:3.5m
フィルター径:72mm
最大径×全長:80×181.0mm、重量:1020g

ズイコーの中では大柄で、
他社と比べれも劇的にコンパクトだとは感じないレンズ。
1s超とずしりと重たいレンズですが、三脚座が付いてい手便利。
フードも内蔵式だが深さが在り、
動作は渋いがしっかり止まるし、遮光効果に不満はない。

4群6枚とシンプルで平凡な設計のレンズですが、
ヌケが良く開放からシャープで、コントラストも高く発色も良い。
周辺光量不足も感じず、安心して開放から使う事が出来る。

ピントリングも幅が在って使いやすく、
絞りリングもレンズ中央付近で使いやすい。

ただ最短撮影距離が3.5mと驚くほど遠い。
オリンパスの望遠レンズはコンパクトで高画質なのだが、
その弊害からか、最短撮影距離に長いものが多いのが弱点。

画像の無断使用・転載・直リンクは禁止します。

〜CameraINDEX〜