〜Olympus OM-2N〜


 
形式
電子式マニュアル露出式35mm一眼レフフォーカルプレンシャッターカメラ
レンズ
オリンパス OMレンズ
マウント
オリンパス OMマウント
測光方式/受光素子
TTL中央重点平均ダイレクト測光方式/SBC 2個
測光範囲
オート:EV-6.5〜18
マニュアル:EV1.5〜17
露出モード
絞り優先AE、マニュアル
感度範囲
ISO25〜1600
露出補正
-2〜+2段、1/3段ステップ
ファインダー
ペンタプリズム式一眼レフレックス方式
フォーカシングスクリーン
マイクロ/スプリットマット式
視野率・倍率
97×97%(短辺×長辺)、0.92倍
シャッタ−
電子制御式布幕フォーカルプレンシャッター(横走り)
シャッター速度・シンクロ速度
オート:1/1000秒〜120秒〜B・X
マニュアル:1/1000秒〜1秒〜B・X
セルフタイマー
作動時間 約10秒
巻き上げ
一動作レバー巻上げ式、
フィルム巻き戻し
自動復元巻き戻しダイアルによるクランク方式
多重露出
電源
銀電池1.5V(G-13)2個
大きさ・重量
136mm(幅)×83mm(高さ)×50mm(奥行)、520g
発売年・発売価格
1979年 3月、78,000円。
購入年・購入価格
2010年4月22日、18,000円(Zuiko50mm F1.8付き)
ココが○
軽量、コンパクトなボディ。
あの小さなペンタカバーからは想像の付かないファインダーの大きさ。
絞り優先AEが使える。
絞り優先AE時とマニュアル時でファインダー内露出計の表示方式が変わって面白い。
ココが×
マウント基部に位置するシャッターダイヤルに馴染みにくい。
シャッター速度も絞り値もファインダー内に表示されない。
大きすぎるファインダーは、眼鏡使用者には一目で見渡せない。
他の機種に比べると、ファインダーが暗い。

Camera INDEX